« 月布施の竹平ビオトープ | トップページ | トキ川づくり視察 »

2006年1月29日 (日)

竹林管理と炭焼き

60129b4 60129b5 60129b1 60129b2 60129b3 月布施を考える会では、昨年からこの時期にドラム缶窯での炭焼き講習会を行っています。炭焼き職人を目指している元中学校理科教師が指導にあたっています。昨年もそうですが、腕に覚えがある月布施のお年寄りも楽しげにやってきます。「17才の時から炭を焼き始めた。山の中に白炭窯を設けてやったんだ」と、昔取った杵柄の爺ちゃん。田んぼ後に窯を設置したために、温度が上がらずに苦労したようです。

竹を伐るチームは30年はほったらかしにされている竹林の中で、ナタとノコギリで格闘です。根本から伐って、1~2メートルの長さに玉切りしましたが、あっという間に山ができてしまいました。伐採に1時間、その処理に3時間ほどを要しましたが、その甲斐あって昔の道が現れました。

|

« 月布施の竹平ビオトープ | トップページ | トキ川づくり視察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹林管理と炭焼き:

« 月布施の竹平ビオトープ | トップページ | トキ川づくり視察 »