« 公民館大会 月布施 | トップページ | 鳥追い »

2006年1月16日 (月)

とうどや

60115b3 60115b1 60115b2

「とうどや」は「すす掃き男」(すす掃き棒)や門松飾りを使って作る小屋。本来は子供たち総出で14日までに作っておきますが、今は大人がかなりの部分を手伝っているようです。

●とうどやさん

とうどや さんぎりちょうや ♪
ぎりぎりちょうや  ♪
(繰り返す)

小正月(1月15日)、「とうどや」を燃やす時に子供たちが囃す歌。ばあちゃんたちが歌ってくれました。燃やした残り火で餅やスルメを焼いて食べ無病息災を祈願。習字の紙は燃えて天高く舞い上がるほど字がうまくなると言われています。。燃え残った松の小枝は家の屋根に上げて火災よけにします。上の写真3点は月布施。下3点は野浦の模様。野浦の子どもたちが1月7日に行った旗振りの「西之神」の旗も燃やされました。

60115c1 60115c2 60115c3

|

« 公民館大会 月布施 | トップページ | 鳥追い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうどや:

« 公民館大会 月布施 | トップページ | 鳥追い »