« コウノトリ野生復帰 切手 | トップページ | コウノトリの飛ぶまち 豊岡市 »

2006年2月11日 (土)

リランガ・カレンダー2006

60211a1 タンザニアのダルエスサラームにある日本人が経営している旅行社のJATAツアーズでは、シェタニ=精霊をモチーフにしたタンザニアの芸術家、故ジョージ・リランガさんの絵のカレンダーを毎年制作しています。

リランガさんが描く精霊たちは、見た目は滑稽な姿をしていますが、絵にはそれぞれ物語がり人間の生活、喜怒哀楽などをコミカルに、時にはシビアに表現しています。漫画、絵本に通じるものがあります。

ちなみに、このカレンダーはそれぞれの絵にスワヒリ語と日本語で物語が記されています。

表紙の絵には、

「この事務所はいつ開くんだい? あんたたちはなんで列になって並んでるの? 何があるんだい?」
「なんでかって元気かどうか体の調子を診てもらうのさ」
「俺とかみさんは無理だな。俺たちには牛や山羊がたくさんいて、俺たちのほかに世話するやつもいないからな」

60211a

|

« コウノトリ野生復帰 切手 | トップページ | コウノトリの飛ぶまち 豊岡市 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リランガ・カレンダー2006:

« コウノトリ野生復帰 切手 | トップページ | コウノトリの飛ぶまち 豊岡市 »