« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

金の卵

キンピカの大きな卵が佐渡の土産物屋にならんでいます。中にはおもちゃが入っています。初めてこれをみっけたのは東京の上野駅のキヨスク。かつての「金の卵 列車」を引っ掛けてとのことのようです。佐渡金山、トキのキンで佐渡でもいけると思っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

プール育苗

60429c1_1 60429c2_1 片野尾の小田さんがハウス育苗をしています。低温の影響で生育は遅れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学生アフリカへ行く

60429b1 60429b2 60429b3 60429b4 60429b5 60429b6 60429b7 60429b8 60429b9_2 新潟テレビ21 TeamECO スペシャル「小学生アフリカへ行く」が放送されました。ガーナ人の英語教師で長岡市の「米百俵賞」を受賞しているオーガスティン・アウニさんが、長岡市の小学校で授業をし、2人の小学生がガーナのアウニさんのふる里へ行くというもの。頭で考えるのではなく、日々の生活や学校の授業の体験することから、「物質的な物の豊かさではなく、心から湧いてくる豊かさ」を感じとっていく姿が描かれています。

僕の初めての海外旅行は社会人になってから。最初の会社を辞めた時にタンザニアを訪ねました。この番組では似たような体験がいくつも登場して親しみを感じました。

この番組のような体験を子どものうちに体験できればよいのですが、現実としては子どもがアフリカへ行く機会というのは、ごく限られてしまうのではないでしょうか。それと、大人になってからでも、自分の生活・世の中を見つめ直すよい機会になると思います。

8月16日~27日に(株)マイチケットJATAツアーズ「タンザニアの農村滞在と民族音楽」 オルタナティブツアー・タンザニア2006夏というツアーを行います。佐渡におけるツーリズムの参考、それと昨秋に佐渡にやってきた伝統音楽家のタブさんの一族との交流をしに、僕も参加します。みなさんも、ご一緒に出掛けませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畳の日

60429a1 60429a2 60429a3 60429a4 全国畳産業振興会が4月29日を「畳の日」と制定。い草の緑色から「みどりの日」の4月29日と、「環境衛生週間」の始りの日であり「清掃の日」である9月24日。

佐渡のヤマダ畳センターがトキ柄縁の商品を扱っています。トキ交流会館、一部の公民館などではトキ畳が導入されています。

ヤマダ畳センターの工場は加茂湖・県道南線沿いにありますが、看板やショールームは「トキ」「松井秀喜」「清原和博」への熱狂的なメッセージが展示されています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

トキ集会

60428a1_2 60428a2_1 60428a3_1 60428a4_1 60428a5_1 60428a6_1 60428a7_1 

行谷小学校のトキ集会がトキの森公園で行われました。募金の呼びかけ、トキへのメッセージ募集、手作りカードのプレゼントなど各学年・各児童が工夫していました。ただ、今日は観光客が少なかったのが残念。

後半は、各学年ごとに作った詩の朗読を「キンのレリーフ」の前で読み上げました。最後は、集めた募金とメッセージを佐渡トキ保護センターの長谷川センター長へ手渡し、センター長からはお礼の言葉とトキの繁殖状況の報告がありました。

4月28日現在、今年のふ化数は11羽で総数が91羽。100羽まで、あと9羽!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

トキ野生復帰連絡協議会 

60427b1 トキ交流会館で開催されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分散飼育へ向けて 出雲市

60427a1_1 情報部員4号の有田さんから出雲市のクロトキ飼育記事情報が届きました。出雲市のトキ関連情報を、ちと拾ってみました。個人的には分散飼育については危険分散の観点から必要だと思います。その中で、佐渡では何を示せるか、が問われているのかな。分散飼育の展開も注目ですね。

■山陰中央新報:2006年3月29日付け、

出雲市長がトキ分散基本計画を環境省に説明

出雲市トキ保護増殖事業基本計画(抜粋)

---------------------以下、有田さんより

山陰中央新報の記事で、出雲市がトキ分散飼育に向けて、クロトキの飼育を始めたそうです。

山陰中央新報:2006年4月25日付け「トキ近似種5羽出雲に迎え入れ」

長岡市とか石川県とか、これからいろいろと動きが出てくるのでしょうね。
もう「xxx先生が佐渡に来られるから、トキ飼育舎に鍵かけておけ」
なんて言っていられなくなるのでしょう。

病気に対するリスク分散という意味では佐渡以外でもトキを増やす意味は
あると思いますが、あまり政治に巻き込まないで欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

街頭啓発

60426a1 60426a2 60426a3 60426a4 60426a5 60426a6 天気がよかったので、朝の通勤・通学時間帯に月布施の街頭にトッキーを登場させました。

7時50分頃の中学校のスクールバスの見送りに始まり、保育園バス(写真左上2枚)、一般車の方々ともにトッキーの愛想を振りまく姿に車内から笑顔で手を振っていただくことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

種まき

60425b1 60425b2 60425b3 両尾保育園の帰り道、片野尾の小田さんが種まき作業をしていました。

塩水選温湯処理した後に水に1週間ほど浸し、自然乾燥させていた種籾。

日本の稲作を守る会の「成苗用有機培養土」に水を適量加えてこねてから、装置を使って苗箱に敷き詰めていき200枚処理。その後、もう一度この装置で種籾をバラバラと落としてから「成苗用有機培養土」を被せる処理をします。この後、ハウスの中で育苗を行います。う~ん、塩水選からの手間を考えると、一反あたり2万円弱の苗代が安く思えてきちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生会 両尾保育園

60425a1 60425a2 60425a3 60425a4 60425a5 60425a6 両尾保育園の4月のお誕生会に参加しました。今月はお誕生日の園児がいなかったので、トキのヒナ誕生を園児たちに祝ってもらったような感じかな。

トッキーは園児たちと一緒に鳴き真似や飛び真似をして記念撮影。

トックンは園児たちと、田んぼの中のカエルやドジョウの取り方を演じて学び、給食をごちそうになりました。

今年になってから、夷保育園では節分を、トキっ子保育園では交通安全指導を園児達と一緒に行っています。

ちなみに、佐渡トキ保護センターの本日発表情報によると、ヒナは4羽(人工孵化1、自然抱卵3)とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

教科書に登場したトキ

60424a2_2 60424a3_1 60424a4_1 60424a5 60424a6 60424a7 60424a8 60424a9 60424a1_1

『小学校国語 五年上』
「ニッポニア・ニッポン」---細かい点まで正確に読みとる
【編】井上敏夫ほか【版元】学校図書株式会社(昭和47年1月15日)

小学校の国語の教科書に上記作品があったようですね。佐藤春雄さんらをモデルにした教材。その教材は新聞記事から話を展開しています。「この学習をした全国の子どもたちから手紙をいただきました」と佐藤春雄さんからお話をうかがったことがあります。「てびき」のコーナーも作文の仕方の設問もあり、社会的な話題からの展開がとても興味深いですね。

社会的反響においては野生復帰の取り組みも現代におけるよい社会教材となりうるので、国語の教科書のネタとしてはいいかもしれません。先に野生復帰をさせたコウノトリのほうが話題性があるかな? 

4月23日は(社)読書推進運動協議会が進める「子どもの読書の日」で、4月23日から5月12日までが「こどもの読書週間」とのこと。今、子ども向けのトキ関連の本はありますか? どの本がお勧めでしょうか?

●尚、写真は左上から右の順番

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

片野尾歌舞伎大公演

60423c1 60423c2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道つくり 岩首

60423b1 60423b2 60423b3 60423b4_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふみの日

60423a1 60423a2 60423a3 60423a4 「ふ(2)み(3)」で毎月23日は「ふみの日」と郵政省(現在の日本郵政公社)が1979(昭和54)年3月に制定。

佐渡限定販売されているのが「絵入りはがき『朱鷺』」。5種類のトキの絵はがきに「越佐の花」のスタンプが付いているので切手を貼らずにそのまま差し出せます。5枚セットで価格は350円。

現状把握と野生復帰が近づいている観点から要望を記すと、

(1)スタンプはトキ図柄やトキ切手という構成がよい

(2)挿絵のトキはゲージの中で飛び降りている姿なので、野生化で飛んでいる姿の挿絵に変えたほうがよい(でも現状を忠実に描いてはいるとは思う)

(3)「佐渡に舞う優美な羽ばたき」というのには違和感がある

(4)押しつけがましくトキのウンチクをこねていてもいいのではないか

と勝手な思い込みで記しちゃいましたが、啓発活動と位置づけるならば野生復帰向けの郵便はがき、ポストカードが別にあるといいですね。

最近、いくつか転勤、転職の挨拶ハガキをいただきました。4月は郵政記念日もあるし、「あいさつ状を出すトキ」というキャンペーンとあわせて、朱鷺はがき、が活用できるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

今が旬 シイタケ

60422c1 60422c2 60422c3 60422c4 60422c5 前浜地区は、海から山が身近に迫っています。ナラの木をホダ木に使ったシイタケの評判は上々。炭焼きの時代の後、シイタケ栽培が前浜地区の森林の保全に貢献しています。

写真は上2枚が岩首、下左2枚が野浦、右下が月布施。

●4月12日以降、基本的に各写真をクリックするとポップアップで大きくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩首の棚田 きょう

60422b1 60422b2 60422b3 60422b4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生椿 春の共同作業

60422a1 60422a2 60422a3 60422a4 60422a5 60422a660422a7_1 60422a8_1 60422a9_1 60422a10_1 60422a11 60422a12_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

トキとカキ

「トキ」と「カキ」、カタカナで書くと似ている。「朱鷺と牡蠣の森づくり」事業というのも佐渡では展開されているけど、漢字で書いても似ているかな? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新聞を読むトキ

60421a1 以前にも登場した写真ですが、4月6日が「新聞をヨム日」。「よ(4)む(6)」の語呂合せ。4月は転勤や入学等で住いを移す人が多いことから、4月は「新聞閲読月間(ちと感じがムズカシイ)」ということで、「これを機会に新聞を読み始めませんか」という(社)日本新聞協会のキャンペーンとのこと。

佐渡の情報の数だと新潟日報が一番。朝日新聞・新潟版読売新聞・新潟版もテーマ性、特集記事では頑張っています。新潟日報はネットでは多くは写真なしのダイジェスト版なのに対し、朝日、読売は紙面記事がネットにほぼそのまま掲載されています。

それと、新聞を読むトキ、みなさんはどんな格好、姿勢で読んでいますか? 座ってですか、立ってですか。それとも四つんばい・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観桜会 月布施

60420b1 60420b2 60420b3

20日夜、月布施では観桜会が開催されました。2年に一度の祭よりも毎年行われる観桜会のほうが賑やか。岩首診療所の辻先生への感謝の気持ち、小学校や郵便局、農協などの歓送迎、それとちょうど満開の花見ということで、踊りや歌、隠し芸などが披露され、観る方も演じるほうも楽しめる催しです。お揃いの青い法被での爺ちゃん・婆ちゃんたちの太鼓、お母さんがたの軽やかなステップの踊り、20才の三味線男、男性陣の女装してのダンスなどなど、笑いが絶えない和やかな雰囲気でした。

「とうどや」の時には、トックンまで酒を飲まされたので本日は参加させずに、写真撮影に集中していたのですが、なぜかウルトラマンが登場し、ワルモノ怪獣をさせられちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

郵政記念をするトキ

60420a1_1 4月20日は「郵政記念日」で、この日までの1週間が「ポスト愛護週間で、各地でポスト感謝祭やポスト清掃等が行われるとのこと。

兵庫県豊岡市コウノトリの郷公園前にはコウノトリのポストが立っています。佐渡トキ保護センター前のポストもこんな感じのがあると、とても親しみが持てそうですね。

佐渡島の両津港には「おけさ人形」が2体立っていますが、以前はこのお腹の部分に公衆電話が納めされていました。

60420a2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

移動図書館が来るトキ

60419a1 60419a2 60419a3 60419a4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

桜満開ッ!

60418c1_1 60418c2_4 月布施の佐渡市水津出張所前にある桜が本日、満開になりました。

ちなみに、わが家の隣の梅の花はまだ咲いています。

●4月12日以降、ほとんどの写真はポップアップで大きくなるようにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田んぼ打ち

60418b1 60418b2 60418b3_1 先日の作業の結果、どのくらい天池に水が溜まったのか確認しに片野尾の山をあがっていくと、途中で小田さんが取材を受けていました。米ぬかと黒っぽい粉状のものを田んぼに撒いて、トラクターでこなしていました。

天池に着くと、ちとガッカリ。土側溝には水が流れておらず、天池にも水が溜まっていません。取水口を見にいくと、パイプラインの先からはチョロチョロとした水が流れているばかりで数メートル先で流れは消えてしまっていました。取水口の泥や葉を取り除くと、水量は数倍になり、どんどん下流へ流れていきましたが・・・。これで安心と思い、ヤブツバキの駆除をしばらくやって、どれだけ溜まったかと天池の水口へいくと、天池の直前で水は消失。う~ん残念ッ! 取水方法を工夫しなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祭 月布施

60418a1 60418a2 60418a3 60418a4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

トキひな誕生!

60417a1 60417a2 60417a3 60417a4 新潟テレビ21の夕方のニュースで今シーズン1羽目のトキのヒナ誕生の報道。

きょう午後1時35分に3月19日産卵の人工ふ化されていた卵からヒナが誕生。

これまでに9つのペアから44個の産卵があり、あさってには親鳥が抱いている卵(自然抱卵)のふ化の可能性があるとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

Oくん 日帰りで来島

60416d1_1 60416d2_1 東京の研究所で研究員をしている友人のOくんが、インタビュー調査の為に、日帰りで佐渡島へ来てくれました。

3月4月は調査関連の仕事は超ハードな時期とのことで、出張中でもモバイル・パソコンが大活躍。

彼はブログをいくつかやっていて、観察眼、分析力、ウンチクのこね方など、とても勉強になります。Foods & Drinksに登場する料理は、どれも美味しそう。食べたいッ!

それにしても、しばらく見ないうちに丸くなってしまっていた。そのままトッキーの頭だけで着ぐるみとしていけそうな感じ。でも体調管理には気をつけてね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

子ども達の楽しみ方

60416c1 60416c2 60416c3 60416c4_1

まだ冬眠中だったモリアオガエル。寝ぼけた表情でおとなしく観察をさせてくれました。

たき火でジャガイモのホイル焼き。とっても美味しかったッ!

それと、泥んこになるのも、とても楽しそう。

お母さんがたの悲鳴もあがっていましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤブツバキの駆除

60416b1_1 60416b2_2 60416b3 60416b460416b5_2 60416b6 60416b7 60416b8 60416b9 60416b10 15、16日で片野尾の天池周辺のヤブツバキをノコギリで駆除して、まだ水が溜まっていない天池で燃やして処理をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パイプラインの敷設

60416a1_1 60416a2_1 60416a3_1 60416a4_1 60416a5_2 60416a6_1 60416a7_1 60416a8_1 60416a9 60416a10 60416a11 15、16日で片野尾の天池の田んぼ復元のために200メートルほど離れた沢から一部パイプラインを使って水を導水しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

自然放鳥の産卵

60415a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

謎のポール出現!

60414b1 60414b2 60414b3 60414b4 久知川から生椿への入り口に謎のポールが立っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春祭り!

60414a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開通! 作業道

60413c1 60413c2 60413c3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪融け完了 上柳平

60413b1_1 60413b2 60413b3_1 60413b4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

本日より一部開放!

60413a1_1 佐渡トキ保護センターによると、

・茨秋県で発生した鳥インフルエンザへの警戒のため、平成17年6月29日から全面閉鎖していたトキ資料展示館の観察通路を本日から公開します。(但し、ただ今繁殖期間中ですので、トキへの影響を考え、トキ資料展示館から約8mの範囲までの一部公開とします)
 これにより、資料館の窓越しあるいはビデオモニターでしかご覧いただけなかったトキをより身近に観察していただけます。
 なお、繁殖期間の終了後(6月下旬頃)をめどに観察通路の公開範囲を拡大する予定です。

●この写真大きくなります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

トキのアナウンサー2

60412b1_160412b2 60412b3_1 60412b4_1 トッキーが佐渡テレビのアナウンサーとして登場!?

同局の竹内アナウンサーです。本番でもトッキー姿でニュースを読んでくれないかしら? トックンも便乗して登場ですが、なぜか緊張している様子に見えます。

交通安全指導をしている足の長いトッキーよりも、ズンドウ短足のほうがカワイイですね。

なお、竹内アナウンサーの写真をクリックするとポップアップで大きくなります。(注:これまでの写真は特別な場合を除き大きくなりません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

園児とともに交通安全指導

60412a1_1 60412a2_2 60412a3_1 60412a4_1 

●この記事より各写真をクリックするとポップアップで大きくなるよう対応しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

ユンボで田んぼの復田

60411b 片野尾の40数年放置されている天池(2反弱)。トキの餌場となるよう田んぼの復田です。昨年から草刈りや周辺のヤブツバキ駆除を少しはじめてはいましたが、今年はユンボで一気に作業を進めています。

ユンボはリースで、オペレーターは片野尾の土建業OBの五郎右エ門(屋号)さん。「もう70目前だっちゃ」とのことですが、どんどんきれいに整地していくプロ作業。格好いいッ! 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

二艘引き

60411a 片野尾の北隣の水津は漁村集落。水津~岩首まで(前浜地区)の水津漁協の中心地。この時期、沖合100メートルくらいの所を2艘の舟で網を引いて前浜地区を航行していきます。狙いはサヨリ。春を告げる風物詩になっています。

集落の釣り好きのばあちゃんは、「あれが、来るとちっとも(サヨリが)釣れなくなる」とぼやいています。サヨリは、焼いてもフライにしても美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

チェーンソー作業

60410b 月布施の下柳平でかつての田んぼを覆っている木々の伐採作業を行いました。太いもので直径20センチ。蔓が樹冠で複雑に絡み合っていて、それをほぐしながら裁いていくのが、結構な手間が掛かってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲作の準備 月布施

60410a1 60410a2 昨日の道普請による筋肉痛を押して、田んぼの苗代づくり、畦塗りをする月布施の方々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

とき味噌

60409b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の道普請 月布施

60409a1 60409a2 60409a3 60409a4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

眼飛ばされちゃってます

60408a 地物ネタを売りにしている回転寿司のことは先日ご紹介しましたが、スーパーなどでも佐渡産の魚が並んでいますが、おもしろい呼び名の魚もあります。その代表が「なんだ」。鍋物にして食べています。

先日、回転寿司屋で会計待ちの時に、トックンを水槽の前に置くと、サカナ君たちの目つきが変わり、一斉にトックンに向かって飛びかかって威嚇をしてきました。その後は暫く恐い目つきで睨まれちゃいました。なんだッ! とビックリ。

最近、ある会議にトックンを同席させたら、一瞬このような光景になってしまいました。それにしても似ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

岩首の棚田 活動場所さがし

60407d1_1 60407d2 60407d3 60407d4

60407d5_1 60407d6_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新校長先生 岩首小

60407c1_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつての餌場 片野尾

60407b1_2 60407bb  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パイプライン計画

60407a1 60407a2 片野尾の天池へ水を導くために沢から取水します。昔の水路は取水口周辺で何カ所か崩れているので、取水口から数十メートルはパイプラインを敷設する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

下柳平 カヤ一次処理終了

60406d1 月布施の標高300メートルほどの下柳平で大雪のお陰で倒れたカヤをやっつける為に、草刈機で分断する一次処理が本日終了。これからは山際のヤブツバキ、灌木の処理に入ります。下柳平は3反ほどですが、その後は暖かくなって伸びてきた草を一気にたたけるかが勝負です。

ひとりじゃ難しいので、応援を入れるタイミングを図らねばなりません。

写真は下柳平の入り口から撮影。写真右下周辺はヤブツバキなどに覆われていましたが、ノコギリで駆除したら昔のクロ(田んぼの法面)が現れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トッキッキ 横断歩道の渡り方指導

60406c1 NHK新潟のお昼のニュース。新潟県庁での「春の交通安全運動」出発式で、知事のあいさつ、幼稚園児にトッキッキなどが横断歩道の渡り方を教えている姿が放送されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキをあせらず 安全運転!!

60406b1 両津地区・住吉に立てられている看板。「トキを あせらず 安全運転!!」と可愛らしいトキが描かれ安全運転を呼びかけています。

如何にも「おやじ」的ですが、なかなか親しみを感じます。

負けじに、「交通安全をするトキ」。如何でしょうか?

本日より「春の交通安全運動」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花見の季節はこれから

60406a1 60406a2 全国ニュースでは、東京などでは数日前に桜が満開とのこと。こちら佐渡島月布施では今、梅が咲き始めたばかり(写真左)。桜はご覧の状態(写真右)で、例年だとあと1週間くらいでしょうか。梅と桜の花の季節の間隔が短いので花見の季節は長いです。着任、入学、お祭りとお祝いの季節の彩りを飾ってくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

ひげ卵使用のお菓子

60405a1 佐渡髭地鶏(さどひげじどり)の卵を使用した「お菓子処 しまや」の商品。左から

さくらロール(カステーラ) 500円

焼きプリン  135円

卵ロール   750円

エクレア   130円

シュークリーム   130円

マドレーヌ   105円

その他にドームカスタ(150円)、卵ケーキ(130円)があるとのこと。

平場飼、有精卵の健康志向を訴えているのと、このシリーズ以外の商品においても佐渡産のお米や小豆、栃の実などの原料にこだわった商品開発をされているので、地元産の食材利用ということで好感が持てます。下記の黄色く丸いシールが目印です。60405a2 卵に髭が生えているように思われちゃわないかしら・・・、余計な心配ですね。

本物のトキの卵を利用してこのシリーズの開発はできませんが、 「しまや」のトキ卵シリーズもなかなか好評です。

でも、「とき卵使用」と言う表示で、言い訳で「溶き卵ですから」という洒落はどうかな・・・やっぱ怒られちゃうかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

第6回はんが甲子園 展示中

60404b1 野球の春のセンバツ甲子園大会は、きょう横浜高校の優勝で幕を閉じましたが、第6回はんが甲子園作品展示は今、佐渡版画村美術館で展示中です。

これまでの大会でも作品の中にトキが描かれたものがたくさんあります。今大会のものを大会ホームページ作品展示よりピックアップしてみました。

青森県立弘前中央高等学校  「春咲く心優しき佐渡の朝市」

大阪信愛女学院高等学校  「おけさ 心の佐渡の月」

島根県立安来高等学校  「時空トキを超えて~世界遺産への胎動~」

青森県立弘前高等学校  「朱鷺旋風(ときかぜ) ~佐渡憧憬~」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高橋信一さんのトキ版画購入

60404a1 故・高橋信一さんのトキの版画を佐渡版画村美術館にて購入しました。額付で5000円(税込み)。佐渡版画村美術館のホームページから通販でも購入できます。

このトキの版画は佐渡版画村美術館の入り口を入ってすぐの壁に工程説明としても使われています。               

                   多色木版『朱鷺』の刷り上がりまで

      ・原画にもとづいて色別に版木を彫ります

      ・版1から版5までの版木を刷ります

60404a2

明るい色遣い、トキのとぼけたポーズが、観ていて何か楽しくなって来ちゃいます。

情報部員2号の井畑さん所有の「朱鷺」、情報部員3号の虎之助さん所有の「朱鷺」と、今回購入した「朱鷺」は、いづれも高橋信一さんの作品ですが、それぞれ作風がまったく異なります。ポストカードやハンカチなどに使われている「朱鷺」はもっと作風が異なっています。高橋信一さんの「朱鷺」の版画は何種類あるのでしょうかね?

佐渡版画村美術館のスタッフの方に尋ねてみるとアルバムから作品を撮影した写真を数枚見せてくれました。しかし、その中には井畑さんと虎之助さんの作品は入っていませんでした。

はんが甲子園の作品の中にもトキが描かれることが多いですね。高橋信一さん以外の作家の方のトキ作品もたくさんあることでしょう。持っている、知っているという方から情報をお寄せいただけるとウレシイです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

佐渡髭地鶏

60403a1佐渡博物館へイベントの打合せに行った折り、佐渡髭地鶏(サドヒゲジドリ)の事業展開の話を伺いました。サドヒゲジドリは肉垂が退化し、雌雄ともあごの下とほほにひげのような羽毛があるのが特徴。

佐渡博物館では種の保存とともにブランド鳥として卵生産および食肉生産の展開に取り組み始めています。昨年11月には解体処理場も開設されました。(社)日本食鳥協会の在来鶏にも特定JASの在来種の両方に「佐渡髭地鶏」として示されています。佐渡においては食材「佐渡地鶏・ひげ」と命名されています。

鶏冠と髭のバランスがサンタクロースのようにも見えてカワイイですね。そういえばチャコにもヒゲが生えていました。位置的にはヨダレかけかな。

佐渡髭地鶏の他にも佐渡固有の生き物はいろいろとありますね。トキも含めて佐渡固有の生き物を保全・活用しよう、ということを市民環境ワークショップではグループ討議で提案しました。環境基本計画に盛り込まれることを期待したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

火災予防運動をするトキ

60402a1 60402a2 60402a3 60402a4 60402a5 60402a6 総務省消防庁では、毎年「春の火災予防運動」を3月1日~7日まで開催していますが、新潟県では気象条件などの関係で、全国春の火災予防運動の1ヵ月後に行われ、4月1日~7日に県下一斉に春の火災予防運動が実施されています。本日、佐渡市消防本部で行われた防火パレードの出発式にトッキーが参加しました。佐渡市消防署員と第1~第6消防団までが集い、辞令公布、訓辞などが行われた後に、「火災予防運動をするトキ(時)」ということでトッキーが登場。消防の12車両による防火パレードを見送りました。

女性消防団員の方々に囲まれても照れることなく格好よくポーズを決めるトッキー(写真下段左)。本日は、ホンモノの消防署員の方が演じてくれました。

マイフォト「トキの人」上段左(整列時)、上段右(二人で敬礼)、下段左(女性消防団員)、下段右(トッキー署員)の各写真を大きくアップしてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

苗づくりの準備

60401a1 60401a2 片野尾の小田さんの育苗用のハウスの組み立てとポット苗の種まきをしました。ポット苗箱に土を入れ、そこへ塩水選し、温湯処理をした種籾を2つぶづつ入れていきます。アクリル板にポット苗箱にあわせて穴をあけて一気に処理できるはずだったのですが、それがなかなかどうして・・・まどろっこしい作業になってしまいました。ポット苗は60箱制作予定なのでまだ作業は続きます。ちと神経がすり減っちゃうかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »