« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月30日 (月)

重機投入 下柳平

61030b1 61030b2 61030b3 61030b4 61030b5 61030b6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JA赤玉 委託店

61030a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

稲刈り終了

61029b1 61029b2 61029b3 61029b4 61029b5 61029b6 61029b7 61029b8 61029b9 61029b10 61029b11 61029b12 片野尾の小田さんの稲刈り・ハゼ掛けが終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

峠周辺地図

61029a1 片野尾、月布施、羽二生、両尾、谷平(椎泊)からの峠は昔の重要な道でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

稲刈り続行中 小田さんの田んぼ

61028b1 61028b2 61028b3 61028b4 61028b5 61028b6 61028b7 61028b8 61028b9 61028b10 61028b11 61028b12 片野尾の小田さんの田んぼの稲刈りを、新潟テレビ21ときプロジェクトのボランティアの方々と行いました。晴天で気持ちよく作業ができましたが、全体の3分の2が終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読売新聞・豊岡支局記者来訪

61028a1 読売新聞・豊岡支局の記者が昨日、今日の2日間、佐渡のトキの取材でやってきています。

関西発・コウノトリ大空へ」というコーナーでは、コウノトリの興味深い写真がたくさんあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

幸運の女神

61027b1 61027b2 61027b3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨池 カラ池

61027a1 61027a2 61027a3 61027a4 61027a5 61027a6_1 61027a7 61027a8 61027a9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

ルーブ・ゴールドバーグマシン

61026b1 61026b2 61026b3 61026b4 61026b5 61026b6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲刈り中 小田さんの田んぼ

61026a1 61026a2 61026a3 61026a4 61026a5 61026a6 片野尾で有機農業に取り組んでいる小田さんですが、まだ稲刈りが終わっていません。新潟テレビ21の「ときプロジェクト」でボランティアの方々に手伝ってもらっている田んぼ2反5畝ほどを28・29日に稲刈りをする予定ですが、田んぼの状況、作業時間を考慮して事前に作業を始めました。

圃場内は硬いところと柔らかすぎるところと色々あります。柔らかところは脛のあたりまで潜り長靴を取られてしまいます。

全体的に倒れてしまっているので数株を束ねて無理やり立たしているところもあります。

去年はハゼが足りなかったのでもう4段足して12段にしました。

稲の倒れる方向が一定方向でないので一苦労です。バインダーを投入しましたが、ぬかるんでいる上にコナギなどの雑草が生えていて、立ち往生することもしばしば。

全体の4分の1が終了したといったところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

トキめき国体 広報強化へ

61025b1 61025b2 61025b3 61025b4 ちと前ですが、9月26日のNHK新潟の朝のニュースで「国体の広報強化へ」というのがありました。新潟県では、平成21年度(2009年)に「トキめき新潟国体」が開催される予定で、新潟県が県民200人あまりに認知度調査を実施したとのこと。
■新潟県民
68%   開催を知っている  
しかし20代の女性53%が開催を知らない。  

表参道・新潟館ネスパス(新潟県の物産を紹介・販売する施設)で100名
87%   開催を知らない

結論として、首都圏に加えて、若い女性にも開催をアピールする必要があるとしています。

調査の仕方がよくわからないけど、200人余りのうち、20代女性がどのくらいいたのかな? 比率を仮定すると15人中8名くらいのデータなんでしょうね。

表参道・新潟館ネスパスのホームページには国体コーナーもリンクもありませんが、電話で問い合わせてみたところ施設内にはポスター掲示、募金箱とトッキッキの設置はされているとのこと。

トッキッキというマスコットがいて、着ぐるみぬいぐるみ、ポスター、のぼり、ニュースレターなどが佐渡でも目に付くようになってきています。今後の広報の取り組みに注目したいと思います。

ところで、2009年の前年の2008年トキ野生復帰が予定されており、新聞広告もでています。上記の認知度調査を是非、トキ野生復帰についてもやってもらいたいです。
調査地としては、佐渡島内、新潟県内、表参道・新潟館ネスパス、環境省内など。

どのような結果がでて、どこをターゲットに広報・事業などの強化をするのか、対応にとても興味が持てますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキの先進地 洋県から視察団

61025d1 61025d2 61025d3 61025d4 夕方の新潟テレビ21「スーパーJチャンネル・新潟」のニュース。

佐渡市を訪れているのはトキの野生復帰の先進地中国洋県の牟××副書記長一行ら7名で、佐渡への訪問は2年ぶりとなります。旧・新穂村ではトキが縁で1994年に中国洋県と交流が始まっていて、合併後は佐渡市に引き継がれました。一行は今朝、佐渡市を表敬訪問し、高野市長や関係部長らとトキを軸に今後も経済や産業面で交流を深めていくことを確認しました。そして、お互いに記念品を交換し、洋県からは朱鷺の別名「紅鶴」と書かれた書が贈られました。午後からは旧・新穂村の正明寺地区に建設されている野生復帰のための順化施設を視察しました。(中略)一行はこの後、佐渡特産の「おけさ柿」の生産団地なども訪れ、農業面での交流も図りました。

------

昨年は佐渡市長の一行10数名が中国洋県を訪ね、一昨年は中国洋県から3名が佐渡市を訪ね交流が行われています。

一昨年は洋県朱鷺救護飼養センター長が団員に含まれていましたが、今回の団員の中には朱鷺の専門家はいないとのこと。

前夜、一行は片野尾で民泊して片野尾や岩首などの芸能鑑賞、交流会も行われたようです。

洋県には環境保全型で生産しているトキ・ブランドの梨があるので、中国側からすると柿よりも梨のほうがよかったかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朱鷺と牡蠣の森づくりツアー

61025a1_1 61025a2 61025a3 61025a4 61025a5 61025a6 61025a7 61025a8 61025a9   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

2008年、トキが再び佐渡の空に

61024a1 新聞の整理をしていたら新潟日報7月30日付けの全面広告欄に「2008年、トキが再び佐渡の空に」という広告。泉田・新潟県知事のメッセージ、元・佐渡トキ保護センター長の近辻さんのコメント、行谷小学校の取り組みなどが紹介されて、「新潟県トキ保護募金」にご協力を。と結んでいます。

行谷小学校の写真は2点で、6月27日の水辺の生き物しらべ、それと、4月28日のトキ集会の写真が掲載されています。写真にはトックンたちもちゃっかり写っています。

2008年にトキを自然に放鳥することを周知しているということは、行政として確実にやる、と宣言しているのですね。大いに期待します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

2004年稲刈り 上柳平

61023b1 61023b2 61023b3 一昨日の月布施の上柳平での稲刈りが湿地状態で大変だったので、2004年の稲刈りの写真と見比べてみました。

差は歴然!田んぼはぬかっているもののほとんど潜っていません。上の田んぼはバインダーで刈り取っています。軽トラック2台分の収量(2004年は籾袋で7つ半でした)がありました。この時でさえ、「手伝ってもらいたかったら、水切りをしっかりやれッ!」と言われていたのを思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ交流会館のマスコット

61023a1 最近、トキ交流会館へ行くと入り口で、トキの縫いぐるみたちが出迎えてくれています。写真中央の大きいのは、100羽祈念のトキぬいぐるみ64番で、名前が「パオパオ(宝宝)」。向かって右の小さいのが「シャオシャオ(小小)、左が「シエシエ(謝謝)」とのこと。

修学旅行などの子どもたちのプログラムの見送りには、お辞儀をしたり、羽をふったりして愛想をふりまいているとのこと。

「うちのパオパオが一番カワイイわ」と飼い主。

基本的にはどれもほとんど同じだとは思うのですが、それぞれの方の気持ちのいれようではないでしょうかね。だから我々的には、トックンが一番カワイイ、です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

ビオトープ管理 生椿

61022a1 61022a2 61022a3 61022a4 61022a5 61022a6 61022a7 61022a8 61022a9 61022a10 61022a11 61022a12 61022a13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

上柳平の稲刈りをしました

61021b1 61021b2 61021b3 61021b4 61021b5 61021b6 61021b7 61021b8 61021b9 新潟テレビ21ときプロジェクトで、片野尾の金子さんの田んぼの稲刈りに来たつもりの方々7名を月布施の上柳平へご案内しました。月布施などの集落の方々と合わせて総勢13名で月布施・上柳平の田んぼ2枚4畝の稲刈りをしました。

作業開始が午後3時と、ちと無謀な時間。田んぼはこれまで以上に湿地状態で足首はおろか、膝下近くまで潜るところもあり、暗くなる前に終わらないのではと心配される中での作業。あまりにぬかるんでいるので田んぼの中での移動が大変。束ねるのにグルグル稲の束を廻すと泥が飛び散って飛び散って・・・。「なんで、水切りをちゃんとやらないッ!」「こらぁ~ッ! もっといい稲つくらないと、もう手伝いにこないから」「どこのハゼに干すんだ!?・・・。恥ずかしいから、違うところにしよう」と手伝いに来てくれた集落の方々。

今年は田植えをこれまでより半月遅くして6月3日。理由は2つ。1つは、田植えを遅らせることによって田んぼの草取りの回数を減らすこと。もうひとつは、10月上旬まで季節労働で超多忙で、それが終わってから稲刈りがしたかったから。

今年から米ぬかペレットも使用してみました。草取りはこれまで3回100時間ほど行ったのに対して、今年は2回16時間と画期的に削減できました。が、草を抑えられたのですが、初期の稲の成長も悪かったです。田植え後に水不足になってしまったこともあるのか分けつも進みませんでした。

水の管理については、生き物を育む田んぼを目指しているので中干しはしないでいます。生き物の生息地という点ではいい圃場になりつつあると思うのですが、米作りの圃場としては年々難しくなるのかな。周辺のビオトープに通年湛水はまかせて、稲作圃場は中干しをするほうがいいかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金子さんの田んぼの稲刈り

61021a1 61021a2 61021a3 61021a4 61021a5 61021a6 片野尾で無農薬の米作りに取り組んでいる金子さんの田んぼの稲刈りをしました。
今回は新潟テレビ21が呼びかけている「ときプロジェクト」のボランティアだけでなく、社内ボランティアの方々もやってきました。
周辺の田んぼの稲刈りは随分前に終わっていて刈り遅れが心配されましたが、若干倒伏してしまっているものの、水切りもしっかりしていて乾いていて快適に稲刈りができました。今年で無農薬栽培は4年目ですが、昨年より10%くらい増収で48袋の(籾袋)の収穫。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

生き物の展示・観察

61020a2_1 61020a1_1  最近、トキ交流会館がどんどん楽しげな感じになってきています。

いくたびに新たな展示があったりして、ワクワクドキドキって感じ。

水辺の生き物の展示もそのひとつで、水槽の中にホンモノの生き物が入っています。生き物の説明カードも置かれていたり、顕微鏡まであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

中国五彩稲米 試食

61019c1 中国トキ視察・交流の折にお土産でいただいた五彩稲米。2004年夏の中国トキ視察・交流に参加いただいたご夫婦にプレゼントしたらおにぎりにしてご馳走してくれました。コシヒカリに混ぜて圧力釜で炊いたのこと。赤米のコシが強くのこっていて混ぜご飯のおにぎりのようです。色も鮮やか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水辺の生き物しらべ 行小2006秋

61019b1 61019b2 61019b3 61019b4 61019b5 61019b6 61019b7 61019b8 61019b9 61019b10 61019b11 61019b12 先日下見をした行谷小学校の水辺の生き物しらめは天気に恵まれました。ボランティア・ティーチャーは県・市の職員、4Hクラブ、大学生、NPOなどで9名参加。調査地区は潟上、正明寺・田野沢、青木、長畝の4地区で、子どもたちは自分の居住地のある地区に参加なので下校しながらの活動。

潟上地区は、まずは不耕起栽培の田んぼに行きましたが水がまったくなく生き物観察の期待をしなかったのですが、ところがアマガエル、ツチガエルの両生類の他、バッタ類、トンボ類など思いの他子どもたちは次々に捕獲・観察をすることができました。

湧水の観察地は、いつものように水が湧き出ていて、多くのサワガニ、ヤゴを観察することができました。

トキ交流会館近くの天王川では、仕掛けていたカゴにサワガニ、タモロコなどが入っていました。最後に川に下りて網でさぐってみると、ヨシノボリ、ミズカマキリ、タイコウチなどを捕獲・観察することができました。

他の地区では、水を抜いたファームポンド、多自然型に改修された水路などでの活動を行ったようです。情報が入れば後日ご紹介できるかもしれません。

この全校をあげての水辺の生き物しらべは、上級生も下級生も一緒になって生き物の捕獲・観察することで、子どもたちはとても活き活きとしていて、子どもたちの野生復帰となっているように感じました。

佐渡でもコウノトリの豊岡市のように、トキの野生復帰と子どもの野生復帰(自然体験)とを掛けた取り組みを推し進めていくことが必要ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

売れ筋トキ 潮津の里

61019a1 61019a2 61019a3 61019a4 61019a5 61019a6 旧真野町にある「ふれあいハウス 潮津の里」に宿泊しました。

真野湾を一望できる高台にあり眺めがよく、体験プログラムもいろいろ用意されていて、5~6月頃は修学旅行での利用が特に多いようです。

以前に「トキの森 売店」のをご紹介しましたが、トキ関連のお土産の売れ筋について教えてもらいました。
やはり日持ちのする食べ物系が上位を占めています。

第1位 朱鷺ファミリー(クッキー) 320円
第2位 朱鷺のつばさ(クッキー)  320円
第3位 トキの佐渡めぐり(クッキー)320円

「安くて数が多いもの」が絶対条件で、それに加えて「パッケージが可愛い」「部屋に置かれていた試食がよかった」などのようです。

トキ・グッズでは、トキミニミニタオル210円。全体での一番人気は「佐渡の金山小判飴」。理由は一番数があるから。

他のグッズでは風水モノ、縁起モノが人気とのこと。連想ゲームすると「風水トキ飴」などといったネーミングの商品があるとヒットするかもね。

お土産を買う場所としては佐渡金山やトキの森公園などの観光地、佐渡汽船フェリーターミナル、それと宿。売り子のパワー的には観光地、フェリーターミナルがすごいと思うけど、宿は滞在する時間が一番長い訳だから、そこにチャンスがありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

商標登録 朱鷺

61018a1 61018a2 みやげもの屋の「剣先いか」「さきいか」「七味かわはぎ」などにトキのシールが貼られている、と思ってよく観てみると、商標登録「朱鷺」、と記述されています。(株)ヤマキチの乾き物の一部の商品に貼られているようです。「朱鷺と牡蠣の森づくり」という魚の森づくり事業に関わっているものとしては、環境保全と商品の販促とがつながると面白い展開になるのではと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

海の魚は餌となりませんか?

61017b1 先日NHK・BS-hiで放送された番組「幸せを運ぶ鳥 コウノトリがよみがえる」の中で、冷凍アジを与えていてコウノトリがガツガツ食べている姿が映し出されていました。

佐渡でも激安の海の魚が手に入るのだから、トキ向けに海の魚が餌として活用できないものでしょうかね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

子どもの野生復帰大作戦 豊岡市

61017a1

コウノトリの野生復帰を展開している豊岡市ですが、野生復帰させるのはコウノトリばかりではなく子どもも、ということで「子どもの野生復帰大作戦推進フォーラム」を開催するとのこと。コウノトリの取り組みを行政のいたるところでつなげようという意図が伝わってきますね。

-----------------------------------

「子どもの野生復帰大作戦推進フォーラム」 兵庫県豊岡市

■ 日 時  10 月 22 日(日) 午後2時開会

■ 場 所  豊岡市民プラザ ほっとステージ

■ 内 容  ◇キャッチフレーズ・シンボルマーク授賞式

       ◇基調講演
       「つくる・遊ぶ・考える ~子どもの発達と自然体験~」

         講師:和光大学非常勤講師(古代技術史・民族音楽) 関根秀樹氏

       ◇パネルディスカッション
        「まず始めよう 野生復帰の基地づくり」

         《コーディネーター》
           本庄四郎氏 (竹野スノーケルセンター・ビジターセンター長)

         《パネリスト》
           菅村定昌氏 (NPO法人コウノトリ市民研究所副代表)
           立脇美穂氏 (神美地球防衛隊サポーター代表)
           森垣友美子氏 (高橋小学校教頭)

■ 定 員  250名

■ 入場料  無 料

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

さかなが激安

61016c1 61016c2 61016c3 魚が激安と評判のスーパー「キング」。今夕の商品では、シイラの刺身1パック198円、めじ(まぐろ)2匹50円、いなだの刺身(2匹分)198円、すみいか3杯198円、アジ(20センチ弱)2匹100円、豆アジ10匹100円。どれも佐渡産。余計なお世話だけど人件費をどう捻出しているのか気になっちゃいます。この激安の魚たちで刺身づくりの練習をさせてもらっています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

水辺の生き物しらべ 下見

61016b1 6月に引き続き今年2回目の行谷小学校の水辺の生き物しらべが19日に行われます。その下見を行いましたが、全般的に水が少なかったです。昨年11月に行った際には、不耕起栽培を行っている田んぼでは、圃場内の一部や江に水が残っていて生き物が確認できたのですが、今日は水がまったくなくタニシの残骸がいくつか確認できただけでした。行谷川の水位もだいぶ下がっていて透明度もあり川底が確認できました。

以前に生物量調査を行った際、水生動物を多数確認できた現在建設中の順化施設近くの小川(写真)を今回新たに活動場所にしようと見てきました。川の状況は当時とあまり変わりないのですが、周辺が順化施設の工事や新穂ダムの浚渫した土砂の土捨て場になっていて、ちと賑やかな状況となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トッキーとトラクター操縦

61016a1 61016a2 61016a3

情報部員17号の宮澤さんから、小倉の活動に登場したトッキーの写真が寄せられました。

ご要望のあった写真とともにご紹介します。

皆さんも、着ぐるみ・トッキー(万長くん)を撮影したものをお持ちでしたらお寄せいただけるとウレシイです。

--------------------------------

小倉では大変にお世話になりました。ときの写真を2枚、送ります。
で、お返しに私がトラクターに乗っている写真を送り返してくれませんか。
よろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

稲刈り完了 小倉

61015a1_2 61015a2_1 61015a3_1 61015a4_1 61015a5_1 61015a6_1 61015a7_1 61015a8_1 61015a9_1 61015a10_1 61015a11 61015a12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

稲刈り中 小倉2006

61014b1 61014b2 61014b3 61014b4 61014b5 61014b6 61014b7 61014b8 61014b9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルーンフェスティバル in 佐渡

61014a1 61014a2 61014a3 61014a4 61014a5 61014a6 61014a7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

ときりん・たわらん 壁紙

61013b1 愛機メビウスにNHK新潟のマスコット・キャラクターである「ときりん」「たわらん」の壁紙を利用しています。この壁紙は「ときりん たわらん お楽しみコーナー」からダウンロードできます。季節ごとにあらたなものが登場・提供されるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茅刈り 刈り倒しは大分進みました

61013a3_1 61013a2_1 61013a1_1  草刈り機にはチップソーの円盤を付けています。1枚の円盤には36個のごっついチップが埋め込まれていて、茅どころか3~4センチの木・枝などもスパッと気持ちよく伐れます。使用しているうちにチップが破損したり欠けたりするのですが、昨日まで使用していた円盤はチップが残り10個ほどになったので、今朝新しいものと付け替えました。

切れ味抜群で気持ちよく草刈りができ、ついつい作業時間が長くなってしまいます。

本日の作業終了時に円盤をみると、早くもチップが2個欠落していました。円盤1枚2800円、ちと悲しいです。いつもより、ちと長めに作業したので握力や腕のしびれも余計にきちゃってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

新米 佐渡育ち 販売開始!

61012b1 月布施にあるJA委託店へ行くと、JA佐渡の18年産新米コシヒカリ「佐渡育ち」が販売されていました。

トキの絵と「トキのふるさと佐渡の自然と
作り手の情熱が育てたコシヒカリです。
どうぞご賞味ください。」のコピーが、なかなか好感がもてるパッケージです。

5kg 2650円(税込)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茅刈り作業中 月布施・下柳平

61012a1 61012a2 61012a3 61012a4 明け方に強い雨が降り、天候の回復が遅れたので、本日の月布施の下柳平での茅刈り作業は午後から。

休憩時にドカシートに寝転び空を眺める。アァーッ、アァーッ、という鳴き声が近づいてくる、2羽。中国・洋県で聞いたトキの鳴き声に似ているがカラス。作業をしていると必ずといって鳴きながらやってくる。油断をしているとリュックの中をいたずらされてしまう。

新潟大学の生態学の先生の話では「小佐渡の林は荒れてて密集しすぎ。5~7割ぐらい間伐しないといけない」とのこと。確かに下から見上げてみても、いろいろな木が交差しているし、木々の枝も横に伸びないで万歳しちゃっているようにも感じられますね。傾斜のきつい枝にはトキがとまることができないだろうから間伐が必要ですね。

草刈りを進めていくと昔の道が現れてきました。ハゼ木の残がいもありました。

上からばかりでなく、下から上を眺める写真(右下)も撮影してみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

パンフ トキの野生復帰に向けた川づくり

61011b1 61011b2 61011b3 佐渡地域振興局地域整備部が進めていた「トキの野生復帰に向けた川づくり」のパンフレットおよび計画書が配布されています。佐渡地域振興局のホームページからもダウンロードできる他、担当部署、トキ交流会館などにも置かれています。

パンフレットは、A4折りたたみで8ページ。「トキの野生復帰を川づくりの面から支援するという観点で、河川における生態系の多様性の保全・再生・創出を目標とする自然再生計画を策定しました」と記されています。一番の注目点は、「トキの野生復帰に向けた川づくりは、トキを生態系のシンボルとして位置づけ、トキを含めた自然や生態系全体を対象とします」というところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茅刈り 月布施・下柳平

61011a1 61011a2 61011a3 61011a4 61011a5 61011a6 標高300メートルちょっとの月布施の下柳平の放棄された田んぼを復元するべく、春先には雪で倒れた茅が起き上がらないように処置したり、初夏の頃には伸びた茅を刈り倒してきました

今年のこれまでの処置のおかげで、丈は短く(それでも1メートル半くらいはあります)、立ち枯れていないので茎がやわらかいので、駆除するチャンスと思い、今日から茅刈りを始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

コウノトリがよみがえる

61010b1_1 61010b9  10月9日(土)21:00~22:50にNHKのBSハイビジョンで放送された「幸せを運ぶ鳥 コウノトリがよみがえる」を観た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

環境にやさしい佐渡米づくりへ

61010a1_1 61010a2 JA佐渡の広報誌の9月、10月号に環境にやさしい佐渡米づくりへ向けた特集が続いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

天舞う命に希望託して

61009b1 兵庫県豊岡市で行われた2年目のコウノトリ放鳥を見に行った情報部員4号の有田さんから、先日たくさんの資料が届きました。新聞、パンフレット、報告書などどれも興味深いものばかりです。

写真は放鳥式典当日の9月23日の神戸新聞です。16・17面の特集コーナーにおいて、放鳥からの1年がまとめられています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ羽ばたく空へ

61009a1 買い物をしたお店に「バルーンフェスティバル in 佐渡」の

ポスターが掲示されていました。「空から佐渡を見てみよう!」、「トキ羽ばたく空へ」という、どちらもとても魅かれる興味深いコピー。

コウノトリ但馬空港には世界最大の飛行船がやってきたこともあるようですが、ふわふわと飛ぶ飛行船や気球は環境にやさしいイメージがあるのかな(実際は音がうるさいんだと思いますが)。

このイメージと「トキ羽ばたく空へ」というコピーが心を揺さぶりますね。鳥の視点に近い高さからの佐渡の景観が気になるところです。果たして、トキが生息するための環境整備がどの程度進んでいるのか、気になるところです。

バルーンフェスティバル in 佐渡

会場 佐渡市立金井中学校

主催 佐渡青年会議所 

期日 10月14日(土)~15日(日)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

NHK ダーウィンが来た 放送

61008b1b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒天の中でのトキ交流フェスタ

61008a1 61008a2 61008a3 61008a4 61008a5 61008a6 61008a7 61008a8 61008a9 61008a10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

出迎えるトキぬいぐるみ

61007b1 大荒れの天気です。佐渡汽船フェリーターミナルへ行くと、ジェットフォイルは終日欠航、カーフェリーも昼の便が欠航となっていました。連休初日というのに、非常に残念!

佐渡汽船フェリーターミナル内(券売機向かい)にある佐渡観光情報案内所へ100羽祈念のナンバー93のぬいぐるみを届けてきました。佐渡観光の玄関口であるフェリーターミナルで、出迎えるトキ(時) 縫いぐるみ、です。きっと、みなさんを可愛く出迎えてくれることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上空から 両尾・椎泊・真木

61007a1 61007a2 61007a3 61007a4 トキの飛行機からの羽二生~両尾の続きで、佐渡空港へ向かって両尾・椎泊・真木の風景。左から1枚目の写真は両尾保育園から山へ登っている田んぼで、左下は宇賀神さんの裾野。右端写真の谷が真更川で上流に「トキのふるさと再生事業」が行われている谷平がある。中2枚の写真の奥の稜線と手前の小高い山2つの間に谷平。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

上空から 羽二生~両尾

61006b1 61006b2 61006b3 昨夏の中国トキ視察・交流の復路に乗った新潟~佐渡のトキの飛行機から羽二生~両尾の風景です。前回ご紹介の写真よりも田んぼが山に登っている感じがはっきりしていますね。それと最上部の田んぼ周辺から向かって右へ比較的なだらかな面的な広がりが見られますね。なだらかな面から集落へ向かった森林がいかにも里山ってふうに感じます。樹種まではわかりませんが、多分に杉・アテビなどの針葉樹林となってしまっているのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ときりん 登場の仕方

61006a1 61006a2 61006a3 NHK新潟のゆうどきネットワーク新潟の番宣に「ときりん」というマスコットが登場していることは、以前にご紹介しました。稀にしかこの番組を観れていないのですが、着ぐるみの「ときりん」が番組内で登場したのにあたったことがありません。コーナーの区切れやエンディングにテーブルの上に置かれていたり(写真右)、各コーナーの折に同席していたりするようです(写真左中)。ガッツ・ポーズが「ときりん」のトレード・マークのようですが、この放送時の配置だとガッツ・ポーズで顔がかくれちゃってます、残念ッ! 着ぐるみの「ときりん」は中に入る人が見つからないのか、あるいは、図体がデカイくて邪魔なので登場させられない、といったところでしょうかね。!ッ ということは普段は空いているいるということかぁ! 佐渡で保護したということだし、ホンモノのトキが目指しているように佐渡に戻したほうがいいね。我々が身元引受人になろうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

献穀米

61005c1 新潟日報10月5日付け佐渡版(ネット記事にもあり)に、宮中で行われる新嘗祭に献穀される米の刈り取りの記事。毎年各県から代表者が栽培、新嘗祭に参加するとのことで、新潟県では今年は数年ぶりに佐渡へ巡ってきて、トキ順化施設のすぐそばで環境保全型農業に取り組んでいる方が献穀者となったとのこと。

石川県のホープページには新嘗祭献穀田抜穂式概要について概略が記されています。各県・地域によって取り組み方はいろいろのようですが、JAながさき西海など大規模に取り組んだところもあるようですね。

トキの野生復帰のための環境整備、JA佐渡が環境保全型農業への移行の取り組みを始めたこともあり、タイミングがよいですね。ただ、これらのことを一連の取り組みとして表現できるといいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トッキッキ売ってます

61005b1 佐渡地域振興局の庁舎内にある生協売店で、トキめき新潟国体のマスコット・トッキッキの縫いぐるみが売られていました。以前に本庁の国体事務局で見た試作品より小さくなっちゃってます。

1匹1,480円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空中写真でお散歩

61005a1 旧相川町にある佐渡地域振興局へ行ってきました。月布施からだと片道1時間ほどかかります。

ある部署の打ち合わせ机には佐渡島を1枚の空中写真にしたものがあるのですが、これを眺めていると空を飛んでいる気分になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

環境保全型へ移行します

61004b1 61004b2 61004b3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほぼ稲刈り終了

61004a1_1 61004a2_1 61004a3_1 61004a6 61004a5 61004a4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

トキ待ち花

61003c1 61003c2 61003c3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バラつきが激しい

61003b1 上柳平の田んぼの地主であり、米作りの師匠でもある孫次郎(屋号)さんに稲穂の状況を判断してもらった。写真下は2、3日後には稲刈りOK、写真上のものはまだ青いので稲刈りは半月先、とのご指導をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茅刈り 月布施・上柳平

61003a1 61003a2 61003a3 61003a4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

NHK ダーウィンが来た! トキ

61002b1_2  情報部員4号の有田さん他の方々から、NHKの中国トキ番組の情報が寄せられています。

NHKは秦嶺山脈の取材を長期間続けていて、昨年末から新年にかけていくつかの番組として放送されました。NHKの取材にはプロカメラマンの岩合光昭さんもカメラマンとして参加されていて、写真家・岩合光昭さんのHPの中国編の中にトキの写真があります。岩合さんの撮影取材記:トキ編には、NHKの秦嶺山脈のハイビジョン取材のことが記されています。

秦嶺山脈の取材以外にも、プロジェクトXにおいても中国取材を行っているようです

新たな取材があったかどうか気になるところですが、「トキ 人とともに生きる」、とても興味深いタイトルですね。

--------------

10月8日(日曜日)、NHK総合テレビで夜7時30分~7時59分まで、 「ダーウィンが来た! 生きもの新伝説」で「トキ 人とともに生きる」が放送されるそうです。
中国洋県のトキの生き方と、人とのかかわりについて紹介されるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

穂が垂れています 上柳平

61002a1 61002a2 61002a3 小雨が降る中、森林組合と重機オペレーターの方々と月布施の下柳平、上柳平周辺を巡りました。

上柳平の田んぼの稲は穂が垂れてくれています。水抜きをしていなかったこともあり、まだ青いです。

田植えをしてくれた方々に稲刈りをしていただこうと思っているのですが、10月21日まで持つかなぁ。ちと、心配です。水抜きの処置を施しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

秋のビオトープ管理 久知河内

61001d01 61001d02 61001d03 61001d04 61001d05 61001d06 61001d07 61001d08 61001d09 61001d10 61001d11 61001d12 61001d13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

’06トキ交流フェスタ

61001c1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠岐に定着した野生コウノトリ

61001b1_1  情報部員4号の有田さんから山陰中央新報9月28日付け記事の情報です。

---------

山陰中央新報の記事で、隠岐に飛来して居ついている
定着コウノトリの話題が掲載されています。

隠岐と言えば、確か1930年代までは野生のトキが報告されていた地域。能登や佐渡同様に、トキにとって比較的安全な環境が遅くまで破壊されずに残っていた場所なのでしょう。
このような場所にコウノトリが今後も定着するのであれば、将来の分散飼育、最終的には分散放鳥なんてことになるのであれば、出雲よりも隠岐の方がよいのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲刈り 久知河内

61010a1 61001a2 61001a3 61001a4 61001a5 61001a6 61001a7 61001a8 61001a9 61001a10 61001a11 61001a12 61001a13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »