« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

トキの新居 寧陝県 寨沟村

70531d1 70531d2 70531d3 今回、トキ野生放鳥を行った村は、陝西省寧陝県寨沟村。日本語読みだと「サイコウ村」。ピンイン標記ができませんが中国語だと「Zhai gou 村」。秦嶺山脈の南麓に位置しています。

西部ネットなどに寨沟村の情報がまとめられています。

■西部ネット:トキの新居 寧陝県寨沟 美しくて静かな所(その1)

■西部ネット:トキの新居 寧陝県寨沟 美しくて静かな所(その2)

■華商報ト:寧陝県寨沟村で世界初のトキ野生放鳥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放鳥式と沿革

70531c1 70531c2 5月31日の寧陝県でのトキ野生放鳥の模様は、写真記事販売サイトでも伝えられています。放鳥する瞬間、小学生の放鳥、発信機の追跡などの写真。

■newsphoto.com.cn:世界初 人工飼育のトキ13ペア野生放鳥 寧陝県

その他、下記では1981年のトキ再発見からの26年が簡潔にまとめられています。

■華商報:トキ 今日はじめて寨沟村に舞う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ野生放鳥! 人工飼育では世界初 中国

70531b1 70531b2 70531b3 5月31日午前中、中国・陝西省寧陝県で人工飼育されたトキが野生放鳥されました。

西部ネット・陝西版には多くの写真で報道されています。

我々の中国トキ視察交流の際の受入れ先の陝西省野生動植物保護協会:副秘書長さんは放鳥写真の真ん中に、そして農家交流をしていただいている草ば村:村長さんは小学生の放鳥写真の中におられますね。

■西部ネット:26羽のトキ放鳥写真(その1)

■西部ネット:26羽のトキ放鳥写真(その2)

■西部ネット:26羽のトキ放鳥写真(その3)

■西部ネット:26羽のトキ放鳥写真(その4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキのタバコ MILD SEVEN

70531a1 5月31日は「世界禁煙デー」。朝のテレビ・ニュースでも、お酒を飲めるところでの喫煙の取り組みについて特集を組んでいました。

愛煙家の情報部員22号・棚田おじさんのコレクションから、まだご当地広告パッケージが許された頃(1980年代)のマイルドセブン。佐渡の野生下で撮影されたトキの写真が使われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

明日 人工飼育のトキ野生放鳥 中国

70530e1 70530e2 佐渡では昨日、今日とトキ関連の2つの専門家会合と協議会が開催され、来年秋にも予定されている野生放鳥に向けた報道がテレビ、新聞などでされています。

中国陝西省寧陝県では明日5月31日に人工飼育されたトキが世界で初めて放鳥されます。

陝西ニュースネットには、トキ野生放鳥特設ページが設けられています。

陝西ニュースネット:自然保護 朱鷺放鳥

取材に行っているNHK記者が逆に取材されています(画像右)。番組はゴールデンタイムに放送のようなのでとても楽しみです。

■陝西ニュースネット:2007年5月30日

日本のメディアはるばるトキ放鳥取材 翼を広げた姿が最も美しいと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

70530d1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキめき新潟国体まで850日

70530c1 70530c2 70530c3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ野生復帰専門家会合 

70530b1 70530b2 70530b3 NHK新潟のお昼ニュース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ放鳥の手本にしたい

70530a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

不思議な光景が出現!

70529c1 70529c2 70529c3 70529c4 農免道路から野生復帰ステーションへの進入路(かつて巨大トキ看板があったところ)のまん前に建設中の物体に気づきました。冬には冬季湛水をしている団地だと思って歓心していたのですが、何やら不思議な光景になっています。ビオトープになるようですが、これまでに見たこともない形状。完成後の形状、そしてどのように管理されるのか注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

ドジョウ養殖技術確立 餌問題解決 中国

70528b1

5月23日付けの西安晩報をもとにした記事。

ドジョウ養殖の技術は日々進歩 トキ餌の問題解決へ

トキ1羽は餌として1日250gのドジョウが必要。これまでの研究によって10万匹のドジョウを養殖。西安の東の郊外の藍田県に養殖場を設置して200トンのドジョウ生産が可能になる。トキの餌だけでなく市場に流通させることもできる。

佐渡でもドジョウ養殖の取り組みが展開されています。今、トキファンクラブのサイトにドジョウ養殖助成の募集が紹介されています。

佐渡でも土用の丑の日にはウナギではなくドジョウを食す地域があります。トキの餌としてだけでなく、ヒトの食用と兼ねるというのも佐渡のドジョウのブランド化としては必要かもしれません。ドジョウのブランド化の取り組みとしては安来節の島根県安来市が有名ですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

大好きメッセージ オンエア中

70528a1_1 70528a2_1 70528a3 NHKの番組「おーい、ニッポン」の次回6月3日(放送)は「新潟県」。大好きメッセージがNHK・BS、NHK総合で放送されていますが、我らがトッキーも登場しています。真ん中の画像はトキ野生復帰連絡協議会会長とともに大好きメッセージ。他にも2つの団体とともに登場しています。キャッチできたかたご連絡いただけるとウレシイです。

この記事作成中にトキファンクラブが大好きメッセージがオンエアされました。トッキーは登場していませんが、トックン・タイプのぬいぐるみを抱いて事務局の女性たちが登場しています。

NHK新潟の「おーい、ニッポン!私の・好きな・新潟県」のサイトにも登場する予定なのですが、まだ準備中のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

110羽 まだ産卵継続中

70527c1 70527c2 前回の発表では、今年の繁殖は自然抱卵が残り4でしたが、現在自然抱卵3、フ卵器保温2というように状況が変わっています。まだ産卵が続いているようです。

今シーズンの状況は

■産卵総数: 53

■現在のヒナ数: 16

■総トキ数: 110

観察通路は依然閉鎖中で、展示室から肉眼およびスコープでの観察となっています。

設置されているスコープ・双眼鏡で眺めるとはっきり・くっきり観察できます。

設置されているスコープでデジスコを試みましたが、なかなかうまくいきません。デジタルズーム24倍フルオートで撮影するとフォーカスがあいません。マニュアル・フォーカスで撮影してみましたが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムギワラトキ 大部屋検証中

70527b1_1 70527b2 70527b3  現在一般公開されているトキ野生復帰ステーションへ行くと、順化ゲージ前の進入禁止のバリケードに「ムギワラトキ」が入っていることを伝える掲示。

このムギワラトキは順化ゲージの使い勝手、飼育員の練習を目的に入れられているとのこと。

今のところトキ(ニッポニア・ニッポン)は6月下旬~7月上旬頃に移されるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田植え2日目 小倉

70527a1 70527a2 70527a3 70527a4 70527a5 70527a6 70527a7 70527a8 70527a9 70527a10 70527a11 70527a12 70527a13 雨の予報が見事にはずれて晴天の中、残り2枚の田植えを行うことができました。

作業になれたのか、心地よさなのか、昨日に比べると作業の進み具合が早かった。

幼児たちは泥んこの心地よさを覚えちゃったようで楽しそうに作業をしていました。が、今回は参加していなかった彼らのお母さんたちの悲鳴が聞こえてきそうです。

手植え作業が終わったところで、除草剤の代わりに抑草効果をねらってクズ大豆を撒きました。しばらくしてからは、動力噴霧器を使って米糠ペレットを散布する予定です。

ただし、コナギは米糠ペレットの効果があらわれないようなので、手で草取りをする必要があります。トキまち菜、ということで食用としてコナギの収穫作業の呼びかけをしましょうかね。

毎年参加している方々からは、段々と生き物が増えているように感じる、との声もあがっています。環境保全型稲作に取り組み始めて5年目。着々と成果があがっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

コンサート 寄り道

70526d1 70526d2 70526d3 70526d4 小倉での作業の後、金井・能楽堂での宮沢和史さんの弾き語りによるコンサート「寄り道 2007 夏さがし」を鑑賞してきました。

宮沢さんは2004年2月放送の新潟テレビ21・チームエコ特別番組「朱鷺を愛した人たち」に出演、トキ保護活動に従事してきた人達を取材。 2004年の春にはプライベートで“ときプロジェクト”にも参加しているとのこと。

能舞台の雰囲気の中で、すぐ近くで宮沢さんのトークと音楽は親しみを感じるものでした。

アンコールでは「トキ」「島唄」と、熱烈なファン以外でも佐渡の方にメッセージを送る、よい演出。会場には「朱鷺を愛した人たち」に出演時のパネル、子ども達と一緒に制作した絵などの掲示もありました。

新潟市内の百貨店前にある新潟テレビ21の広告塔は、この時に制作された絵が使われているのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

環境保全型稲作田植え 小倉

70526c1 70526c2 70526c3 70526c4 70526c5 70526c6 70526c7 70526c8 70526c9 70526c10 70526c11 70526c12 70526c13 新潟テレビ21ときプロジェクトの小倉地区の田植えが今日と明日行われています。

天気がよかったので満水の朱鷺湖(小倉ダム)と周辺の景色がいい感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポール・トキ 月布施

70526b1 70526b2 70526b3 70526b4 70526b5 70526b6 70526b7 新潟テレビ21ときプロジェクトのポール・トキを月布施にも林道終点と上柳平の2ヶ所建てました。

昨日の雨のお蔭で、各圃場(ビオトープ)には水が溜まりつつあります。でも、まだ畦が塗れていないので、溜まりつつももれてもいるようです。

それにしても、ここ10日ほどの変化は激しく、木々の葉がついて緑が濃くなり、圃場に影をつくり始めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こーい こい こい こい こい

70526a1_1 70526a2_1 70526a3_1 NHKの朝のニュースで「人になついたアオサギのガーちゃん」が流れました。

冒頭、アオサギを呼ぶのに「こーい、こい、こい、こい、こい」と叫んでいました。トキのキンを呼び寄せるのと同じだったので驚きました。

発声方法なんでしょうかね? 他でも試してみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

鳥獣保護区拡大を了承 中環審

70525c1 70525c2 70525c3 70525c4 NHKラジオ、NHK新潟のいくつかの時間帯で、中央環境審議会・野生生物部会において、佐渡島の小佐渡東部の鳥獣保護区拡大が了承、というニュースがながれました。

現在7.3平方キロメートルから126平方キロメートルに拡大され、7月から全ての鳥類・ほ乳類の捕獲が禁止されトキ保護に万全を期するとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポール・トキ  小倉

70525a1 70525a2 70525a3 今年、新潟テレビ21ときプロジェクトの活動の証として、5地区6ヶ所の活動地にトキの看板を付けたポールを設置していってます。

看板となっているトキは昨夏の中国トキ視察交流の同行取材時にハイビジョンカメラで撮影したものをキャプチャーして制作しているとのこと。ポールにはTeam ECOのキャッチコピー「Think Globally, Act Locally」も描かれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

活動マップ 片野尾・月布施・野浦

70525b1 70525b2 前浜地区の片野尾、月布施、野浦における当ブログに登場した場所を空中写真に記してみました。

黄色塗りつぶしはビオトープ・その他作業地、赤の塗りつぶしは環境保全型稲作。赤丸は活動候補地・したい場所。

上柳平~下柳平の黄緑の塗りつぶしは松枯れ伐倒処理をした松林(2ha)。

月布施と野浦の境の植林された松林10ha(黄緑の点線内)は、近隣でビオトープ、環境保全型稲作がトキのねぐら・営巣として手入れをしたい松林(まだ未対応)。

NPO法人トキの島が直接あるいは関わりをもっている活動地のみです。月布施にはさらに植樹地、野浦には有機農業に取り組んでいる方々があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

1haほどの放棄田 おとし

70524b1 70524b2 70524b3 70524b4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出口 カヤなぎ倒し1回目完了 

70524a1 70524a2 70524a3 70524a4 70524a5 70524a6 70524a7 70524a8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

ビオトープ助成 説明会

70523d1 70523d2 70523d3 今年度から始まる「佐渡市トキビオトープ整備事業」の説明会が開催されました。

目的は、トキの野生復帰に向けて、トキの餌となる生物の量を増加させるよう維持管理した餌場(トキビオトープ)の整備拡大を図る、とのこと。

内容は、国指定小佐渡東部鳥獣保護区内または市長が特に必要と認める区域内に所在するおおむね10a以上連担した団地の水田等を維持する団体(集落・NPO法人・市長が適当と認めた団体)に対する助成。

条件としては、佐渡市トキビオトープ維持管理基準で定められた維持管理作業を行うことで、ビオトープの単価30,000円/10a(台帳面積)、冬季湛水15,000円/10a(台帳面積)。30a以上の団地化をするとビオトープの場合は、補助金額に1万円/10aが加算されます。さらに、団地面積合計が50a以上の団体には事務費助成も行われる、というもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロトキもいます

70523c1 70523c2 70523c3 トキの森公園・展示館の入り口前にはクロトキのケージがあります。クロトキのケージをバックにコトキの撮影をしようとしていたら、1羽のクロトキが鳴きながら近づいてきました。

クロトキはエジプトのトト神として有名。首から上の形は魔法使いの杖のようで、何か神秘的。ネーミングですが、全身が黒いホオアカトキ(全身が黒いけど顔が赤いからとのこと)がいるので、首から上だけ黒いのでガングロトキのほうがあっているようにも感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110羽 抱卵中は残り4

70523b1 70523b2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新規 月布施・出口 着手

70523a1 70523a2 70523a3 70523a4 70523a5 70523a6 70523a7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

パソコン教室 岩首

70522c1 70522c2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カヤを駆除 下柳平

70522b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

快晴で気持ちよく作業 上柳平

70522a1 70522a2 70522a3 70522a4 70522a5 70522a6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

トキ放鳥へ励みに

70521b1 70521b2 新潟日報5月21日付けは、写真付きでコウノトリがトップニュース。

「トキ野生復帰のモデル」という小見出しも付いています。社会面(画像右)では、佐渡関係者のコメントとして「トキ放鳥へ励みになる」というのが紹介されています。

これから、ヒナがカラスやトビに盗られたり、親鳥の給餌がうまくできるかというような心配がありますね。次は、無事巣立ちができるかどうか? 親鳥の採餌能力と人間の環境整備の努力が試されるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月末トキ野生放鳥 中国・寧陝県

70521a1 5月19日付けの中国・西安晩報に下記記事。

専門家5ペアのトキに発信機装着 今月末に野生放鳥

日本のODAを利用して建設された中国・寧陝県のトキ野生復帰順化施設において、5月31日に野生放鳥させるために5ペアのトキに発信機を装着したとのこと。

以前にも記しましたが、この発信機の装着の仕方を見ると矢が突き刺さっているようで、ちとギョッ、としてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

43年ぶり コウノトリ自然界でヒナ誕生 

70520a1 70520a2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

有機米圃場の田植え その2

70520b1 70520b2 70520b3 70520b4 70520b5 70520b6 70520b7 70520b8 70520b9 70520b10 70520b11 70520b12 70520b13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

有機米圃場の田植え 片野尾

70519b1 70519b2 70519b3 70519b4 70519b5 70519b6 70519b7 70519b8 70519b9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風林火山 

70519a1 NHK新潟のホームページで配布されている「ときりん たわらん」の壁紙シリーズです。大河ドラマに仕立てで「風林火山」。

既に次のシリーズに変わっちゃってますが、バックナンバーとして、壁紙、ぬりえ、としてダウンロードできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

命名 そらっきー

70518c1 行谷小学校の教職員用昇降口をあがったところに置かれている100羽祈念のトキぬいぐるみに名前が付いていました。

「そらっきー」。児童会でいくつかの候補の中から投票で選んだとのこと。子ども達の空を飛ぶトキへの夢と願いが感じられますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観察棟 野生復帰ステーション

70518b1 70518b2 70518b3 70518b4 70518b5 70518b6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

110羽

70518a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

リニューアル 新潟日報の朱鷺ページ

70517b1 新潟日報の「はばたけトキ」のページがリニューアルされています。トキ関連の記事、写真が年度ごとにまとめられています。その他、連載記事、トキに関する情報、募金の呼びかけが利用しやすくまとめられています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研究者連携へ

70517a1 新潟日報5月16日付け記事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

刺激する→にいがた

70516c1_1 70516c2 70516c3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カヤが伸び始めてきています

70516b4 70516b3 70516b2 70516b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草刈り1回目完了 上柳平

70516a1 70516a2 70516a3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

トキの日本画展 東急吉祥寺店

70515d1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にいがた色イロ トキ色

70515c1 70515c2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にいがたeco検定

70515b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特急とき 鉄道博物館へ

70515a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

17枚荒起し 月布施・上柳平

70514a1 70514a2_1 70514a3 70514a4 70514a5 70514a6 70514a7 70514a8 70514a9 標高400メートル弱の月布施の上柳平は今が新緑。快晴の中気持ちよい汗をかきました。可愛い訪問者もありました。

先日の作業では耕運機があがらないだろうと鍬で起こしましたが、今日は、畦を壊し・修復しながら力づくで耕運機を押し上げ作業しました。

狭い棚田で耕運機をターンさせるのが大変。それほどもぐらないと思っていて油断したら深みにはまり、股下までもぐるところで悪戦苦闘。

これまで稲作、ビオトープにしてきた4枚を含めて、昨秋からの放棄田の復元作業で、上柳平の17枚の荒起しを終えることができました。ただし、水不足で各圃場に水をなかなかまわせないでいます。

トキが野生下にいた頃の田んぼは、細くて深みのある田んぼが多かったのでしょうね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

一般公開中 野生復帰ステーション

70513b1 70513b2 70513b3 70513b4 70513b5 70513b6 今月一杯、トキ野生復帰ステーションが一般公開されています。

公開時間は午前9時~午後4時まで。

今日の佐渡は強風警報が発令されるほどものすごい風が吹き荒れました。ゲートで門番をしているトキのデコイ2羽はいつもと違って後ろ向きになっていました。接合部分を見ると回るようになっていて風見鶏のようにクルクルまわってしまっていたようです。家族連れが記念撮影をしていましたが、新しい記念撮影ポイントになるかもしれません。

公開は、1周1.6kmほどの周回コースから順化ゲージ、繁殖ゲージ、給餌棟などを外から見ることになります。各施設とも簡単に説明パネルが掲示されています。

順化ゲージの中の上部のゲージに先日入れられたトキ近縁種4羽(ムギワラトキ3羽、ムギワラトキとハダダトキのハーフ1羽)を周回コースから遠めに眺めることができます。

給餌棟から順化ゲージへドジョウの給餌の図解(下段中)がありますが、流しそうめんならぬ、流しドジョウ。人の関わりを悟られたくないとの配慮のようですが、決まった時間に決まった場所からドジョウが現れるというのは、採餌訓練としてはどうなんでしょうか? ちと疑問に感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨は降らずに楽しく田植え

70513a1 70513a2 70513a3 70513a4 70513a5 70513a6 70513a7 70513a8 70513a9 70513a10 70513a11 70513a12 70513a13 久知河内での新潟テレビ21ときプロジェクトには、新潟県の電機連合の団体で参加してくれています。雨の電機連合、と言われるほど毎回のように雨に見舞われるのですが、今日は雨の予報がはずれ晴天の中での田植えとなりました。

まずは枠を転がして升目をつけていきます。線がクロスしたところに稲を植えていきます。今年は例年以上に枠の整地の仕方、水切り、枠の転がし方がよかったのか、線がはっきり見えて植えやすかったようです。素足で田んぼの中に入られていたかたも泥の感触がよかったとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

岩首寄合 開催

70512c1 70512c2 70512c3 70512c4トキの野生復帰のための持続可能な自然再生計画の立案とその社会的手続き」主催の岩首寄合を覗いてきました。1時間ほど遅れての到着だったのですが、立て看板、提灯などで飾られた旧・岩首小学校はなかなかの雰囲気。

会場には若い人がたくさん。鼓童研修所の研修生。それとお役人さん。岩首の人は2割くらいだったかな。ワークショップの内容は終わりのほうから覗いただけなのでよくわかりません。

旧・岩首小学校・体育館の夜の雰囲気はいいですね。版画村から借りてきたというトキの版画もいい味を醸し出していました。

でも、アンケートはちと難しかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田植えの準備完了

70512b1 70512b2 70512b3 70512b4 70512b5 70512b6 上段3枚は久知ビオトープのパノラマ3点。このビオトープは、佐渡の野生下にトキがいた末期の頃に、トキが舞い降りた記録があります。

下段は耕運機でゴロを引いているところ。ビオトープ作業を終えて、稲作圃場に戻ると既にボランティア作業は終了していて、久知河内の方々が耕運機でゴロを引いて整地作業をしていました。久知河内でのトキを意識した稲作圃場は、トキがいた頃の農法を体験しながら進めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビオトープ造成 久知河内

70512a1_1 70512a2 70512a3 70512a4 70512a5 70512a6 70512a7 70512a8 70512a9  新潟テレビ21ときプロジェクト。

今日、明日は久知河内でビオトープ、田植え。

本日はビオトープ、代掻きの2チームに分かれて作業。ビオトープチームは上流のビオトープの畦の修復、平になるように整地。それと、昨秋に造成途中になっていた圃場を耕運機で荒起し、畦塗り。

まずは草刈り、導水をして、水が回ったところから耕運機。モグラがあけた大きな穴もあり畦ぬりも結構やりがいがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

トキ定着会議

70511c1 70511c2 70511c3 70511c4 九州大学大学院の島谷教授を研究代表者とする通称:トキ野生復帰研究プロジェクト(正式名称:トキの野生復帰のための持続可能な自然再生計画の立案とその社会的手続き)の説明および新潟県、佐渡市の担当部署から業務説明の会議が開催されました。

このプロジェクトは環境省の地球環境研究総合推進費の予算ということで3年計画、業績が認められればさらに2年間とのこと。

研究体制としては、自然再生計画の立案(採餌環境、営巣環境、情報の統合化、中国情報、放鳥情報)、社会への定着。

複数の大学、研究機関、企業の連携チームようです。既存の研究・活動の成果も取り込んで推進していく。研究のための研究ではなくシナリオの実現も強調されていました。

ただ、会議の内容的には、お役人さんたちのお話は、前回行われたトキ野生復帰連絡協議会の内容と同じでした。環境整備活動をしている団体の報告もなかったので、トキ野生復帰連絡協議会に参加してもらった上での対応のほうが、効率はよかったと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トキ再発見 トキのもり売店

70511b1 トキの森公園の土産物店の「トキのもり売店」では、GW中にトックン・タイプの大きな縫いぐるみは絶滅(完売)したそうですが、愛鳥週間を前に絶滅していたと思われていたコトキ・タイプの縫いぐるみが倉庫の中で1箱(40数羽)再発見されたとのこと。

1981年1月に佐渡で全鳥捕獲され、野生のトキが絶滅したと思っていたら、1981年5月に中国で7羽再発見されたのに通じますね(笑)。

ちなみに、コトキ・タイプは1羽1890円、さらに小さいのが1050円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい感じです 久知河内

70511a1 70511a2 70511a3 70511a4 70511a5 70511a6 土・日でボランティアが来てくれるので、久知河内の方と道具の準備・下見をしました。

環境保全型で稲作を展開しているモチ米を植える予定の圃場にはヘビがいました。

上流のビオトープは若干畦がこわれているものの昨秋の作業のお蔭で、いい感じになっています。田んぼ脇の木にはアケビの花が満開となっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

鍬で荒起し

70510c170510c2_1  月布施の上柳平の復元中の棚田ですが、耕運機が上がらなかったので11枚目は鍬で起しました。カヤの根っこの感触を味わいながら半日かかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛鳥週間2007

70510b2 70510b3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ近縁種の記事

70510a1 70510a2 70510a3 5月9日付けのトキ近縁種の記事。左から新潟日報(社会面)、朝日新聞(新潟版)、読売新聞(新潟版)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

行谷小学校のトキ集会2007

70509c1 70509c2 70509c3 70509c4_1 70509c5 70509c6 70509c7 70509c8 70509c9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月9日現在の産卵・ふ化状況

70509b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ獣医へのインタビュー

70509a1 70509a2 70509a3 NHKおはよう日本の関東甲信越版で佐渡トキ保護センターの金子・獣医へのインタビューが放送されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

ムギワラトキ4羽搬入

70508c1 70508c2 新潟テレビ21・スーパーJチャンネル新潟で、トキ野生復帰ステーションにオーストラリアに棲息する近似種のムギワラトキ4羽を搬入したというニュース。

今回順化ゲージに入れられたムギワラトキはまずは順化ゲージ内の小部屋で慣らされた後に大部屋に移されるようです。トキを入れる前に1ヶ月ほどムギワラトキで順化ゲージの様子を見るとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

耕運機で田打ち

70508b170508b2_1 70508b3 70508b4 70508b5 70508b6  月布施の上柳平は3月上旬に重機作業したままになっていました。カヤが生え始めてきたので、耕運機で田んぼを打ちました。

昨春までは、稲作圃場2枚(4畝)、ビオトープ圃場2枚(6畝)だったんですが、昨秋~今春にかけての重機作業による復元で合計17枚になっていました。下から順番に耕運機で田んぼを打ち始めましたが、上に行くほど傾斜が急になり、かつ、田んぼが細長くなり、さらには深田だったりと悪戦苦闘。10枚目まで作業したところで、耕運機をさらに上にあげることができなくなりました。残りは人力で鍬で起さねばならないかな。

今、ちと水が少ないです。田んぼに水をまわすのがたいへん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩首寄合

70508a1 標記チラシが集落配布されました。

-----------

佐渡めぐり移動談義所

岩首寄合

【と き】5月12日(土) 19時~21時

【ところ】旧・岩首小学校舎

佐渡での暮らしをより豊かにするためには、どうすればよいでしょうか。このことについて、地域のみなさんと話し合う場(「談義所」)をもちたいと思います。あわせて、平成20年にトキを野生に帰す計画についても議論したいと思います。

●岩首地区を豊かにするにはどうするか。

●岩首小学校旧校舎はどのように役に立てることができるか。

●地域を豊かにすることと、トキが暮らせる環境をつくることを一緒に行うには、どうすればいいか。

主催:環境省地球環境研究総合推進費・トキ野生復帰研究グループ

共催:佐渡市

後援:新潟県佐渡地域振興局

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

宮沢和史 弾き語りコンサート

70507a1 TeamECO(チームエコ)presents 
宮沢和史弾き語りによるツアー『寄り道』

日時 2007年5月26日(土)
会場 佐渡市金井能楽堂
開場 17:30 開演 18:00
入場券 全席自由席 3,150円(税込)
チケット前売り販売所:佐渡観光協会両津支部、真野支部、相川支部、UX新潟テレビ21
主催 UX新潟テレ21/後援 佐渡市
電話予約・お問い合わせ先 UX新潟テレビ21 TeamECO推進部
TEL 025-223-8633

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

あぜ道確保の草刈り 竹平

70506c1 標高400メートル弱の月布施の上柳平では芽吹きが始まったばかりで、まだ雑草はほとんど伸びていませんでした。が、海岸近くの竹平はあぜ道を隠すほどの雑草の伸びよう。1回目の草刈りを行いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特急とき一般公開

70506b1 70506b2 お昼のNHK新潟のニュース。JR東日本・新潟車両センターで特急ときの一般公開が本日行われているとのこと。

L特急の「とき」のプレートはちょっととぼけたトキの図柄ですが、

列車名の「とき」についてはいろいろな変遷があるようです。新幹線の「とき」号復活の理由として、ゅうの「とき」、運転開始の6月10日は「時(とき)の記念日」というのがあったとか。6月10日を「トキの記念日」として、「百のトキ祈願祭」を催したのと同じなので、さらに親しみを感じます。

特急とき号の車両は、今秋さいたま市にオープン予定の鉄道博物館に展示されるとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

70506a1 70506a2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

ヤブツバキ駆除 上柳平

70505c1 70505c2 70505c3 70505c4 70505c5 70505c6 70505c7 70505c8 70505c9 70505c10 上柳平の田んぼ周辺の林の中ではヤブツバキの大きな花が見事に咲いています。

でも、永年放置された田んぼにも生えてしまっているので、復元予定の田んぼ、作業用道確保のためにヤブツバキの駆除をしました。横に張り出しているヤブツバキの中にもぐりこんで根本付近を手ノコで伐ると枝分かれして大きく広がっているものがゴッソリと駆除できます。短時間で林床を出現されることができます。今日1日の作業で上柳平のメインの区画を周回できるよう道を確保。ここ数日の暖かさで木々の芽吹きも一気に進んでいます(中段右)。

下段写真3枚は上柳平の左岸の中ほど、最上部真正面、右岸の中ほどからのもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中高年のアイドル

70505b1_1 全国放送ではないかもしれませんが、NHKおはよう日本の今朝の放送で「中高年のアイドル」ということでプロゴルファーの中嶋常幸さんの特集。若い頃に華々しく活躍され、その後大スランプになり復活した中嶋さん。60歳でピークを迎える、との信念で日々努力をされているとのこと。「過去の栄光は忘れる」「スランプを味わう」ということで、苦労を乗り越え、常に新しい自分を見出していこうという姿勢で日々努力をされているとのこと。

子どもの日の特集としては「中高年のアイドル」というテーマに最初は???でしたが、中高年へのメッセージだけでなく子ども向けとしても素敵な番組でした。トキの野生復帰への取り組みにも共有したい内容。坂上二郎さんの項でも記しましたが、人・トキ復活の象徴としてイメージキャラクターとしていいかもしれません。

中嶋常幸さんの名前もいいですね。「嶋の中が常に幸せ」、吉祥鳥トキのイメージにもピッタリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どものための舞台芸術祭典

70505a1 70505a2 情報部員22号・棚田おじさんのコレクション。「第1回全日本子どものための舞台芸術大祭典」の開催を記念してのセット。トキの挿絵などとともに、切手に両津郵便局、水津郵便局の昭和60年8月22日のスタンプが押されています。

どのようなイベントだったのか気になりネット検索すると、(社)日本芸能実演家団体協議会(芸団協)をはじめ演劇関係のサイト、ブログにいくつか記録がありました。芸団協ほか実行委員5団体で、海外12ヶ国からの参加による国際シンポジウムも行われたようですね。

1988年に始まったというアースセレブレーションよりも、ちと早いようですが、佐渡の芸能が注目されていることを象徴しているようにも感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

環境副大臣の視察

70504a1 70504a2 新潟テレビ21・スーパーJチャンネル新潟で、環境副大臣の山下品子さんがトキ野生復帰ステーション視察のニュース。環境副大臣の視察はこれまでにもあったようですが、特定政党の視察の色合いが強かったように感じます。今回の視察は「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことを趣旨としている「みどりの日」に環境省ナンバー2の視察というところに大きな意義がありますね。

佐渡側でもっと市民を巻き込んだものの工夫があってもよかったようにも思いますが、メディアを通じてメッセージが流れただけでも意義がありましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報部員4号からのプレゼント

70504b1 70504b2 情報部員4号の有田さんから書籍2点を頂きました。イタリア語は理解できないのですが、たくさんの挿絵などでコウノトリ類が人の近くに棲むイメージは伝わってきます。トキでもこのような書籍がほしいですね。

--------以下、情報部員4号より

ご無沙汰しております。4/21、22はフランクフルトへ向かう飛行機から下を見ましたが厚い雲でお姿拝見できませんでした。どうやら当日は大雨だったようですね。帰国した4/29はだいぶ天気がよく、大野亀から両津湾にかけてよく見えました。

Toriino既にお持ちのようですが、だいぶ以前から取り置いていたものですから念のためお送りします。また、このたびイタリアでコウノトリの児童書掘り出し物を見つけてきましたのでお一つ、差し上げます。仕事でボローニャとミラノをまわってきました。

欧州ではシュバシコウは民家に営巣するためかなり親しまれているようですが、日本のコウノトリのように水辺の鳥というよりは、畑や野原でネズミを捕食するイメージが強いようです。コウノトリに比べて、より乾燥した環境に適応しているのでしょう。

シュバシコウと同様にナベコウも親しまれているようです。

5月下旬の小倉には参加させていただくつもりですので、そのときお会いできるのを楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

野浦の住民になりました

70503a1 70503a2 同居人が増えすぎちゃったので、月布施の旧・郵便局舎から野浦の一戸建ちへ引っ越しました。

野浦集落の繁華街で海がまん前。2階建てでガレージ、駐車場付き。1階に4部屋、2階に1部屋。部屋に畳が敷かれている枚数だけでも36畳。とても広くなりましたが掃除がたいへんになりそう。

まだ登場していないものもいますが、左から

ムツゴロウ(100羽祈念65番)、モモ(百:パペット)、トキオ(青リボン:大野浩子さん制作)、セン(千:パペット)、チャコ(後列)、トキコ(ピンクリボン:大野浩子さん制作)、コトキ(中央前)、トックン(中央後ろ)、バン(万:パペット)、トキティ(キティが乗っている)。

右4つはまだ名前がありません。近いうちに当ブログに登場予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

5月2日現在の産卵・ふ化状況

70502a1 70502a2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

野焼き 小倉

70501a1 70501a2 70501a3 70501a4 70501a5 70501a6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »