« 大好きメッセージ オンエア中 | トップページ | 不思議な光景が出現! »

2007年5月28日 (月)

ドジョウ養殖技術確立 餌問題解決 中国

70528b1

5月23日付けの西安晩報をもとにした記事。

ドジョウ養殖の技術は日々進歩 トキ餌の問題解決へ

トキ1羽は餌として1日250gのドジョウが必要。これまでの研究によって10万匹のドジョウを養殖。西安の東の郊外の藍田県に養殖場を設置して200トンのドジョウ生産が可能になる。トキの餌だけでなく市場に流通させることもできる。

佐渡でもドジョウ養殖の取り組みが展開されています。今、トキファンクラブのサイトにドジョウ養殖助成の募集が紹介されています。

佐渡でも土用の丑の日にはウナギではなくドジョウを食す地域があります。トキの餌としてだけでなく、ヒトの食用と兼ねるというのも佐渡のドジョウのブランド化としては必要かもしれません。ドジョウのブランド化の取り組みとしては安来節の島根県安来市が有名ですね。

|

« 大好きメッセージ オンエア中 | トップページ | 不思議な光景が出現! »

コメント

中国ニュースへのコメント拝見いたしまして、
数年前のものですがとても参考になりました。
私は、ドジョウ養殖の研究をしています。
日本は、国産のドジョウは少なく
大半は中国から輸入されていると聞きますが、
輸入されたドジョウは、トキなどの餌に利用されている事が多いのでしょうか。

投稿: みゆ | 2011年6月27日 (月) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドジョウ養殖技術確立 餌問題解決 中国:

« 大好きメッセージ オンエア中 | トップページ | 不思議な光景が出現! »