« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

上柳平 草刈り進行中

71031b1 71031b2 下柳平に引き続き、上柳平の草刈りを先日から進めています。

下柳平同様、圃場内の草刈りは膝下までもぐるようなところもあり苦戦。

草刈り機を振り回していると、時折カエルやバッタが飛び出してきます。草が生えている圃場内には水生・陸生両方の生き物が見れます。このままの状態が維持できるのであれば、このままにしておきたい。でもほおっておくと乾燥化して遷移していくようです。水持ちを保つためには畦を塗って、圃場内も打たなければなりません。

こんなにも草刈りに苦労するならば、稲作をしていたほうが省力化できているようにも感じられます。でも、感覚的ですが生物の種類・量は、このようなビオトープのほうが豊富と感じます。

繁茂するカヤの駆除に苦労した圃場では、通年湛水の成果があらわれカヤは出てこなくなりました。でも、他の草でいっぱいです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空輸されるトキ、コウノトリ

71031a1_2 新潟日報10月31日付け社会面に、「トキ送迎 数千万円」という見出しの記事。小見出しには「鳥インフルエンザを懸念 専用機チャーター 日中が合意」とも。

発信源は北京の共同通信のようです。中国からの2羽、日本からの13羽の空輸の際に、一部の航空会社においてはチャーター機を運航。理由は乗客が鳥インフルエンザ感染への不安を募らせる恐れがある」からとのこと。

トキは機内での健康状態チェックのために今回もこれまでも旅客機の客室内に運びこまれているようです。客室内でどのように設置されるのでしょうかね? 同乗してみたい。トキと一緒に飛行機に乗ろうっ!、なんてオークションでチケット販売をしたら興味を示す人は多いのではないでしょうかね。

見出しの「トキ送迎 数千万円」ととーても強調されているように感じられますが、全体の予算ではもっとビックリする額ではないでしょうかね。トキだけで考えるのか、外交ということまで含めて考えるのかで、その評価も違ったものになるのではないでしょうか。

この記事のすぐ上には、「コウノトリ4羽韓国へ」という記事もあります。豊岡市の4羽(雌雄2羽づつ)が、2012年に野生復帰に取り組んでいる韓国へ譲渡とのこと。

読売新聞・関西発「コウノトリ 大空へ」に連載があります。

翼広げてin韓国 コウノトリ放鳥 夢と現実(上):10月23日

翼広げてin韓国 コウノトリ放鳥 夢と現実(中):10月24日

翼広げてin韓国 コウノトリ放鳥 夢と現実(下):10月25日

コウノトリ放鳥 韓国でも…地元農家同士が交流:10月30日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

365日トキ・ポスター展

71030a1 71030a2 71030a3 71030a4 71030a6 71030a7 71030a8 71030a9 71030a10 71030a11 我が家の上がり口のスペースの壁に貼ってあるポスターです。既にご紹介しているものもありますし、初登場のものもあります。まだ色々なトキのポスターがあるかと思います。ご存知の方、ご紹介いただけるとウレシイです。

上段左から

NPO法人 日本中国朱鷺保護協会

新潟県トキ保護募金推進委員会

佐渡トキファンクラブ

陝西省林業庁・陝西省野生動植物保護協会

中段左から。右2枚は自然環境研究センターの制作。

公益信託・サントリー世界愛鳥基金

新潟県佐渡地域振興局・トキ野生復帰の取り組み

財団法人 自然環境研究センター

下段左の写真の中の左2枚は陝西省野生動植物保護協会の制作。

右下の豊岡市制作のポスターはとてもメッセージがありますね。このようなトキの写真というのはないでしょうか?

兵庫県豊岡市・コウノトリと環境

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

能登でトキと共生目指す

71029c1 71029c2 金沢大学で「能登半島里山里海自然学校」開設1周年&「能登里山マイスター養成プログラム」キックオフ シンポジウム が行われたというニュース。

金沢大は、後継者不足で休耕地の増える能登地方で環境に配慮した減農薬農業の担い手を育成する「能登里山マイスター養成プログラム」を開始し、石川県が誘致を進めるトキの分散飼育と連携し「トキとの共生」で農産物のブランド化を図るとのこと。先日、新潟大学の本間さんと一緒にこられた方々が取り組まれているようです。

■日経Ecolomy:金沢大が農業担い手育成――能登でトキと共生を目指す

組織だった具体的なプログラムが動いているという点では、佐渡より進んでいるかもしれません。トキの分散飼育の先を見越した取り組みをしていることにおいても先進性がありますね。

金沢大学「角間の里山自然学校」

トキの野生復帰を謳った取り組みは、石川県だけでなく他でも取り組みが行われています。

九重ふるさと自然学校(大分県九重町)

霞ヶ浦・北浦 アサザプロジェクト(茨城県)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本生まれのパンダ 中国へ里帰り

71029b1 71029b2 NHKおはよう日本で「日本生まれのパンダ 中国へ里帰り」というニュース。

和歌山県にあるアドベンチャーワールドで生まれた双子のパンダがお母さんのふるさと四川省の施設に送られたというもの。

四川省成都に到着したというニュースもあります。

■中国情報局:和歌山生まれの双子パンダ、お母さんのふるさと四川着

■人民網日文版:日本生まれの双子パンダが帰郷

日中国交正常化35周年を記念しての意味もあるようですね。双子パンダが生まれた施設のページを見ると、パンダと観客との距離がとても近いように感じられます。ファン、支援者・協力者を増やすのに大切なことです。

モノゴトの取り組みが、パンダだけに白黒はっきりしていますね。

パンダランド(アドベンチャーランド)

四川省ではパンダの野生復帰させる取り組みも始めてもいるようです。双子パンダの帰郷、野生復帰などとトキに通じるものがありますね。

■人民網日文版:パンダ野生化基地の建設を計画 成都

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界遺産ポスター展

71029a2 71029a1 今朝のNHKおはよう日本:新潟では、小木の日本アマチュア秀作美術館で開催中の世界遺産ポスター展を紹介するニュースが何回か放送されていました。

10月24日付けの新潟日報においても「環境保護の思い強く 小木 世界遺産ポスター展」という見出しで記事掲載されています。

平和や環境のメッセージポスターを制作している日本グラフィックデザイナー協会が1997年の企画展で発表したポスター221点のうち60点が展示されているとのこと。

「佐渡を世界遺産に」の啓発活動の一環のようです。来年秋にも野生放鳥が予定されているトキにおいても啓発活動としてポスター展というのもおもしろそうですね。

環境広告コンクールという取り組みあるようですが、環境コミュニケーションをトキから考えてみることも興味深い展開になりそうですね。

前述の世界遺産ポスター展の開催は下記のようになっているようです。

■日本アマチュア秀作美術館(小木)  10月31日まで

■佐和田体育館(佐和田)        11月3、4日

■相川体育館(相川)           11月10~12日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

71028b1 71028b2 71028b3 71028b4 71028b5 71028b6 71028b7 71028b8 71028b9 71028b10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

71028a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

中国野生トキの写真展

71027c1 今月中旬の中国のネット記事。西安市内で中国野生トキの撮影を精力的行ってきた写真家の写真展が開催され、啓発活動に貢献しているとのこと。

中国野生トキ写真展開催(西安)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

71027b1 71027b2 71027b3 71027b4 71027b5 71027b6 71027b7 71027b8 71027b9 71027b10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超低空からの空撮

71027a1 71027a2 この1週間ほどで、NHKおはよう日本の中で、モーターパラグライダーからの超低空の映像レポートが続いています。

今朝は日光。先日は上高地の紅葉を超低空から撮影した素敵な映像。撮影しているのはエアフォトグラファーの多胡(たご)さん

野生放鳥したトキの飛行ルート、餌場、止り木などの棲息環境ついてトキの視点に近い状況で検討するのに有効ではないでしょうかね。

超低空で佐渡を飛んで、撮影してもらたいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

中国・河南省のトキ

71026b2 71026b1 安倍・前首相と中国:温家宝・首相の間で約束された贈呈される2羽のトキは、今月中に日本に届く報道がされていますが、具体的な日付の報道はその後されていません。

本日10月26日付けの中国のネット記事では、日本から返還される13羽のトキが河南省に送られる旨が記されています。しかし、いつ送られてくるかは未確定とのこと。

■人民ネット・河南版:

日本から返される13羽のトキは信陽市(河南省)に定住します

既に検疫準備もしているようです。

■河南省出入国検疫局:

国宝級の13羽のトキの帰国を歓迎します

河南省の信陽市の自然保護区の施設には今年3月に2ペア4羽のトキが既に北京動物園から移されているようです。環環(メス)と天天(オス)、勤勤(メス)と辛辛(オス)と固体の名前まで記されています。

これまで日本では河南省のトキの話はまったく把握されていなかったのではないでしょうか?

■中国自然保護区:

国宝のトキが河南省に定住します

■信陽市林業局:国宝のトキが定住するところ

河南省は陝西省の東隣りに位置しています。地図でみると西安市と信陽市は500~600kmくらい離れているようです。

71026b3 71026b4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きれいになるトキ

71026a1 71026a2_2 我が家のトキのお友達があまりにも汚れているので縫いぐるみ用のクリーナーを入手しました。まずまずの成果があったので、トキ交流会館にも分けてあげました。

早速、トキ交流会館のマスコットとして活躍しているJRくん(右)たちが、スタッフのお姉さんにキレイキレイしてもらっていました。

ちなみに、左の写真はトックンではありません。でも以前に前の我が家にいたことがあって、当ブログのプロフィール欄の今の写真はこれです。モヒカン頭になっていますが、汚れてベタっとしていたのがすっきりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

71025b1 71025b2 71025b3 71025b4 71025b5 71025b6 71025b7 71025b8 71025b9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

71025a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

秋晴れのもと 気持ちよく作業

71024a1 71024a2 71024a3 71024a4 71024a5 71024a6 71024a7 71024a8 71027a9 月布施の下柳平、秋晴れのもと気持ちよく作業ができました。

田んぼの中での草刈りは大変です。

草刈りを進めると畦、水路も、生き物たちも顔を出してきました。

ヘロヘロになって横になっていると赤トンボが体のあちこちに止まってきます。現れる生き物たちが疲れを癒してくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

下柳平の草刈り まだ苦戦

71023a1 71023a2 71023a3 71023a4 天気がよかったので月布施の下柳平のビオトープの草刈りをしました。一番大きな田んぼの草刈りをしましたが、泥の中でちと苦戦。この圃場だけで半日。縞状に見えるのは刈り倒したままの草。後日、圃場の外に出した後に耕運機で田んぼを打ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

いじられるコトキ

71022a1 71022a2_3 71022a3_3 71022a4_3 71022a5_3 71022a6_3 新潟テレビ21ときプロジェクトの担当者から最近コトキが登場していないとの声があったので、ここ数日コトキに登場してもらっています。

今夏の中国トキ視察交流2007では同行したコトキが携帯メールで現地レポートをしましたが、中国ではいろいろとかわいがってもいただきました。

洋県の朱鷺救護飼養センターでリュックの中から顔を出していたら、スタッフの女性たちに引きづり出されて、カワイイ、と。売店で店番のお手伝いもしました。

寧陝県の順化センターでは男性スタッフたちに、これがトキかぁ、という感じでいろいろといじられちゃいました。記念撮影する時も、冠羽をちゃんとしないとね、とセットしてもらった後、シャキッとしてパシャ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟国体まで あと2年だよ

71022b1 新潟日報10月21日付け記事。2009年に開催される「トキめき新潟国体」の啓発活動としてイベントにマスコットのトッキッキの着ぐるみが活躍している模様を伝えています。

佐渡で開催された「はばたけトキ・フェア」では、トキ野生放鳥まで あと1年だよ、と謳ってもよかったかもね。

記事写真中の着ぐるみは、ぬいぐるみに順じていて丸みがありカワイイ。改良が加えられた努力がうかがえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

はばたけトキ・フェア2007

71021b1 71021b2 71021b3 71021b4 71021b5 71021b6 71021b7 71021b8 71021b9 佐渡地域振興局などが主催の「はばたけトキ・フェア」が真野公園で開催されました。

西三川小学校の学習発表会を鑑賞した帰路に寄りました。

これまでのキャッチコピー「トキよ舞え」のノボリが会場で出向かえてくれましたが、イベントのキャッチコピーは「はばたけトキ」。どちらも、佐渡の空をトキに飛んでほしい、という人間の夢・希望が込められているのを強く感じます。一方で、トキを追い立てるようにも感じますが(小笑)。

展示などを見ると、地域づくりや環境に配慮した工法などトキをキーワードに様々な取り組み、公共事業が行われているのがわかります。であるならば、人間・佐渡住民に呼びかけるようなキャッチコピーのほうがいいですね。

トキの剥製や卵(レプリカ)の展示がありました。剥製のトキとにらめっこ。眼つきが悪いです。カワイイ、というよりも渋く、カッコイイって感じ。

よそのNPO事務局長がトキ・クイズの進行をしていました。帽子の上乗っているのはコトキではありませんが、なかなかよいアイデアですね。

むかーし、知力・体力・トキの運、というキャッチフレーズのアメリカ横断ウルトラクイズというのがあったけど、そこの早押しクイズで登場していた帽子装置のように、ボタンを押すとトキが起き上がるというのも面白しろそう。

佐渡一週クイズというのはどうかな。トライアスロン、一周ハイク、一周マラソンなどと佐渡一週というのは認知度があることですしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西三川小学校の学習発表会

71021a1 71021a2 71021a3 71021a4 71021a5 71021a6 71021a7 71021a8 71021a9 71021a10 真野湾に面した西三川小学校の学習発表会を鑑賞しに行きました。

5、6年生は今年、総合的な学習の時間でトキのことを考えながら環境保全型の稲作に取り組んでいて、稲刈りの時に一緒に活動をさせてもらいました。

「トキと暮らす未来の佐渡」というテーマでこの1年間の学習の展示と演劇。

演劇にはトキ、カエルなどの生き物などの他、様々な立場の人たちが討論しながら、課題の解決案を次々に提案していきます。最後は未来の佐渡の様子の絵が掲げられ、未来へのエールのポーズを決めました。

ロールプレイ仕立ての討論会、いいですね。他校の子ども達で合同というのもおもしろいかもね。大人たちがリアルにやることも必要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

今年生まれのトキ野生放鳥? 中国

71020c1 71020c2_2 9月上旬に中国の中央電視台などからの報道。

今年4月に陝西省安康市のセンター(たぶん寧陝県順化センター)で人工孵化した8羽のヒナは、孵化した時は40gだったが、現在1800gになり、9月末に野生放鳥するとのこと。

記事は映像もあり、寧陝県の順化施設の様子もうかがえます。

その後、ネット記事で報道がないので、実際に行われたかどうかは不明。

CCTV.com:安康朱鷺宝宝健康成長(安康のトキの赤ちゃん健康に成長)

CCTV.com :陝西安康:朱鷺「宝宝」9月末放飛大自然

(トキの赤ちゃん9月末に野生放鳥)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たなトキ日本へ

71020b1 新潟日報9月29日付け社会面に「新たなトキ日本へ」という記事。

今月中に中国から2羽、日本からは返還規則に従って13羽が返還されるとのこと。下記環境省の報道発表をもとにした記事だったようですが、今月も残り10日ほどですが、その後の報道発表、記事は続いていません。

以前に日中国交正常化35周年を記念して9月29日に行われるのではないかと当ブログで予想して見事にハズレました。でも、9月29日に記事掲載されたとうのは、記念日を意識しての報道発表だったのでしょうかね。

果たして今月中にトキの交換は行われるのでしょうか?

■環境省 報道発表資料-平成19年9月28日-

中国へ返還する13羽のトキの隔離検疫の開始について

■EICネット:国内ニュース

トキの隔離検疫を開始 13羽中国へ返還

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国立科学博物館のポストカード

71020a1 ちと時間がたってしまいましたが、情報部員4号の有田さんから残暑見舞いいただいています。

国立科学博物館のトキのポストカード。トキの剥製の写真をポストカードにしています。裏面には日本語と英語でトキのことが記されています。

日本に因んだ名前、かつては北海道から九州まで分布したが日本産は絶滅、中国産のトキの人工飼育で個体数を増やしている、といったことが記されています。

ポストカードはメッセージを伝えることもできそうですね。来年秋にも佐渡においてトキ野生放鳥が計画されている時ですから、夢を伝えるようなトキのポストカードがほしいところです。

僕の2006年の年賀状は飛び出すトキの年賀状でしたが、トキ放鳥の年を迎えるにあたり再びデザイナーの協力を得て制作を考えようと思います。

国立科学博物館のミュージアムショップにはトキグッズがいくつかあることは、これまでに何回かご紹介しています。放鳥に向け、何か提案をしたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

モニター観察

71019b1 71019b2 71019b3 71019b4 71019b5 71019b6 71019b7 71019b8 71019b9 小倉での作業の帰路に野生復帰ステーションに立ち寄りました。

観察棟にはモニタが2台。壁に掛けてある大きいのは事務所内での操作でいじれないのですが、トキが観れるように画面を切り替えてくれています。

もうひとつは自分でカメラを操作できるようになっています。15分ほど待ったけど止り木から動きだす気配がないので、あきらめて観察棟の外にでたら、トキが鳴く声が聞こえました。中国での観察の経験から鳴いた後に動きだすことが多いのを感じていたので、再び観察棟に戻り、カメラを操作すると斜面をトキ5羽がテクテクと歩いて降りてくるところでした。思わず、飛べっ!、叫んじゃいましたが、テクテクと歩いて田んぼへ向かって行きました。草地の中でもあちこちつついていましたが、田んぼの中ではさらにあちこちつつき、結構深くまでクチバシを突っ込んでいます。ドジョウをついばんでは、放ったり、またついばんで振り回して、そして食べるという姿が観れました。

止り木への帰路は飛んでくれました。自分で操作できるカメラではズームアップしていたので追いきれませんでしたが、事務所からの操作のモニタには飛んでいる姿の映像がはっきりと映っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小倉のそば刈り

71019a1 71019a2 71019a3 71019a4 71019a5 71019a6 小倉の千枚田に植えておいたそばを収穫作業を行いました。山の斜面に幅1メートルの圃場が50メートルも続く田んぼが連なっています。

千枚田の復元を願って取り組みを始めて5年ほどになりますが、当初カヤだらけだったのが、一部ですが畑までに復元できました。田んぼにするには水持ちが悪いのでまだ無理です。数件の農家が千枚田で水田稲作を行っています。

新潟テレビ21ときプロジェクトで取り組みをしている小倉の圃場は、千枚田のはずれで圃場整備をして田んぼを1枚あたり1反ほどに広くしています。ハゼ掛けした稲は既に降ろされています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

潟上グループ 観察生き物

71018c1 71018c2 71018c3 71018c4 71018c5 71018c6 71018c7 71018c8

| | コメント (1) | トラックバック (0)

行谷小 水辺の生き物しらべ 2007秋

71018b1 71018b2 71018b3 71018b4 71018b5 71018b6 71018b7 71018b9 71018b10 71018b11_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盆栽トキで放鳥エール

71018a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

下柳平の草刈り 苦戦

71017c1 71017c2 71017c3 71017c4 71017c5 71017c6 月布施の下柳平の草刈りを行っています。真ん中の列4枚は刈り終え、刈った草が列で倒れています。

圃場内は結構ぬかっていて、ちと歩きずらく作業効率があがりません。胸元まである吊り長靴を履いての作業。そのせいもあって歩きづらいのですが、ビシバシ泥がはねてきます。

畦を塗るためには草を刈らねばなりません。下柳平の草刈りはもう少しかかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常秀雲さん講演記事

71017b1 佐渡市報No.44(2007年10月号)の「トキ野生復帰にむけて」のコーナーに、8月末に招聘して講演していただいた中国・陝西省野生動植物保護協会・副秘書長の常秀雲さんの講演に関する記事が掲載されています。

■佐渡市報 44号(2007年10月号)
トキ 野生復帰にむけて 35(p18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分散飼育 ツシマヤマネコ

71017a1_2 10月17日朝のNHK:おはよう日本でのニュース。分散飼育されている特別天然記念物のツシマヤマネコが10月20日(土)より、井の頭自然文化園よこはま動物園ズーラシアで一般公開されるとのこと。

当初は種の保存のための繁殖を目的としているので非公開だったようですが、繁殖が期待できない固体を普及啓発のために一般公開をする運びとなったようです。

ニュースでは、トキも分散飼育について検討が行われている、とありました。一般公開による普及啓発で支援の和が広がることをねらうのは興味深いことですね。

トキの場合は、分散飼育については理論・技術論だけではなく、それぞれの立場の方々の感情的なものの解決の検討も必要なように感じます。

それにしても、ツシマヤマネコ公開のことを伝えるのが、8月までNHK新潟放送局にいたアナウンサーというのが興味深いです。

ちと、ツシマヤマネコ情報を拾ってみました。

■井の頭自然文化園

ツシマヤマネコの公開、そして新個体の来園!(2007/10/05)

ツシマヤマネコ、まもなく公開(2007/10/12)

■よこはま動物園ズーラシア

ツシマヤマネコの公開始めます

環境省・対馬野生生物保護センター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

トキはぐくむ森 願い 植樹

71016b1 10月15日付けの新潟日報の記事。社会貢献事業として国内外で森づくりを展開している東芝が、トキの営巣林を目指してアカマツ1000本を植樹したとのこと。場所は、新潟大学のキセン城でビオトープ整備をしている近くの市有地40アールほどとのこと。今後5年間は下草刈りなど管理作業も行うとのこと。

東芝グループ150万本の森づくり

同様な取り組みは、これまでにも行われています。

■財団法人イオン環境財団
佐渡 トキの森づくり

新潟県では、前の知事が森林保全に力を入れていて下記取り組みが展開されています。

にいがた「緑」の百年物語ホームページ

その他、最近の佐渡の森づくりで話題を呼んだのが下記。

佐渡・鬼太鼓の森づくり・シンポジウム「森から発し森に還る」

林野庁 美しい森づくりニュース No.39
・市民参加により森林整備を進めます(新潟県佐渡市)
- 鬼太鼓の森づくりシンポジウム「森から発し森に還る」の開催-

東芝の他にも、「地球温暖化対策」「生物多様性創出」という社会貢献事業で森林保全に取り組もうというアプローチがあります。

JAPEX 石油資源開発株式会社

今後の森づくりの林政が気になるところです。

下越森林管理署

全国的なことなのでしょうが、佐渡でも放置されて荒れ放題になっている雑木林、植林した松林などが広大な面積があります。これらの林を間伐などをして手入れしてあげることによって、営巣はもちろんネグラや止り木などとして棲息できる環境を整えることができます。植林して数十年後を待つことも大切だとは思いますが、来年に迫ったトキ野生放鳥を考えると、もっとガンガン伐採することのほうが緊急課題です。そういう社会貢献の展開がほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキと人 どう共生

71016a1 71016a2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

トキのポストカードの提供

71015b1 情報部員4号の有田さんからのトキのポストカードの情報が寄せられています。

-----------

刈入れの季節でさぞかしお忙しいことでしょうが、お元気ですか?

コニカミノルタのHPからトキのポストカードをダウンロードできます。

個人的には、特に脚の部分もうちょっとなんとかならないかなと思いますが。

小倉の稲刈りには行けませんでしたが、生椿あたりには顔を出したいと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうから新聞週間

71015a1 71015a2 14日付け新潟日報に「あすから新聞週間」の特集ページがありました。その中に野生復帰ステーションに入れられた日のトキの写真。最近、このトキの写真が目立つようになりつつあります。今後の新聞によるトキ報道に注目・期待したいですね。

以前にも登場していますが、新聞を読むトキ、として販促・普及啓発活動に協力したいところです。

でも、新聞週間の初日が新聞休刊日というのは、ちと拍子抜けです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

放送 コウノトリ 46年ぶりの巣立ち!

71014c1 71014c2 14日放送のNHK:ダーウィンが来た!生きもの新伝説は 「コウノトリ 46年ぶりの巣立ち!」。

今年、兵庫県豊岡市で野生放鳥されたコウノトリのペアから生まれたヒナが巣立つまでを追った内容。来秋に佐渡で予定されているトキの野生放鳥に刺激になりますね。

10月19日(金)午前(真夜中) 2:00~2:30 に再放送とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草刈のタイミング

71014b1 片野尾でのトキプロの後、月布施の下柳平の草刈を行いました。

圃場内、畦に結構草が生えてしまっていますが、生き物はいろいろといるような気配です。感覚的なものですが、農業指導で行われるような圃場内・畦にまったく草が生えていないところよりも、生物の種類、量ともに豊かなように感じます。

ただし、草をほったらかしにしておくと、また萱で苦労したり、畦をぬれなくなってしまうので、草刈りのタイミングをどうしたらいいのか、ちと悩んじゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲刈り 片野尾2007

71014a1 71014a2 71014a3 71014a4 71014a5 71014a6 71014a7 71014a8 71014a9 71014a10 71014a11 新潟テレビ21ときプロジェクトの協力を得て展開されている片野尾の環境保全型稲作圃場の稲刈りの2日目。

手刈りの他、バインダーも登場して快調に作業が進んでいきます。

片野尾のプロジェクト地のうち、小田さんの圃場2反分はハゼで天日干しです。自慢の12段のハゼによじ登って掛けていくのですが、上で受け取る人よりも、下からほうり投げる人のほうが苦労していました。

圃場周辺で、クルミ、シバ栗、作り栗などの採集もできました。農家の方々からはカキ、アケビ、リンゴなどが提供され、秋の味覚を堪能することができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

金沢駅のどじょう料理

71013c1 71013c2 夕食に金沢名物のものでも食べようと金沢駅構内の食堂に入りました。いしる付けのサバ定食にひかれて入ったのですが、メニューを見ると「どじょうの蒲焼」「どじょうの唐揚げ」とドジョウ料理が2品ありました。唐揚げを食べましたが、サックリという感じで食べられます。ごはんのおかずとしていただきましたが、おつまみとしてもいけそうです。

海が近い金沢にドジョウを食べる文化があるのかどうか、わかりませんが、石川県の玄関口である金沢駅の食堂でドジョウ料理をみつけて、トキのことを連想しちゃいました。

佐渡では土用の丑の日にドジョウを食べる文化があるわけだし、ドジョウをトキだけにたべさせるだけでなく、観光客向けに提供することを考えても面白いのではないでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域再生システム論

71013b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキサブロー君の部屋

71013a1 71013a2 石川県にある北陸先端科学技術大学院大学のある研究室にトキサブロー君は棲んでいます。部屋の入り口にはコトキよりも一回り小さいお友達が迎えてくれました。

トキサブロー君の部屋からの眺めはいいです。夜は夜景が綺麗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

日本中国トキ保護協会訪問 その2

71012b1_3 71012b2体調を崩されているという村本義雄さんを見舞いにご自宅を訪問。

病床かと思いきやビシッ、と決めています。

トキ関連グッズがたくさん。佐渡の佐藤春雄さんといい勝負。

2時間半、まくしたてるようにトキの話をしてくださいました。
最後はゼエゼエと息苦しくなったご様子。

我々がお訪ねする直前まで伏せておられたとのこと。

写真右は、中国へ寄贈する予定の誘蛾灯。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本中国トキ保護協会訪問 その1

71012a1 71012a2_2 71012a3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

水辺の生き物しらべ下見

71010d1 71010d2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生物多様性? 下柳平

71010c4 71010c3 71010c2 71010c1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能登から研究者の視察 その2

71010b1 71010b2 71010b3 71010b4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能登から研究者の視察 その1

71010a1 71010a2 71010a3 71010a4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

トキ分散飼育へリード石川県

71009b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タンチョウの放し飼い

71009a1 71009a2 71009a3 NHKの朝のニュースで岡山県のタンチョウの放し飼いの映像が放送されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

UXTV ときプロジェクト担当

71007c1 夏以降、多忙なのとメインパソコン故障の為サブマシンのパワー不足で更新不足、文章不足になっていて申し訳ありません。

新潟テレビ21(UXTV)のときプロジェクト担当者からは、毎日見ているだから、まめに更新しなさい。写真だけでなくてちゃんと文章も書きなさい、と熱いメッセージを頂戴しています。

さらには、たまにはバカ写真も登場させなさい、というアドバイスも頂戴しましたので、まずはご本人に登場していただきます。

新潟県内の皆様におかれましては、ちょっと前まで画面でお馴染みの顔です。

ときプロジェクトの活動の模様の実況中継を禁じ手なしでやると、結構おもしろいと思うんですけどね。むかーし、怪獣の着ぐるみのバトオルロワイヤルの実況中継、というのも観た記憶があります。トキやカエルなどトキに関する着るぐるみのバトルロワイヤルも面白そうですね。以前に、保育園でトキとドジョウのロールプレイをやってもらったことがありますが、結構おもしろかったです。

そういう洒落た活動を真剣に面白おかしく伝えるというのもいいのではないでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小倉の昼食

71007d1 71007d2 71007d3 71007d4 71007d5 71007d6 71007d7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稲刈り 小倉2007 その2

71007b1 71007b2 71007b3 71007b4 71007b5 71007b6 71007b7 71007b8 71007b9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐渡市独自の認証制度

71007a1 71007a2 71007a3_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

稲刈り 小倉2007 その1

71006a1 71006a2 71006a3 71006a4 71006a5_2 71006a6 71006a7 71006a8 71006a9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »