« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

トキ外交

71130d1 71130d2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かき出し中 下柳平

71130c1 71130c2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寄せ集め中 生山

71130b1 71130b2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキが舞う島 その2

71130a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月29日 (木)

ホテルアイビス芸人

71129c1 71129c2 71129c3 テレビ朝日系で毎週木曜日の夜遅く放送の「アメトーーク」。

11月29日放送は「ホテルアイビス芸人」ということで、東京・六本木にあるホテルアイビスをネタにトークが展開されました。

テレビ朝日の近くということで吉本興業の芸人をはじめ、芸能関係の宿泊が多いようです。

「アイビス」は英語で「朱鷺」のこと。ホテルのマークはトキをモチーフにしているようにも思えます。施設内にトキ関連のモノがあったりするのでしょうかね? 

東京へ行った時に泊まってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朱鷺と暮らす郷づくり農業推進フォーラム

71129b3 71129b4 71129b6 71129b1_2 71129b2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキが舞う島 その1

71129a1 新潟日報・佐渡版11月29日付けから「トキが舞う島」の連載が始まったようです。

「四半世紀 時超え大空へ」という見出しも付いています。

1回目の29日は、「休耕田開き餌場づくり」という見出しで写真付きで野浦の生山での復元の様子がレポートされています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

71128b1 71128b2 71128b3 71128b4 71128b5 71128b6 71128b7 71128b8 71128b9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

71128a1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

トキの取材研究

71127c1 佐渡在住のジャーナリストがトキの取材研究をしたいということで「トキの研究」を持ってやってきました。

面白そうな本だったのでチョーダイとお願いすると「読んだら売りましょうか」とのこと。

さて、彼は誰でしょう?

黒い格好で登場したので、後方で我が家の黒い置物のカメ、フクロウ、カエル(写っていません)が親しみのまなざしを送っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生物多様性国家戦略 閣議決定

71127b1 71127b2 お昼のNHK新潟のニュース。

第三次生物多様性国家戦略が閣議決定したということで、「8年後に60羽野生復帰」という見出しでトキの映像も使って伝えていました。

NHKラジオ、NHKの全国放送でも伝えられたようですね。

■環境省:報道発表

「第三次生物多様性国家戦略」を策定しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草集め 生山

71127a1 71127a2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

草刈りは終了 下柳平

71126c1 71126c2 71126c3 71126c4 71126c5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生山 月布施分作業開始

71126b1_2 71126b2 71126b3 71126b4 71126b5 71126b6 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ときさけ

71126a1 スーパーで「ときさけ」というサケの切り身を発見。

佐渡産ではなく北海道産ですが、思わず朱鷺鮭を思い浮かべちゃいました。「朱鷺と牡蠣の森づくり」事業を展開している佐渡ですから、朱鷺牡蠣というのがあってもいいのかな。ならば、シリーズで「ときサザエ」「ときアワビ」「ときトビ」などというのも面白そう。トキの活動をしている生態系の中で活動をしている人たちが収獲した海産物のブランドづくりをしたいですね。

「ときさけ」ですが、画像では消えちゃってますが左上には漢字で「時鮭」と記されています。時=旬を連想されます。時=朱鷺のつながりもよさそう。

ネットで「時鮭」を検索すると、時鮭=トキシラズで、秋ではなく5~7月に北海道太平洋沿岸で獲れるとのこと。アレレ・・・。

トキ知らず、になっちゃいますが、「トキ知らず 食べると美味しい」ということにして、佐渡で食べさせたい方々がたくさんいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

報道 シンポ開催と大臣視察

71125d1 71125d2 71125d3 71125d4 NHK新潟の夜のニュース。NHKの全国ニュースでも流れたようでNHKのネットニュースでも現在映像を観ることができます。

■NHK:トキ野生復帰 課題探るシンポ

トキ野生復帰日中国際シンポジウム開催を伝えていました。映像で見る限りなかなかの盛況だったようですね。

環境大臣のあいさつ、中国寄贈のトキ2羽の一行の団長だった中国国家林業局の方の講演などが伝えられました。

引き続き、環境大臣が佐渡に渡り野生復帰ステーションを視察している模様が伝えられました。

環境大臣の「佐渡をはじめとする地元の人々の協力が不可欠だ」はとても重い・大切な言葉だと思います。

ただひとつ残念なのは、佐渡の会場でとても大勢の佐渡の方々の前で環境大臣が語りかけていただき対話する機会だとよかったのに、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着々と湛水 下柳平

71125c1 71125c2 71125c3 先日、お年寄りたちに作業をしていただいたおかげで、ビオトープの湛水ができています。

膝下までもぐりながら刈り残しの草を刈りました。湛水されているので水しぶきをあげながらでしたが、運び出すのは浮力があるのでとても楽。

草刈り機も森林組合のメカ担当のアドバイスで作業班と同じタイプの草刈り機に買い替えたのでパワーがあり、切れ味爽快、疲労蓄積半減。5万円ほどもする高価(安物3台分くらい)なモノに替えて正解でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野浦のビオトープ群

71125b1 71125b2 71125b3 71125b4 71125b5 71125b6 野浦と月布施の境で新規ビオトープ造成の打ち合わせに生山の現場へ。

六平さんの田んぼは既に冬季湛水がされています(上段左)。六平さんの田んぼの隣(上段左の写真中央)の放棄田を復元します。

野浦側は既に重機を入れて3反ほどビオトープ造成が展開されています(上段中)。写真中に見える月布施の松林も今年から森林組合が間伐に取り組み始めています。下柳平~上柳平のように、ここでも森林とビオトープのセットでの整備が展開しつつあります。

蛭場の下のビオトープ造成は湛水完了(上段右)。なかなかよい感じ。

蛭場の下の別の区画では六平さんが草刈りと畦塗りをやっていました。

生山~蛭場~荷打場はちょっとした雑木林の尾根を挟んですぐ近く。標高は300メートルくらい。面的な広がりで整備が進みつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国ボランティアフェスティバル

71125a1 新潟日報25日付け2面の下段に「第17回全国ボランティアフェスティバル にいがた」の広告。

来年9月20、21日に朱鷺メッセをメイン会場に開催されるようです。●自然環境のくくりの中に「朱鷺放鳥支援」とあったので、下記ホームページを訪ねてみましたが、まだほとんど情報がありません。開催まで300日ということで広告記事を掲載したようです。今後の取り組みに期待したいですね。

第17回全国ボランティアフェスティバル にいがた

どのような取り組みが展開されるのか、今年度の大会のホームページを探してみました。

第16回全国ボランティアフェスティバル あいち・なごや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

多情的朱鷺

71124a1 71124a2 71124a3 71124a4 中国・洋県の風景とトキの映像をバックに女性がトキの唄を歌っている映像があります。

字幕の漢字と映像から洋県の農村の光景とトキが「東方の宝石」として敬われているのがわかります。

■youku.com:多情的朱鷺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

洋県の歓送式の映像

71123b1 中国・洋県人民政府のホームページが洗練されてきています。

日本に贈られてきた2羽のトキの歓送式の模様がきれいな映像で紹介されています。

■中国・洋県人民政府:2007年11月21日

トキの「華陽」「溢水」の歓送式

映像がうまく再生できない場合は下記より RealPlayer をダウンロードしてインストールすると観ることができると思います。

リアルプレーヤー(無料版を選択します)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵比寿講

71123a1 11月20日は恵比寿講でした。隣家の宮司がヒラメとアジの刺身、オオビラ汁をおすそ分けしてくれて丁寧に教えてくれました。

我が家にも神棚があり、恵比寿さん(左)と大黒さん(右)、そして中央には天狗さんが奉られていました。天狗さんが少し右に寄っていたので、コトキを座らせてみると、なんかいい感じ。

魔除けの天狗さんと吉祥のトキ、紅白で色バランスもいいですね。

コトキの鼻を少し上に向けると天狗さんに見えますかね? 朱鷺天狗、なんか鞍馬天狗みたいでカッコよさそう! お酒の名前でも素敵。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

13羽のトキの様子 名前公募

71122c1

河南省に行った13羽の様子を伝える記事。

牛肉の餌を与えたが食べようとしないとのこと。1羽が頭をケガした模様。

愛着をもってもらう為にトキの名前を公募するとのこと。

応募先は新聞社あて。

■東方今報:2007年11月22日

トキ食欲進まず 名前公募します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ野生復帰 日中国際シンポジウム

71122b1 71122b2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

華陽と溢水の映像

71122a1 中国中央電視台のネット記事には、短い時間ですが中国から贈られた華陽と溢水の映像ニュースの他、日本へ贈るまでのニュース記事もあります。

■CCTV.com:2007年11月16日

鳥インフルエンザ中断4年 トキ交換再開

木箱に入っている映像は送り出す時に撮影されたもののですが、木の枝に止まっている映像は繁殖毛なので初夏の頃に撮影されたのではないでしょうかね。

■CCTV.com:2007年11月19日

中国から日本へトキが贈られます(映像)

■CCTV.com:2007年11月19日

陝西省から日本へ贈られる1ペアのトキは「華陽」と「溢水」

今回のトキ交換のことの他、中国のトキが1000羽を越え、そのうち500羽が野生トキということや、日本でも野生復帰ステーションを建設し、5羽を現在訓練中で、来年野生放鳥を目指していることなどが記されています。

■CCTV.com:2007年11月20日

トキは日中友好の使者

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

新たな仲間に胸躍らせ

71121b1 71121b2 新潟日報21日付け・佐渡版で「新たな仲間に胸躍らせ」という見出しで、中国から寄贈された2羽のトキの記事(左)。日中の旗を振って迎える小学生たち、ヘリコプターからトキが入った木箱が降ろされる、引渡し式、の写真3点。

新潟日報21日付け・社会面では、「羽ばたけ 友好の翼」という見出しで20日早朝に中国河南省へ向けて旅立っていった13羽のトキの記事(右)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐渡からのトキ13羽 河南省に到着

71121a1

20日19時すぎ(日本時間20時すぎ)に河南省の新鄭国際空港に佐渡からのトキ13羽を乗せた特別機が到着したという記事。

日本からの経路、所要時間、費用の100万元は日本負担だということ、木箱に覆われていてトキが見えく残念だったということ、をまずは記しています。

新家となる国家級自然保護区のセンターには1対あたり55平方メートルの部屋が8つ用意されていること、これまでに掛かった経費・今後の経費など、1ヶ月隔離されることなどトキの飼育に関することも触れられています。

随行した5人は日本からトキ13羽を運んできただけでなく中国からの2羽を届けた、ということも記されています。

■新華網・河南版:2007年11月21日

特別機、特別車でトキ13羽新居へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

13羽のトキ今日、河南省信陽へ 

71120b1 71120b2 河南省のメディアには日本から中国へ返還されるトキ13羽が今日の夜:6時50分に空港に到着することや、これまでのトキ飼育に関することが記されています。

■河南商報:2007年11月20日

13羽のトキ今日、飛行機で信陽にやってくる

下記では、受入れ準備に大勢の人々が忙しくしていることを伝えています。それと、トキの食性などに生態についても記しています。

■東方網:2007年11月20日

日本から河南省にやってくるトキ ドジョウと牛肉が好み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

返還トキ13羽出発

71120a1 71120a2 お昼のNHK新潟のニュース。

ヘリコプターに積み込まれ早朝に佐渡空港から出発し、今日の午後に中国・河南省のトキ保護センターに到着する予定とのこと。

新潟日報のホームページにも記事があります。

■新潟日報

中国へ返還のトキ13羽が出発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

出発するトキの陝西省での報道

71119b1 71119b2 71119b3 日本に贈られる2羽のトキが中国陝西省洋県を出発することを伝える現地のニュース。

■新華網・陝西版:2007年11月19日

日本における呼び方は、華陽=ホワヤン、溢水=イーシュイ、のようです。

洋県の地名に由来しますが、華陽は海抜最標高の野生トキ分布地、溢水は野生トキ最大の繁殖地、ということことが下記記事で紹介されています。

■陝西日報:2007年11月19日

洋県から日本むけの1ペアのトキ寄贈

■西部網・陝西版:2007年11月18日

洋県のトキ「華陽」「溢水」今日、日本へ

■人民網・日本語版:2007年11月19日

陝西省のトキ1対、日本へ出発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2羽のトキ 佐渡到着

71119a1 71119a2 71119a3 71119a4 71119a5 71119a6 71119a7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

日中国交正常化35周年事業

71118e1 71118e2

18日のNHKニュース。

日中国交正常化35周年を記念して春から行われてきた文化・スポーツ事業の締めくくりの公演を伝えていました(左)。

中国側では18日のトキ到着も締めくくりの事業として位置づけられていたのでしょうかね。

先日、中国メディアの取材に福田首相は早期の訪中の意向を述べたとのこと。

福田首相は官房長官時代、駄洒落を多用した会見、で注目されていたように記憶しています。

日本から中国へ帰される13羽のトキが20日出発する折に、訪中に関する記者会見をするのではないでしょうか。「会談するトキが来た。訪中するトキだ」と。

■人民網日本語版:2007年11月16日

福田首相、早期訪中の意向

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国寄贈のトキが日本に到着

71118d1

新潟日報の中国からのトキ2羽が成田空港に到着したという記事。

「貨物機から降ろされると木箱の網から外をのぞき、時折羽をばたつかせていた。」などとトキ到着の様子を伝えています。

■新潟日報:2007年11月18日

中国寄贈のトキが日本に到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ2羽中国出発 荒天で佐渡着延期

71118c1 71118c2 71118c3 71118c4 NHK新潟の18日18時台終盤のニュース。

中国からのトキ2羽が成田空港へ向けて上海を出発したが、新潟近辺が荒天のため佐渡到着は19日朝以降になる、という内容。

4月の温家宝首相の表明、贈られるトキの名前、これまでに贈られたトキの数などが伝えられました。

NHKの19時の全国ニュースでもトキが出発したというニュースが流れました。NHK新潟で放送されたのと同じものかと思いましたが、「NHKが独自に入手した映像」ということで木箱に入れられたトキが機内に持ち込まれる様子が放送されました(右下)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟テレビ21ときプロ 収穫祭

71118b1 71118b2 71118b3 71118b4 71118b5 71118b6 71118b7 71118b8 71118b9 71118b10 71118b1171118b12_4 71118b13_4 71118b14_4 71118b15_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋県の西隣・城固県 生息地18ヶ所

71118a1 71118a2

洋県の西隣の城固県における野生トキの生息を伝える記事。

様々な規制、保全活動により、森林被服率は62.1%になり、良好な生態系は多くの野生動物を育むのに適している。

野生トキの確認は、例えば塩井郷 双元村で営巣1ヵ所、幼鳥の繁殖3羽。孫坪鎮・高橋村では営巣2ヵ所、幼鳥の繁殖4羽を確認。

これまでに18の郷・鎮で野生トキの確認がされている。営巣も18ヶ所、39羽の繁殖を確認。

■陝西省人民政府:2007年8月21日

城固県の18の郷・鎮でトキの活動が確認

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

71117c1 71117c2 71117c3 71117c4 71117c5 71117c6 71117c7 71117c8 71117c9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地名に由来 中国からの2羽の名

71117b1 71117b2 18日に佐渡にやってくる2羽のトキの名前に関する記事。オスが「華陽」、メスが「溢水」で、地名に由来しているとのこと。

■共同網(共同通信・中国語版)2007.11.16

中国から日本へ贈られるトキの名前は「華陽」と「溢水」

華陽は2004年、2005年に野生放鳥をした地域。

溢水は「あふれる・水」という字のごとく河川などの湿地があり、トキの餌生物が豊富なところのようで野生トキにとっては大切なところのようです。

地図上では行政所在地を記しているので、「鎮」の単位では溢水は洋県の西隣の城固県境まで地域の広がりがあるようです。

■雨熱閑壇:2004年10月21日

トキを保護する洋県の3大湿地

読み方は、華陽が「ファヤン」、溢水が「イシュイ」。

どちらも、野生放鳥へのメッセージがこめられた名前のように感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

71117a1 71117a2 71117a3 71117a4 71117a5 71117a6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

シニア・パワー 上柳平

71116c1 71116c2 71116c3 71116c4 71116c5 71116c6 71116c7 71116c8 71116c9 71116c10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国では自然繁殖が基本へ

71116a1_2 9月3日付けの新華ネット・陝西版に下記記事。

現在世界で最も多くトキを飼育している陝西省の楼観台のセンターには260羽ほどのトキがいます。2007年の繁殖では33羽が育ち、そのうちの29羽が自然繁殖だったとのこと。

記事には繁殖は何ペアで行われたのか、孵化率のことは記されてはいませんが、野生放鳥へ向けて自然繁殖に取り組んでいることがうかがえます。

■新華ネット・陝西版 2007年9月3日

絶滅の危機のトキ自然繁殖が基本へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

中国からの2羽 18日佐渡へ

71115c1 71115c2 71115c3 71115c4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カウントダウン・タワー

71115b1 71115b2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シニア・パワー 下柳平

71115a1 71115a2 71115a3 71115a4 71115a5 71115a6 71115a7 71115a8 71115a9 71115a10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

野生放鳥訓練トキ 15羽に

71114a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

おトキさん

71113c1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

71113b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ4羽 分散飼育

71113a1 71113a2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

71111a1 71111a2 71111a3 71111a4 71111a5 71111a6 71111a7 71111a8 71111a9 71111a10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

71110c1 71110c2 71110c3 71110c4 71110c5 71110c6 71110c7 71110c8 71110c9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

71110b1 71110b2 71110b3 71110b4 71110b5 71110b6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキの短歌

71110a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

ジェンキンスさん 佐渡PRに貢献

71109c1_2 71109c2_2 71109c3_2 新潟テレビ21の夕方「スーパーJチャンネル新潟」のニュース。

表参道・新潟館ネスパスで11月8日~11日に開催中の「佐渡味めぐり」に拉致問題のジェンキンスさんも売り子として参加していることを伝えていました。

関係者からいただいた資料によると、このイベントはトキの野生復帰の情報発信と環境に優しい農産物及び佐渡の食材のPRと販売促進により、「美しい島佐渡」作りを農業から取り組む体制を消費者へ周知し、安全安心な農林水産物の産地としての佐渡ブランドの確立を図る、とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビオトープ拡大 久知河内

71109b1 71109b2 71109b3 71109b4 71109b5 71109b6 71109b7 新潟テレビ21ときプロジェクトなどで環境保全型稲作、ビオトープづくりを展開している久知河内。11月17日の作業打ち合わせの為に現場視察をしてきました。

久知川沿いのこれまで活動展開している稲作圃場から200メートル上流の右岸にビオトープが造成されています(上段左)。対岸の放棄田は草で覆われていますが、ここを今度草を刈ってビオトープ予定(上段中)。

環境保全型稲作をしている圃場から上流へ1.5kmほど行ったところに、これまでビオトープ活動をしてきた団地が2区画。去年から造成されている団地も湛水完了(上段右)。

少し下流の団地の一番上は畦に大きな穴があいてしまって水が漏れてしまっています(下段最も左)。つながりの5枚は湛水完了(下段中左)。

集落から100メートルほどの環境保全型稲作を行っている圃場も耕起され(下段中右)、コシヒカリを栽培している圃場のほうは湛水完了(下段最右)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀はがき販売中!!

71109a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

命ー日本の野生

71108a1
動物写真家・岩合光昭さんの父上の作品。佐渡で撮影したトキ写真がカバー写真を飾っています。

『命―日本の野生』
【著】岩合徳光
【版元】労働経済社(1996年)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

大地に生きる

71107a1 71107a2

NPO法人日本中国朱鷺保護協会の理事長・村本義雄さんの書籍。先月、村本さん宅を訪ねた折に頒布してもらいました。

10年前の出版ですが、中国の洋県の野生、センターのトキがたくさん掲載されています。村本さんは能登半島のトキの保護活動を長く取り組まれてきた方です。中国・洋県でトキが再発見されると中国との交流を通じてトキ保護、地域支援、日中の子ども達への環境教育を行ってきています。この書籍は中国のトキだけでなく、日本のトキ保護の経緯、中国との交流、出版直前の頃のトキの生態などのデータも記されています。

村本さんの取り組みについては、陝西省野生動植物保護協会の常秀雲さんが『一人の日本お爺さんの朱鷺情話』を著しています

『大地に生きる』【著】村本義雄、【版元】橋本確文堂企画出版室(1997年)、2000円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

朱鷺と暮らす郷づくり 認証制度

71106a1 71106a2 佐渡市と佐渡地域振興局農林水産振興部の共同発行の標記パンフレットが各戸配布されてきました。

「朱鷺と暮らす郷づくり 認証制度」ということで、「人とトキが共に生きる島づくりを農業から創造しよう!」と呼びかけています。前文には「(前略)この朱鷺と暮らす郷づくり認証制度は生きものを育む農法の拡大により、トキの餌場となる水田での生きものを育むこととトキをシンボルとした安全・安心な魅力ある佐渡米作りを目的とし、平成20年産米より発足します。」と謳っています。

認証基準としては下記4点。

(1)佐渡市で栽培された米であること。

(2)栽培者がエコファーマーの認定を受けていること。

(3)特別栽培により生産された米であること。

(4)「生きもの育む農法」により栽培されたものであること。

ということで佐渡米のブランド化をねらっているとのこと。

説明会を今後開催するとのことですが、いきなりハードルの高そうなパンフレットが各戸配布されビックリされている方々も多いのではないでしょうかね。

トキの環境整備にもつながることで佐渡米のブランド化を図ろうというねらいは素晴らしいと思いますが、お米だけでなく佐渡のブランドにつながるということ、世の中的にそのような環境保全型稲作・地域づくりが求められているということ、を明確に記すことも必要だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

野生トキを一番撮影公表している日本人

71105b2 71105b1 現在、佐渡で環境整備活動をしている人の中で、野生のトキを一番観ているのは僕。もちろん、中国の野生トキではありますが。

現在の中国の野生トキを一番撮影している日本人の写真家は岩合光昭さんだと思います。NHKなどの秦嶺山脈の取材で2年行ったとのこと。その映像はNHKで「ダーウィンが来た!」などで放送されています。

中国トキの写真は岩合光昭さんのホームページ「Digital Iwago」の中で紹介されています。その他、オリンパス、WWFなどとの協働で「The Quiet Giants」などの取り組みもありました。

この記事の写真は下記書籍。上記の取材のトキの写真が登場しています。カレンダー形式での紹介の後にそれぞれの動物の記述があり、トキは「トキの営巣」ということで記されています。

『地球動物記』【著】岩合光昭、【版元】福音館書店(2007)、4935円

先日、中国の西安で野生トキの写真展が開催されたというネット記事をご紹介しました。中国のサイトには中国野生トキを紹介しているものもあります

読売新聞の写真記者は中国の野生トキ写真から記事掲載、写真展開催と日本国内へメッセージを発しています。

現在の中国野生トキの写真、かつての佐渡の野生トキの写真を佐渡で観れる機会があるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子育てに試練の冬

71105a1 新潟日報11月5日付けに「子育てに試練の冬」という見出しの記事。連載:「秋多彩 2007列島フォトリレー」の7回目で神戸新聞の記事を紹介。自然界に戻ったペアから1羽のひなが生まれ巣立った慶事を伝えています。しかし、やがて迎える冬の採餌のことを危惧して記事は終わっています。

まだ放鳥はされていませんが、トキにも通じることですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

上柳平 田打ち準備完了

71104a1 71104a2 71104a3 71104a4 71104a5 71104a6 71104a7 71104a8 71104a9 71104a10 71104a11 71104a12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

上柳平 悪戦苦闘の雑草除去

71103a1 71103a2 71103a3 71103a4 71103a5 71103a6 71103a7 71103a8 71103a9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

もっとそばに トキ・訓練日記 放送

71102b1_2 本日(11月2日)、NHK新潟「金曜夜 きらっと新潟」で「もっとそばに ~トキ・訓練日記~」が放送されました。

冒頭、先日の行谷小学校の水辺の生き物しらべ潟上チームの子ども達の様子が伝えられ、子ども達の発言からトキ野生放鳥が正式決定されたというところから番組が展開。

野生復帰ステーションの5羽のトキが人に慣らしていく訓練の様子を追っています。

人が入っていき、徐々に近づいていったり、草刈り機の音に慣らしていくというもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カワイイっ!

71102a1 先日の「日本生まれのパンダ 中国へ里帰り」で記した双子のパンダの体重測定を伝えるネット記事。

若い女性3人がパンダ・グッズをつけて双子パンダとの記念撮影はとても微笑ましい。啓発活動、広報活動の戦略としては成功ですね。

日本から届く予定の13羽のトキもこのように親しみをもった対応がされるのかな? ちと楽しみです。

中国から日本に届く予定の2羽のトキはどのような対応がされるのかも気になりますが・・・。

■共同網(共同通信・中国語版):2007年11月1日

双子パンダの体重

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

西安発17日、佐渡発21日

71101c1

先日の「空輸されるトキ、コウノトリ」でご紹介した新潟日報10月31日付け記事の情報源と思われるのが下記記事。その記事には、中国から贈られる2羽のトキは11月17日に西安を出発、佐渡から送られるトキ13羽は11月21日に佐渡を出発と記されています。

中国から贈られる2羽のトキは、西安~上海、成田~佐渡の2区間をチャーター機ということのようですが、佐渡への到着はいつになるのでしょうかね? チャーター機の駐機のことを考えると21日に佐渡空港での交換が効率がよさそうですね。

■共同網(共同通信・中国語版):2007年10月30日

日本は数千万円のチャーター機で中国のトキを送迎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

65年間の主な出来事

71101b1 65年前の1942年11月1日に新潟日報の第1号が発行されたということで、本日は「創刊65周年特集」も折り込まれていました。

広告ページも入れて12ページ。写真もたくさん入っての創刊からの新潟の出来事を振り返っています。トキに関する記述は「65年間の主な出来事」の年表に2点。

■1952年3月 トキが特別天然記念物に

■1980年12月 トキの全羽捕獲作戦開始

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もっとそばに

71101a1 今朝のNHKで下記番組の宣伝がありました。新潟県内のみの放送。

■NHK新潟放送局
金よう夜 きらっと新潟

「 もっとそばに  ~ トキ ・ 訓練日記 ~ 」 
11月2日 (金) 放送予定
(金)午後7:30~7:55
<再放送>翌(火)午前11:05~11:30
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »