« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

悪戦苦闘の造成

80430a1 80430a2 80430a3 80430a4_2 月布施のアテビ平の復田作業。放棄されて30年以上も経っているので伐採した木の処理だけでもたいへん。

木の根っこ、かつての洪水による石の流入、乾いている場所と湿っている差が激しく、オペレーターは苦労しています。

ぬかっている所は重機のキャタピラが埋まってしまうほど。

でも、作業終了時には早くも水が溜まっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

重機投入 月布施・アテビ平

80429c1 80429c2 80429c3 水路のような細い川を挟んで、野浦での呼称は生山、月布施ではアテビ平。

昨秋、木の伐採、草刈りまでは完了していて、新たな草が生える前に重機を投入して田んぼの復元を始めました。放棄されて30年以上、木の根が広がってしまっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボタボタ周辺 両尾

80429b1 80429b2 80429b3 80429b4 80429b5 80429b6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米山林道をゆく

80429a1 80429a2 80429a3 80429a4 80429a5 80429a6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月28日 (月)

1枚目潅木伐採ほぼ完了 両尾

80428c1 80428c2 80428c3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ集会2008 行谷小学校

80428b1 80428b2 80428b3 80428b4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒナ9羽 総飼育数104羽

80428a1 80428a2 80428a3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

両尾プロジェクト スタート

80427a1 80427a2 80427a3 80427a4 新潟県の地すべり対策で池整備が行われた椎泊地内の谷平。そのさらに上流のボタボタというところで、隣集落の両尾の方が水田稲作を行っています。山の中の田んぼですが、周辺には形のよい松があり、木々の隙間からは両津の街がよく見えます。

両尾の方々とボタボタの放棄田をビオトープにする取り組みを始めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

岩首の棚田復元

80426c1 80426c2 80426c3 80426c7 80426c4_2 80426c5 80426c6 80426c8 80426c9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体験学習スタート

80426b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トッキッキ ラッピングバス

80426a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

蚫の棚田

80425a1 80425a2 80425a3 80425a4 野浦から南へ3つめの蚫(あわび)。

野浦大神宮の宮司とともに集落の方に案内してもらいました。

平均年齢74才の小さな集落。営農している面積は少ないですが、案内していただいた棚田は、春の心地よさがありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

多摩動物園でも ひな誕生

80424c1

東京の動物園関連のホームページに、多摩動物園でもトキのひな誕生の記事が掲載されています。記事には殻を破っている姿や誕生直後の映像を観ることができます。

■動物園ファンのサイト TokyoZooNet

佐渡以外でトキが初めて孵化しました!

佐渡トキ保護センターにも繁殖状況の情報がアップされています。

◆4月22日現在の総産卵数は84個です。(多摩動物公園分を含む)
  内訳は
   ○ふ化 8羽
   ○親鳥が巣内で抱卵中 42個
   ○ふ卵器で保温中 10個
   ○無精卵 8個
   ○発育中止卵 2個
   ○破卵 14個
  となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキの餌場 小倉

80424b1 80424b2 畑野から多田へ峠道の道沿いに小倉の方々が取り組んでいる「トキの餌場」。

ドジョウ養殖池のようです。看板には「ふたたびトキが舞う小倉の郷に」と描かれていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロケットネット捕獲地 東強清水

80424a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

集落境の尾根

80423b1 80423b2 80423b3 80423b4 80423b5 80423b5_2 80423b6 80423b8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上柳平 芽吹き始め

80423a1 80423a2 80423a3 80423a4 80423a5 80423a6 月布施の上柳平。

1週間前、ヤマザクラはまだ蕾でしたが、今は満開を過ぎ葉桜になりかけていました。

ヤナギ以外の木々の芽吹きも始まりつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

トキ公式シンボルマーク決定

80422a1 新潟日報HPでトキ公式シンボルマーク決定の記事。

佐渡の海や山、川をトキが羽でふんわりと包み込んでいます。

■新潟日報:2008年4月22日

トキ公式シンボルマーク決定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

鴇の詠奉納

80420a1 80420a2 80420a3 80420a4 80420a5 80420a6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

演芸会本番 トキの舞

80420b1 野浦春祭り演芸会の本番。

双葉会の「ミュージカル・コメディ トキの舞」。のおじちゃん、おばちゃんたちは練習の時以上に乗っていて、アドリブもかなり入っていて観客をなごませていました。

稽古の様子は下記。

■佐渡トキの話題

2008年3月17日 トキのミュージカルの練習

2008年3月27日 衣装をつけて練習

2008年4月11日 衣装をつけての稽古

2008年4月15日 リハーサル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

環境保全へ冊子作製

80419c1 4月19日付け新潟日報・佐渡版。新潟県農業普及指導センターが環境保全型農業の取り組みをまとめた冊子を作製したという記事。「トキと共生できる農業をめざして」と「水田を利用したトキの餌場確保マニュアル」の2種。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ・モニター養成講座 修了

80419b1 80419b2 80419b3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚田巡り 岩首・野浦

80419a1 80419a2 80419a3 80419a4 80419a5 80419a6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

浙江省へトキ10羽分散 中国

80418b1 80418b2 80418b3 80418b4 陝西省の楼観台のセンターからトキ10羽が浙江省へ分散されたニュース。

■浙江大学

別れて50年 再びトキが浙江省に戻ります

■浙江在銭

10羽の国宝のトキが飛びます

■浙江省林業庁

分散されたトキによる浙江省トキ復活プロジェクト開始式の開催

■人民網:浙江版

トキを再び浙江の青空の下で飛び回らせます

■浙江在銭

消えてから50年余りの「国宝」トキが浙江に戻ります 10羽分散導入

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今季初のひな誕生

80418a1 80418a2 80418a3 今季初のトキのひな誕生のニュースが、紙面、ネット、テレビなどで伝えられています。

■新潟日報:2008年4月17日

今季初のトキのひなが誕生

■読売新聞・新潟版:2008年4月17日

今年初のひな誕生 佐渡トキ保護センター

■共同通信:中国語版:2008年4月17日

今季初のトキのひなが誕生・日本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

久知河内 2008年4月17日

80417d1 80417d2 80417d3 80417d4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧トキ保護センターまで5分

80417c1 80417c2 80417c3 80417c4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キセン城 着々と復元中

80417b1_2 80417b2_2 80417b3_2 80417b4_2 80417b5 80417b6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷平 2008年4月17日

80417e1 80417e2 80417e3 80417e4 80417e5 80417e6 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽二生の里山

80417a1_2 80417a2_2 80417a3_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

トキを松周辺の除伐

80416b1 80416b2 80416b3 80416b4 80416b5 80416b6 トキ野生復帰の環境整備の中で森林関連の対応が緊急に必要のように感じます。

松枯れ対策とトキ営巣木保全を兼ねて松の木の樹幹注入処理が展開されてきました。

しかし、トキの飛行ルート、飛行曲線、木への停まり方を想定すると、現状の森林状況ではかなり厳しいものといえます。トキが停まることを想定している木の周辺に木がありすぎます。

森林組合作業班に1本の松周辺の半径10メートルほどを除伐してもらいました。

松を眺めるのにも、この位の間隔がいいのではないでしょうかね。

周辺の景観としてもいい感じ(下段左)。周辺を除伐した松も喜んでいるように見えます。

どのくらいの間隔がいいのかは今後の検討課題。1本の木がいいのか、複数本のセットがいいのか、飛行ルートとの関係、餌場との関係、他の停まり木との距離・関係など。

森林整備は、トキ・モニタリングの際の目視、そこへの移動なども考慮して取り組みが早急に必用だと思います。現状では、森林内が荒れすぎていて、林内を人が移動することも目視することも非常に困難。

また森林整備にあたっては、飛行ルート・飛行曲線上にある松やアテビなどの経済林との調整も今後必要(下段右)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ神社の春まつり

80416a1 80416a2 トキ神社の俗称もある野浦大神宮。4月16日が春祭り。佐渡で一番高いと噂される13メートルのノボリとまだ見頃の桜が春まつりの雰囲気を醸し出しています。

社殿の中には、トキ凧、100羽祈念のぬいぐるみ、日本と中国のトキの御酒などトキ・グッズが納めされていて、春祭りをするトキです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

リハーサル

80415b1 80415b2 80415b3 4月20日に開催される野浦春祭り演芸会で双葉会が演じる「ミュージカル・コメディ トキの舞」のリハーサルが会場となる前浜小学校・体育館で行われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春祭りをするトキ

80415a1 4月15日は佐渡島の春祭りのピークの日。

あちこちの集落で昨日のうちにノボリが掲げられています。

野浦の春まつりは16日なので、ノボリ立ては今朝5時から行われました。海沿いに2本、野浦大神宮の境内に2本。

野浦大神宮の宮司は近隣集落のいくつかの神社を兼務していて、15日は東強清水、蚫(あわび)の神社の春祭りへ出かけるというので同行。宴席でトキの活動のご案内を少しさせていただきました。

五穀豊穣などを願う春まつりは、トキの活動の成果・期待に通じるものがあるように感じます。野浦大神宮では朱鷺祈願祭が行われていますが、「朱鷺まつり」ということで島内の神社が協働する祭りがあってもいいかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

花見 月見 トキ見

80414c1 80414c2 今日は午後はいい天気でした。

トキの森公園の桜は満開をちと過ぎたところ。青い空に白い花が映えています。

小さくてわかりづらいですが、枝の先にはお月さんも出ています。

花見と月見、そしてトキを観。トキの森公園へ出かけてみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ますます繁殖毛

80414b1 80414b2 80414b3 80414b4 80414b5 80414b6 繁殖期まっさかり。ますます頭から黒っぽく変化する繁殖毛になっています。

天気がよく光の加減もよかったので、ケージの中のトキがいつもよりはっきり観ることができました。

朱鷺色の羽の色がはっきりと見え、小枝を咥えて飛んでいる姿も確認できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

57コ 産卵状況

80414a1 80414a2 80414a3 トキの森公園のトキ資料展示館入り口の掲示板に記されている繁殖状況。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

くっきり、片野尾が見えます

80413c1 上柳平のヤブツバキの駆除が済んだので、チェーンソーで雑木の除伐を始めました。これまで微かに見えていた隣の片野尾の田んぼがくっきり望めるようになりました。

上柳平でのトキの飛行曲線を想定して、もう少し雑木の除伐を行います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松を求めて その2

80413b1 80413b2 80413b3 80413b4 80413b5 80413b6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松を求めて その1

80413a1 80413a2 80413a3 80413a4 80413a5 80413a6 80413a7 80413a8 80413a9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

切れ味 爽快ッ!

80412a1 80412a2 80412a3 80412a4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

衣装をつけての稽古

80411d1 80411d2 80411d3 80411d4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

標高350メートルの芽吹き

80411c1 80411c2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

候補地さがし

80411b1 80411b2 80411b3 80411b4 80411b5 80411b6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国トキ視察交流2008春

706chinae3 706chinaj5 706chinai6 706chinac5

第9回目の中国トキ視察交流を下記要領で行います。

NPO法人トキの島のミッションですが、会員でない方の参加も可能です。チラシ、日程概略はこの記事中にダウンロードできるようにしてあります。

あるいは、当ブログ管理人、問合せ先へお問合せください。

【期 間】2008年5月21日(水)~5月28日(水)

     ※新潟空港 集合・解散   ※※成田空港の発着 応相談

【経緯と主な訪問地】これまでに、2004年夏から2008年初春まで8回実施。3つのトキ保護センター訪問、村での農民たちとの交流、移動観察。視察・観察はトキのねぐら地、川や畑・田んぼ・湿地、営巣木など。現在、野生のトキは500羽を越え、飼育も合わせると中国には1000羽ほどのトキが確認されています。昨夏には中国トキ専門家を招へいし相互交流を行っています。

(1)洋県朱鷺救護飼養センター
・三角錐のネットの飛行訓練施設があります。トキ飼育数は百数十羽。昨年11月に日本に贈られたトキ2羽はこのセンターからやってきました。
   
(2)草ば村(ば:土編に見 そうば村)
 ・村内の林がトキやサギ類のねぐら。視察・交流では毎回100羽前後のねぐら入りを確認しています。

 ・環境保全型で稲作や梨栽培、家畜の糞尿を肥料や燃料として活用、中国版農家民宿・グリーンツーリズムなどに取り組み、環境共生の村づくりを展開しています。

   
(3)さい河村(さい:草冠に祭 さいが村):洋県市街地から車で40分ほど。
・谷内田、棚田、林などの里山が広がり、農家の敷地内の木々にいくつもの営巣が確認されています。

   
(4)周至県楼観台希少動物保護センター:西安の西方70kmほどに位置。
・秦嶺山脈に生息する希少動物の保護・飼育をしていて、トキ、パンダ、キンシコウ(孫悟空のモデルの猿)、ターキー、その他などを観ることができます。トキの飼育数は250羽以上で世界最大。
   
(5)安康市寧陝県トキ順化センター:秦嶺山脈南部の中山間地帯に位置。
・昨春、センターが完成し5月末には人工飼育された世界初のトキの野生放鳥実施。今年初夏にも実施予定。

■中国トキ視察・交流2008春 チラシ

「china2008spr1.doc」をダウンロード

■中国トキ視察・交流2008春 日程概要

「china2008spr2.xls」をダウンロード

■これまでの中国トキ視察・交流

・第1回 2004年 8月11日~15日  団員11名
第2回 2005年 8月23日~27日  団員 6名
第3回 2005年11月19日~24日  団員 5名
第4回 2006年 5月20日~27日  団員 2名
第5回 2006年 8月 5日~12日  団員 9名
第6回 2007年 6月 5日~10日  団員 4名

第7回 2007年 8月18日~25日  団員 3名

第8回 2008年 1月11日~17日  団員 7名

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

53コ トキ産卵状況

80410b1 80410b2 80410b3 80410b4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚田の形の出現

80410a1 80410a2 80410a3 80410a4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

復元へ向け野焼き 羽茂大崎

80409b1 80409b2 80409b3 80409b4 80409b5 80409b6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天気よしッ! 展望よしッ!

80409a1 80409a2 80409a3 80409a4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

展望台づくり 上柳平

80407a1 80407a2 80407a3 80407a4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

赤玉の春まつり

80406a1 80406a2 80406a3 80406a4 80406a5 80406a6 80406a7 80406a8 80406a9 80406a10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

洋県からの手紙

80405b1_2 80405b2 80405b3 80405b4_3 80405b5_3  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚田復元へ向けて 羽茂大崎

80405a2 80405a3_2 80405a4_2 80405a5_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

岩首棚田 本格始動まで前

80404a1 80404a2 80404a3 80404a4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

卵塊調査

80402b1 80402b2 80402b3 80402b4 80402b5 80402b6 今、ビオトープ圃場には、ヤマアカガエルやクロサンショウウオの卵が産み付けられています。

上柳平と下柳平のビオトープにおいて、卵塊の数を圃場ごとに数えてみました。

ヤマアカガエルの卵塊には、卵塊ごとにポールを1つづつ立てました。クロサンショウウオは目視で数えました。

感覚的には、林に近い圃場が数が多い印象で、上柳平の圃場がいい感じでヤマアカガエルの卵塊24、クロサンショウウオの卵塊88(下段中)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トキが舞う林の空は広かった

80402a1 80402a2 80402a3 80402a4 80402a5 80402a6 80402a7 80402a8 80402a9 上柳平の間伐作業6日目。

月布施の上柳平は標高350メートルほど。尾根上の地形の根本に田んぼが展開しています。水系的には田んぼは隣の集落の片野尾へつながっていますが、別の谷筋は月布施へ向かっています。

上柳平のビオトープからみた尾根の林はこのように、サバサバ(佐渡弁)しました(上段3枚連続写真)。

残った木々と空の青さがいい感じ(中段)。

上柳平は、ビオトープと松林と雑木林がセットとなっているところが魅力的(下段左)。

当初、雑木林の間伐を行う際に新潟大学の先生にアドバイスを仰いだところ、7割間伐、ということでした。マーキングのテープをまいていない区域での委託作業については、「トキになったつもりで留まり木と飛行曲線を考慮して間伐をお願いします」とだけ伝えました。結果、9割以上の間伐になってしまった感じですが、トキの飛行曲線、林の状態にとってはいい感じ。「伐り過ぎ」という感もありましたが、伐採した木を見ると状態はよくないものが結構ありました(下段中)。

まだまだプロ作業は必要なのですが森林組合への委託作業は一区切り。晩秋の頃まで仕事が詰まっているとのこと。

トキ野生復帰へ向けて、餌場づくり、営巣木などが展開していますが、トキの飛行曲線を考えると、間伐を相当行わないと実際には機能しないものが多いのではないでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

ドジョウ飲み込み 小枝運び

80401b1 80401b2 80401b3 80401b4 80401b5 80401b6 80401b7 80401b8 80401b9 放鳥訓練をしているペアが産卵したというニュースを聞いて野生復帰ステーションへ出かけました。

観察棟の自分で操作できるカメラでは、アングルが悪くズームアップすることができず、遠目の映像。抱卵状況を確認できません(上段左)。

でも繁殖毛に変化しているトキの他のトキはいろいろと観察できます。

ドジョウを捕まえて口ばしを水面近くの水中で振り回して(中段左)、ドジョウをつかまえた状態で顔をあげて(中段中)、ちと顔をあげ加減にドジョウを飲みノドが膨らんでいます(中段右)。

田んぼの中で枝を拾って、くわえて歩きながら田んぼの外へ。何度かくわえ直してから飛び立ちます(下段3枚)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビオトープを鳥瞰

80401a1 80401a2 80401a3 80401a4 80401a5 80401a6 上柳平での間伐作業5日目。

昨年間伐を行った松林の隣の雑木林の間伐が進んでいます。

草刈り機でヤブツバキを駆除した後、チェーンソーで雑木を伐採していきます。上柳平のビオトープを鳥瞰できるようになってきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »