« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

トキ資源を工夫して活かせ

80930a1 80930b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

取材陣がたくさん

80929c1 80929c2 80929c3 80929c4 80929c5 80929c6 28日に前浜地区へのトキ飛来が確認され、野浦で飛来したトキの撮影がされたという情報を聞きつけて、朝から民放各社がやってきました。

本日朝に撮影したトキ飛翔映像、住民インタビュー、それと環境省担当官、大学准教授などの記者会見をも盛り込んで、夕方の新潟の民放各社のニュースは興味深いものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ飛び出し 注意!

80929b1 80929b2 餌場を期待している地区のチェックを終え、棚田地域の見通しの悪いカーブを運転する車で回っていると、突然トキが羽を広げた状態で飛び上がって飛び出してきました。「なんだぁー!」と叫ぶと同時に急ブレーキ。トキは2メートルくらい先でよけてくれました。

写真左は、トキと衝突しそうになった農道のカーブを落ち着いたところで撮影。

写真右は、ニアミス直後に現場上空を飛ぶトキ。

他の目撃情報でも林道にいたというものがいくつかあります。見通しの悪い林道・農道にはトキがいるかもしれません。トキの飛び出しに注意、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前浜地区でのトキ飛翔

80929a1 80929a2 80929a3 80929a4 80929a5 80929a6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

“トキさがし”でにぎわう

80928d1 80928d2 80928d3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モニタリング活動 

80928c1 80928c2 80928c3 80928c4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前浜地区にトキ飛来

80928a1 80928a3 80928a5 80928a2 80928a4 80928a6 朝9時半頃、野浦住民よりトキ目撃情報が入りトキ監察員として出動。

前浜小学校下の田んぼの団地周辺、集落から500メートルくらいのぼった林道上にいるところ、灯台上空を旋回している姿などの目撃情報。

午前11時17分頃、野浦の弥七郎(屋号)さんが、放鳥トキの撮影に成功。

野生復帰ステーションの「放鳥トキ情報」では、【06】個体と思われる、ことですが、特色からすると【11】個体のように思われます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トキ効果をねらえ

80928b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

トキ放鳥記念の商品

80927b1 80927b2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放鳥トキの確認に注目

80927a1_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

中国トキ視察交流参加者との交歓会

80926f1 80926f2 80926f3 80926f4 80926f5 80926f6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西三川の果樹園視察

80926e1 80926e2 80926e3 80926e4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ局の取材

80926d1 80926d2_2 80926d3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読売新聞 9月26日号新潟版

80926b2 80926b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟日報 9月26日号

80926a1 80926a2 80926a3_3 80926a4 80926a5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

トキ放鳥日のトキ連会議

80925i1 80925i2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国見荘、朱鷺見荘へ?

80925h1 80925h2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行谷小学校を訪問

80925g1 80925g2 80925g3 80925g4 80925g5 80925g6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

両津郷土博物館 トキ展見学

80925f1 80925f2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキの森公園 視察

80925e1 80925e2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ放鳥式典 第二部

80925d1 80925d2 80925d3 80925d4 80925d5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ放鳥式典 第一部

80925c1 80925c2 80925c3 80925c4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟日報 9月25日別刷

80925b1 80925b2 80925b3 80925b4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読売新聞 9月25日号・新潟版

80925a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

新潟大学・NPO・中国トキ専門家・能登の方々の交流会

80924f1 80924f2 80924f3 80924f4 80924f5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国トキ保護に学ぶシンポジウム

80924e1 80924e2 80924e3 80924e4 80924e5 80924e6 80924e7 80924e8 80924e9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前浜小学校訪問

80924d1 80924d2 80924d3 80924d4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

釣りとトキ

80924c1 80924c2 80924c3 80924c4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟日報 9月24日号

80924a1_2 80924a280924b1_3 80924b2_2 80924b3_2  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

中国トキ専門家との交流会 in 野浦

80923h1 80923h2 80923h3 80923h4 80923h5 80923h6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ野生復帰ステーション視察

80923e1 80923e2 80923e3 80923f1 80923f2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟大学トキ野生復帰プロジェクト地視察

80923c1 80923c2 80923d1 80923d2 80923d3 80923d4 80923d5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放鳥場所周辺の視察

80923b1 80923b2 80923b3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の土産 中国の土産

80923a1 80923a2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

中国トキ専門家 新潟到着

80922a1 新潟大学トキ野生復帰プロジェクト、NPO法人トキの島の協働事業で、佐渡でのトキ野生放鳥のタイミングで相互交流を行っている中国トキ専門家2名を招へいします。

写真左の方が、陝西省漢中市洋県草ば村・村長の華英さん。

洋県朱鷺愛鳥協会の副会長でもあります。華英さんは訪日は2回目。前回は大分県への訪問で佐渡は初めて。

写真中央の方が、陝西省野生動植物保護協会・副秘書長の常秀雲さん。訪日は5回目。佐渡へは昨年に続き2回目。

写真右の日本に留学中の李子帆さん。今年1月の中国トキ視察交流の折、通訳をしてもらっています。今回は留学先の広島からやってきてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

韓国のトキ・モニュメント

80921b1_2 80921b2_2 最近、韓国を訪ねた情報部員からです。

---------

韓国のトキ保護施設、ウポ湿地の所在地は「昌寧(チャンニョン)郡」です。写真は「昌寧郡役所」の玄関です。
また、昌寧郡の南隣にラムサール会議開催地の一つ、昌原(チャンウォン)市があります。

--------

下記記事には、上空からの写真と地図が記されています。

■nyjtoday.com:2008年8月30日

民族の鳥「とき」 グァアグァア 歌おうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK「トキ舞う空へ」 空撮検証

80921a1_3 80921a2_2 80921a3 80921a4 NHK新潟で先日放送された「トキ舞う空へ」は、モーターパラグライダーを利用して写真家の多胡さんが撮影した映像がとても貴重です。

上段左は生椿ですが、この映像を見る限りでは狭い上に、山の斜面が迫っているように感じます。かつては、かなりの棚田が展開していたようですが、今は放棄され雑木に覆われてしまっています。

上段右は場所が特定できませんが、数本の松の生え方、枝ぶりがとてもいい感じ。

下段左は、赤玉の杉池周辺。尾根近くですが平な地形が展開していて、生椿方面、野浦方面、豊岡方面への交通の要所として、かつては重要だったようです。間伐をするといい感じになりそう。

下段右は、新潟大学のプロジェクト地のキセン城。間伐した木々とビオトープがなかなかいい感じ。これくらい間伐をしていると木々に止まることはトキにとって難しくはないでしょう。ビオトープからの飛行曲線を考えると、もう少し工夫が必要かもしれません。

モーターパラグライダーのトキ目線での撮影は飛行ルート、飛行曲線を検討する上で貴重な資料になると思います。番組における映像を見る限り、えさ場整備以上に、トキの飛行曲線を考慮しての間伐がとても必要だと感じました。

この番組は9月28日(日)に下記番組内にて全国放送されるとのこと。必見です!

■NHK総合:2008年9月28日(日) 午前10時50分~11時30

・地域発!ぐるっと日本

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

トキ・モニター 説明会

80920d1 80920d2 80920d3 80920d4 80920d5 80920d6 80920d7_2 80920d8_2 80920d9_2 放鳥されたトキの追跡調査の支援をするためのトキモニターボランティア。講習を受けて登録をした人たちへの説明会が行われました。

本日は、トキモニターのグッズとして座標軸を記した地図帳、帽子、腕章、車につけるステッカー、ジャンパーなどが配布されました。

受け取るにあたっては名前と番号の照合(上段左)。

そして、一式受取(上段中)。トキ太には、ちと帽子は大きすぎました(上段右)。

腕章をつけてトキを追いかけ、西へ東へ(中段)。

動き過ぎて冠羽が乱れたところ、野生復帰ステーションの親切なお姉さんが整えてくれました(下段左、中)。

トックンにも帽子と腕章を付けてもらいました(下段右)。

ジャンパーの披露は後日。

9月25日のトキ放鳥からトキ・モニターが活躍します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ市長補佐官 決まる

80920c1 2008年9月20日付け新潟日報。

佐渡市が緊急募集していたトキ市長補佐官の「ミズ・ニッポニア・ニッポン」2名が決まったというニュース。

■新潟日報・2008年9月20日・県内総合版

・トキの応援団お任せ 佐渡のPR役決る

NPO法人トキどき応援団・事務局長とトキ研究で佐渡に通っている大学院生。お二方とも存じ上げている方々で、トキの知識、落ち着いたひとあたりのよさは好感が持てます。

あえて言うならば、一般的にはイベントなどでは20代の方々を期待されていることが多いのではないでしょうか。その辺の期待にどう対応するかが課題かな。

あとは、お二方の知識、技量を佐渡の若い方々にも伝えていただき、普及啓発となることも期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポイント2倍!! 差し上げます!!

80920b1_2 新聞折り込みのチラシ。

島内の4つの買い物用のポイント・カードの利用において、トキ放鳥をまでの数日間、ポイントが2倍付加のサービスを謳っています。

また多くの店舗では、佐渡とき保護会などが制作した「祝 トキ大空へ翔べ」のノボリが掲げられています。

佐渡島内では、トキ放鳥の祝賀ムードが強く漂い始めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナラ枯れの被害が拡大

80920a1 2008年9月19日付け新潟日報ネット記事。

ナラ枯れが昨年より1万本以上多い2万9000本にもなっていて、トキ放鳥予定地周辺にもおよんでいるとのこと。新潟大学の森林生態学の准教授がビオトープ周辺の大木に対してだけでも薬剤の樹幹注入の必要性を説いています。

■新潟日報:2008年9月19日

ナラ枯れの被害が拡大、佐渡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

トキ放鳥のジレンマ

80919c1 80919c2 新潟放送の夕方のニュースの特集シリーズ「トキ大空へ」。

「トキと人との共生ルール」が大きく表示されました。

トキ繁殖に長くかかわってきたスタッフへのインタビュー。

冬に向かっての餌不足をとても危惧されているようで、順化ケージの前に餌場をつくり餌を撒きたい、とのこと。春になって餌生物の心配がなくなってから他所へ飛行してほしい、との気持ちを語っています。飼育担当者として放鳥されたトキの生存率を高めたいという感情が伝わってきます。

しかし、トキ野生放鳥の目的・ねらいからすると、とても違和感があります。

放鳥場所についても、センターに頼らないことを願って少し離れた場所に設定されたといいます。

中国の寧陝県において、2007年5月末に26羽が野生放鳥されました。先日も記しましたが1年後に野生下にいたのは、12羽。放鳥されたトキのうち遠くは20kmほど離れたところでも確認された個体がある一方、2羽は順化ケージのすぐ横の松の木にねぐらを構えてしまっています。その状況は昨夏と今年5月の中国トキ視察で確認しています。

中国の寧陝県でのトキ野生放鳥の1週間後の6月上旬に視察を行った際には、トキ1羽が我々が見ている目の前で順化ケージのネットに立て続けに激突していました。ケージの中にいる仲間のところへ行きたかったのでしょう。同じようなことが起きるとすると、寧陝県の順化ケージより頑強に造られている佐渡のケージに激突することは、とても危険に思われます。

早急に対応をしたほうがよいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訓練15羽捕獲 放鳥10羽選別へ

80919b1 80919b2 新潟放送の夕方のニュース。

野生復帰ステーションの順化ケージで訓練していた15羽が捕獲されたというニュース。

これまでの飛行・採餌訓練の結果や健康状態などから検討し、野生放鳥される10羽程度が放鳥直前に選ばれるとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朱鷺放鳥を記念し空港でPR

80919a1 2008年9月19日付け新潟日報ネット記事。

■新潟日報:2008年9月19日

朱鷺放鳥を記念し空港でPR

佐渡トキ保護センターで飼育中のトキがひなを育てている姿や、放鳥に向けて餌場を調査する同市の児童の様子などを写したパネルのほか、トキ保護の歴史をまとめた年表が掲示されているとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

トキと企業の社会的責任

80918c2 80918c3 80918c4 80918c5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ放鳥式典に秋篠宮ご夫妻

80918b2 新潟放送(BSN)の夕方のニュース。

秋篠宮ご夫妻が24、25の両日、佐渡市で行われるトキ放鳥記念式典に臨席することを新潟県が発表したとのこと。

トキ関連の行事の他、行谷小学校のビオトープ、佐渡金山などの視察。

兵庫県豊岡市でのコウノトリ放鳥の時も秋篠宮ご夫妻がご臨席され、最初の1羽を放鳥されました。その後妃殿下のご懐妊があり、コウノトリのご利益が有名になりました。佐渡でもきっと吉祥があることでしょうね。

■新潟日報:2008年9月18日

トキ放鳥式典に秋篠宮ご夫妻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水不足! 上柳平

80918a1 80918a2 80918a3 月布施の上柳平の草刈りに行きました。水路の水はほとんど流れなし。田んぼの中も水位は相当さがっていますが、ドブ田のおかげで、泥状態は保っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

トキ放鳥にあたってのお願い

80917c1 集落ないの配布で市報とともに「9月25日トキ放鳥式」と「トキ放鳥にあたってのお願い」のチラシが届きました。

「トキ放鳥にあたってのお願い」は佐渡市民向けで、トキとの共生ルール、トキ追跡調査への協力のお願い、について記されています。

トキの目撃情報などの連絡、トキについてのご相談の連絡先が佐渡市トキ交流会館になっています。現段階で情報収集、情報発信に関してシステム化しているのか、ちと疑問ですが、一元管理ということで取り組まれるようなので期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟放送 トキ大空へ 行動追跡と分散飼育

80917b1 80917b2 80917b3 新潟放送(BSN)の夕方のニュース番組。新潟放送と新潟日報の共同企画の「トキ大空へ」の第3段のシリーズの始まり。

本日は「行動追跡と分散飼育」

ソーラー電池のGPS発信機を6羽にランドセルのように背中に背負うように取り付けて行動追跡を行うとのこと(写真左)。

GPSでの追跡は地図上でどのように動いたかは把握することができるけど、そこで何をしていたかは人間の目で確認しなければならず、モニタリングのチームが追跡調査を行うとのことで、その訓練の様子を伝えています(写真中)。

トキ放鳥後のこともにらんで、トキ分散飼育のことも伝えていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イトーヨーカ堂がトキ認証米販売へ

80917a1 2008年9月17日付け新潟日報ネット記事。

■新潟日報:2008年9月17日

イトーヨーカ堂がトキ認証米販売へ

イトーヨーカ堂(東京)は、佐渡市が2008年度から導入した「朱鷺(とき)と暮らす郷(さと)づくり認証制度」の認証米コシヒカリ約1500トンのうち、6割に当たる約900トンを26日から首都圏と県内で順次販売し、利益の一部は「佐渡市トキ保護募金」に寄付されるという。
トキ放鳥のイメージを販促に活かそうという取り組みのようです。

「朱鷺(とき)と暮らす郷(さと)づくり認証制度」では、農薬、化学肥料を5割以上削減し、トキの餌場となる江(深み)の設置や冬季たん水などで栽培された米を認証。

2008年度は約270軒の生産者が約430ヘクタールで栽培する、とのことだからものすごい規模です。

基準通り栽培がされているか、生物の質・量の豊かさ、米の質・量などの評価をしながら、事業展開の広がりを期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

NHK新潟 壁紙「天地人4、5」

80916a1 80916a2 NHK新潟の「ときりん たわらん おたのしみコーナー」で配布している壁紙の新バージョンが公開されています。

前のバージョンを紹介し忘れていたので一緒に。

この壁紙シリーズは季節感のあるトキ、が描かれていてとても好感がもてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

車通行のための草刈り 月布施

80915d1 80915d2 月布施の上柳平は標高350メートルほど。林道の終点から徒歩だと10分。

4輪駆動の軽自動車だと天候がよいとどうにかたどりつくことができます。

路面と脇から伸びてきていた草刈りをしました。

写真2枚は場所は違いますが、草刈り前(左)と草刈り後(右)。今年は雨が少ないのか量、伸びともに例年より少ないような気がします。上柳平の水路もほとんど水が流れていません。

ただし、降雨が短時間に強く降っているようで山道が数か所深くえぐられてしまっています。その応急処置もしてやっと上柳平にたどりついています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残りの草刈り アワビ

80915c1 80915c2 80915c3 先日、大東文化大学の学生たちの協力を得て草処理、草刈りを行いました。

残っていたうちの上部2段の草を刈り倒しを行いました。

だいぶ見晴らしがよくなりましたが、畦際からのトキの飛行曲線を想定するとクロ(法面)の草や木を処理したほうがいいかもしれませんね。

学生たちがきれいにしてくれた沢沿いを歩くと、カエルがピョン、ピョンと跳ね逃げていきます。ガサガサという音の方向を見るとマムシが藪の中に逃げ込むところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキが舞う場所へ、もう一度

80915b1 新潟日報の「自然共生メッセージ」キャンペーンの紙面連載。

9月15日(月)に登場されているのは動物文学「朱鷺のキンちゃん空を飛ぶ」の芥川賞作家。

次回掲載日は記されていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能登のトキものがたり 開催中

80915a1 情報部員33号、石川県の西屋さんから石川県羽咋市での下記イベントの案内が届きました。

他の分散候補地の出雲市、長岡市、分散飼育されている多摩動物園、トキのモニュメントがある上野動物園などでもトキ放鳥にあわせてイベントがあるとひとつのムーブメントになるかもしれませんね。

■石川県羽咋市

・羽咋市市制施行50周年記念特別展

能登のトキものがたり

【期  間】 平成20年9月13日(土)~11月16日(日) 会期中無休
       9:30~17:00(入館は16:30まで)
【場  所】 羽咋市歴史民俗資料館 2階ロビー
【観 覧 料】 一般 200円(20名以上の団体 160円)
       高校生以下 無料
【展示内容】 1.ニッポニアニッポン
        2.能登のトキ
        3.村本義雄氏の活動
        4.次世代へ
【展示解説会】 ◇平成20年 9月13日(土) 13:30~
         ◇平成20年10月19日(日) 13:30~
         ◇平成20年11月 8日(土) 13:30~
           講師 村本義雄氏
【問い合わせ】 石川県羽咋市鶴多町鶴多田38-1
         羽咋市歴史民俗資料館
         TEL 0767-22-5998 / FAX 0767-22-4468

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

トキと歩んだ長い道 開催中

80914c1 80914c2 80914c3 両津郷土博物館でトキ野生放鳥記念の資料展「トキと歩んだ長い道」が開催中です。

資料展会場の入り口には最近新発見された日本産最後のトキ・キンの映像展示(写真中)もあります。キンの映像も興味深いですが、ハゼ利用の稲作などかつての経営状況がうかがえるのと、田んぼ周辺や林が荒れていないのが、とても興味深いです。

多くの資料の展示もいろいろと考えさせられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキのデコイ検証中

80914b1 80914b2 80914b3_2 80914b4 放鳥したトキを餌場に導くために佐渡市が制作したトキのデコイが、先日からトキ交流会館に展示されています(上段)。

トキ野生復帰ステーションの監察塔でモニターを覗くと、動かないトキ(下段左)。アップにしてみるとデコイであることを確認(下段右)。訓練中のトキの反応を見てみたかったのですが、あいにく止まり木にとどまったままで、確認することができませんでした。

トキ・デコイの制作・設置の意図が望ましいかどうかは議論が必要のように感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

準備作業が展開

80914a1 80914a2 80914a3 80914a4 80914a5 客人とトキ放鳥会場へ行くと、集落の方々が会場およびその周辺の草刈りをしていました。

先日は造成中だった現場には砂利が敷かれていました(上段右)。この段から放鳥するのでしょうかね。

トキ野生復帰ステーションへの導入路も草刈が行われていました(下段左)。駐車場が式典会場なので周辺の杉の木の間伐も行われています(下段中)。

放鳥予定地を沢筋にさかのぼっていくと、ビオトープも造成中(下段右)。

式典対応だけでなく、継続的な取り組みとなることを期待しいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

トキ硬貨 デザイン案決定

80913c1

9月12日付け新潟日報1面。

地方自治法60周年記念の硬貨の新潟県のデザイン案が決まったことを伝えています。

■新潟日報:2008年9月12日
トキ記念硬貨のデザイン決定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魅力的でユニークな鳥、トキ

80913b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ切手の壺

80913a1 80913a2_2

NHKの番組「美の壺」のFile101は「切手」。

1981年に発行された「自然公園50年記念」のトキ切手が「世界的なデザインコンテストで3位に輝きました。」と紹介されています(写真左)。

NHK:美の壺

当ブログにおいて、これまでトキ切手の紹介してきていますので、まとめてみました。

■佐渡トキの話題

2006年2月 1日 (水)   世界のトキ切手(写真右)

2007年1月25日 (木)   朱鷺の記念硬貨

2007年2月 6日 (火)   トキ郵便セット 陝西省漢中市B版

2007年3月17日 (土)   20羽のトキ

2007年4月13日 (金)   佐渡のトキ切手 佐渡限定販売

2007年6月10日 (日)   野生放鳥記念切手 中国・寧陝県

2008年9月12日 (金)   佐渡の大空へトキよ舞え!

NHK「美の壺」では、切手の壺、として下記3点を示しています。

壱のツボ 大胆なレイアウトに秘密あり
弐のツボ 小さなキャンバスに彫刻の冴(さえ)あり
参のツボ 限られた色が創る無限の世界

最近、佐渡で発売された切手は写真合成のものばかりで、ツボをはずしているように感じます。

トキが持つイメージということで、トキ切手の壺、というのを考えてみましょうかね。

切手だけではなく、通常はがきにも「トキ」が登場しています。

■佐渡トキの話題:2007年12月 3日 (月)
通常官製はがき トキからスズメへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

大空飛翔へ準備万端

80912c1 9月12日付け新潟日報1面。

トップニュース並列で、トキ放鳥まで2週間になったことをカラー写真で伝えています。

■新潟日報:2008年9月12日:1面(紙面)

・大空飛翔へ準備万端

記事を読むと19日に選考した10羽ほどを捕獲してGPSシステムの装置装着、健康診断などがあるので、重要な準備はまだまだこれからだというのに、誤解を生む見出しをつけるものだ、と思っていたら、ネット記事では適正な見出しとなっています。

■新潟日報:2008年9月12日(ネット)

“候補生"スタンバイ トキの試験放鳥まで2週間

放鳥されるトキもそうですが、トキを受け入れる側のヒトの準備はどういう評価なのか気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐渡の大空へトキよ舞え!

80912b1 佐渡島内の郵便局限定でトキの切手が販売中です。

写真5種類が各2枚のシールタイプのもの。

■郵便局株式会社 信越支社

オリジナルフレーム切手「佐渡の大空へトキよ舞え!」販売

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキの野生復帰を目指して 写真展

80912a1 80912a2 情報部員24号の写真家・大野さんからの情報。

佐渡汽船の新潟フェリーターミナル内にあるミニギャラリーでトキ野生放鳥に向けて写真展が開催中とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

島田ゼミ 交流会

80911b1 80911b2 80911b3 80911b4 大東文化大学・島田ゼミの交流会が滞在している岩首談義所で開催され、参加しました。

岩首の方々も多数参加されていて、地元の食材を利用した料理がいくつも並んでいました。

カニの食べ方を聞き、美味しそうにたべている学生諸君(上左)。

弓道部の女性の弓をいるポーズに魅入る岩首のおじちゃんたち。大東文化大学の弓道部は大学日本一とのこと。

学生たちのアワビでの一生懸命な姿、佐渡での活動に感謝の気持ちで、とっておきの中国の朱鷺酒を飲んでもらいました。

交流会のあとにも反省会。学生諸君の興味深い声が聞けました。旧・岩首小学校の木造体育館での学生たちの会議の風景、なんとなくいい雰囲気。このような利用で地域活性化がもっと展開されることを期待したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島田ゼミ アワビ活動

80911a1 80911a2 80911a3 80911a4 80911a5 80911a6 80911a7 80911a8 80911a9 旧・岩首小学校を活用している岩首談義所。2泊3日で大東文化大学・島田ゼミが展開中で、トキ班グループがアワビのビオトープ作業を行ってくれました。

これまで3、4回ヨシを刈り倒しておいた圃場では、ヨシを集めてもらい焼却処理(上段左、中)。

3つ設置してあるパイプライン周辺の草刈り、取水口の整備。パイプラインの全景が見えるようになり、勢いよく水が出るようになりました(上段右、中段左)。

草刈り機を使っての草刈りも皆初めてのことでしたが、徐々に要領をつかんでいき作業を進めてくれました。

沢筋の灌木、クズで覆われていたブッシュもノコギリ、カマ、草刈り機を駆使して駆除してくれて、すっきりしました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

全戸配布物の準備

80910c1 トキ交流会館を訪ねると、近日中にトキ野生放鳥へ向けての佐渡島内全戸配布物の準備が行われていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ野生放鳥会場 造成中

80910b1 80910b2 80910b3 9月25日にトキが放鳥されます

今年作付を休んでいた田んぼが放鳥会場。今、重機を使っての会場の造成が行われています(写真左、中)。

環境に配慮した土木工事で造成されたビオトープも繁茂していたガマがすべて除去されてすっきりしていました。しかし、生物の多様性、生物量は激減してしまったのではないでしょうか? このビオトープを放鳥したトキの餌場として期待するならば、今の状況には疑問を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畦の草刈り アワビ

80910a1 80910a2 圃場内の作業を進める前に畔の草刈りを引き続き行っています。

ヤマアカガエルが飛び出してきたり、たまり水にはオタマジャクシが気持ちよさ気に泳いでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

トキ放鳥 ポスター

80909c1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コカリナのコンサート

80909b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだゾンビのごとく アワビ

80909a1 80909a2 80909a3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

エコ大紀行 山麓村ツアー 食

80908c2

NHKの下記番組では、先週末からタンザニアのキリマンジャロのことを伝えています。

本日月曜日からは10分番組の「日めくり版」も放送され始めました。

山麓の村を巡るツアーということで、ガイドを務めた方の家での様子。畑はアグロフォレストリーと呼ばれる作付形態で、イモ類、コーヒー豆、バナナ、木々が混在して植わっています。

バナナは生食用、料理用、酒用と3種類あります。

料理用のバナナは緑色で硬く、皮をむくとイモのようです。それを煮たり、焼いたり、揚げたりして食します。番組では、牛肉とバナナとジャガイモなどを煮込んだものが登場していました。バナナを調理するというのは日本人には、!、というイメージですが、食べてみると新鮮味のあるイモ類の感触で、とても美味しいです。

以前この地域でNGO活動をしていたことがあるので懐かしく感じました。

NHK:世界一周! 地球に触れるエコ大紀行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ放鳥 ファイト!一発!

80908b1 80908b2 80908b3 ホームセンターの中にあるドラッグストアーの販促。

スタッフの手作りのトキがリポビタンDを加えています。

リポビタンDのCMと言えば、二人の男性俳優が様々な困難を乗り越えて最後に、「ファイトー!」「イッパーッツ!!」ときめます。ピンチの時の1本、というスーパーマン的な飲料のイメージを構築されています。

さらには、FMラジオでは頑張っている人を応援するというイメージ構築もあるようです。

大正製薬 リポビタンD Sports Nonfiction

大正製薬 リポビタンD STATION

野生復帰するトキも、復活、の象徴ということで、頑張る人、ということでキャラクターとしてはいいかもしれませんね。実際に頑張らねばならないのはヒトですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月25日 トキ放鳥式 要領

80908a1 9月25日(木)のトキ放鳥に関しての要領が発表されています。

記念式典は関係者で行い、トキ放鳥は1500名ほどの観客を想定して行われるとのこと。

■トキ放鳥式  午前10時30分~10時45分

5羽を野生放鳥した兵庫県豊岡市でのコウノトリの放鳥式にくらべると、10羽ほどの放鳥にしてはとても時間が短いと思います。

放鳥場所、観察場所などの「お知らせ」と「お願い」などの詳細は下記にて記されています。

■環境省 報道発表資料-平成20年9月5日-
トキ放鳥記念式典実行委員会の結果概要について(お知らせ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

道普請 2008秋 月布施

80907a1 80907a2 80907a3 80907a4 春と秋の年2回行われている月布施の道普請に参加しました。

午前中は二手に分かれて林道の幹線の道沿いの草刈り。それぞれ3kmほどはあります。

午後は支線の草刈り。集落のこのような努力があって田んぼや林へ行くことができるのです。

減反、高齢化などで工作放棄された田んぼや林は、とても増えています。地図上で道があっても草や木々が生い茂っていて歩けないところもたくさんあります。

トキ野生放鳥のあとには追跡調査をするとのことですが、現状では放置されて荒れた山道を整備しないと追跡調査も難しいように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

「エコ大紀行」 Live キリマンジャロ

80906b1_3 80906b2_2 80906b4  世界中のエコツアーに参加しながら地球を一周し、地球の今を伝えしているNHKの「エコ大紀行」。

今晩は標高1500メートル~2000メートルのキリマンジャロ南麓のテマ村LIVE放送とキリマンジャロ登山の模様。

テマ村は、かつてタンザニアの村落植林をする日本のNGOメンバーとして活動していたことがあります。

テマ村はキリマンジャロの斜面に家々が点在し、畑が広がっています。畑にはイモ類、バナナ、コーヒー、木々が混ざって植わっています。牛、豚、ニワトリなどの家畜も飼われています。

今日の放送では、アグロフォレストリー様子を伝え、キリマンジャロ登山の様子で温暖化の影響で氷河が8割も減少したこと、それが山麓の村にも水不足を引き起こしていること、森林減少で村人が植林を始めていること、などからキリマンジャロの垂直的な生態系でとらえていました。

子どもたちが苗木をもって登場した後、現地NGOの植林指導担当の森林官へのインタビュー(写真右)。NGO活動をしていた時に彼を1か月日本に招へいしたことがあります。日本の里山保全活動の現場を見てもらったり、テマ村の小学校と日本の小学校の作品交流を行いました。

佐渡での活動、中国との交流事業など活動の原点はタンザニアでのNGO活動。

番組ホームページは下記。

NHK 世界一周! 地球に触れるエコ大紀行 

活動に参加していたNGOのホームページは下記。

タンザニア・ポレポレクラブ

タンザニアでの旅の支援をしてくれるのは下記旅行者。

初めてのタンザニア旅行の折からここのスタッフの方々にはお世話になっています。

JATA Tours

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ目線の空撮 野浦

80906c1 80906c2 80906c3 NHK新潟の「トキ舞う空へ」が放送されました。

モーターパラグライダーを利用した超低空からの空撮を得意とする写真家・多胡さん撮影した映像と集落の活動への参加による構成。

トキの飛行曲線に近いだとうと思われる空撮映像には、あらたな発見がいくつかありました。

番組の最後に映し出された映像(写真左)が、かつての野浦での生息地を映しだしています。小山、生山から奥へ行くと月布施。標高300~400メートルには比較的平らな地形が続いています。放棄されて林地化したところもありますが、今も田んぼが残っていて稲作やビオトープの取り組みが行われています。

蛭場(写真中)は、トキの飛行曲線から考えると田んぼからの離陸、着陸としていい感じ。

野浦の生山、川を挟んで月布施のアテビ平の一角(写真右)は、ビオトープのつながりがいい感じ。

課題としては、トキの飛行曲線を考えて、特に離陸時ですが、ビオトープや稲作圃場の周りの木々の伐採が必要です。

それと、各えさ場と位置づける場所のつながりも飛行ルートを想定して整備することも必要。木々の伐採においては休憩、ねぐら、営巣などでトキが止まれるような整備が必要です。

トキの飛行曲線、飛行ルートを想定するとえさ場の整備以上に木々の伐採による森林整備が大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こどもトキ大使報告会 大分

80906a1_2

大分県九重町の子供たちがこの夏に佐渡訪問した成果の発表会を伝える記事。

■西日本新聞:2008年9月7日付け
“トキの里”夢膨らむ 九重町の「こども大使」5人 佐渡訪問の成果を報告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

NHK「エコ大紀行」 キリマンジャロ

80905c1_2 80905c3  世界中のエコツアーに参加しながら地球を一周し、地球の今を伝えしているNHKの「エコ大紀行」。その後半が始まりました。

後半の始まりはアフリカのタンザニア国のキリマンジャロ。

キリマンジャロ登山、環境保護活動をする村のことを伝えるようです。

明日のLIVE放送を前に現地の様子が伝えられましたが、そこには現地NGOメンバーの面々が映し出されていました(写真右)。10年ほど前に数年間、現地NGOを支援する日本のNGOの活動をしていました。日本の里山の活動、現地へのワークキャンプの開催、現地森林官の日本への招へい、小学校の交流などの活動に取り組みました。

明日からの放送で、どのようにキリマンジャロを描くのか楽しみです。

NHK:世界一周! 地球に触れるエコ大紀行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

順化ケージの幼鳥 激突で死亡

80905b1_2 NHK新潟の夜のニュース。

野生復帰ステーションの順化ケージ内で激突してケガをしていた今年生まれの幼鳥が死亡を伝えるニュース。

その他、いっせいに各社報道があります。

■読売新聞:2008年9月5日

TVクルーに驚き負傷したトキ幼鳥、試験放鳥直前に死ぬ

■時事通信:2008年9月5日

野生復帰ケージのトキ幼鳥死ぬ=新潟

■新潟日報:2008年9月5日

トキの幼鳥1羽死ぬ、佐渡

人に慣らす訓練は必要で、かつ、佐渡市民への啓発活動としても有意義だと思います。

が、その結果2羽がケガをしたということから何を教訓にするかが大切。

いくつかあげると、

(1)人に驚いてパニックをおこす個体もある。その対策をとる必要あり。

(2)モノに激突するとケガだけでなく、死亡する恐れがある。激突の恐れがあるものへの対策が必要。たとえば、ガードレール、電線、車など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野生生物保護の発表会

80905a1 80905a2 NHK新潟の夕方のニュース。

新潟県野生動物保護実績発表会で行谷小学校が最優秀に選ばれたとのこと。

子どもたちはトキのお面を被り、歌を唄う姿が伝えられていました。

年末に下記団体主催の全国大会にも出場するとのこと。

(財)日本鳥類保護連盟・野生生物保護実績発表大会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

中国国鳥論争 丹頂鶴、朱鷺・・・う~ん

80904c1_2 80904c3_2

中国の国鳥選考にあたってインターネット投票が行われた結果、圧倒的な人気だったのが丹頂鶴。

しかし、学名が問題になり、改めてやり直すと、得票率は半減。

得票第2位となったのがトキ。

でも、トキの学名はニッポニア・ニッポンで2つも日本が入っているので、トキが国鳥に選ばれるのはもっと難しいようです。

■中国情報局ニュース(日本語):2008年9月4日
タンチョウの中国国鳥化に異議、「学名が“日本鶴”!」

■網易新聞:2008年9月4日

国家林業局が国鳥に丹頂鶴を提案で大論争

選考投票を行っているサイトもあります。

■新浪新聞中心:2008年9月4日

丹頂鶴のラテン語では日本鶴 国鳥論争

下記でも投票を行っていますが朱鷺が選択項目にありません。

■捜狐新聞:2008年9月4日

国鳥候補の丹頂鶴論争 ラテン語では日本鶴

大論争中のようですが、丹頂鶴が有望だと展開している記事もあります。

■捜狐文化頻道:2008年9月4日

丹頂鶴の国鳥化有望

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国トキ飼育施設

80904b1

韓中首脳会談においてトキ寄贈の了解覚書が8月25日締結。10月28日のラムサール条約締約国会議の前に中国から1ペアが寄贈されることになり、その受け入れ施設の完成予想図が下記で紹介されています。

順化ケージのイメージ写真は、中国・寧陝県の順化センターのケージが記されています。

■dada.idomin.com:2008年8月26日

タオック タオック、韓国にトキは蘇るか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国・寧陝県のトキ生息地近況

80904a1

中国・寧陝県のトキ順化センター周辺の8月下旬の様子がたくさんの写真で紹介されています。

吉祥鳥 秦嶺山脈 風光紀行 その3(ブログ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

トキめき新潟国体 公式ポスター発表

80903d1 80903d2 9月3日のNHK新潟の夕方のニュース。

本日、2009年トキめき新潟国体の公式ポスターが発表されたというニュース。

左写真の右から冬季大会、本大会、障害者スポーツ大会の各ポスター。色分けで各大会が表わされていて、共通点として各ポスターには「その感動、新潟で。」と、競技者の背中にはトキの翼が描かれています。

新潟での開催の特色をトキをモチーフに競技者の躍動ある期待が込められています。トキ野生放鳥、トキとの共生の啓発活動にもつながるようなポスターです。

トキ野生放鳥の公式ポスターも欲しいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朱鷺アートメッセージ展

80903c1 2009年9月3日付け新潟日報・県内総合面。

新潟日報が紙面で展開している「自然環境メッセージ」に連動しているようです。

■新潟日報:2008年9月3日

・トキ試験放鳥記念 朱鷺アートメッセージ展

新潟日報社、新潟県、佐渡市、日本グラフィックデザイナー協会の共催でトキや環境をテーマに制作したポスター約50点を下記日程・会場で公開展示されるとのこと。

●朱鷺メッセ31階展望室 9月27日~10月3日

●佐渡市・両津郷土博物館 9月27日~10月3日

●東京・日本プレスセンター1階ホール 10月6日~17日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行谷小に県環境賞

80903b1 80903b2 2008年9月3日付け新潟日報・佐渡版に行谷小学校が新潟県の環境賞を受賞した記事が掲載されています(右写真)。

「トキとの共生」をテーマにした多様な活動が評価されたとのこと。

新潟県・新潟県環境賞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK新潟「トキ舞う空へ」 9月5日放送

80903a1_3 80903a2_3 80903a3_5 この夏、モーターパラグライダーによるエアフォトグラファーの多胡さんがトキの視線でトキ野生放鳥予定の小佐渡東部を空撮しました

その模様が新潟ローカルでNHK新潟で下記番組で放送されるとのこと。

■NHK新潟:金よう夜 きらっと新潟

・9月5日(金) 「トキ舞う空へ ~天空の旅人の記録~(仮)」

総合テレビ 金曜日 午後7:30~7:55
再放送 (翌)火曜日 午前11:05~11:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

トキの模型

80902b1 80902b3_3

中国の青少年科学技術に関する大会開催を伝えるニュースで中国・寧陝県の寧陝中学の子供たちと彼らが制作したトキ模型が記事写真を飾っています(左写真)。

■騰訊網:2008年9月1日

青少年科技大会 科学を熱愛する心を育てる

下記ページに制作の様子を伝える写真が掲載されています。

中国・寧陝中学校

(1)トキ模型制作 その1

(2)トキ模型制作 その2

(3)トキ模型制作 その3

(4)トキ模型制作 その4

佐渡市では、野生放鳥したトキを餌場へ導くためにデコイ設置し、また啓発活動としてトキ・カービング・コンクールも開催予定とのこと。

小中学生も参加できるような自由な発想のトキ模型のコンクールがあってもいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放鳥成功を祈りたい

80902a1 9月2日付け新潟日報・佐渡版の記事。「市民リレーメッセージ 討論 闘論 島論」コーナー。

■新潟日報・佐渡版 2008年9月2日

・箱入りトキ 放鳥成功を祈りたい

帰省した親子の貝の食べ方を引き合いに出して、放鳥されるトキの採餌、天敵回避のことなどを危惧されています。そして、放鳥されたトキの生存率がかなり高いことを期待されているように感じられます。

兵庫県豊岡市で行われているコウノトリの野生放鳥の実績は1年後の生存率はかなり高い結果が出ているようです。

しかし、昨年5月末に世界で初めて絶滅した地域でトキ26羽の野生放鳥を行った中国・寧陝県の今年の生存率は下記のようになっています。

野生下生存 12羽

死亡確認   5羽

行方不明   3羽

不適合回収 6羽

野生下生存している2羽はペアになり繁殖にも成功してヒナ2羽を巣立ちさせています。このペアはケージ内での繁殖経験があったとのことで、野生下においての繁殖はケージ内での繁殖経験も重要な要素になるようです。

中国においては、トキ野生放鳥の成功の判断は今年巣立ったヒナたちが繁殖した時、との認識されているようです。

中国の1年後の生存率を参考にすると、10羽放鳥で1年後に4羽くらい。雌雄の割合、繁殖経験の有無を考慮すると、4羽では少なすぎますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

トキのえさ場確保大事

80901c1 80901c2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放鳥に寄せる子どもたちの思い

80901b1 80901b2 80901b3 80901b4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨシの壁 ヨシのじゅうたん アワビ

80901a1 80901a2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »