« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

放鳥トキの写真がいっぱい

81031b1 野生復帰ステーションのHPには、現在毎日更新されている放鳥トキ情報の中にモニタリング専門家チームの方々が撮影したトキの写真がたくさん掲載されています。

採餌中、飛行中、木に止まっているなど様々なトキの様子が大きな姿の写真で掲載されています。

尚、この記事中の画像は、ダウンロードしてフォルダの中を表示したもので、このような形で掲載されているわけではありません。

■野生復帰ステーション:放鳥トキ情報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラムサール会議 韓国で開催中

81031a1 81031a2

韓国・チャンウォン市で28日~11月4日の予定でラムサール条約第10回締約国会議(COP10)が開催中。

第10回ラムサール条約締約国会議

日本からも登録湿地のある自治体、NPOの方々、鳥関係の取組をしている自治体、NPOの方々が参加されているようです。

コウノトリの豊岡市の市長がネット記事に登場しています。

■ohmynews:2008年10月30日

日本のコウノトリ市長 韓国のトキ関係者と会談

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

河原沿いの田んぼ 生山

81030b1 81030b2_2 81030b3 81030b4 81030b5 81030b6 野浦・生山のビオトープ管理。小瀬川沿いの放棄田を復元したので石がところどころあります。加えて、川から直接導水している圃場は土砂・石などが流れ込んでしまっています。

周辺の木々は紅葉、落葉が始まっているものもあります。衣服・軍手に植物の一部がくっつくものもあちこちに散在しています。

草刈りをしていると時折カエルが飛び出してきます。

草刈り機の揺れが激しくなって切れ味が悪くなったのを感じていましたが、一休みした時に刃を点検すると見事に半分ほどがきれいにチップが無くなっていました。

11月上旬に重機を入れてビオトープの補修し、導水の見直しを行う予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

並走、そしてすれ違うトキ

81030a1 81030a2 81030a3 81030a4 半月ほど前に撮影した放鳥トキ。

車で別の場所へ向かっている途中、木に止まっていたのでしょうか、トキが並走する形で上空5~6メートルのところを飛び始め、追いこしていったと思ったら旋回して頭上を通り過ぎていきました。

この数日前にはこの場所で、田んぼから飛び立ったトキを15メートルほどの距離で真横から観ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

放鳥トキの識別情報

81029b1 野生復帰ステーションのホームページ内には、放鳥されたトキを識別するための情報が掲載されています。

足環は小さくしかも泥がついてしまうと肉眼では確認不可能。近くの木の枝に止まっているなどの条件のよい時に双眼鏡などで確認が可能。

アニマル・カラーは青と緑の区別が難しい。黄色やオレンジはトキの羽の朱鷺色に沈んでしまっています。

それと、各個体の配色も問題。似たような組み合わせがあります。

馴染みとなった個体番号11と、これまで行方不明とされてきた個体番号3は、アニマル・カラーは同じ。確認しずらい足環は違うものの、発信機を背負っているかいないかが区別のポイント。個体番号10とはアニマル・カラーの1か所が青か緑の違い。この3羽の区別はなかなか難しい。

新潟・胎内市での目撃情報では、羽に緑色が見えた、とのこと。緑色が付けられているのは6羽。目撃された頃に佐渡で確認されたものもありますから、消去法である程度個体をしぼることができます。

■野生復帰ステーション:放鳥トキの識別情報

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2羽が一緒に採餌初確認

81029a1 29日朝のNHK新潟のニュース。

昨日の朝、2羽が一緒になって採餌しているところが初めて確認された、とのこと。

【訂正】当初別タイトルを付けていましたが、事実誤認がありましたのでタイトルおよび一部記事変更をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

海を渡った!? 新潟・胎内市で目撃情報

81028c1_2 81028c2 新潟県胎内市で27日朝に放鳥トキの特徴を持った鳥の目撃情報があったとのこと。

関係者らは行方不明になっていた個体ではないかとのこと。

佐渡でも予想外の広範囲に出没して市民・関係者は感激していますが、まさか海を渡るとは。

まだ断定はできていないようですが、トキ・モニタリング活動はさらに範囲が広がる模様。

■毎日新聞:2008年10月28日

トキ:新潟・胎内市で目撃情報 佐渡から70キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湛水展開中 野浦

81028b1 81028b2 81028b3 81028b4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草刈り アテビ平

81028a1 81028a2 中国からの招へい事業、トキ・モニタリングなどでこの1か月はまったくビオトープ管理ができませんでした。

もう草の成長は止まっているので1か月前より丈は変わっていません。草も枯れ始めていて勢いがありません。かえって草刈り機にまとわりついて刈りづらいこともありました。

大雨で大きな石も動かされ川の流れが変わっています。パイプラインの取水口は浮き上がってしまっていて導水ができなくなっていて補修が必要。

生山(野浦側)の川からの取水は土石が流れ込み浚渫が必要。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

絶滅前を再現

81027a1 81027a2 佐渡では放鳥トキが早く群れを作ることが強く望まれています。

そんな中、情報部員から豊岡市のコウノトリが群れた様子の情報が寄せられました。

------------

19日午後2時ごろ、豊岡市の円山川に15羽のコウノトリが集結しました。絶滅前の約40年前の光景(コウノトリ12羽と牛、農家の女性が入ったポスター)がよみがえったと、観衆は大喜びでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

教育番組表彰

81026c1 81026c2 81026c3

中国のネット記事。

中国教育テレビ協会の番組コンテストの模様を伝えています。

「朱鷺杯」といい、教育番組と論文の部門の受賞者たちはトキのトロフィーを手にしています。『トキよ舞え』というような題の劇も演じられたとのこと。

■長江網:2008年10月24日
中国教育テレビ協会2008開幕

日本では、10月22日~28日の教育に関する番組・制作物のコンテストが開催中。

■NHK:日本賞

同時期に開催とはおもしろいです。

中国では「朱鷺杯」というのがとても興味深いです。中国でもトキは「知恵の神様」として活用されているのでしょうかね。

佐渡発で「朱鷺杯」を冠にしたコンテストがあってもいいですね。

世の中で共通の課題・テーマをトキを象徴に制作物、活動を表彰するというのは大きな意義がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

展望台づくりの株切り

81026b1 81026b2 テレビ局主催のトキプロジェクトの方々とともに、月布施の上柳平の展望台の整地作業。

今春、トキが止まり木や営巣すること、ビオトープからの飛行曲線などを考慮して森林整備を行いました。尾根上の場所は上柳平のビオトープ、片野尾の田んぼ、海が見渡せる場所となりました。作業休憩場所、観察場所などとして利用できるように、残っていたヤブツバキの根株などをノコギリで伐採処理を行いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読売新聞 10月26日スキャナー欄

81026a1 10月26日付け読売新聞・全国版のスキャナー欄にトキ放鳥1か月に関する記事。

新潟支局と豊岡支局の記者の連携で記事が構成されており、

追跡調査、群れの形成、冬の餌場などの課題について論を展開しています。

トキとコウノトリの比較表もとても興味深いです。

■読売新聞:2008年10月26日(スキャナー欄)

・トキ 越冬の試練

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

講談社学術文庫のシンボルマーク

81025c1 81025c2

絶版になっているようですが、講談社学術文庫に下記書籍があります。

『朱鷺』

【著者】宮村堅弥

【版元】講談社(1987年)、286p

講談社学術文庫のシンボルマークはトキ。

ブックカバーには、「講談社学術文庫のシンボルマークは、古代エジプトにおいて、知恵の象徴とされていたトキをデザインしたものです。」と記載されています。

古代エジプトの学問の神様はトキ。種類的にはクロトキ。

少し前に大ヒットした書籍『夢をかなえるゾウ』に登場する神様は、知恵の神様であるトト神をもひっかけているのかな。

トキ放鳥翌日の読売新聞・編集手帳には、講談社学術文庫のシンボルマークのトキを引き合いに出して、人間の知恵のことから論を展開しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ放鳥1か月 

81025b1 81025b2 9月25日のトキ野生放鳥から1か月。10月25日付けの新聞社の紙面は特集を組んでいます。

■新潟日報:2008年10月25日

・1面:想像以上の飛行力

・2、3面:GPS成果、個体プロフィールなど

・31面:興奮「見たいっちゃ」

※1面関連は下記ネット記事版にも掲載されています。

トキ便り-2008年分:新潟日報社
2008年10月25日 想像以上の飛行、放鳥1カ月

■朝日新聞:2008年10月25日付け記事が下記にて掲載

asahi.com:トキ放鳥 きょう1カ月-マイタウン新潟

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキはばたく森

81025a1 81025a2_2 朝4時半にテレビ局クルー来訪。一緒にトキ・モニタリング。

数日前に目撃情報のあった水津集落で数人の方にお話を伺う。

小佐渡林道2号線沿いに居るのではないかということで行ってみました。

トキは目撃できませんでしたが、東京のNPO、新潟県、片野尾集落の協働による森づくりの植樹会の準備が行われていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

園遊会

81024c1 81024c2  夕方の新潟テレビ21のニュース。

23日に行われた園遊会に長年のトキ保護活動の貢献が認められ、佐渡トキ保護会顧問の佐藤春雄さんがご夫婦で招かれ、天皇陛下からねぎらいのお言葉を頂戴。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ放鳥1か月 テレビ報道

81024b1 10月25日がトキ放鳥から1か月ですが、25日は土曜日なので番組の構成上1日早くほとんどの局が特集を放映していました。

これまでのモニタリングの経過、市民の発見状況、今後の課題などがまとめられていたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK「ドキュメント にっぽんの現場」 10月25日放送

81024a1トキ放鳥から1か月を前に、メディアの方々は精力的に取材をされています。

テレビ関係では地域枠の関係上、25日ではなく24日夕方のニュース番組での特集が考えられているようです。

25日朝のNHK・おはよう日本の枠内でも取り上げられる可能性があるかもしれません。

さて、トキ放鳥式典会場となった集落を追った番組が放送されるとのこと。

ドキュメント にっぽんの現場「トキ 人里に帰る ~佐渡・野生復帰計画と村人たち~」

・2008年10月25日(土)22:25~22:54(29分間) NHK総合
・(再放送) 2008年10月31日(金)03:40~04:09 ※木曜深夜

放鳥式典会場となった集落を追った番組。
「トキの再来を喜び合う一方につきまとう将来への不安。「自然との共生」というテーマを託された村にカメラを据え、模索する人々の日々をみつめる。」(番組HPより抜粋)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

NHK新潟 壁紙 紅葉バージョン

81023a1 NHK新潟のキャラクターの新バージョンの壁紙が配布されています。

■NHK新潟・ときりん たわらん お楽しみコーナー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

黒坂黒太郎コカリナ・コンサート

81022b1 81022b2 9月から佐渡島内で公演活動をされてきたコカリナ奏者の黒坂黒太郎さんのコンサート。一般公演最後の会場である前浜小学校でのコンサートに行ってきました。

民俗学者の故・宮本常一さんを師と仰ぎ活動を展開されているということでとても興味がありました。

コンサート、とても感動しました。よかったです。共演された奥様の歌声も素晴らしかったです。

子どもたちから寄せられたトキの詩をもとにした歌もあり、また校歌にトキのことを盛り込んでいる前浜小学校の校歌も披露され、トキのことを考えることもできるものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私は誰でしょう?

81022a1 81022a2 81022a3 81022a4 81022a5 81022a6 81022a7 81022a8 81022a9 先日観察した放鳥トキ。止まっていた枯れ木上での動作。

飛びます!(上段)

やっぱ、やめます(中段)

でも、美しい翼は見せてあげます。おっとと・・・(下段)。

さて、私は誰でしょう?

と言っているようです。羽の表裏に付けられたアニマル・カラー、足環、発信機などから個体識別を行います。画質は落してありますが、かなりの望遠です。この画像からだけで個体識別ができるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

トキ飛び立ちの瞬間

81021a1 81021a2 81021a3 81021a4 81021a5 81021a6 81021a7 81021a8 81021a9 放鳥トキが田んぼでの採餌を終え、飛び立った時の一連の動きを追った写真です。

写真の順番は左上から右へ、下段も同様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

共存可能な環境をめざして

81021b1 トキ放鳥1か月を前にメディアの方々の取材・報道が積極的に行われています。

下記記事ではトキ放鳥の意義を記して、モニタリング状況を図解しています。

■msn産経ニュース:2008年10月20日

【科学】トキの試験放鳥 自然生態系の再生狙う 共存可能な環境をめざして

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不明トキ探して、きょうから集中追跡

81021c1 トキ放鳥から1か月を前に、環境省などは21日、22日に集中追跡調査を実施するとの記事。目的は不明トキ2羽の探索とこれまで確認されたものの生態調査とのこと。

通常の4~5倍の人員での実施で、市民からの情報提供も呼びかけています。

■読売新聞・新潟版:2008年10月21日

不明のトキ2羽探して、きょうから集中追跡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

韓国へのトキ移送の様子

81020b1 81020b2 中国から韓国へ貸与されたトキ2羽は、韓国国内で歓迎・期待がされているようです。

下記ニュースでは、移送中の飛行機内の様子の写真が掲載されています。

■ohmaynews.com:2008年10月17日

とき, ウポ空に希望羽広げる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枯れ木はトキの賑わい

81020a1_3 81020a2_2 81020a3_2 81020a4_2 81020a5_2 81020a6 これまでに撮影した枯れ木に止まるトキの様子。

上段は枯れ木に止まっている様子。下段はその枯れ木から飛び立つ様子。

枯れ木に止まるというのは、枝に止まりやすいからでしょうかね? そして、飛び出しやすいからでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

放鳥のトキ、初めて2羽で飛行

81019c1 先日、佐渡市民が撮影した放鳥トキが2羽で飛行している映像を紹介している全国ニュース。

ニュース映像を観ることができます。

■NHK・ニュース:2008年10月19日

放鳥のトキ、初めて2羽で飛行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国賓トキ、韓国に到着

81019b1 81019b2 中国から韓国へ貸与されたトキ2羽が韓国に到着したとのこと。

■idomin.com:2008年10月18日

とき, ウポ沼へ来た

■中央日報・日本語版:2008年10月19日

【写真】「国賓」トキ、金海空港に到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

トキと仲良く暮らしたい

81018c1 81018c2 81018c3 NHK週刊こどもニュースの10月18日放送では、「トキと仲良く暮らしたい」というコーナーがありました。

トキ模型、これまでに放送されたトキ関連の番組、ニュースなどがたくさん登場し、さらには番組レギュラーのこどもが佐渡でビオトープづくりなども体験。トキと仲良くするための図解もあり、とても興味深く好感のもてる内容でした。

NHK週刊こどもニュース

なるほど!うなずキッズ2008

トキと仲良く暮らしたい(2008年10月18日放送)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキとアオサギ

81018b1_2 81018b2_2 81018b3_2 放鳥トキが採餌をしている田んぼへアオサギが飛んできました。

アオサギが着地ポーズをきめたところで、トキが飛び立ってしまいました。

10月2日付けの新潟日報の一面にもトキとアオサギが一緒の写真が掲載されています。

■佐渡トキの話題:行動範囲の把握 展開中

新潟日報の掲載写真と同じモノ同士だとすると、トキの追っかけのアオサギさんなんでしょうかね。

先日は、田んぼでトキが採餌をしていると、田んぼ周辺の木や畦にカラスが5,6羽集結し、カァカァ鳴き叫んだ後、そのうちの1羽がトキを追いたて、飛び立たせました。ちょっと追いかけられた後にヒラリと旋回して追いかけてきたカラスをかわした後、再び田んぼに舞い降りました。カラスは周辺にいた連中も含め飛び去っていきました。トキは何事もなかったように再び採餌を始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国へ貸与トキ 西安出発

81018a1 81018a2 81018a3

10月17日に中国・西安で開催された中国から韓国への2羽のトキの引渡式のニュース。

■新華網:2008年10月18日

中国から韓国への貸与トキの引渡式

■新浪網ニュース:2008年10月18日

韓国へ贈る2羽トキ 昨日飛行機に搭乗

韓国のメディアでも伝えられています。

■hankooki.com:2008年10月18日

'タオックタオック' 哀れっぽいトキの鳴き声を思い出しますか?
 国内で 30年前に絶滅… 特別急送でウポ沼へ

■Daum tv:2008年10月18日
トキ夫婦ウポ沼に巣を作って - 動画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

放鳥トキの採餌

81017b1 81017b2 81017b3 81017b4 81017b5 81017b6 先日、放鳥トキが田んぼで採餌していました。

耕された湿田の泥の中にクチバシを突っ込んで、時にはかなり深くクチバシを差し込んで餌を探しています(上段左)。

この田んぼはドジョウがたくさんいたようですが、泥がたくさんついている時は、水で洗ってから食べているようにも見えました。

ドジョウを捕まえるとそのまま一気に飲みこむこともありますが、多くはドジョウをクチバシを何度かパクパクしてドジョウを移動させ、丸のみで飲み込んでいきます。

一連の動きは早い動きで肉眼ではよくわかりません。ビデオ映像のコマ送りキャプチャー写真をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキの羽毛?

81017a1 81017a2 田んぼの畦に落ちていました。まめに羽づくろいをしているので風切り羽よりも落ちていてもよさそうですが、すぐに風に吹き飛ばされてしまいそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

日大・博物館がトキ企画展

81016b1 ■JanJanニュース:2008年10月15日

トキの試験放鳥にあわせ日大・博物館が企画展

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狛トキと巫女トキ

81016a1_2 81016a2  最近、トキ神社の俗称がある野浦大神宮。

16日は秋の例大祭。先日は御神木のケヤキの木に放鳥トキが止まったそうです。

狛トキ(阿トキ、吽トキの2羽います:写真左)と巫女トキ(写真右)たちが例大祭への放鳥トキの来訪を待ち望んでいましたが、今日は現れませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

中国のトキ、輸送チャーター機で韓国へ

81015a1 81015a2 ■中央日報・日本語版

中国のトキ、輸送チャーター機で韓国へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

1時間ほどで一旦畦へ

81014a1 邪魔が入らないと1時間ほどで畦に上がって、糞をして畦上をつついて陸生昆虫をついばんでいます。そして、再び採餌をはじめることもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジブジブ田さがし

81014b1 81014b2 81014b3 81014b4 81014b5 81014b6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

ジブジブした田んぼがお好き?

81013a1 ヤマ付きの棚田。山側がジブジブと湿っています。全面的に水面となっているわけではなく、ところどころに小さな水たまりがあり、かつ、足がもぐらない程度でトキにとっては歩きやすく餌捕りができるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

サンデー・アイビス

81012b1 81012b2 81012b3 野浦には昨日までに2度トキが飛来したのが確認されています。

それ以外にも目撃情報はあるのですが、日曜日は多くの人に目撃されていることで、日曜日になると来ると信じられています。

やはり、やってきました。それも9月28日に最初に舞い降りた田んぼに再び。左の写真で見るからに湿っている田んぼ。小学校からはよく見える田んぼですが、今日も子どもたちはいません。残念!

軽トラックがやってきたので、すぐに飛び立ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モニタリング・スタイル

81012a1 自家用車の箱バンの後部を荷台にして、三脚を立てビデオ撮影で記録しています。

パチカメですと機材が大きく、しかも高額になってしまいます。さらには、動く鳥を撮影するのにはかなりのテクニックが必要。

以上のことから、中国トキ視察交流当初からビデオ・カメラに2倍のテレコンバータを付けて撮影を行っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

雨の中のモニタリング

81011a1 雨模様だったのでトキは現れないのでは、との思いもありましたがモニタリング。トキは現れました、元気よく餌を捕っていました。一時雨がかなり激しく降りましたが、松の木に止まって雨をやりすごしていて、あがると再び餌を捕り始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

トキの足跡

81010c1 81010c2 トキが舞い降りた田んぼ。トキは湿田で常にジブジブ(水が染み出してきてぬかっている意)しているところが好きなようです。

クチバシをつっこんで口先のセンサーで動くものを探しあてるのには、このくらいの柔らかさでないと具合が悪いのでしょう。探しあてた泥だらけのドジョウなどは水で洗って食べていたりもします。

トキが来たかどうかは、足跡が記録してくれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BBC地球伝説

81010b1 81010b2

今晩下記番組を観ました。

ケニアで人間に保護された幼いチーターの野生への帰還をめざした取り組みを追っています。

野生への帰還を試験的行ったところ他のチーター達に襲われ瀕死の重傷。その後の野生への帰還も紆余曲折。プロジェクト・リーダーの葛藤も伝わってきます。

トキ野生放鳥に通じているようで、この番組にとても親しみを感じました。主人公のチーターの名前が、トッキー、というが最大の理由。

■BS朝日: BBC地球伝説

毎週 月曜~金曜 夜8:00~8:55

ワイルド・ネイチャー動物たちの生態に迫る! 2
野生への帰還 チーター成長の記録

このホームページの中には、アニマル・カメラ、などという興味深いシリーズもあるようです。トキに小型カメラを背負わせることができるならば、とても興味深い映像が映し出してくれるでしょう。

ガリバー旅行記ならぬ、トキ旅行記という冒険モノの作品ができるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガリバー・トキ

81010a1_2  情報部員24号の写真家・大野さんからの情報。

------------

トキ野生放鳥の翌日の9月26日朝。カラスにロープで固定されているトキを目撃、撮影しました(笑)

------------

新穂ダムに以前から設置されているトキの巨大モニュメントを撮影したとのことですが、真っ先に放鳥されたトキが飛んで行ったようですから、デコイの役目を果たしているのかもしれませんね。

ついでですが、中国・漢中駅前のトキ・モニュメントも結構大きいです。

それにしても、ガリバー・トキが現れて、足のひと蹴りで田んぼを耕し、羽をバタつかせると雑草が飛び散ったり、過密になっている林の木が飛んでいっちゃう、などといったことを次から次にやってくれないかしら。ガリバー・トキが欲しい!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

2001年8月6日

81009c181009c2_3 昨日トキの採餌の状況を撮影した場所の7年前の写真。

湿田で丁寧に稲作が作られ続けています。 1981年に全鳥捕獲される以前も、時折トキが飛来していたとのこと。

9月25日に放鳥されたトキのうち、前浜地区で確認されている個体【11】は、かなり広域に飛翔しているようですが、出現した場所をつないでいくと、谷筋を飛行しているように思います。かつて野生下の飛行ルートにもあてはまるような感じでもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケガしたトキを村人が発見・報告 中国・西郷県

81009b1中国・陝西省の野生トキが生息している西郷県の村でケガをしたトキ幼鳥を村人が発見し、その後洋県のトキ救護飼養センターに収容されたというニュース。

佐渡でも今後ありうることかもしれませんね。

■西部網: 2008年10月8日

ケガしたトキ 村人の愛により回復中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

両津湾側にも目撃情報

81009a1 81009a2 野生復帰ステーションの情報によると小佐渡東部の両津湾に面した地区でもトキらしい飛翔情報があったとのこと。カエル先生からも「注目している地区を飛翔した!」と歓喜の電話が入りました。

ビオトープづくりをしている羽二生、椎泊の谷平上部へ出掛けました。

羽二生のビオトープは仲間が何度かトラクターで耕運をしてくれたお陰で生き物の生息場所としてはよい環境で、トキが採餌をするのにも支障がないような状況になっています。ただし、春からの水不足が響いていて、水周りが悪いところもあります。

谷平のほうは草刈りなどの対処が必要な状況。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

コンビニエンス・ストアの入り口貼紙

81008b1 コンビニエンス・ストアの入り口にトキ目撃情報提供に関するお願いのお貼紙がされています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モニタリング 採餌

81008a1 81008a2 81008a3 81008a4 81008a5 数日前に集落の方から寄せられた目撃情報の場所へ出掛け待機しているとトキ1羽が現れました。

しきりに耕された土や畦の草をつついていて餌の昆虫やドジョウを食べていました。

飛び立った後に田んぼの状況を観察。田んぼ横には杉などの林があり、土側溝もあり、山際側は水が染み出しているようでジブジブしています(下段左)。

トキの糞と思われるものもいくつかありました。虫の形がはっきりと残っているようなものもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

有機農業圃場へもトキ

81007a1 この春まで有機栽培で稲作をしていて現在ビオトープとなっている田んぼにもトキがやってきたという情報があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

トキ韓国へ 今月17日頃

81006a1 情報部員4号の有田さんと、20号の松田さんからの情報。

-------有田さん

韓国では10月中旬(18日着?)でいよいよ、陝西省からトキがやってくるようです。

http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=12&articleid=2008093011251491201&newssetid=471

http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=12&articleid=2008100103103171034&newssetid=470

http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=12&articleid=2008100106121728810&newssetid=82

以下2つは動画ですが、ウポ沼でトキの復活を願って活動してきている人のインタビューと、トキのための募金を目的としたコンサートの様子

http://tvpot.daum.net/clip/ClipView.do?clipid=9459137

http://tvpot.daum.net/clip/ClipView.do?clipid=9371468

日本で出版されている子供向けのトキの本が、韓国語に翻訳されて発売されています

http://www.11st.co.kr/product/SellerProductDetail.tmall?method=getSellerProductDetail&prdNo=2404243

-------松田さん

韓国のトキですが、韓国紙の報道では17か18日に韓国に持ち込まれるようです。飼育施設のある慶昌南道の知事と郡守(郡の行政の長)らが洋県に行ってトキを受け取り、持ち帰るようです。当方では未確認ながら、そのような情報がありました。いよいよ韓国でも飼育下ながらトキ保護が始まるようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

県道一周線脇にトキ

81005a1 81005a2 81005a3 81005a4 前日の片野尾での目撃情報をもとにトキねぐらを期待している場所で待ち伏せ。が、空振り。

林道を下っていると山作業に向かう車とすれ違う。昨日の夕方、1羽のトキが棚田から下に向けての飛び立ったのを目撃したとのこと。

林道を降り切って県道にでると大きな仕草でおいで、おいでをしているご夫婦。近づくと「トキだっちゃ!」と。指し示すほうを見ると精米所前の地面の上にトキ。記録用のビデオを構えた瞬間に飛び立つ(上左)。電線を前に足を前に振り出して器用にバランスをとってよける(上右)。個体識別のためのアニマルカラーも画像でも確認できますが、青と緑の区別が微妙です(下左)。背中には発信機を背負っているのがはっきりとわかります(下右)。

トキが居た場所は後ろは木々や竹が生い茂っていて県道側にしか開けていません。場所的にはとても危険のように感じますが、トキの森公園の飼育ゲージの環境に似ているようにも思えます。親しみがあったのでしょうかね。

7時30分頃に2つ隣の集落でトキが飛翔する目撃情報があるので、たぶんこのトキが目撃されたものと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

目撃できず 餌場に飛来気配なし

81004a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

えこ箸

81003a2_2 81003a3_2 81003a4_2 81003a1_2


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

行動範囲の把握 展開中

81002a1 81002a2 新潟日報10月2日付けの1面と社会面に放鳥トキの記事。

一面には放鳥トキとアオサギが一緒に写真に収まっています。

■新潟日報:2008年10月2日

行動範囲 把握進む 放鳥1週間 餌場の確保が課題

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

トキの飛行機 最後のフライト

81001a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »