« 新潟市へ南下 個体番号3 | トップページ | 記念貨幣トキ図柄発表 財務省 »

2008年12月 5日 (金)

韓国トキ後日談

81205b2 情報部員4号の有田さんから韓国トキに関する情報が寄せられました。

------------以下、有田さん

韓国の新聞に、ウポ沼でのトキ復元事業に対する批判生地が載りました。

韓国語原文
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2008/12/03/2008120301750.html

日本語版
http://www.chosunonline.com/article/20081204000052

もともと半島にはトキは渡り鳥として渡来するのみで繁殖はしていなかった、なのになぜ
トキを導入するのか、という、最もな指摘です。日本には恐らく、渡りをするトキと留鳥のトキと2グループあったのでしょうが、半島のトキは沿海州や中国東北部で繁殖し、冬に南下してくるものだったと言われています。

日本でも、一旦野生絶滅したトキを、多額の資金や対中外交面での「借り」を作ってまで
導入して国益にかなうのかという批判も一部あると聞いています。しかしながら、佐渡、能登双方での昔からのトキ保護の世論やマスコミの後押しもあり、野生復帰が始まった今では日本国民全般のトキに対する視線は好意的だと思います。一方韓国ではまだ関心も低いようで、一部の団体が熱心に活動を始めたところに政府が乗った形になっているのはたぶん事実なのでしょう。

|

« 新潟市へ南下 個体番号3 | トップページ | 記念貨幣トキ図柄発表 財務省 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国トキ後日談:

« 新潟市へ南下 個体番号3 | トップページ | 記念貨幣トキ図柄発表 財務省 »