« 風に流されるトキ その1 | トップページ | なぜ、多摩にトキが? »

2008年12月11日 (木)

風に流されるトキ その2

81211e1 81211e2 81211e3 81211e4 81211e5 81211e6 81211e7 81211e8 81211e9 別の個体も風に悩まされていました。

水路で探餌をしていたトキ。そろそろ飛び立とうとしている様子。冠羽を風にたなびかせ、飛び出すタイミングを計っている感じ(上段左)。

止まり木へ向け最短の方向へ飛び出していきますが、すぐに強い風に方向を変えられました(上段中)。

正面からトキが横風に耐えながら飛行してきます(上段右)。

風に耐えつつも流されてきているトキは、こちらの存在に気付いている様子。一生懸命風に耐えていますが、どんどん近付いてきます。耐えて飛行しようとして、かえってこちらにどんどん近付いてきます。最短、5~6メートル。

あまりに近づきすぎて気づいたのか、耐えるのを止め、勢いよく風に流されていきました。

風に翻弄され、流されたり、向い風に耐えて頑張っているいます。でも、風に流され勢いよく流されていきます。その繰り返しで、トキの動きを追えません。

最後は、田んぼに舞い降りました。

|

« 風に流されるトキ その1 | トップページ | なぜ、多摩にトキが? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風に流されるトキ その2:

« 風に流されるトキ その1 | トップページ | なぜ、多摩にトキが? »