« 多少の雪なら大丈夫そう | トップページ | 門付けをするトキ »

2009年1月12日 (月)

首が柔らかい

90112b1 90112b2 90112b3 90112b4 90112b5 90112b6 90112b7 90112b8_2 90112b9 羽づくろいをしていた放鳥トキが、首を胴体にすりつけるような動作をした後、首をグルリと回し始めました。

クチバシが天に向かっているので氷上ならぬ雪上で、イナバウアー、かと思いました。体はカメラのほうに向いているので、ひねり、が入っているのでもっとすごい(中段中)。

最後は反省ポーズにも見えますね(下段)。

トキは首のあたりから黒い物質を出して繁殖期には黒味がかった色に変身します。

これだけ首が柔らかいので、自分で黒い物質を塗りたくることができるのですね。

この個体は少し繁殖毛への移行が始まっているようです。

|

« 多少の雪なら大丈夫そう | トップページ | 門付けをするトキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首が柔らかい:

« 多少の雪なら大丈夫そう | トップページ | 門付けをするトキ »