« 放鳥トキ3羽合流 | トップページ | カエルを飲み込む »

2009年1月 9日 (金)

ぶちのめす

90109a1_2 90109a2_2 90109a4 90109a5 90109a6 90109a7 90109a8_2 90109a9通常、トキは餌を捕まえるとクチバシで何度もパクパクと挟みつけた後に飲み込んでいきます(上段)。

カエルなど大きなものになると、元気があるうちには飲み込めないようで、クチバシで挟んだまま、冠羽を振り乱して首を振りまわして、カエルを水面にたたきつけます。遠く離れていても水面をたたく音と水しぶきを観察できます。1セットで3~5往復(中段)ほど行っています。

カエルにまだ元気が残っていると、これを繰り返します。3、4セットもやると完璧にカエルはグッタリしています(下段)。

やっぱり、探餌前の準備運動は大切ですね。

|

« 放鳥トキ3羽合流 | トップページ | カエルを飲み込む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぶちのめす:

« 放鳥トキ3羽合流 | トップページ | カエルを飲み込む »