« 生き物豊か ガマ林一部残します | トップページ | 行谷小 水辺の生き物しらべ2009 »

2009年6月26日 (金)

デロハキ

90626c1 90626c2 90626c3 90626c4 この時期、稲の害虫のドロオイ虫が活動を活発にします。直射日光や天敵を避けるため、自らの糞を身にまとい稲の葉を食害し成長していきます。

野浦の生山ビオトープに隣接する六平(屋号)さん田んぼは環境保全型稲作が行われています。農薬を使うことができないので、竹で作られた籠を棒につけた道具を使って、稲についたドロオイ虫を捕獲していきます。

この作業のことを、デロハキ、と野浦の方々は読んでいます。方言でドロがデロになったのだと思います。ハキは、掃き。

中干しが始まっている田んぼの中に入り、道具を振り回して進んでいきます。

|

« 生き物豊か ガマ林一部残します | トップページ | 行谷小 水辺の生き物しらべ2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デロハキ:

« 生き物豊か ガマ林一部残します | トップページ | 行谷小 水辺の生き物しらべ2009 »