« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

生きものと人・共生の里を考える同盟

鹿児島県出水市で下記シンポジウムが開催されます。

平成21年度「生きものと人・共生の里」を考えるシンポジウム
【日時】 2009年11月7日(土) 13:15~16:30(開場12: 30)
【会場】 出水市音楽ホール (出水市文化町23番地・電話: 0996-63-2106)
     ※申込不要、入場無料。

今回で4回目の会議で、ツルの周南市と出水市、コウノトリの豊岡市、トキの佐渡市が平成18年度から持ち回りで開催。

この取り組みは、「生きものと人・共生の里を考える同盟」と呼んでもよいかもしれません。この同盟から世の中の動きをつくりたいですね。

■鹿児島県出水市

「生きものと人・共生の里を考えるシンポジウム」を開催します。 
【鹿児島県出水市】 ツル博物館クレインパークいずみ

■asahi.com:2009年10月28日

出水・荘中、ツル調査に「のびのび教育賞」

■環境省 報道発表資料:平成18年6月5日

「生きものと人・共生の里」を考える会議の開催結果について

【楽天市場】生きものと人・共生の里を考える会議:世界の切手 TIMBRE(たんぶる)

■EICネット[国内環境ニュース - 周南宣言を採択 「生きものと人・共生の里」を考える会議]

■山口県周南市:鶴いこいの里交流センター

■兵庫県豊岡市:

・コウノトリと環境

トキ・ツル・コウノトリが豊岡で考えた!
http://www.city.toyooka.hyogo.jp/www/contents/1233125174048/index.html

「生きものと人・共生の里を考えるシンポジウムin 豊岡」について
http://www.city.toyooka.lg.jp/www/contents/1232514053770/files/7.pdf

「生きものと人・共生の里を考えるシンポジウム」中貝市長あいさつ
http://www.city.toyooka.lg.jp/www/contents/1233125174048/html/common/other/4980169c006.pdf

■佐渡市:「トキと環境」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朱鷺(とき)と暮らす親善大使

91031a1

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):2009年10月31日

ジェンキンスさん、東京で佐渡の物産PR

■FNN:2009年10月31日(動画)

ジェンキンスさん、東京・有楽町の国際フォーラム広場を訪れ佐渡の特産物をPR

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月30日 (金)

熱帯雨林同盟のコーヒー

91030b1 91030b2

森永乳業のコーヒーのブランドのマウントれーニア。

Mt.RAINIER Caffè Latte

新商品2種にはそれぞれコンゴウインコなどの鳥が描かれています。

その他、下記組織のシンボル・キャラクターのカエルが描かれています。

Rainforest Alliance

レインフォレスト・アライアンス(熱帯雨林同盟)

トキの環境整備、生物多様性関連で、運動を起こせる同盟がほしいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片野尾でトキ目撃次々と

91030a1 91030a2 91030a3 91030a4

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):2009年10月30日

28年ぶり 佐渡・片野尾にトキ帰る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月29日 (木)

中国へ返還トキ10羽 11月28日移送

■毎日jp(毎日新聞):2009年10月29日
トキ:10羽を中国に返還 11月28日移送

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):2009年10月29日
中国提供の親鳥から誕生、トキ10羽を返還へ

■共同通信・中国語版:2009年10月29日
日本は再度中国に10羽のトキ返還

これまでに佐渡から中国へ送られたトキに関しては下記にてまとめてあります。

■佐渡トキの話題
2009年10月10日 (土) 河南省のトキの様子を伝える映像

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2次放鳥から1カ月

■NHKニュース:2009年10月29日
トキ放鳥“予想以上の成果”(動画)

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):2009年10月28日
仲良しトキ9羽で群れ形成…放鳥1か月

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):2009年10月29日
トキ 群れ形成手応え 「優しい」放鳥実る

■毎日jp(毎日新聞):2009年10月28日
トキ:2次放鳥、あすで1カ月 最大9羽の群れで行動、自然界での初繁殖期待

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

来年の繁殖は21ペア

91028b1

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):2009年10月28日

トキ 来年は21ペアで繁殖

■毎日jp(毎日新聞):2009年10月28日

トキ:飼育トキ、来春は21ペアで繁殖へ--検討会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安らぎを与えてくれる生き物たち

91028a1 91028a2 91028a3 91028a4 91028a5 91028a6 キセン城ビオトープ。

畔際の幼木、萌芽がを駆除。

休憩しているとトンボやモリアオガエルがやってきてくれ、疲労した体に安らぎを与えてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

集団行動

91027d1

集団行動をするグループが評判になっています。

■47NEWS(よんななニュース):2009年10月27日

9羽のトキが同じ木で羽休める 環境省、放鳥に手応え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキを育むお米

91027c1

■ValuePress! :2009年10月27日

パルシステム生活協同組合連合会 PB「トキを育むお米」発売 11/3には「文弥人形」上演会も パルシステムはトキがくらせる環境づくりに取り組みます

■生協の宅配パルシステム

PB「トキを育むお米」と伝統芸能「文弥人形」上演会でトキ保護活動を応援します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畔周辺の邪魔ものの駆除

91027b1 91027b2 91027b3 91027b4 キセン城ビオトープ。

畔や圃場内からのトキの飛行曲線、歩行を想定して、邪魔となっている萌芽や幼木、伸びすぎた草を草刈り機で処理。

モニタ・カメラが設置されている区画なので、しっかりと作業している姿が記録されているはず、と思い込んでいたのですが、事務所に戻って確認すると畔が徐々にすっきりしていくのは記録されているのですが、一生懸命働いている姿は記録されていません。残念!

昨年の春に駒打ちしたシイタケの収穫。巨大化していますが、焼いても、鍋に入れても美味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月に中国へ10羽返還!?

91027a1 NHK新潟の朝のニュース。

年内に中国へトキが返還されることが伝えられています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

分散飼育へ向け ドジョウ養殖

91026b1

■北國新聞:2009年10月23日

トキの餌にドジョウ600匹 津幡高サポート隊、分散飼育に備え

■中日新聞:2009年10月23日

ドジョウ 丸々成長 トキの餌 津幡高生が捕獲調査

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽二生ビオトープ 拡大造成中

91026a1 91026a2 91026a3 91026a4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

よみがえれ!トキ 文弥人形上演会

91025d1

野浦・双葉座30周年記念の文弥人形・東京公演が下記要領で開催されます。

トキ保護活動と伝統芸能を行っている地域との交流に取り組んでいるパルシステムの方々を中心に実行委員会を組織して取り組みは展開しています。

よみがえれ!トキ 佐渡「文弥人形」上演会

■日時 11月3日(火・祝)

      開場 午後1時

      開演 午後2時

■開場 東京おもちゃ美術館

■入場料 500円

■プログラム

1)野浦の有機農業(トキを育む米作り)

2)トキの野生復帰と前浜地区の取り組み

3)春駒(伝統芸能)

4)文弥人形

 ・弁慶と牛若丸 五条の橋

 ・阿新丸(くまわか丸)丸の仇討ち

5)現地からの決意表明(野浦、片野尾)

■主催 よみがえれ!トキ 佐渡「文弥人形」上演実行委員会

■共催 東京おもちゃ美術館

「91103chirashi.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村本コレクション 寄贈へ

91025c1

石川県の能登で長年トキ保護活動に取り組んでこられ、中国・陝西省ともトキ交流をされてこられた村本さんのトキ資料が寄贈の準備中というニュース。

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):石川:2009年10月24日

半世紀のトキ資料 県施設へ寄贈

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄色と黒は勇気のしるし!?

91025a1 91025a2 91025a3 91025a4 月布施の上柳平ビオトープで、張り上げ部分の萌芽と幼木の伐採作業。

朝は晴天で気分よく作業を開始。

鳥の白い糞を発見。もしかして、トキ!?、と喜びながら快調に作業は進んでいきます。

まもなく昼食というところで、草刈り機の回転数レバーを操作していた親指にチクリ。トゲが飛んできたのかと思ったら、黄色と黒、の物体。他にもあたりをブンブン音をたてて飛んでいます。24時間戦う勇気なんてないので、リゲインならぬリタイアで一目散に逃げました。

2度目で症状の悪化が気になりましたが、幸いなことに少し腫れただけで大事には至らず。

もう大丈夫かと思っていましたが、まだスズメバチは活動期なんですね。「黄色と黒」に立ち向かう勇気も多少は必要ですが、やっぱり逃げたいです。

あ! 栄養剤リゲインの「黄色と黒は勇気のしるし」CMに登場していた俳優さんは名前にトキがいる時任三郎さんでしたね。

萌芽と幼木の伐採作業はとてもたくさんの面積があるのですが、この作業地での残りはもう少し寒くなってからか来春に張り上げ部分の伐採を行おうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

チャイナビュー No.131

91024c1 91024c2 91024c3 91024c4

10月20日発行の下記雑誌No.131では、特集「中国探訪」において「『東方の宝石』トキが舞う村 洋県」が4ページで記されています。

我々の中国トキ視察交流のうち子供たちの交流について「中国・洋県と日本・佐渡とのトキ交流」が紹介されています。

我々が子供交流の様子の写真を提供した他、写真家の大野広幸さんのトキや農村の写真がいくつも掲載されています。大野さんの写真は表紙も飾っています。

その他のレポートでも、陝西漢中トキ国家級自然保護区管理局と副局長の路宝忠さんのことが2ページに渡って紹介されています。

尚、チャイナビューは1号あたり160円(本誌代100円、送料60円)の切手送付で購読できます。

詳しくは下記ホームページをご覧ください。

中国の今と健康を伝える情報誌|チャイナビュー China View

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビオトープ周辺の下刈り

91024b1 91024b2 91024b3 91024b4 91024b5 91024b6

月布施の上柳平ビオトープ。

現在18枚ほどの圃場がありますが、4枚を除いて30年以上放棄された田んぼを、木を伐り、草刈りし、重機で復元したものです。

その甲斐あって今のような状況になりましたが、ビオトープ周辺の張り上げの部分の木々の管理がまだまだ。

トキの飛行曲線、歩行を考慮して萌芽(ぼうが)と幼木を草刈り機で処理。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2期工事進行中

91024a2 91024a3 91024a4 月布施の「おとし」のビオトープ。

昨年と今年の2カ年で新潟県が放棄田の復元によるビオトープ造成をしてくれています。

機械が入るように作業道も工夫されています。

上柳平、下柳平、栃の木平のビオトープから「おとし」、さらには両津東部森林組合が間伐をしてくれた10haの松林を挟んで、アテビ平(月布施)・生山(野浦)のビオトープ、そして野浦のビオトープ群へと帯状にビオトープが点々とつながります。

月布施と野浦の両隣の片野尾、東立島、アワビ、赤玉でもビオトープが展開されていますので、かなり広いビオトープのネットワークが構築されつつあります。

問題はこれらをどう継続的に維持していくか。ちと頭も使って、労働力を投下する工夫と努力をしなければいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

水路で餌を探すトキ

91023b4 91023b3 91023b1 91023b2 車で通りかかった沢筋に連なっている田んぼ。放鳥トキ1羽。と、思っていたら山際からもう1羽が出現。

すぐに、下っていく感じで姿を消しました。田んぼ脇の水路で餌をとっているようです。

昨年放鳥のトキたちも、水路に降りて探餌している姿が確認されています。

土側溝や水路などもトキの餌場として可能性が大きいようです。特に田んぼからのつながりの所は期待大。トキが水路に込めるように低木や枝の伐採、草刈りをするともっと餌場が増えるのではないでしょうか。

放鳥トキが水路で餌を探す様子、水路から飛び立つ様子、水路の餌生物の様子についての当ブログの主な記事は下記。

■佐渡トキの話題

2008年12月11日 (木) 風に流されるトキ その2
2009年8月20日 (木) 強風に向かって飛び立つトキ(動画)
2009年2月 4日 (水) 春の陽気なトキ
2009年2月18日 (水) 積雪の中での生き物調査
2009年8月12日 (水) 冬の水路で餌をとるトキ(動画)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心地よい朝にトキとの遭遇

91023a1 91023a3 91023a5 91023a2 91023a4 91023a6 今日の佐渡はとても心地よい晴天です。

朝、自動車を運転していると前方から地上10メートルほどをトキ1羽が飛来。すれ違ったあとに右旋回をし林の向こうに消えました。

その直後、今度はモニタリング・チームの車がトキを追いかけてゆっくり走ってきました。すれ違った後に一旦停止して、また直進していきました。

トキはそのすぐあとに林の向こうから現れ、飛んできた方向へ戻っていきました。(上下段左)。モニタリング・チームの方は、うまくトキにまかれたようです。

少し走ると、また1羽のトキが前方から低空で飛来(上下段中)。

そして、すぐに3羽のトキが前方から人家の上空を飛行していきました(上下段右)。

観察・撮影は、もちろん停車してから。

心地よい天気のもと、朝からいい気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

コウノトリ、トキ舞う地域を目指して

91022d1

コウノトリやトキとの共生を目標に、環境整備活動、環境教育に取り組みがいくつかの地域で展開されています。

■MSN産経ニュース:2009年10月14日

【いきもの万歳!】コウノトリ、トキ舞う水辺目指せ

記事中で紹介された団体の一部は下記のようです。

わたらせ未来プロジェクト

~農業と自然の共生地域づくり~ 株式会社野田自然共生ファーム

これまでに取り組みが行われていて、既に佐渡との交流の実績がある主な団体は下記。

霞ヶ浦・北浦 アサザプロジェクト

セブン-イレブンみどりの基金 九重ふるさと自然学校

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国トキ 第2段階へ

91022c1

昨年10月17日、中国からトキ2羽のトキを導入。今春4羽のヒナが誕生し、うち2羽が死亡。トキの飼育目標として22010年に10羽、2011年に20羽、2014年に50羽まで増やしてウポ(牛浦)沼での野生放鳥も視野にいれているようです。
第2段階として、中国に対して1ペアと幼鳥2羽の要請をしているとのこと。
今後、中国、日本、韓国とのトキの交換も視野にいれている模様。

■中央日報:日本語版:2009年10月16日
トキ復元、第2段階事業へ

これまで飼育技術を伝えにいた中国人技術者2名が来月帰国してしまうこと、施設運営、分散飼育、近似種による訓練、野生放鳥を念頭にした環境整備の必要性をなどを記しています。

「ウポ沼周辺農家 1千287世帯が参加する広域親環境農業団地を造成」「こちらでは約 2千haにかけて稲作、畑作、畜産、養豚、養鶏なども環境に配慮した農業、飼育が展開される予定」などと壮大な構想が描かれているようです。

■連合ニュース:2009年10月15日

慶南トキ復元1年 成果と課題

■joins:2009年10月16日

トキ復元事業、第2段階へ

日本のこれまでの取り組みも紹介されています。

■hankooki:2009年10月13日

韓国より一歩先立つ 'トキ保護'

当ブログにおける韓国のトキに関する主な記事は下記にまとめてあります。

■佐渡トキの話題

2009年4月10日 (金) 韓国でもトキの産卵始る
2009年7月31日 (金) 2009繁殖の記事録 中国・韓国

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トッキッキ県宣伝課長に

91022b1

トキめき新潟国体のマスコットの「トッキッキ」が、新潟県の宣伝課長に任命されました。

■MSN産経ニュース:2009年10月14日
トッキッキ、県の「宣伝課長」に就任

■毎日jp(毎日新聞):2009年10月16日
掘り出しニュース:トッキッキ続投、県宣伝課長に任命 予想以上の人気に知事が“慰留”

いくつもあるトッキッキの着ぐるみ(正規の丸くカワイイ個体)を佐渡にも配属してほしいですね。東京表参道にあるネスパス新潟館にも。館長さん、是非リクエストしてください!

■佐渡トキの話題 2009年6月22日 (月)
国体のトキ着ぐるみがパレード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2次放鳥の日の記録 新潟県

91022a1 ■新潟県:佐渡地域振興局:2009年10月1日

「佐渡の空に期待の星が羽ばたいた!」トキの2次放鳥が行われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

11月1日にシンポジウム

91021d1 新潟大学超域朱鷺プロジェクトのシンポジウムが下記要領で開催されます。

■日時:平成21年11月1日(日)

 ・シンポジウム 10:00~12:30(無料)

 ・レセプション  12:45~14:00(2千円)

 どちらも要事前申し込み

■会場:国際佐渡観光ホテル 八幡館

■講演・パネルディスカッション

コーディネーター:山岸 哲(新潟大学特任教授)

パネリスト:中貝 宗治(豊岡市長)

       髙野 宏一郎(佐渡市長)

       箕口 秀夫(新潟大学教授)

■問合せ・申込み

 新潟大学超域朱鷺プロジェクト事務局 TEL 025-262-7366

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畔の下刈り

91021c1 91021c2 91021c3 91021c4 91021c5 91021c6

キセン城ビオトープは放棄棚田に生えた木々を伐採してから棚田復元を行っています。

伐採した木々の根性が残っていて畔に木々が生えてきてしまっている所があります。

パワーのある草刈り機に研いで使う刃をつけて下刈り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟大学の学生証交付

91021b1 新潟大学の本部近くに滞在中の個体13番メスに新潟大学より学生証が交付されました。

住民票、戸籍謄本に続いての学生証。

それでは我々のもとに来た折には会員証を発行しましょうかね。

■毎日jp(毎日新聞):2009年10月21日

雑記帳:トキに「学生証」 新潟大学

■時事ドットコム:2009年10月21日

放鳥トキに学生証=キャンパス近くに定着-新潟大

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ交流会館のトキ情報

91021a1 トキ交流会館のエントランスホールには、モニタリング・チームや市民からの情報をまとめたものを地図上で大まかな位置を示しています。

10月20日現在の情報では、トキ交流会館周辺にまとまっていることがわかります。

昨年放鳥した2羽は南部の羽茂にあいかわらず滞在。

新潟に面した海岸沿いの前浜地区にも確認情報。1羽は棚田おじさんの地区。もう1羽は釣り最中に6羽の目撃情報を寄せてくれた方の近く。

その他では真野地区でも確認されているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

トキ集団化!?

91020c1昨年放鳥のトキと2次放鳥のトキが入り混じっての集団化で、ここのところメディアが賑わっています。

GPS情報から昨年と今年の分布状況を伝えている報道もあります。

■asahi.com:マイタウン新潟:2009年10月20日
トキ、近場で生息

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):新潟:2009年10月20日
放鳥トキ、9羽一緒に餌探し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BSフジ トキよ 蘇れ! 22日放送

91020b1 下記ニュース番組でトキをテーマにした放送があります。

BSフジLIVE PRIME NEWS

毎週月曜~金曜20:00~21:55(生放送)
10月22日(木)トキよ 蘇れ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初年度目撃地に再び!?

91020a1_2 80929a5

前浜地区でも放鳥トキの目撃情報がいくつか入ってきています。

・夕方釣りをしていたら集落の上空を6羽のトキが両津方面へ飛んで行った。2人で観たから確かだ!

・観音堂にやってきた。むかしトキが来た田んぼ。トキってエライ!

などなど。

昨年目撃情報を得て放鳥トキを初めて確認した場所で、またトキ目撃情報。夜明け前から雨の中待ち伏せ。しかし本日は確認できず。

他の個体の動きを考察すると、昨年と同じような場所に出現しているものもあります。トキが好む地形、飛行ルートがあるように感じます。

■佐渡トキの話題

2008年9月29日 (月) 前浜地区でのトキ飛翔
2009年7月30日 (木) 前浜地区にやってきたトキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

ビオトープ造成の検討

91019b1 91019b2 昨年、放鳥から数日でトキがやってきた前浜地区の集落。新潟県の事業でビオトープ造成の可能性の検討が進んでいます。

新潟県のビオトープ造成は今年度、既に月布施と羽二生で始まっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畔草刈ってヒョッコリ

91019a1 91019a2 91019a3 91019a4 91019a5 91019a6

キセン城で畔草の草刈り。

雨も上がり青空。一部では紅葉も始まっています。

草刈りにしていくと、水に飛び込み様子を伺うヤマアカガエル。

土ごと草を跳ね上げるとクロサンショウウオ。ビックリした様子で全身をくねらせて穴に潜りこみ始めました。ちょっと失礼して、引きづり出して記念撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

トキと野浦満喫ツアー

91018a1 91018a2 91018a3 91018a4 91018a5 91018a6 野浦の八平(屋号)さん主催の「トキと野浦満喫ツアー」。

昨日は棚田サミットを早めに切り上げ、夜の交流会に遅れて参加。

今朝はまずはプレゼン。棚田サミットで使用したものと、タウナギを食べるトキの映像

パルシステムが取引をしている片野尾の棚田へ。1981年1月11日に2羽捕獲された場所へ(上段左)。ビオトープと環境保全型稲作圃場(上段中)。

5、6羽のトキが集まっている木(上段右、下段左、下段中)。

小木の七エ門でソバ昼食。

最後は野浦で双葉座30周年記念の文弥人形公演の鑑賞。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

地域の自然と棚田の関わり

91017a1 91017a2 棚田サミット2日目、第一分科会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

トキもヒトも食す食材

91016b3_2

棚田サミット初日夜の全体交流会。

トキの餌にもなるドジョウとタニシ、スジエビの料理がテーブルにならんでいたので、トキを置いてみました

トキの餌生物を直接トキに食べさせるのではなく、ヒトに料理として販売したほうが、環境整備費用の創出には有効かもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松の山のトキ

91016b1_2 91016b2_2 棚田サミットの全体交流会会場の販売コーナーにトキがいました。

松の山の方が制作している鳥のミニチュア。

トキは台座に乗っているのと乗っていないものと2種。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚田サミット十日町 交流会

91016y1 91016y2 91016y3 91016y4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚田サミット十日町 棚田メッセージ展示

91016x1 91016x2 91016x3 91016x4 91016x5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚田サミット十日町 エクスカーション

91016w1 91016w2 91016w3 91016w4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚田サミット十日町 開会式

91016v1 91016v2 91016v3 91016v4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

5羽のトキ

91014c1_2 91014c2_2 91014c3_2 91014c4_2 91014c5_2 91014c6 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キセン城視察

91014b1 91014b2 91014b3 91014b4 91014b5 91014b6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

結婚のトキ

91013a1

中国洋県のトキの様子を伝えるブログで、洋県の滝、棚田、林、川など自然の中で仲睦まじい新婚さんの写真が紹介されています。

■中国洋県朱鷺撮影

婚姻如一道菜

新郎をよくみると、洋県トキ救護飼養センターのスタッフ!

■佐渡トキの話題

2005年11月25日 (金) 中国トキ視察2005秋

2008年1月15日 (火) さらに観易く

写真の中には、天使をイメージして新婦の背中には羽。トキの天使と呼びたい。

いいねぇ。おめでとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

樹恩・森林の学校 伐採と処理

91012a1 91012a2 91012a3 91012a4 91012a5 91012a6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

アサヒビール 寄付創出の販促をするトキ

91011c1 91011c2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

樹恩・森林の学校 森を楽しむ

91011b1 91011b2 91011b3 91011b4 91011b5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

樹恩・森林の学校 伐る

91011a1 91011a2 91011a3 91011a4 91011a5 91011a6 91011a7 91011a8 91011a9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月10日 (土)

樹恩・森林の学校 キセン城学習

91010e1 91010e2 91010e3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加藤酒造のトキ

91010d1 91010d2 91010d3 91010d4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4羽のトキ

91010c1 91010c2 91010c3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河南省のトキの様子を伝える映像

91010b1 91010b2 2007年11月に佐渡から河南省へ13羽のトキが送られました。

その河南省の施設でのトキの様子を伝える映像です。

■人民網:2009年10月9日
信陽:董寨国家級自然保護区のトキ 繁殖・育成に成功(動画)

当ブログでの河南省のトキの繁殖に関する記事は下記。

■佐渡トキの話題:<中国・河南省>のトキ繁殖関連記事

2009年4月 5日 (日) 河南省へ行った佐渡のトキの消息
2009年4月 8日 (水) 昨年の5羽 母は佐渡のトキ
2009年8月 1日 (土) 佐渡産れのトキ 今季も増殖に貢献 河南省

その他、中国と韓国の2009年の繁殖に関する記事は下記。

■佐渡トキの話題
2009年7月31日 (金) 2009繁殖の記事録 中国・韓国

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキを育む里山の物語

91010a1 91010a3 91010a2_2 先日ご紹介したパルシステムのイベント。

■佐渡トキの話題

2009年10月 8日 (木) パルシステムのイベント大盛況

写真家の大野広幸さんもブログ記事にしています。

パルシステムのイベントでは、大野さんが撮影した写真が「トキを育む里山の物語」というテーマで四季プラスもうひとつで5つのパネルで展示されたとのこと。

大野広幸写真の世界「夢・希望・明日」写真日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

トキの採餌を考えた草刈り

91009b1 91009b2 91009b3 91009b4 91009b5 91009b6 キセン城のビオトープ。

生き物の状況はいい感じ。

これまでのビオトープ管理、中国や日本でのトキ観測からの経験則からなのですが、トキにとっては草や農作物が生えていると採餌がし難いように感じます。

田んぼや畑などの農地、ビオトープにおいてもある程度ヒトの管理が必要のように感じます。中国においては畦草などはヒトばかりでなく牛がかなり貢献しています。

生物量100のところでトキが採餌できる量が5よりも、生物量50でトキが採餌できる量が10、というような場所が必要。そのためには人手による管理必要というように思います。

もちろん、生物量が100のところでトキ採餌量が20とか、生物量が120に増えてトキ採餌量が20、といったような場所があってもいいとは思います。が、その取り組みの中で生態系や他の動植物への影響についても考慮されねばいけませんね。

餌生物も多種多様で、しかもそれぞれに年間の生活史があり、移動もするでしょうから、ビオトープや林、田んぼ、畑、草地なども多様な管理の仕方があっていいのではないでしょうか。

いずれにしても人手を要するので、多様な状況をより多くの方々の参加で作り上げていくことが大切なんだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫の秋のトキ 中国・洋県

91009a1 91009a2 91009a3 91009a0 91009a4_2 91009a5

トキ交流を行っている中国・洋県の朱鷺愛鳥協会。

協会のブログに洋県の秋の農作業の風景の写真が掲載されています。農作物が収穫され地面の露出が目立ちます。

トウモロコシを収穫した後の畑でトキが探餌している姿もあります。

農作物が除去された田んぼや畑はトキにとっては餌が捕りやすいのでしょう。

朱鷺愛鳥協会(中国・洋県)

もう1カ月後の洋県の農村風景については、4年前の秋に行った中国トキ視察交流で体感しています。

■佐渡トキの話題
2005年12月16日 (金) 興奮! 理想が洋県にあった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

トキのフォルムカード販売中

91008c1 91008c2 トキの郵便局と呼ばれている月布施郵便局を訪ねると、トキがデザインされたフォルムカードが販売されていました。

夕日とトキが描かれた定型外のポストカードで120円切手を貼れば郵便物としても使えます。

新潟限定販売で価格は180円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パルシステムのイベント大盛況

91008b01 91008b02 91008b03 91008b04 10月4日(日)に「さいたまアリーナ」で開催されたパルシステムのイベントは大盛況だったようです。

トキにまつわる朱鷺神社、それにトキ凧、さらには写真家・大野広幸さんの写真を使ったパネル展示などが行われたとのこと。

祈願祭を執り行った隣の宮司のブログにイベントの様子が記されています。

こちら佐渡 野浦 情報局

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2次放鳥のトキ 前浜地区で確認

91008a1 2次放鳥のトキが前浜地区(佐渡島の南半分の本州に面した海岸部の北上部)で確認されています。

棚田おじさんも確認しブログで報告しています。

2次放鳥のトキの確認のされ方は、昨年の1次放鳥と似ているようです。

地形的にトキの飛行ルートの傾向があるのかもしれません。

近日中に昨年トキが出現した前浜地区の集落にもトキが現れるかも。

岩首棚田・とき共生みらい通信

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

作業終了間際にトキ出現

91007c1 91007c2 後片付け作業が終わりかけた時に、タォーン、タォーンとトキの鳴き声。

作業していた近くの田んぼの中の4羽のデコイのトキが終了合図で鳴き始めたのかと思いました。が、そうではなく、近くの林の裏側からしばらく姿を見せずにホンモノのトキが鳴いていました。そのうちに、1羽のトキが上空を舞いました。

ちなみに、当ブログにおけるトキのデコイに関する主な記事は下記。

記憶では3羽だったような気もするのですが、いつのまにか4羽になっています。増えたのかな? それとも、もともと4羽だったのかな?

■佐渡トキの話題

2008年9月14日 (日) トキのデコイ検証中
2008年12月29日 (月) 3羽のトキが探餌!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キセン城の秋

91007b1 91007b2 91007b3 91007b4 91007b5 91007b6 新潟大学のキセン城プロジェクト地で、トキの採餌を考えてのビオトープの草刈り。モリアオガエルが現れてきました。沢沿いに歩くと、ヤマアカガエルが沢水の中へダイブし、水中からこちらの様子をうかがっています。しばらくして、きれいな平泳ぎで去って行きました。

秋の恵もいい時期。シバ栗は生で食べてもなかなかいけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田守とモニタリング 

91007a1 91007a2 91007a3 91007a4 91007a5 91007a6 小佐渡山中に放鳥トキが滞在しているのでは、という声をきき、台風通過対策とあわせて朝、両尾山中のビオトープへ。

長尾ビオトープは3枚ともそれぞれ湛水していて適度に草が生えていて生き物にとってはよさそうな感じ。草の生え方はそれぞれに違っていて多様性がありそう。

ボタボタ・ビオトープは棚田からの下界の眺めが素晴らしいです。

周辺の松の木もいい感じ。

でも、トキは確認できず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

3羽仲良く止まり木に

91006b1_2 91006b2_2 91006b3_2 91006b4_2 91006b5_2 91006b6_2 91006b7_2 91006b8_2 91006b9_2 車で走っていると遠くの枯れ木に白い3つの点。望遠レンズで確認するとトキ3羽が1つの枝に仲良く止まっていました。そのうちに1羽が飛び立ち、周辺をひとまわり飛行して上の枝に着地。しばらくして、また飛び出していき、今度は他の2羽も続いて林の陰に消えていきました。餌を探しにいったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2次放鳥1週間

91006a1 91006a2 2次放鳥開始から1週間。

NHKの朝のニュース(全国?)では、先日夕方のNHK新潟で放送されたものに新たな知見、繁殖の流れなどについて映像や図で解説をしていました。佐渡市制作のトキのデコイも登場。

2次放鳥のトキが昨年放鳥されたトキたちに合流した個体もでた、新たに合流しようとしたトキを追い立てた、などが紹介されていました。

放鳥ケージ周辺へ後片付けを出かけると、環境省自然保護官をメディアの方々が囲んでインタビューが行われていました。

放鳥1週間ということで報道がなされるのでしょうね。

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):科学 :2009年10月6日
2次放鳥のトキ、群れで行動…繁殖に期待

■MSN産経ニュース:2009年10月6日
放鳥トキに群れの兆し、繁殖へ期待 2次放鳥から1週間 (1/3ページ)

■47NEWS(よんななニュース):2009年10月6日
放鳥トキ、群れ形成の兆し ひな誕生に期待、佐渡

■asahi.com:47NEWS(よんななニュース):2009年10月6日
「いい群れになって」 トキ放鳥1週間

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):子どものニュースウイークリー:2009年10月6日
繁殖の期待受け 大空へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

キセン城の活動に参加

91005a1 91005a2 91005a3 91005a4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

湛水へ向けての準備

91004c1 91004c2 91004c3 91004c4 91004c5 91004c6 天気がよくて気持ちよく月布施の上柳平、下柳平で作業。

田んぼ内に刈り倒しておいた草除け、畔および水口の補修。

ある圃場ではヤゴがたくさんいたり、また別の圃場ではカワニナがたくさんいたりと、圃場によって特色がでています。

作業をしていると刈り倒していた草の中や畔際の草の中からはヤマアカガエルがピョンと飛び出してくることもしばしば。

生き物との出会いは心がなごみます。トキならば次々に捕獲してしまうこと、間違いなし。

そろそろお出ましいただいてもいいんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手作り小道具でトキ解説

91004b1 91004b2 91004b3 ずいぶん昔から、日曜日にテレビを観るときは朝からTBS系にどっぷり浸かってしまっています。

朝8時からの「サンデーモーニング」では、女性サブキャスターの手作り小道具を駆使しての時の話題の解説がとても好感が抱けます。

10月4日の放送では、柴田奈津子アナによるトキの解説。田んぼにいたドジョウやカエルをトキが食べたり、センスを使っての羽の表現、スプレーを使っての繁殖毛への一瞬の変化など、動く紙芝居仕立てで、トキの歴史、取り組み状況、課題など、ほのぼのとわかりやすく伝えてくれました。感動です! 柴田アナ、バンザーイ!

■TBS:サンデーモーニング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2次放鳥後最初の週末特集

91004a1 2次放鳥後、最初の週末を迎え、新聞やテレビなどではトキ特集が目立ちます。

新潟日報10月4日(日)11面でも素敵な写真が掲載された特集。

また、トキが放鳥ケージを出た記録も一覧で記されています。各個体が飛び出た時間に加え、個体番号、性別、年齢も記されています。

この情報で気になるのが、現在野生下にいる個体の多くが若いこと。特に2才以上のメスは4羽。発信器装着、家系なども加味していただけると、繁殖に向けてより興味が抱けるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

2次放鳥トキ すべて飛び立つ

91003c1

■NHKニュース:2009年10月3日22時57分
トキ放鳥 残る2羽も飛び立つ

■MSN産経ニュース:2009年10月3日 20:28
2次放鳥の最後のトキが大空へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草を除ける 

91003b1 91003b2 91003b391003b4_3 91003b5_2 91003b6_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

トキの繁殖のしくみ?

新潟県内のみの放送で下記番組がありました。動画準備中の表記もあるので番組の一部が後日鑑賞することができるのかもしれません。

■NHK新潟

金よう夜きらっと新潟:毎週金曜日午後7:30~7:55放送

10月2日:「密着!トキ放鳥   ~繁殖プロジェクトの舞台裏~」

「繁殖」という言葉に魅かれ、注目していました。が、今回のソフトリリースの準備から放鳥までを伝えるもので、「繁殖」という点では少々期待はずれ。

ですが、放鳥までの準備、飛び出していくトキの様子は感動的に伝えられています。

NHKに限らず、メディア報道における「繁殖」についてはペアリングのことを伝えるのみで、「繁殖」の仕組みを伝えるものとなっていないことが多く、とても消化不良。

まずはトキの繁殖の仕組みを生態的に伝えていただけることを期待しています。

思いつくところで箇条書きにすると、

(1)発情のタイミングはどうなっているのか

(2)交尾はどのように行うのか

(3)排卵、受精、産卵の仕組みはどうなっているのか

(4)どのように孵化するのか

(5)どのようにヒナを育てるのか

(6)どのようにヒナは巣立ちするのか

(7)放鳥トキの家系図はどのようになっているのか(近親関係にないか)

上記は野生化でなくても、飼育下でも捉えられるはず。

その上で、発信器やアニマルカラーがトキの発情、あるいは、ペアリング、交尾に悪影響を及ぼすのかどうかのヒントがあるかもしれません。また、島民・県民などの理解、保護活動への啓発活動につながるのではないでしょうか。

それと、発信器やアニマルカラーの影響については、飼育下で実験してわかるのではないか、という小学生の提案も寄せられています。

ちなみに、中国では発情や育雛の様子を伝える番組(動画)が公開されています。

■佐渡トキの話題:2009年8月5日

中国メディアのトキ動画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残り2羽

午前に1羽、雨が降り出した午後になって1羽が放鳥ケージから飛び出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国建国60周年 重要保護動物展

91002a3 91002a4 91002a5 10月1日は中国の建国記念日にあたる国慶節。新中国は今年で建国60周年。

それを記念して重要保護動物展が北京博物館などで開催中とのこと。

写真は2006年5月の中国トキ視察交流において、漢中市野生動物標本展示館を訊ねた時の様子。漢中市庁舎近くのビルの6階にある素敵な展示館。秦嶺山脈に生息しているトキはもちろんのこと、パンダ、ターキーなど野生動物を中心に剥製や写真などが展示されています。

ちなみに、洋県は漢中市洋県。漢中市街地から洋県市街地までは高速道路利用で車で小1時間くらい。

日本ではトキは「国の天然記念物」と位置付けられていますが、中国のように「重要保護動物」というように保護を訴えるような位置づけが日本でも必要ではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

残り4羽 2次放鳥

91001c1

本日の新潟県内の夕方のニュースも放鳥トキの話題。

2次放鳥されたトキについては、早朝2羽が木に留まっている様子、民家の屋根で休んでいる個体などが映像で伝えられました。また、これまでより行動範囲を広くとった個体もあることも伝えられています。

本日は3羽が放鳥ケージより飛び出しました。

そのうちの1羽の順化ケージで訓練を受けていないぶっつけ本番のメスはすぐにやぶに突っ込み動けなくなったところを獣医に素手で捕獲されました。ケガはない模様ですが、この個体の放鳥は今回は断念したとのこと。

残り個体数も少なくなったとのことで、本日は放鳥口は開放したままにするとのこと。

■MSN産経ニュース:2009年10月1日
放鳥のトキ、一羽が飛行失敗、茂みに突っ込む

ここ数日であるならば下記にて動画ニュースを観ることができます。

■NHKニュース:2009年10月1日

トキ1羽 身動きとれず保護

中国では昨年、村人がケガをしたトキを発見・通報して保護をしたことがニュース映像で伝えられています。日本でもこのような事例を想定して具体的な対応を周知しておく必要がありますね。

■佐渡トキの話題:2008年10月 9日 (木)
ケガしたトキを村人が発見・報告 中国・西郷県

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よい場所みっけ!

91001b1_2 91001b2  佐渡の商業の中心地での買い物の帰路、稲作圃場、調整水田、林が連なっている所で放鳥2年目の個体を見つけました。

ここは、トキ放鳥前から気になっていたところで、トンビやカラスなどが圃場内でよく採餌をしている姿をよく目にしていて、餌生物の豊富さを想像させてくれていました。

放鳥トキもみつけるあたり、さすが!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »