« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月30日 (水)

放鳥トキの餌不足対応の課題

クリスマス前の大雪時のトキの行動から餌不足について懸念する記事。

■asahi.com:2009年12月29日

トキのふるさと(上)えさ不足

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):2009年12月29日

放鳥トキ・積雪の冬餌場に不安

記事中のことで気になった点としては、雪を溶かすための水の投入、トラクターなどによる圃場の耕起の記述。

心配されることとしては下記2点。

(1)越冬中の餌生物への影響は大丈夫か?

・水投入やトラクターによる圃場の耕起による環境変化によって、トキの餌生物が死んだりして、かえって減少したり春先の増殖に影響を及ぼしたりしないのか

(2)餌生物の散布は生態系におよぼす影響は大丈夫か?

・人為的な投入による生態系におよぼす影響が心配。ドジョウがよいのであれば、外来ドジョウ、アメリカザリガニ、ジャンボタニシなど外来種も散布されかねない。

放鳥トキの食べっぷりからすると餌不足は懸念されるところです。餌場を固定してそこで餌を投入するのか、餌場となる場所をより多く確保するのか。

餌場となる場所の管理の仕方についても大きな課題ですね。

これまでに協議会などでこれら課題提示をしていますが、まだ対応方針が共有できていません。

放鳥トキの空腹対応だけを考えていると、佐渡の生態系が取り返しのつかないことになりかねません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

北京科学教育映画制作の映像作品

洋県朱鷺救護飼養センターの売店で販売されている少し前に北京科学教育映画制作のVCDの映像が下記にて公開されていますが・・・。

■youku.com

ビデオ:東方宝石 漢中トキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

返還トキ10羽の検疫完了 中国

11月29日に佐渡からトキ10羽が中国へ返還され1ヶ月の検疫期間を過ごしていましたが、無事完了したことを伝える中国のニュース。

■中国・浙江省湖州出入国検疫局:

日本からの返還トキの検疫完了 徳清県

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上海万博日本館竣工

来年開催の上海万博。その日本館竣工のニュース。素敵な夜景などとともに日中友好の証であるトキのことも伝えられています。開催期間中にトキのミュージカルが6500回ほども上演されるとのこと。

■新民網:2009年12月26日

上海万博日本館竣工(動画あり)

■中国網:ニュース:2009年12月27日

世博会日本館竣工

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

優雅に飛行 コウノトリ

91228b2_3 91228b1_3 91228b3_2 91228b4 91228b5 91228b6      国仲平野の真ん中を突き抜ける道路を車で走っていると遠くにとても小さく白く動くもの。車を停車させ双眼鏡で覗くとコウノトリが探餌中。その場でコウノトリの観察していると、しばらくして飛行。とても優雅で、飛行機に例えるならばジャンボジェット機といったところでしょうか?

トキはトキの飛行機同様にアイランダーかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前浜地区滞在中のトキ

91228a1 91228a2 91228a3 91228a4 91228a5 先週末から目撃情報が寄せられていた地点でトキ観察。前浜地区でこの1ケ月以上確認されている個体で、先週の大雪による積雪の多い場所を避けて行動している模様。

探餌していた圃場は、乾いてもおらず、水深も深くなく、ジワジワっとぬかっている感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

ねぐらに向かって

91225d0 91225d1 91225d2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕日を浴びて飛び立ち

91225c1 91225c2 91225c3 91225c4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仲間のもとへ

91225b1 91225b2 91225b3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ交流会館すぐ近くにトキ

91225a1 91225a2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

雪が溶けて集団で探餌

91224b1 91224b2 91224b3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨年のコウノトリだ 間違いない!

91224c1 91224c2 91224c3 91224c4 91224c5 91224c6 91224c7_2 91224c8 91224c9 昨年コウノトリを目撃した場所を尋ねると、同じ圃場の同じ畦の上にコウノトリがいました。

今春佐渡を離れてから、ながーい旅をして再び佐渡に戻ってきたのです。間違いない!

コウノトリの後ろでウロチョロしていたのは、トキ!、ではなくダイサギ(中段)。

排水路にできた中州がお気に入りのようです(下段)。

佐渡にやってきたコウノトリの記事は下記。

■佐渡トキの話題

2008年12月11日 (木) 佐渡のコウノトリ
2008年12月12日 (金) トキとコウノトリのランデブーを期待
2009年1月10日 (土) コウノトリも頑張っています!
2009年1月21日 (水) 女性ドライバーもビックリ!
2009年1月22日 (木) コウノトリの行動から学ぶ
2009年1月28日 (水) 稽古 コウノトリ
2009年1月30日 (金) アオサギを追いかけまわす
2009年2月15日 (日) 向かい風で飛び立ち
2009年2月14日 (土) 助走をして、エイっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

日々の個体確認一覧表が登場

91223b1 毎日更新されている野生復帰ステーションの放鳥トキ情報。

先日から、モニタリングしている26羽の個体情報と確認情報の有無の一覧が示されています。

これまでに放鳥されたトキは1次10羽、2次20羽の30羽。

1次放鳥では死亡した個体15番、全く確認されていない個体10番、本州に渡ってから行方不明の個体7番が一覧からはずされています。

2次放鳥では放鳥直後に繁みに突っ込み保護された個体17番が一覧から除かれています。

■野生復帰ステーション

放鳥トキ情報

新潟県内の本土側に滞在していた3羽は依然確認されていないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキガイド

トキファンクラブ: 佐渡市トキガイドをご利用ください
http://toki-sado.jp/fanclub/0400/post_205.html

トキガイド検定試験問題
http://sougo.city.sado.niigata.jp/mpsdata/web/1279/toki-guide-test19.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朱鷺バス

91223a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

環境省自然環境局長賞を受賞

91222a2

トキ野生放鳥と稲作の取り組みを早くから取り組んでいる「佐渡トキの田んぼを守る会」が平成21年度の田園自然再生活動コンクールにおいて環境省自然環境局長賞を受賞しました。

■ (社)農村環境整備センター

田園自然再生活動コンクール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本農業賞県知事賞を受賞

91222a1

朱鷺と暮らす郷推進協議会が日本農業賞の新潟県代表となり年明けの全国選考へノミネートされました。

■新潟日報:2009.12.19 佐渡-10版 14頁 朝刊 (全539字)

・朱鷺協議会 地域挙げ環境づくり 日本農業賞、県代表に
 

■佐渡市:

「朱鷺と暮らす郷づくり」認証制度のご案内

■佐渡トキの話題:2009年11月11日 (水)

全戸配布 トキとの共生に向けて

朱鷺と暮らす郷推進協議会はJA佐渡が中心となって展開。

JA佐渡

佐渡市や新潟県はそれぞれ農家への所得保障の事業も展開するようです。

■新潟日報:2009.11.28 3総-12版 3頁 朝刊 (全523字)

・環境配慮の農家支援 独自の所得補償開始 10年度から 佐渡市
■新潟県:

「新潟版所得保障モデル事業」の概要

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

キンの記念碑除幕

91221a1 昨日の夕方から新潟県内のメディアでは故・宇治金太郎さんとキンとのこと記念して建立された記念碑のニュースが伝えられています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

分散飼育への準備 長岡市

91220b1 12月20日付けの新潟日報。

分散飼育の長岡市寺泊地区ですが、放鳥トキ2羽の来訪もあり、地域住民のトキ保護の気運が盛り上がりつつあるようです。

ここ数日の大雪で数日前から放鳥トキは確認されていないようです。でも、盛り上がった気運を大切に活動の展開が進むことを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賞を受賞 韓国のトキの知事

91220a1

■hankooki.com:2009年12月17日

キム・テホ知事「2009行政大賞」受賞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

洋県ホダ木椎茸栽培合作社

91219b1中国・洋県のトキ・シイタケ栽培の協同組合のホームページ。

洋県ホダ木椎茸栽培合作社

今年5月の中国トキ視察交流の折に視察をさせていただきました。生産場所周辺はトキの生息地。農家からホダ木を購入していますが、それにより森林整備になりトキが利用しやすい林につながっているとのこと。

ホダ木を利用したシイタケ栽培は、トキの生息地の整備と生産物が結びついた良い商品といえます。

■佐渡トキの話題

2009年5月16日 (土) トキブランドのシイタケ
2009年5月16日 (土) トキ・シイタケを提供する料理店

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我々の活動実績地

91219a1 我々のこれまでの主な活動実績地点、それとトキ関連施設、野生放鳥地点、さらに1981年の捕獲場所(3か所)、最後の頃のねぐら(●)、片野尾と野浦の管理餌場(●)を地図に記してみました。

活動についてはこれまでに当ブログなどでご紹介してきましたが、スタイルとしてはNPOとしての日々の管理の他、地域住民、他NPO・大学生・テレビ局プロジェクトなどで協働で展開。

活動場所の選定は、1981年以前のトキ行動範囲において開始。

黄色丸は現在主体的に活動している場所。

赤丸はこれまでに主体的(現在は地域住民、他団体が主体)あるいは補助的に活動している場所。

我々の活動以外にも大規模に様々な展開をされている集落もあります。また、佐渡市の朱鷺と暮らす郷米の展開、農家のグループの独自の環境保全米の取り組みも行われています。

■トキ野生復帰連絡協議会

野生復帰活動マップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

佐渡での朱鷺湖小学校との交流

我々の中国トキ交流はNPO法人日本中国朱鷺保護協会の橋渡しで本格的に始まりました。

我々も朱鷺湖小学校と佐渡の行谷小学校と前浜小学校との交流のお手伝いをさせていただいています。絵の交流の主な記事は下記。

■佐渡トキの話題

2006年6月12日 (月) 行谷小学校へ絵を届けました
2006年7月25日 (火) トキのポスター制作中
2006年8月 2日 (水) 行谷小学校の作品預かり
2006年8月15日 (火) 学校交流 朱鷺湖小学校
2006年8月15日 (火) 学校交流2 さい河小学校
2006年8月15日 (火) トキの絵交流
2006年8月30日 (水) 行谷小学校へ絵を届けました2
2006年9月27日 (水) 中国の子どもたちの絵
2006年9月17日 (日) 佐渡の小学生 中国一人旅
2008年5月 8日 (木) 作品交流の試み2
2008年5月25日 (日) 友情の習字
2008年5月29日 (木) 友情の習字 行谷小へ
2008年11月 2日 (日) 朱鷺湖小学校の作品展示

最近、中国の街を紹介する雑誌で、我々が取り組んでいる子供たちの交流を紹介していただきました。

2009年10月24日 (土) チャイナビュー No.131

行谷小学校のトキ活動は2008年度の下記大会において環境大臣賞を受賞しています。

■(財)日本鳥類保護連盟

第43回 全国野生生物保護実績発表大会記録

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1970年1月8日 石川県

91218a1

年明け1月8日に佐渡から石川県の「いしかわ動物園」にトキが分散飼育されます。

1月8日は歴史的に意味のある日で、1970年1月8日に本州最後のトキ「能里(のり)」が捕獲された日。

40年ぶりのトキ来訪に向け、石川県では着々と準備が進められているようですね。

■北國・富山新聞:2009年12月18日

トキの「語り部」に 来園者に生態解説

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):2009年12月18日

トキ繁殖ケージが完成 いしかわ動物園

■asahi.com:2009年12月18日

トキ繁殖ケージ 完成を祝い式典

石川県能登でのトキに関する当ブログでの最近の主な記事は下記。

■佐渡トキの話題

2009年3月 6日 (金) トキ捕獲の方法
2009年12月 4日 (金) 42年前の能里の鳴き声

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒波襲来中

91218b1

ここ数日雪続きです。予報ですと佐渡では今週末がピークとのことで、まだ降雪が続くようです。

そんな状況の中、トキを心配する記事。

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):2009年12月17日
放鳥のトキ、雪の中懸命の餌探し

昨年は雪の少ない冬でしたが、それでも積雪がそれなりにあり、田んぼの水面は凍り、強風が吹きすさぶ中、トキは元気に冬を越しました。

昨冬に撮影した映像をもとにした主な記事は下記。

■佐渡トキの話題(動画)
吹雪く中エサを捕るトキ

サワガニがコロコロ悲しいトキ

氷を割るトキ

冬の畔で餌をとるトキ

冬の水路で餌をとるトキ

イモリを食べるトキ

寒風を突き進むトキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

朱鷺湖小学校児童の絵画展 

91217b1 石川県にあるNPO法人日本中国朱鷺保護協会の主催で朱鷺湖小学校(中国陝西省洋県草ば村)の子供たちが描いた絵の展示会が石川県庁で開催されています。

■中日新聞:2009年12月17日

トキの里 あふれる愛情 中国陝西省の児童 県庁で絵画展

以下、NPO法人日本中国朱鷺保護協会・事務局長からの案内です。

本年9月に訪中した際、中国で野生トキが生息する地域の子供達に
「トキへの想い」を絵画や書、墨絵などで表現して貰った作品を、
洋県朱鷺愛鳥協会のメンバーと協働で 中国陝西省洋県で、発表会を行ってきました。

その作品を、中国の子供達から借りることが出来ましたので、
以下の日程で「中国朱鷺支援活動 絵画展」を実施する運びとなりました。

■開催日程: 平成21年12月14日(月) ~ 21日(月)
 
■開催場所: 石川県庁 19回展望台 西側展示スペース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いしかわ動物園トキ・ケージ完成

91217a1 ■北國・富山新聞:2009年12月17日
トキ繁殖へ心新た ケージ完成 いしかわ動物園 監視カメラで常時観察

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

畦・水口の補修

91216a1 91216a2 91216a3 キセン城ビオトープの沢筋ブロック。

水口(排水口)の崩れ、畦の穴が目立ちます。目視と水田長靴で穴を見つけ、足で穴を押し込み流水を止めます。その後、沢から運んできた大きな石を突っ込み、畦を塗って補修完了。

足が冷たい、というか痛い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

初積雪

91215b1 91215b2 91215b3 91215b4 91215b5 91215b6 91215b7 キセン城ビオトープ。

今シーズン初めての本格的な積雪。

沢筋ブロックの畦の補修。補修するのに骨材として大きめの石を沢から運びました。大きな石を動かすと、ヤマアカガエルが流れて行きました。石の裏で冬眠を決め込んでいたのでしょうか? こちらの姿を意識してか石と石の境目に頭を突っ込んで隠れたつもり。でも、胴体は丸見えです(中段)。

胴体がパンパンに膨らんでいる(下段)のは来春の産卵を控えてのことなのでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分散飼育へ向けスクール 石川県

91215a1

■北國・富山新聞:2009年12月15日

トキ「里帰り」前に学ぶ いしかわ動物園でスクール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

人と生きもの いい関係

91214a1

■NHK:ダーウィンが来た!生きもの新伝説

もっと見たいスペシャル(1)

「人と生きもののいい関係」
12月20日(日)総合テレビ/地上デジタル
夜7時30分~夜7時59分
「復活計画も2年目に入り、繁殖が最大のテーマです。トキが群れで冬を越せるよう、放鳥の仕方など工夫を重ねています。最新の取り組みと人々の熱い思いを松本アナが取材。いっぽう、人の傍らでキリンが暮らすニジェールでは貧しい中でも共存を実現するため努力が続いています。

世界各地の「人と生きもののいい関係」もたっぷり紹介します。」(番組HPより抜粋)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

大学サイエンスフェスタ 国立科学博物館

091213a1
東京・上野公園にある国立科学博物館の「大学サイエンスフェスタ」に新潟大学が出展中。トキの展示もあり、トキになったつもりでの餌取り体験もあるとのこと。

国立科学博物館
12月11日(金)~12月20日(日)
発見!体験!先端研究@上野の山シリーズ「大学サイエンスフェスタ

■新潟大学
大学サイエンスフェスタ:みずから学ぶ環境

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

畔の補修 月布施・下柳平

91212a1 91212a2 91212a3 91212a4 91212a5 91212a6 大きく決壊したところを土嚢で補修。思ったより重症で20袋弱を積み上げ(上段左)。その他、いくつかの圃場で排水口を土嚢で補強。

モグラの行動跡のモッコリがあちこちにあり(上段右)。降雪を前にモグラの動きが活発な気配。畔がとても心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

遂にやってきた!

豊岡市の情報部員から歓喜のメール。

「J0018が福井県あわら市(石川県寄りの市)に現れたようです。あと約30キロ南で1971年に野生コウノトリ「武生」が捕獲された越前市(旧武生市)です。」

■福井新聞:2009年12月11日

あわらでコウノトリ確認 郷公園が放鳥、“2世”の雄

■福井新聞:2009年12月11日

福井市鶉地区にもコウノトリ飛来 05年4月以来(動画あり)

福井新聞コウノトリ支局のブログでも感動が伝わってきます。

コウノトリ支局日記:2009年12月11日
ついに・・・やってきた

コウノトリも偉いね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足跡を残す

91211a1 91211a2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

多摩動物園から7羽佐渡へ

91210d1

■47NEWS:2009年12月9日

トキ7羽を佐渡へ移送 放鳥に向け、多摩動物公園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬枯れガマとの格闘

91210c1 91210c2 91210c3 91210c4 91210c5 91210c6 キセン城ビオトープ。

畔のあちこちからオーバーフローしていた圃場。冬枯れガマも繁茂。フランクフルト状の穂が弾けていて着ていたフリースに弾けたものが付着。ガマの根が備中鍬にひっかかり泥を思うようにすくえません。泥を求めて圃場内を歩き回ったらガマをなぎ倒していて、まあまあいい感じ。でも水中内はガマの根、茎などが結構残っています。

水底で冬ごもりを決め込んでいた生き物たちを起こしてしまいました。カエルはオタマジャクシで冬籠りするものと、カエルで冬籠りをするものとがあるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ出没地域で観察会検討中

91210b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朱鷺島公開2カ月 1万人来訪

91210a1 91210a2

■メディア湖州:2009年12月9日

朱鷺島公開2か月 観光客1万人以上(動画)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

バイパス畔

91209a1 91209a2 91209a3 キセン城ビオトープ。

水の供給量に比べ水位があがらない圃場をよくみると、排水している場所以外に畔に大きな穴。崩れる心配があるので畔補修をしなければなりません。水をぬくことが出来ず、また棚田で畔も高いので、水の勢いと穴の大きさを考えると畔そのものを修復するよりも、その前面にダム的に畔のバイパスを造ったほうが確実に水が止められます。大きな石と泥でバイパス畔を造成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキの近くにコウノトリ

91209b1 昨年に続いて、今年もコウノトリが佐渡にやってきました。

夕方のテレビやラジオのニュースでは、トキ2羽がいる200メートルほどのところにコウノトリが確認されたことが伝えられていました。

このコウノトリは標識がないことから豊岡市で放鳥されたものではなく、大陸から飛来したものではないか、昨年飛来したコウノトリと同じ個体かどうかは不明、とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

大きな石で畔補修

91208b1 91208b2 91208b3 91208b4 91208b5 91208b6 キセン城ビオトープでの畔補修。

上段は、以前に補修のために土をのせた部分とからかなりの漏水をしていたので内側に新たに畔を仕立てました。大きな石を骨材に泥を塗って出来上がり。

下段左2枚は、畔決壊の修復。一度畔を切り落としてから泥をのせて畔の修復。

下段右端は畔にあいた大きな穴。最初は足で畔を踏んでいき軟らかい場所を見つけて、グリグリ足を押しつけていったらこんなに大きな穴になってしまいました。アメリカザリガニがあけたものでしょうかね? とりあえず大きな石をいくつも押し込み、泥を塗って畔として修復。

■農村工学研究所

アメリカザリガニの畦畔掘削による漏水の実態と対策技術

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキの年賀はがき

91208a1_3 91208a2  トキの郵便局と呼ばれている月布施郵便局を訪れるとトキの年賀はがきが販売されていました。新潟県内限定ですが、大好評のようで近隣の郵便局では売り切れ続出とのこと。20枚余りを求めたところで、月布施郵便局でも当初仕入れたものは売り切れとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

たくましく 越冬のトキ

91207d1読売新聞の写真部員の素敵なトキ写真特集。

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):写真:ズームアップ・ウィークリー:2009年12月7日

たくましく 越冬のトキ

読売新聞では、以前に中国トキ取材の写真記事が掲載されています。

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):写真:ズームアップ・ウィークリー:2007年2月7日

佐渡が目指す空

中国トキ視察交流2008の同行取材の紙面記事(新潟版)にも素敵なトキ写真が掲載されていましたね。こちらはネット記事にはなりませんでした。残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畔の補修 キセン城

91207c1 91207c2 91207c3 91207c4 91207c5 91207c6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前方からトキ飛来

91207b1

朝、自動車で走っていると前方数百メートル先の畔で今にも飛び立ちそうなトキ1羽を発見。自動車を停車。

すぐにこちらに向かって飛び立ち。どんどんこちらに向かって近づいてきます。胸ポケットに防水カメラがあったのですが、もう少し性能のよいコンパクトデジカメをカバンの中から手探り。なかなか手にできず、あわてているうちにトキは車の横20メートルほどを通過、カメラを手にして構えシャッターを押した時にはだいぶ通り過ぎていました。

先日、トキを目撃したところと同じ場所。その時はかなり長い時間をねばったのですが次の予定があり時間切れで飛び立つところは観れませんでした。今朝はトキがその続きを演じてくれたのかな。ありがとう!

■佐渡トキの話題:2009年12月4日

山際の水路がお好き?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コウノトリ石川県へ

91207a1 兵庫県豊岡市の情報部員からコウノトリが石川県へ飛来したとの情報。

トキより先にコウノトリですか。富山県か石川県でトキとコウノトリのランデブーというのもありそうな感じですね。

兵庫県立コウノトリの郷公園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

雪景色の中のトキ 中国・華陽鎮

91206b1 91206b2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JICA調査団 河南省視察記事

91206a1

董寨国家級自然保護区

最近のニュース:日本国トキ調査団 董寨国家級自然保護区を視察

■佐渡トキの話題:2009年10月10日 (土)
河南省のトキの様子を伝える映像

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

中国・下渚湖の位置

91205c1 91205c2 91205c3 91205c4 中国・浙江省・徳清県にある下渚湖センターの位置。

左列は地図、右列は航空写真。上海市に近いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2回目の樹幹注入

91205b5 91205b6

下柳平と上柳平の間および周辺には5haほどの松の植林地があります。3、4年前に営巣木として松を活用しようということで、松枯れ対策の樹幹注入の注射が施されました。そして、トキが入り込めるこの松林のうちの2haほどは立ち枯れた松の伐採なども行っています。

今、2回目の樹幹注入の作業が行われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝ぼけたカエル

91205b1 91205b2 91205b3 91205b4 月布施の下柳平ビオトープで畔塗り。

圃場内の泥を畔にのせる、モゴモゴと泥が動き、泥まみれのカエルが現れました。寝ぼけているようで、近づいても逃げません。眠いのか泥が気になるのか前足で目をこすりました。

水底で眠っているところを起こしちゃったかな、ゴメン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ報道が東京写真記者協会賞

91205a1

この1年ほど放鳥トキを追っている産経新聞のカメラマンが賞を受賞されたとのこと。

■MSN産経ニュース:2009年12月5日
「トキ、27年ぶりの飛翔」東京写真記者協会賞3部門で産経新聞受賞

東京写真記者協会 (TOKYO PRESS PHOTOGRAPHERS ASSOCIATION)
2009年 東京写真記者協会賞 受賞者

◎[企画部門賞・国内の部]
[ 同  国内の部・奨励賞]
「トキ、27年ぶりの飛翔」ー野生復帰に立ちはだかる試練 産経新聞社 大山 文兄

産経新聞では2010年のトキ・カレンダーを販売しています。

■佐渡トキの話題:2009年11月 9日 (月)

トキ・カレンダー2010販売

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

山際の水路がお好き?

91204e1 91204e2 91204e3 91204e4 自動車で走っていると飛行中のトキ2羽が田んぼに舞い降りました。

そして、山際の水路へ降りて採餌しているようで、姿を見せたり消えたり。

やはり、水路がお好き? 

山際の水路は田んぼより餌が豊かということなのでしょうかね。トキの歩行も考えて、山際の草刈り、下張りが必要ということでしょうか。

ちなみに、当ブログの関連記事は下記。

■佐渡トキの話題:2009年10月23日 (金) 

水路で餌を探すトキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪待ちの両尾ビオトープ

91204d1 91204d2 91204d3 91204d4 91204d5 91204d6 上段は両尾の長尾ビオトープ。

湛水は完了。水中には枯れた水草。有機物供給、水生昆虫の隠れ場所として良い環境を構築しているのではないでしょうか。

林道支線からからビオトープへの導入路は雑木や雑草などに悩まされましたが、今は冬枯れています。年間を通してこのような状況だと管理がしやすいんですけどね。晴天が続いて乾いていれば気持ちよく作業ができるのですが、これからの時期はそのような日はほとんど期待できません。1日のうちでもクルクル天気が変わり、地面はいつもぬかるんでいます。

下段は下流のボタボタ・ビオトープ。トラクターでの田打ち、畔塗りを行ったので湛水されるのを期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在のトキの分布

91204c1 前浜小学校の授業では、地名は入れずにクイズ形式で示しました。

赤丸はトキ飼育施設があるところ。青丸は日本における分散飼育予定地。

黄色で囲った所は、野生下にトキがいる大まかな範囲。

尚、中国では安微省(青四角)でもトキの取り組みが行われるようです。

■黄山市(安微省)企業誘致情報網:2009年8月5日

トキ人工飼育に関する投資

■中華投資網:

トキ人工飼育に関する投資

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前浜小学校のトキ学習 2009

91204b1 91204b2

前浜小学校のトキ学習にトックンとトキ太とで行ってきました。

これまでの取り組みの記事は下記。

■佐渡トキの話題

2009年2月20日 前浜小学校のトキ学習

今回は、2年生の授業(前浜小学校の今年度は1年生クラスがありません)と3年生以上の2つの授業。

内容は下記を伝えることに心がけました。

(1)トキの大きさ、重さを体感しよう

(2)トキの分布を知ろう

(3)トキの行動を映像から学ぼう(TOKI channel の映像)

(4)トキの視線から生息環境を考えよう

使用した映像資料は下記。

■佐渡トキの話題

トキが餌を食べる様子。

2009年6月30日 (火) ドジョウを食べるトキ
2009年8月15日 (土) イモリを食べるトキ
2009年8月23日 (日) 中国:タウナギを食べるトキ
2009年8月 1日 (土) サワガニがコロコロ悲しいトキ

田んぼ圃場内以外でも採餌。

2009年8月12日 (水) 冬の水路で餌をとるトキ
2009年8月 9日 (日) 冬の畔で餌をとるトキ

「冬、トキは寒くないの?」という声には下記。

2009年8月 5日 (水) 氷を割るトキ

餌を探す以外にも田んぼでの様子。

2009年7月 4日 (土) 水浴びをするトキ

人に近い所にも表れています。
2009年7月22日 (水) 雨の中散歩をするトキ

トキだけでなく、色々な生き物が住める環境が大切。
2009年7月21日 (火) アオサギと一緒に飛び立つトキ

当面の放鳥トキの大きな課題は繁殖。

2009年9月13日 (日) 中国:1つの松の木に営巣するトキ

子供たちとの学習で気付かされることが、いくつもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

42年前の能里の鳴き声

91204a1 91204a2

NHKニュースや新聞記事などで、本州最後のトキの能里の鳴き声のテープが発見されたことを伝えています。

録音していたのは日本中国朱鷺保護協会・名誉顧問の村本さん。長年収集したトキ資料を寄贈のために整理作業中に発見したとのこと。発見されたテープはカセット・テープが普及する前のオープンリール・テープ。時代の流れを感じます。

■47NEWS:2009年12月3日
本州最後のトキの声を発見 羽咋市の民家、約40年保管

トキの鳴き声については、佐渡・トキの森公園の展示館においても実際の鳴き声を使って状況別の解説があります。

■佐渡トキの話題:2008年3月20日

変身 トキ資料展示館

TOKI channel の動画でトキの鳴き声が聞き取れる主なものは下記。

飛び立つ寸前の鳴き声、交尾中の鳴き声。

■佐渡トキの話題

2009年8月 1日 (土) サワガニがコロコロ悲しいトキ
2009年9月13日 (日) 中国:1つの松の木に営巣するトキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

天皇陛下へトキ絵の陶磁器を贈呈

陶磁器の有名なブランドがあるハンガリー。

来日中のハンガリー大統領が天皇陛下へトキが描かれた陶磁器の絵皿を贈呈され、それを受けて天皇陛下は日本のトキの状況をご説明されたとのこと。

中国だけでなく、他の国でもトキが外交に貢献できる可能性があるのですね。

■NIKKEI NET(日経ネット):2009年12月3日

天皇陛下、ハンガリー大統領と会見

■毎日jp(毎日新聞):2009年12月3日

天皇陛下:ハンガリー大統領と会見

ハンガリー政府観光局

宮内庁

当ブログにおける陶器・磁器に関する主な記事は下記。

■佐渡トキの話題

2005年12月11日 (日) China のトキ
2006年5月19日 (金) ミレニアム・トキの額皿
2007年7月 7日 (土) 陶器買ってトキ応援
2006年7月21日 (金) 中国・陝西省・洋県のトキ絵皿
2006年12月19日 (火) 陶器のトキの展示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倒木処理

91203a1 91203a2

キセン城ビオトープ。

10月上旬の台風で倒れてしまったコナラ処理。

1メートルづつの玉切り。年輪を数えると50年弱。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

1月8日に石川県へ分散飼育

石川県でのトキの分散飼育が年明けの1月8日から行われることになりました。

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):2009年12月1日

トキ分散飼育1月8日開始

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第3次放鳥の方針決定

12月1日に開催されたトキ野生復帰専門家会合において、第3回目のトキ野生放鳥の方針が決まったようです。

来年も9月に1回だけで、最大20羽を順化ケージからソフトリリース方式で行うとのこと。

■47NEWS:2009年12月2日

来年9月にトキ20羽を放鳥 環境省の専門家会合

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):2009年12月2日

【放鳥トキ】来年9月 最大20羽大空へ

環境整備活動へ、市民、研究者、コンサルタントなどより多くの参加が不可欠です。特に市民の参加を得るためには、いろいろなところでの放鳥で周辺地域の方々の意識を高めていき協力を得ていくことは環境整備活動およびトキ・モニタリングなどで有効だと思います。また、中国ではハードリリースで成果をあげていることですし、ハードリリースの再検討もされてもいいのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運搬車のお仕事

91202a1 91202a2 91202a3 91202a4 91202a5 キセン城ビオトープ。

天候がよく乾いているとメインの道は4輪駆動車は通行できるのですが、今の時期はぬかるんでいて通行できません。運搬車が活躍しています。

作成中の炭焼き窯でも窯の上に被せる土運びで活躍。

伐採した木を薪や炭材として活用するのに玉切りしたものを運ぶのにも活躍。

運搬車は毎日の荷物の運搬に大活躍。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

返還トキ施設入居のニュース映像

今回の返還トキが浙江省徳清県の下渚湖センターに入居したニュース映像。

■浙江経視ニュース:2009年11月30日

4回目の返還トキは浙江省に定住します(映像)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衰弱トキを高校生が保護 中国・石泉県

中国・寧陝県で野生放鳥された後、行方不明となっていたトキを高校生が発見して保護したという記事。

寧陝県の隣の石泉県において、田んぼで弱っていたトキを高校生が保護。衰弱していたので畔を掘ってでミミズを捕ってきて与えたりなどもしたとのこと。

その後、寧陝県センターへ運ばれ手当を受け、元気を取り戻したようです。

■西部網:2009年11月30日

行方不明の野生放鳥トキを高校生が発見、保護(映像あり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夫婦で一生は本当か?

一番最初に中国から日本に贈られてきたペアの最近の様子を伝える記事。

中国でもトキの夫婦は一生添い遂げると言われているようです。

しかし、日本で野生放鳥された繁殖実績のあるペアは別行動をしていて「夫婦は一生添い遂げる」ということに疑問を感じています。

■asahi.com(朝日新聞社):2009年12月1日

DV・別居の果てに…あの夫婦、別れられぬ理由

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »