« かけ流しの効果 キセン城 | トップページ | 中国の野生トキ保護を伝える映像 »

2010年1月12日 (火)

寧陝中学のトキ活動

CCTV(中国中央電視台)の番組に、中学生(日本の高校生くらいの年齢)がユニークな活動をしている学校を訪ねてレポートする番組があるようです。

中国・西安市内の中学生がトキ野生放鳥の取り組みが展開されている寧陝県の寧陝中学のトキ・クラブを訪ねた番組が下記。

(上)では、寧陝県や洋県での野生トキ観察の様子や記録映像として2007年の放鳥の映像が紹介されています。

(下)では、中学生が撮影した映像が紹介されていて、産経新聞で紹介されたトキと猫のにらめっこのような猫がトキに近づいていき叫び声をあげているトキの様子。

ニワトリの卵を孵化させて、ウサギや猫の模型を使って刷り込みの実験。ファザーグースの映像も紹介されています。
寧陝朱鷺野生放鳥センターの訪問の様子もあり。

なかでもとても興味深いのは電動仕掛けのトキ・ロボット。鳴いたり羽をバタつかせたり、とても愛嬌があります。

学生たちはこのトキ・ロボットを使って、孵化した直後や育雛時の親の認識など刷り込み、危険警告などの学習に役立てようと目論んでいるようです。

我々のトックン(ぬいぐるみ)やトッキー(着ぐるみ)でも刷り込みをやってみたい!

■CCTV.com:

開けゴマ・朱鷺の家政婦(上)(動画)

開けゴマ・朱鷺の家政婦(下)(動画)

|

« かけ流しの効果 キセン城 | トップページ | 中国の野生トキ保護を伝える映像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寧陝中学のトキ活動:

« かけ流しの効果 キセン城 | トップページ | 中国の野生トキ保護を伝える映像 »