« 秦嶺山脈のトキの様子 | トップページ | ようやく雪解け 両尾・長尾ビオトープ »

2010年4月 9日 (金)

中国・西安の商談会に4大スター登場

100409b1 秦嶺山脈に生息している4大スターである、パンダ、キンシコウ、ターキン、トキが着ぐるみとなって商談会を盛り上げているようです。

でも、なぜトキだけ背丈が長いのかな?

洋県の「朱鷺の郷」のキャッチフレーズがあるので、トキが主役ということでしょうかね。

キンシコウは孫悟空のモデルの猿。西遊記になぞらえるならば、トキが三蔵法師で、昔の日本のテレビドラマだと故・夏目雅子さんというイメージ。河童と豚が、パンダとターキン。なかなかいい感じかも。

■中華人民共和国中央人民政府:2010年4月8日

第14回中国・東西部の投資と貿易商談会

|

« 秦嶺山脈のトキの様子 | トップページ | ようやく雪解け 両尾・長尾ビオトープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国・西安の商談会に4大スター登場:

« 秦嶺山脈のトキの様子 | トップページ | ようやく雪解け 両尾・長尾ビオトープ »