« トキの餌生物 好かれるモノ・嫌われるモノ | トップページ | トキの写真展 »

2010年4月 2日 (金)

個体識別は難しい

100402d1 少し離れた冬枯れした林の向こうで1羽の鳥が何度も旋回していました。シルエットでしたがクチバシの形状からトキとわかりました。

消えた方向に着陸したかもしれないので、確認行動。

車に戻って少々望遠の効くカメラを手にして、歩いて探索。見晴らしの効くところに辿りついた途端、トキはすぐ下にいたようで飛び出していきました。個体識別のためにカメラのシャッターを押したところ、カードがありません、というメッセージ。あ”~!

どんどんトキは離れていく中、胸ポケットの防水カメラを取り出して撮影しましたが、個体識別できるような撮影はできませんでした。

繁殖期ということなのか、佐渡島内においてもトキがあちこちと移動していて目撃されているようです。

|

« トキの餌生物 好かれるモノ・嫌われるモノ | トップページ | トキの写真展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個体識別は難しい:

« トキの餌生物 好かれるモノ・嫌われるモノ | トップページ | トキの写真展 »