« 孵化はトキとの共生の過程 | トップページ | 畔の大穴を補修 »

2010年4月22日 (木)

鳥のミイラはトキ類と判明

100422a1_2 100年ほど前に京都大学へ寄贈された鳥のミイラがトキ類であることが判明したというニュース。

ミイラは2000年前ほど前に作られたもとのこと。古代エジプトでは、「約3千年前からエジプトでは、神としてあがめる動物をミイラにする宗教的な慣習があった」とのことで、古代エジプトではトキ(アフリカクロトキ)は「トト神」という学問の神様。学問つながりということで当時、京都大学に寄贈されたのかな。

■京都新聞:2010年4月19日
鳥ミイラの正体はトキ エックス線で解析1916年英、京大に寄贈

■47NEWS(よんななニュース):2010年4月19日
ミイラは2千年前のトキと判明 京大総合博物館、X線で撮影

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):2010年4月20日
古代エジプト「トキ」のミイラ X線で判明…100年前、京大に英財団寄贈

|

« 孵化はトキとの共生の過程 | トップページ | 畔の大穴を補修 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥のミイラはトキ類と判明:

« 孵化はトキとの共生の過程 | トップページ | 畔の大穴を補修 »