« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

刈り倒しておいたガマの除去

101031a1 101031a2 101031a3 101031a4 両尾の長尾ビオトープ。

先日刈り倒しておいたガマの除去。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

トキの生息域増加の傾向

陝西省のトキの数に関してよりつじつまのあった記事が伝えられています。

■西部網(陝西ニュース網):2010年10月30日
中国の野生下のトキ700羽ほどに増加

野生下のトキについては、

記事にあるように中国では洋県周辺の6県、野生放鳥が3回行われている寧陝県。それと、秦嶺山脈の北側には昨年冬に楼観台から脱走したトキが周至県周辺に生息している模様。

日本では、放鳥を行っている佐渡島の他、海を渡って新潟市内、富山県射水市周辺にも現在滞在中。これまでにも大きく移動することが実績があるので、今後の移動にも注目です。

飼育されているトキについては、

中国では陝西省の4施設(洋県トキ救護飼養センター、洋県華陽、周至県楼観台、、寧陝県)、河南省(佐渡からの返還トキがいます)、浙江省(佐渡からの返還トキがいます)、それと北京動物園。

韓国ではウポ沼。

日本では、佐渡に2施設(佐渡トキ保護センター、野生復帰ステーション)、多摩動物公園(東京)、いしかわ動物園(石川県)、そして今年11月には島根県出雲市でも飼育が始まる予定。

■佐渡トキの話題
2009年12月 4日 (金) 現在のトキの分布
2010年4月20日 (火) 30年弱で100倍 中国の野生下
2010年9月12日 (日) 華陽への道

2010年10月28日 (木) 陝西省のトキ、30年で大家族に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

畔板の設置

101029a1 101029a2_2 101029a3_2 キセン城ビオトープ。

復元中の圃場は、下記に別途造成予定の圃場への水供給のため池の位置づけ。生き物の行き来よりも保水性を重視して畔板を設置。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

陝西省のトキ、30年で大家族に

1981年1月に日本の佐渡において野生下の5羽全鳥捕獲が行われました。これにより、野生下のトキがいなくなっていたと思われていたところ、1981年5月に中国・陝西省洋県において7羽が再発見されました。

来年は再発見30周年ですが、それを前に保護活動により増えたトキに関する記事。

■新華網・陝西頻道:2010年10月28日
7羽のトキが30年で「大家族」に発展

■新華網・日本語版:2010年10月28日
陝西省のトキ、30年で1400羽に増加

数字的に不明確な点がいくつかありますね。


陝西漢中朱鷺国家級自然保護区

陝西野生動植物保護協会

日本中国朱鷺保護協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年の繁殖5ヶ所で23組

101028a1 今朝のNHK新潟のニュース。

来年の人工飼育の繁殖は5ヶ所で23組で行われるとのこと。

■新潟日報:2010年10月27日
トキの繁殖ペア、来季は23に

■新潟放送:2010年10月27日
トキ来季は23ペア繁殖

佐渡トキ保護センター

野生復帰ステーション(佐渡)

多摩動物公園

いしかわ動物園

■出雲市:トキ分散飼育センター
広報いずも第132号(2010年9月9日号)

2010年の繁殖結果。

■佐渡トキの話題
2010年6月11日 (金) 今季ヒナ60羽生存 日本のトキ200羽!?

■環境省:2010年7月22日
平成22年のトキの繁殖結果等について(お知らせ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

畦積み上げひと段落

101027c1 101027c2 キセン城ビオトープ。

泥寄せ、畦の積み上げはひと段落。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキのすがた

101027b1 101027b2 環境省の製作の最新のパンフレット「トキのすがた」。

放鳥したトキの約2年間のモニタリングを通じて明らかになってきたことがまとめられています。

表面(写真左)には、

「トキ放鳥の方法」、「モニタリングって何?」、「放鳥されたトキの行方」、「放鳥トキの動き」、「営巣したペア」など図解されています。

裏面には(写真右)では、

「トキのさいじ(採餌)記」ということで、トキの1年を田んぼを中心に図解されています。季節ごとのエサ場環境とエサ生物の変化などの解説がされ、トキが使いやすい環境づくりの工夫が提示されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域再生のための人材養成

101027a1 10月27日付け新潟日報・佐渡面。

新潟大学の環境再生を目指した人材養成プログラムが開講したことが伝えられています。

■新潟大学:
朱鷺の島環境再生リーダー養成ユニット

国の認定を受けた佐渡市の地域再生計画を実現するために、その人材養成を新潟大学が担うものです。

佐渡市の地域再生計画については下記にて紹介されています。

地域活性化総合情報サイト

佐渡市の「トキの島の人づくり計画」が登録されています。

佐渡市の地域再生計画は下記をベースに練られています。

■佐渡市ホームページ
佐渡市将来ビジョン最終報告を発表しました

当ブログでは下記情報を記事にしています。

■佐渡トキの話題
2010年9月 7日 (火) 地域活性化総合情報サイト

新潟大学の人材養成事業は下記事業によるものです。

独立行政法人 科学技術振興機構

総合科学技術会議の方針に沿って文部科学省が運用を行う、政策誘導型の競争的資金として活用される事業として下記。

科学技術振興調整費
・平成22年度 科学技術振興調整費採択課題一覧
「地域再生人材創出拠点の形成」

養成された人材が、防災、環境、地域医療、少子高齢化等の地域固有の社会ニーズに対応して、その解決に貢献する取組となっていること。

5年間の事業ですが、3年目で見直しが行われ、評価が低いと打ち切りとなるとのこと。

佐渡においては、

労働力の流出、高齢化などにより森林や農地が放置され環境が悪化して佐渡の魅力が低下していき経済的にも元気がなくなっていくという負のスパイラルの状況。

これを、環境を整備していき、佐渡の魅力を増して経済的にも元気になってく正のスパイラルに変えねばなりません。

そのためには、理念の共有、知識と技術のレベルアップが必要。

新潟大学の人材養成講座がその実現を担い、大きな成果をあげることを期待。

環境整備の視点でとらえると、単年度で受講生、教職員で100名ほどの方々の事業。100名の方々環境整備を始めると(注:受講生の中には既に取り組みをされている方々もいる模様)なると、大きな力となりますね。

その大きな力・成果をもって環境整備をする方々の創出となることも期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

トキと人が暮らせる里を望む

101025a1 101025a2 トキ交流会館のエントランスにはトキ保護に関するパネル展示がされています。

■毎日jp(毎日新聞):2010年10月25日
特集ワイド:来月、3年目の放鳥 トキのDNA、信じている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

富山県で講演 石川の村本さん

101025b1 富山県内に個体4番が1年半近く滞在しています。

富山県でもトキに関心を抱く方々が増えているようです。そんな中、石川県の村本さんが講演を行ったとのこと。

■富山テレビ放送:2010年10月24日
「トキの今昔」特別講演会(動画あり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡りプロジェクト アメリカシロヅル

101025a1 101025a2 101025a3 101025a4 10月25日朝のNHK・おはよう日本。

名古屋での生物多様性のCOP10関連で昨日に引き続き野生復帰の話題。今日はアメリカシロヅル。

「ファザー・グース」のような取り組みが行われているようです。

■NATIONAL GEOGRAPHIC.JP:2010年9月号
特集:アメリカシロヅル

■bp special ECOマネジメント
ナショナル ジオグラフィック・スペシャル

■ナショナルジオグラフィック
動画:アメリカシロヅルの復活

■日経BPネット
アメリカシロヅル 最後の群れをみつめる

Whooping Crane - Wikipedia, the free encyclopedia

■USFWS:Whooping Crane in the Eastern U.S.

Whooping Crane Reintroduction - Operation Migration -

Whooping Crane Eastern Partnership

■WDNR:
Migratory Whooping Crane Reintroduction

「ファザー・グース」の取り組みで行われた「刷り込み」ですが、トキの野生放鳥が行われている中国・寧陝県の中学生がトキに実施しようと実験を行っています。

■佐渡トキの話題
2009年9月21日 (月) 刷り込み
2010年1月12日 (火) 寧陝中学のトキ活動

当ブログでこれまでに紹介した再導入の記事は下記。

■佐渡トキの話題
2009年9月16日 (水) ノガンの野生復帰 イギリス

トキ、コウノトリの再導入を行っている組織のページは下記。

陝西省野生動植物保護網

■環境省:野生復帰ステーション

兵庫県立コウノトリの郷公園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

ヨシの刈り倒し

101024c1 101024c2 101024c3 101024c4 101024c5 101024c6 羽二生ビオトープ。

ヨシが繁茂してしまった圃場の草刈り。湿田に生えた2メートル以上のヨシを笹刈り刃を付けた草刈り機で2段切り。

刈り倒したヨシを田んぼの外へアメリカンレイキを使ってまくっていき搬出。

切り株が残っていますが、キャタピラのトラクターで耕運するのですが、パンクが心配。

羽二生ビオトープは全体で3haほど。ヨシに覆われ始めている圃場がいくつかあり心配ですが、概ね良好。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンダの野生復帰

101024b1 101024b2 10月24日朝のNHK・おはよう日本。

名古屋での生物多様性のCOP10関連で続き野生復帰の話題。パンダの野生復帰へ向けた取り組み。

人間が極力接しないよう訓練が行われているようです。それでも、近づかねばならない場合は、ナント! パンダの着ぐるみで近づくとのこと。ニュースでは着ぐるみでの歩行訓練、パンダに近づいての撮影の様子が伝えられていました。

! 我らのトッキー(着ぐるみ)でトキに近づいてみたいです。

■AFPBB News 2010年07月25日
野生繁殖への第一歩、妊娠中のパンダを「半野生」環境へ

■japanese.china.org.cn:2010年5月30日
世界初のパンダ野生復帰研究センター、都江堰で着工

■レコードチャイナ:2007年6月1日
世界初の野生復帰パンダが死ぬ、1年と持たず―四川省臥龍自然自然保護区

日本パンダ保護協会

YouTube - Panda Reintroducing

China Giant Panda Museum_Virtual Science Museum of China

■WWF・china:
Captive pandas

■NHKエコチャンネル:2010年10月24日
ジャイアントパンダ 野生化への挑戦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

COP10参加者の視察

101024a1 名古屋で開催中の生物多様性のCOP10に海外から参加した方々が佐渡を訪問したことが伝えられています。

石川県には50名ほどが訪ねたようで、「いしかわ動物園」でトキを視察ことが伝えられています。

■asahi.com:2010年10月24日

COP10参加者 トキ飼育を視察

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

ガマの刈り倒し

101023b1 101023b2 101023b3 101023b4 両尾の長尾ビオトープ。

圃場内に繁茂していたガマを草刈り機で刈り倒す作業完了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

耕運する為に草刈り

101023a1 101023a2 101023a3 101023a4 両尾のボタボタ・ビオトープ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

トキの特集号 いしかわ動物園季刊誌

101022b1 101022b2 トキの分散飼育が行われている「いしかわ動物園」。その季刊誌の『アニマルあいず』2010秋号は、「トキの特集号」。

1部200円+送料で頒布していただきました。

いしかわ動物園

■北國・富山新聞:2010年10月6日

1冊丸ごとトキ特集 いしかわ動物園の季報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

報道陣に公開 放鳥待ちトキ

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):2010年10月22日
放鳥待つトキ14羽、生きる力高めてます

■NHKニュース:2010年10月22日
放鳥前のトキ 報道陣に公開

 
■47NEWS(よんななニュース):2010年10月22日
放鳥へ、訓練最終段階 佐渡のトキ14羽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

まだ畦積み上げ

101021a1 101021a2 101021a3 101021a4 キセン城ビオトープ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

韓国のトキ専門家

101020d1 101020d2 101020d3 101020d4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畦づくり

101020b1 101020b2 101020b3 101020b4 キセン城ビオトープ。

復元中の圃場。圃場内の泥で畦立て。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

101020a1_2  10月20日付け新潟日報1面。

名古屋で開催中の生物多様性の国際会議において、佐渡市長が講演を行ったというニュース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「里山」で行こう!

■MSN産経ニュース:2010年10月20日
【COP10】 「里山」活動に国際組織 保全と利用の両立支援

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):2010年10月20日

里山5県知事サミット 活動報告や意見交換

石川県副知事は「『トキがはばたくいしかわの実現』を県民共有の目標に」と報告を行ったとのこと。

■NNNニュース:2010年10月19日
COP10里山サミット 県の取り組み発表(動画あり)

里山里海の活動を展開している金沢大学も組織に参加のようです。

金沢大学能登半島里山里海自然学校

■環境省 自然環境局 里地里山の保全・活用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

放り投げられても飛行 中国

101018d1 101018d2 101018d3 101018d4 101018d5 101018d6 2007年の中国・寧陝県における野生放鳥では人の手からの放鳥が強い印象で報じられました。

昨夏の2回目の放鳥でも同様に放鳥される姿が映像で伝えられています(上段:左から右へ連続写真)。

放り投げられても、体勢を整え元気よく飛行していく姿にトキのたくましさを感じます。

でも、やっぱりトキがケガをしないかとても心配。

■佐渡トキの話題
2009年9月25日 (金) 8月19日放鳥映像 中国・寧陝県(動画あり)

中国のトキはたくましい、と思っていたら・・・

中国に返還された佐渡産まれのトキも、ケージ内で箱から出されると同時に放り投げられても、体勢を整え飛んでいます!(下段:右から左へ連続写真)

■マスコミ湖州:2009年12月30日
徳清:日本が中国へ返還した10羽のトキ入居(動画あり)

■佐渡トキの話題
2010年9月 7日 (火) 徳清県・朱鷺島のトキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟フェア開催中 上海万博

■新潟県
上海万博日本館イベントステージにおいて「新潟フェア」を開催します

■新潟日報2010年10月12日
山古志の錦鯉、上海万博へ出発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

COP10で鳥ペーパークラフト活躍

101018b1 ■MSN産経ニュース:2010年10月9日
“鳥連合4市”がグッズ作製 COP10フェアでアピール

■asahi.com:2010年10月12日
コウノトリの野生復帰PR

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):2010年10月8日
11日から名古屋でCOP10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研究支援拠点新設 金沢大

■日本経済新聞:2010年10月16日
金沢大、研究支援拠点を新設 NPOなどと交流

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

守ろう 多様な生命を

101017c1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空を飛ぶメカニズム

101017b1_2 ■NHK
アインシュタインの目
「鳥 空を飛ぶメカニズム」
BS-hi
10月19日(火) 午後 7:00~ 7:44   
10月21日(木) 午前 8:15~ 8:59  

BS-2
10月22日(金) 午後 8:00~ 8:44  
10月29日(金) 午後 4:00~ 4:44  

スタッフコラム|アインシュタインの眼
♯117 鳥 空を飛ぶメカニズム 構想3年、ついに・・・!

■佐渡トキの話題
2008年10月10日 (金) BBC地球伝説

2009年1月27日 (火) 飛ぶしくみ大研究

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畔草刈りとガマ駆除

101017a1_2 101017a2_2 101017a3 101017a4 101017a5 101017a6 両尾の長尾ビオトープ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

ボタボタの草刈り

101016a1_5 101016a2_5 101016a3_2 101016a4 両尾のボタボタ・ビオトープ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

放鳥口近くで採餌

101015b1 101015b2 101015b3 トキ交流会館のライブ映像。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月1日オープン! 3次放鳥

■NHKニュース:2010年10月15日
トキ3回目放鳥 来月1日から(動画あり)

■47NEWS(よんななニュース):2010年10月15日
トキ、3回目放鳥は11月1日 佐渡の14羽

■毎日jp(毎日新聞):2010年10月15日
トキ:第3次放鳥は14羽 11月1日から佐渡で

■テレビ新潟:2010年10月15日
トキ3次放鳥 来月1日から実施(動画あり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

集団で止まり木に ライブ映像

101014c1 101014c2 トキ交流会館のライブ映像。

夕方、集団で新設された止まり木に止まっていました。数羽が飛びだしたり、戻ってきたり動きがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泥運び

101014b1 101014b2 101014b3 101014b4 101014b5 101014b6 キセン城ビオトープ。

林内の圃場の復元中。沢から導水した水のお陰で、昨日よりは鍬で泥を扱いやすくなっています。ソリをロープで引っ張り、2人掛かりで泥運び。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清水平の堤改修中

101014a1_2 101014a2_2 101014a3_4 101014a4 101014a5 101014a6 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

仮の畔をたてる

101013a1 101013a2 101013a3 101013a4 キセン城ビオトープ。

復元中の林内の圃場。仮の畔を立てる作業。水分が少なく鍬にも長靴にも泥が重くひっついたり、灌木の根があったりで悪戦苦闘。

作業終了時に沢の水を導水して、明日の作業に備えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

101012b1 101012b2 101012b3 101012b4 101012b5 101012b6 101012b7 101012b8 101012b9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

取水口補修、ヘビ脱皮、土砂除去

101012a1 101012a2 101012a3 キセン城ビオトープ。

キセン城ビオトープの上流は旧佐渡トキ保護センターがあった清水平。今、ため池の堤の補修工事が行われていて、時折大水が放水されているのか、大雨でもないのに大水がでることがあります。

取水口の河床が下がってしまったので、河床を少し掘って取水装置を再設置。

作業小屋で横になって休んでいて、ふとロープの束に目をやると、異質なものを発見。ヘビが居住しているようで脱皮の後。

復元中の圃場は、取水口周辺に扇状地状に堆積した泥を除去し、畔に活用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

圃場内の草刈り

101011a1 101011a2 101011a3 101011a4 月布施の上柳平ビオトープ。

連日の雨で圃場は湛水されています。水面すれすれを刈っていくので、水しぶきが飛ぶことしばしば。全身に水しぶきを浴びながらの作業。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

放鳥トキの繁殖成功へ向けて

先日のトキ専門家会合では、野生放鳥方針の他、野生下での繁殖についても議論が行われたようです。

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):2010年10月6日
トキの繁殖失敗、背中のGPSが交尾邪魔か

背中のGPS装置が交尾の障害になっているのかどうか、今後実験するということですが、なぜ野生放鳥する前に実験しなかったのか? とても疑問です。

GPS装置に関する当ブログの記事は下記。
装置を背負っている写真については、多くの方々が写真を公開されています。

■佐渡トキの話題
2008年3月29日 (土) トキ・モニター養成講座2

中国では首に巻くタイプの装置で繁殖に成功しています。
■佐渡トキの話題
2009年9月15日 (火) 中国・寧陝県でトキ10羽野生放鳥
2010年5月27日 (木) 中国・寧陝県 今季の野生繁殖状況

背負った装置が障害になっている可能性も気になりますが、下記についてもとても気にななります。

(1)トキの発情はどのように起きるのか?
(2)雌の産卵はどのようなタイミングで起きるのか?
(3)交尾のタイミングはどのようなときに行われるのか?
(4)そもそもトキは繁殖行為・活動をどのタイミングで学習しているのか?

(4)については、断片的な観察ですが、巣立ち前に親による性教育(繁殖活動教育)が行われているように感じます。
 この知見について客観的な判断材料としては、人工育趨と自然育趨(親による育てられる)のヒナが親になったときの繁殖成績を参考にできるのではないでしょうか?

■佐渡トキの話題
2010年7月15日 (木) 中国:性教育をするトキ

巣立ち前に性教育(繁殖活動教育)がされていると仮定するなば、順化ケージの中に繁殖ペアを同居させるか、もしくは、順化ケージの中に繁殖ケージを設置し繁殖ペアを入れて、放鳥予定個体に学習させたほうがよいです。

2008年5月の中国トキ視察交流の折、中国・寧陝県の順化ケージの中には、繁殖ペアも一緒に入っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

トキの剥製・はく製・ハクセイ

101009b1_2  トキに関することを学ぶのに、トキのはく製が活躍しています。

■中日新聞:2010年10月9日
トキのはく製公開 草津のCOP10巡回展

■北國新聞:2009年5月31日
石川のトキ、DNA鑑定 「里帰り」前に生態解明へ

数年前に下記団体が、全国の学校にアンケート調査を行っています。

トキの標本・はく製を所有している学校が35校あったとのこと。

■財団法人 山階鳥類研究所
全国の学校における鳥類標本保有状況アンケート

下記書籍のp180~182にトキ標本一覧が掲載されています。

■Amazon.co.jp: 『トキ永遠なる飛翔―野生絶滅から生態・人工増殖までのすべて
総監修:近辻 宏帰、ニュートンプレス(2002年)

当ブログにおけるトキ標本・はく製に関する記事は下記。

■佐渡トキの話題
2006年3月17日 (金) 巣の展示
2006年11月 9日 (木) トキ剥せい
2006年12月15日 (金) 上野にトキのハクセイ
2008年3月18日 (火) トキはく製を友好の入間市へ
2008年3月20日 (木) 変身 トキ資料展示館
2009年3月27日 (金) 東京トキ巡り2
2009年4月 2日 (木) 国立科学博物館のトキ
2009年5月11日 (月) 愛鳥週間のトキ展示
2009年10月 2日 (金) 中国建国60周年 重要保護動物展
2010年8月10日 (火) トキの森公園でトキ解説 行谷小
2010年8月16日 (月) トキ写真展 長野県上田市 
2010年10月 9日 (土) 山階鳥類研究所の標本データベース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山階鳥類研究所の標本データベース

(財)山階鳥類研究所のホームページにおいて所蔵する標本のデータベースが公開されています。

財団法人 山階鳥類研究所

数種類の検索ができるようになっています。簡易検索で「トキ」と入力すると、結構な数がヒット。トキの個体全体が確認できるものを抜き出してみました。

山階鳥類研究所 標本データベース
トキ Nipponia nippon YIO-00220
トキ Nipponia nippon YIO-08760
トキ Nipponia nippon YIO-08761
トキ Nipponia nippon YIO-08762
トキ Nipponia nippon YIO-08763
トキ Nipponia nippon YIO-08764
トキ Nipponia nippon YIO-08765
トキ Nipponia nippon YIO-08766
トキ Nipponia nippon YIO-08767
トキ Nipponia nippon YIO-08768
トキ Nipponia nippon YIO-08769

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

泥上げ

101008b1 101008b2 101008b3 キセン城ビオトープ。

田んぼの復元に取り組み始めたばかりの林内のビオトープ。

邪魔な蔓や灌木を伐採して、ソリに載せて搬出。

放棄されて長い年月を経ているので、隣接する沢からの土砂が流入していて、区別がつかなくなってしまっています。

沢を埋めてしまっている土砂を除去して沢の流れを復活させました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近似種で飼育試験 出雲市

■中国新聞:2010年10月7日
トキ飼育を控え近似種で試験

■毎日jp(毎日新聞):2010年10月6日
トキ近似種:外敵など確認へ 飼育始まる--出雲

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):2010年10月6日
トキ飼育へ近似種で試験…島根・出雲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

林内の田んぼの復元開始

101007a1 101007a2_2 101007a3 キセン城ビオトープ。

まずは草刈り。ソリを使っての運び出し。ぬかるんだ圃場内を歩かない工夫。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

今後のトキ放鳥方針

■毎日jp(毎日新聞):2010年10月5日
トキ:春と秋各20羽、放鳥へ 野生復帰専門家会合で環境省方針

■asahi.com:2010年10月5日
トキ4次放鳥は来春 環境省提案、3次は11月初旬に

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):2010年10月5日
トキの放鳥、年2回・各20羽に…環境省会合

■テレビ新潟:2010年10月5日
トキ3次放鳥は来月初旬に実施へ(動画あり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩荷

101006a1 101006a2 キセン城ビオトープへの林道は川を渡る道が流されたまま、復旧の見通しがたっていません。

荷物は運搬車か歩荷で運びます。本日は30分以上の歩荷。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

佐渡弥彦米山国定公園 拡張候補に

101004b1 ■日本経済新聞:2010年10月4日
国立・国定公園の新規・拡張候補地、18カ所選定 環境省

■新潟県
国定公園:県内の国定公園

自然公園:県立自然公園

国定公園 - Wikipedia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ写真グランプリ! COP10写真コンテスト 

101004a1COP10支援実行委員会
COP10支援実行委員会:絵画・写真コンテスト

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):2010年10月2日
相良君(小2)らグランプリ : COP10あいち・なごや「絵画・写真コンテスト」

ひとりごと ~トキに魅せられて~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

朱鷺神社奉賛会 準優勝!

101003a1 101003a2 101003a3 101003a4 両津駅伝に朱鷺神社奉賛会で参加しました。

野浦集落の若者を中心に5区間をタスキをつなぎ、見事準優勝!

表彰式には朱鷺神社Tシャツを着て臨みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

放鳥2年経過

101002b1 10月2日付け新潟日報・地域面。

隔週土曜日のトキ便り。稲刈り後で餌が取りやすくなっていることが微笑ましく伝えられています。

先月で1次放鳥から2年が経過。記されている図によると現在の確認状況は下記のようです。

1次放鳥 5羽(10羽放鳥)

2次放鳥 12羽(20羽放鳥)

不明(1年未満) 9羽(1次:3羽、2次:7羽)

現在確認されている個体のうち2羽が本州。新潟市内(2次放鳥)と富山県内(1次放鳥)。

これまでに死亡確認がされたのは1次放鳥の1羽のみ。それと、2次放鳥では放鳥直後に保護されたものが1羽。

■野生復帰ステーション

放鳥トキ情報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間伐完了 上柳平

101002a1 101002a2 101002a3 101002a4 101002a5 月布施の上柳平ビオトープ。

下柳平ビオトープと上柳平ビオトープの間にある松林の間伐が完了。

■林野庁:

条件不利森林公的整備緊急特別対策事業(森林・林業・木材産業づくり交付金)

畦草刈りも完了。

後日、伸びすぎた草がある圃場の草刈りを行う予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »