« トキと人が暮らせる里を望む | トップページ | トキのすがた »

2010年10月27日 (水)

地域再生のための人材養成

101027a1 10月27日付け新潟日報・佐渡面。

新潟大学の環境再生を目指した人材養成プログラムが開講したことが伝えられています。

■新潟大学:
朱鷺の島環境再生リーダー養成ユニット

国の認定を受けた佐渡市の地域再生計画を実現するために、その人材養成を新潟大学が担うものです。

佐渡市の地域再生計画については下記にて紹介されています。

地域活性化総合情報サイト

佐渡市の「トキの島の人づくり計画」が登録されています。

佐渡市の地域再生計画は下記をベースに練られています。

■佐渡市ホームページ
佐渡市将来ビジョン最終報告を発表しました

当ブログでは下記情報を記事にしています。

■佐渡トキの話題
2010年9月 7日 (火) 地域活性化総合情報サイト

新潟大学の人材養成事業は下記事業によるものです。

独立行政法人 科学技術振興機構

総合科学技術会議の方針に沿って文部科学省が運用を行う、政策誘導型の競争的資金として活用される事業として下記。

科学技術振興調整費
・平成22年度 科学技術振興調整費採択課題一覧
「地域再生人材創出拠点の形成」

養成された人材が、防災、環境、地域医療、少子高齢化等の地域固有の社会ニーズに対応して、その解決に貢献する取組となっていること。

5年間の事業ですが、3年目で見直しが行われ、評価が低いと打ち切りとなるとのこと。

佐渡においては、

労働力の流出、高齢化などにより森林や農地が放置され環境が悪化して佐渡の魅力が低下していき経済的にも元気がなくなっていくという負のスパイラルの状況。

これを、環境を整備していき、佐渡の魅力を増して経済的にも元気になってく正のスパイラルに変えねばなりません。

そのためには、理念の共有、知識と技術のレベルアップが必要。

新潟大学の人材養成講座がその実現を担い、大きな成果をあげることを期待。

環境整備の視点でとらえると、単年度で受講生、教職員で100名ほどの方々の事業。100名の方々環境整備を始めると(注:受講生の中には既に取り組みをされている方々もいる模様)なると、大きな力となりますね。

その大きな力・成果をもって環境整備をする方々の創出となることも期待。

|

« トキと人が暮らせる里を望む | トップページ | トキのすがた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域再生のための人材養成:

« トキと人が暮らせる里を望む | トップページ | トキのすがた »