« トキに関する日中協力事業が開始 | トップページ | トキの森プロジェクトで温暖化防止 »

2010年12月22日 (水)

分散飼育地産まれのトキ野生放鳥

101222d1 ■中日新聞:2010年12月21日
ワイド窓 トキ分散飼育  技術向上確かな手応え
本州最後のトキ「能里(のり)」が石川県穴水町で捕獲され、佐渡に移されてからちょうど四十年後の今年1月8日に石川県の「いしかわ動物園」に4羽のトキが戻されました。
記事では移送からの経過について記され、

「分散飼育は、人と生き物が共生する社会を考えるきっかけにもなった。「いつか石川生まれのトキが放鳥されれば」と同園関係者。自然環境や人の意識が整って初めて、トキの“真の里帰り”が実現する。 」

と結んでいます。

これまでに多摩動物公園生まれのトキ19羽が戻されています。

■佐渡トキの話題
2010年12月19日 (日) 4羽到着、3羽出発 多摩動物公園と

■TokyoZooNet:
2010年1月15日 トキ映像&パネル展開催(多摩動物公園) (動画あり)

そのうちの4羽が2次放鳥で野生放鳥されています。

■環境省・放鳥トキ情報
これまでに中国に戻された佐渡産まれのトキは河南省、浙江省などで飼育されています。

これらの地域でも近い将来に野生放鳥の計画があるので、佐渡産まれのトキやその子孫が近い将来に中国で野生放鳥されるかもしれません。

浙江省徳清県の施設に送られた佐渡産まれのトキ情報は下記。
■佐渡トキの話題
2010年10月18日 (月) 放り投げられても飛行 中国

河南省信陽県の施設に送られた佐渡産まれのトキ情報は下記。
■佐渡トキの話題
2009年12月 6日 (日) JICA調査団 河南省視察記事

|

« トキに関する日中協力事業が開始 | トップページ | トキの森プロジェクトで温暖化防止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分散飼育地産まれのトキ野生放鳥:

« トキに関する日中協力事業が開始 | トップページ | トキの森プロジェクトで温暖化防止 »