« 笹神と野浦の交流会 | トップページ | 協定締結の佐渡産コシヒカリの創出基金額確定 »

2011年3月 7日 (月)

新たな個体確保と自然再生へ向けて 韓国

韓国での新たなトキ導入と自然再生に向けた取り組みに関する記事。

韓国の慶南道昌寧郡には2008年秋に中国からトキ1ペアの貸与を受け、翌年には繁殖に成功。現在は貸与された2羽の他、韓国産まれの4羽、計6羽が飼育されています。

2015年までに50羽、という目標達成のため、新たな個体を確保するために、中国や日本との交渉を考えているとのこと。

飼育基地のある牛浦(ウポ)沼周辺は、かつて自然湿地だったが1950~60年代に食糧確保のために埋立てをしたとのこと。その自然再生のために総額199億ウォン(日本円:15億円位)で、面積的には300平方キロメートルほどの用地買収、施設建設を行うとのこと。

■JoinsMSN:2011年3月6日
慶南道(キョンナムド)、今年トキ一組追加導入へ向けて

■Daum:2011年3月6日
慶南道(キョンナムド)、今年トキ一組追加導入へ向けて

|

« 笹神と野浦の交流会 | トップページ | 協定締結の佐渡産コシヒカリの創出基金額確定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新たな個体確保と自然再生へ向けて 韓国:

« 笹神と野浦の交流会 | トップページ | 協定締結の佐渡産コシヒカリの創出基金額確定 »