« トキと田んぼを考えるシンポジウム 2003年度 | トップページ | 4次放鳥開始! 初日は7羽 »

2011年3月 9日 (水)

ビタミン不足対応にご注意

110309b1 110309b2 明日10日からの4次放鳥を前に、ドジョウの偏食によりビタミン不足で異常をきたし保護された個体が4羽もでたことをうけて、専門家会合での議論された内容を伝えるニュース。

順化ケージ内に刈った草を積んでミミズなどを増やして、ドジョウ以外も探餌するように工夫するとのこと。

それでも、異常をきたす個体がでるようだとビタミン剤の投与も考えるとのこと。

■NHKニュース:2011年3月9日
トキ ビタミン不足で対策へ(動画あり) 

■毎日jp(毎日新聞):2011年3月9日
トキ:10日に4回目の放鳥 ビタミン欠乏で訓練中断も

ちと、気になるのは野生下でもドジョウばかりで他の餌も与えなければ、ということで地域の方々がトキの餌として外来種の生物を投入することを防止しなければいけません。

7年前のシンポジウムの記録にもちゃんと記載されています。また、協議会などでも毎年のように、外来種防止の手立てをしてください、とお願いしています。

が、明確に組織だって対応がされているとは言えない状況ではないでしょうか。

是非、よろしくお願いします。

■佐渡トキの話題
2011年3月 9日 (水) トキと田んぼを考えるシンポジウム 2003年度

|

« トキと田んぼを考えるシンポジウム 2003年度 | トップページ | 4次放鳥開始! 初日は7羽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビタミン不足対応にご注意:

« トキと田んぼを考えるシンポジウム 2003年度 | トップページ | 4次放鳥開始! 初日は7羽 »