« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月31日 (木)

我孫子市鳥の博物館

130131c1

我孫子市鳥の博物館

新年を祝って、幸せをよぶ鳥、と言われているコウノトリ、トキが玄関で出迎えているとのこと。

■我孫子市鳥の博物館
展示ナウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキふたたび舞う 昨夏の夏休み特別企

130131d1_2

■我孫子市鳥の博物館
トキふたたび舞う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキのストラップ 我孫子市鳥の博物館

130131b1

先日来島した着ぐるみファンからいただいた、携帯ストラップ。
我孫子市鳥の博物館でのトキ企画の折に販売されていたとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキの缶バッチ 我孫子市鳥の博物館

130131a1

先日来島した着ぐるみファンからいただいた、缶バッチ。
我孫子市鳥の博物館でのトキ企画の折に販売されていたとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

1970年代制作の絵ハガキセット 販売中

130130c1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ活動拠点施設周辺に出没

130130b1 130130b2 130130b3 130130b4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道路を横断するトキ 2題

130127z1_2 130127z2 130127z3 130127y190228b5


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

朱鷺絵ハガキのセット

130129a1 130129a2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月)

入館記念品 トキの森展示室

130128a1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

佐渡トキチョコキャラメル

130127a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

モグラコオロギ 

130126c1

先日、トキが畦からケラを引きずり出して何匹も食している姿をみて、ちとケラについて調べてみました。

前足はモグラそのもの。掘るのが得意というのがよくわかります。仲間的にはコオロギ。
英名では「モグラコオロギ」という意の名前がついているとのこと。

佐渡では、田んぼだけでなく、街中にもケラがたくさんいます。街中にいるのは頭が黒く図体が大きいですが(人の名字)。

■佐渡トキの話題
2013年1月20日 (日) ケラを放り投げて食べる

2013年1月22日 (火) ケラを口へ向けて放り投げるトキ 連続写真

ケラ - Wikipedia

p11、p36にケラの記述があります。

■農村環境整備センター
田んぼの生きもの図鑑 -昆虫編 バッタ目-

昆虫エクスプローラ
自然:ケラ

切手に見る世界の昆虫と動物
ケラ科:ケラ

動物写真のホームページ(動物の動画、動物図鑑、ペットの写真、花の写真、風景写真もあるよ~!)
ケラ(螻蛄・オケラ) - 動物図鑑 - 動物写真のホームページ

下記ではケラの鳴き声が聞けます。

SHIBUYA's HOMEPAGE
市川の自然 | 虫 | ケラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森林ワーキンググループ 研修

130126b1011004_2 130126b2011004 130126b3011004 130126b4011004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高速道路を横断するゾウ タンザニア

130126y2060821 130126y3060821 130126y1060821 Tzb01

高速道路を横断するゾウ。
ゾウをやりすごしたと思ったら今度はガゼルの集団が横断。

タンザニア国ミクミ・ナショナルパークの中に高速道路が通っていて、走行中の車窓から野生動物を眺めることができます。時にはこのように目の前を動物たちが横断する姿に出くわすことも。

2006年8月撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月25日 (金)

トキ野生復帰セミナー 2月16日

130125e1

■新潟県:
緊急セミナー 「今年もトキのヒナを誕生させよう!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農業遺産の取り組みで観光振興を図ろう

韓国でも観光収入の比率を高めようということで、農業遺産の取り組みを展開しようという記事。日本の事例も記されています。

■서울신문;ソウル新聞:2013年1月23日
서울신문] [씨줄날줄] 국가농업유산/육철수 논설위원

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三国志から学ぶ

130125b1

先日、コンビニエンスストアで上記書籍を購入。

昨年4月からはBSフジでドラマが放映されていました。とても見応えのあるドラマ。

ここのところ毎年総理大臣が変わる日本。
失われた日本の20年、などと先日ニュースでも伝えていました。

この20年の日本の混乱は三国志(魏・蜀・呉)のようにも思えます。人物像、事象、関係構築など今の世の中にも通じるように描かれているようにも感じます。

中国のトキの故郷の洋県は、蜀に漢中市にあります。
また、
仁徳の人、ということで蜀の劉備でありたいと思っていました。が、

三国志に描かれている人物像は、それぞれとても興味深いですね。

ドラマ「三国志」公式サイト
三国志 Three Kingdoms オフィシャルブログ

下記にて全95話が鑑賞可能です。
配信は2016年秋まで、最初の7話は無料。

■GyaO![ギャオ]|ドラマ
三国志 Three Kingdoms

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもたちの絵の自販機 農協・赤玉委託店

130125a1 130125a2 130125a3

自動販売機が赤系から白系に変わった、と思ってよくみると子どもたちの絵が描かれています。紙のポスターではなく、鉄系の堅い素材に印刷したものを貼りつけています。
「佐渡を美しくする会」(JC佐渡)主催の絵のコンクールの入選作品とのこと。
トキの絵の作品が、片野尾の子どもが描いたもので、先日先生が児童を引き連れて見学にきたとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木)

トキの棚田活動10年の力

130124a1030720_2 130124a2110206c5

■佐渡トキの話題
2013年1月23日 (水) 中島峰広先生・叙勲記念論文集

筆者の原稿。

「あぁ、すばらしい! なぜ、この棚田が棚田100選に選ばれなかったんですかね?」
「選考委員の方々の見る目がなかったんじゃないでしょうか」(筆者)

「私も選考委員のひとりだったんですが・・・(苦笑)」

と、棚田ネットワークが佐渡での活動当初、初めて岩首の棚田をご案内したときの中島先生と私のやりとり。

続きを読む "トキの棚田活動10年の力"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水)

畦にクチバシを突っ込むトキ

130117z1_2 130117z2_2 130117z3

クチバシにたくさんの泥をつけているトキ。
目が泥がくっつくくらいまでクチバシを畦に突っ込んでいます。
畦の中にいるカエル、ケラ、甲虫類、ザリガニなどを捕食しています。

畦の中にいる餌生物をみつける能力、クチバシを畦の中に差し込める首の力。トキの能力には驚かされます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中島峰広先生・叙勲記念論文集

130123b1 130123b2

棚田研究・活動家の地理学者の中島峰広・先生の「傘寿」と「瑞宝中授章」を記念しての論文集。
棚田地域で生活する人、活動する人、支える人、学ぶ人、表現する人など様々な形で表現しています。

棚田写真、棚田情報も満載。

■佐渡トキの話題
2012年3月 6日 (火) 棚田ネットワークとの交流 記事録

2012年3月11日 (日) 棚田をトキの生息地として戦略的に活用

2012年7月 9日 (月) 継続10年の力 棚田ネットワークとの交流

2012年7月15日 (日) 草刈り おとし

2012年7月16日 (月) 小倉千枚田と長谷寺めぐり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バードウォッチング・エコツアーシンポジウム報告書

130123a1 130123a2

JICA中国トキプロジェクトから報告書が届きました。

四季報「人もトキも」第6号に開催報告が記されています。

■JICA:
人とトキが共生できる地域環境づくりプロジェクト
四季報「人もトキも」
第6号-2012年6月-

朱鷺人家さんがシンポジウムの模様をレポートしています。

■佐渡トキの話題
2012年6月13日 (水) 探鳥ツーリズム・シンポジウム 中国・河南省

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

ケラを口へ向けて放り投げるトキ 連続写真

130116z6 130116z4 130116z5

先日の連続写真は正面でしたが、今回は角度を変えての連続写真。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「農の恵み」事業

130122c1

■岸  康 彦(2008)

地方における環境支払いの試みとその到達点
─福岡県「県民と育む『農の恵み』モデル事業」の3年間─」


日本農業研究所研究報告『農業研究』第21号(2008年)p.95~131

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食と農の戦後史

130122b1

食と農の戦後史
【著】岸 康彦
【版元】日本経済新聞社 (1996/11) 、432ページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

ミミズを食べるトキ 連続写真

130121c1 130121c2 130121c3 130121c4 130121c5 130121c6

畦からミミズをほじくり出したトキ。
クチバシに絡ませながら食す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界一田めになる学校・フィールデイズin佐渡 2月2、3日開催

■豊岡市:
「世界一田めになる学校・フィールデイズin佐渡」参加者募集〔~1月24日(木)〕
PDF:世界一田めになる学校・フィールデイズin佐渡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日)

ケラを放り投げて食べる

130116z1 130116z2 130116z3

畦からケラをほじくり出したトキ。
クチバシでつまんだケラを放り投げ大きく口を開けてキャッチ。

これだけ大きく口が開けば、中国で目撃したタウナギを食せるのも納得。

それにしても、大きく口を開けたトキ、タコのようも見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ野生復帰へ向けた集落懇談会 瓜生屋

130120c110905 130120c210905

2001年9月5日撮影。
生椿の高野さんの現在の居住先である瓜生屋・集落での懇談会。
新潟県・農業普及員であった堀井さん、新潟県のトキ専門員の旗振りで開催。
農協での仕事の世話をいろいろとしていただいている現・JA佐渡の幹部も参加されていますね。

この後、環境整備活動も展開されるようになったようで、昨日の懇親会で同席した瓜生屋の方が「やっとトキが来てくれました!」と、とても嬉しげに撮影した写真を見せてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキを軸にした島づくり 農業WG

130120b110905 130120b210905 130120b310905

2001年9月5日撮影。
トキ野生復帰を念頭にした環境省の「共生と循環の地域社会づくりモデル事業」は2000年から始まりました。

その翌年からは新潟県の「トキを軸にした島づくり事業」が3年間展開。
農業、林業、水辺、環境教育の4つのワーキンググループが設置されました。
筆者は4つのワーキンググループ全てに参加。

堀井修さんが座長をやっています。佐渡での環境保全型稲作のリーダー、その後お世話になった深浦のシゲジさんも参加されています。

記憶が薄れていて写真を改めて眺めてみて気づきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生物多様性地域連携促進法 環境省

■環境省:
生物多様性地域連携促進法

■環境省:
生物多様性地域連携促進法 | 地域連携保全活動の促進に関する基本方針

■福井県:2012年12月28日
里地里山の活動についての交流会を奥越で開催しました!

■佐渡トキの話題
2012年12月26日 (水) 地域連携促進へ向けて 生物多様性

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土)

トキ関連組織の懇親会

130119e1 130119e2 130119e3 130119e4

トキ交流会館において開催。
新潟大学のJST人材養成講座の自然再生コース、トキ・ガイド協議会、それと幹部が重なっているNPO法人トキどき応援団による懇親会。

大黒さまも登場し、金の小槌ち福袋からの縁起物の授与で福をいただきました。

それぞれの活動の展開により、個人、団体、そして佐渡に福がもたらされることを祈念します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキガイド研修会

130119d1 130119d2 130119d3 130119d4

佐渡市のトキガイド養成講座の修了者により組織されているトキガイド連絡協議会。

事務局によると、昨年は73件、延べ96名のガイドが1,522名のお客様を案内。
また9月にプレオープンした佐渡市ふれあい施設には20日間、39名のガイドが多くの見学者を案内。

ガイドのスキルアップをめざし、野生復帰順化ステーションでの研修。
順化ケージの見学や自然保護官、飼育員からいろいろと学ばせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新聞記者が小学校で授業

取材を通じて様々な立場の方と接しているだけに、メディアの方々は多面的に、かつ、客観的にトキとの共生についてとらえることができて、興味深い取り組みだと思います。

■毎日新聞:2013年1月19日
記者と学校交流:トキと環境保護 毎日新聞記者が授業−−新潟・笹口小

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己評価の手引き・自己評価シート 環境省

佐渡におけるトキ関連の取り組みは里地里山の保全・活用。

最近、環境省は里地里山保全活動の自己評価の手引き・自己評価シートを作成。活用を勧めている。

自然環境局 里地里山の保全・活用:環境省
お知らせ
[PDF 553KB] 活用シート手引き

[PDF 1,082KB] 活動の自己評価シート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域放送に貢献で受賞 佐渡自然保護官事務所

第18回NHK関東甲信越地域放送文化賞を佐渡自然保護官事務所が受賞。

■新潟日報netpark:2013年1月18日
佐渡自然保護官事務所が受賞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

里地里山の生態系は人がつくる

130118d110716 130118d210716 130118d310811 130118d410811 130118d510811 130118d610811 130118d710811 130118d810811 130118d910811

環境省の「共生と循環の地域社会づくり事業」2年目の夏。
最上段2枚、2001年7月16日撮影。
吾潟に住む新潟県職の方が所有する荒れた森林の整備の協力をトキ関連で集い始めていた方々に呼びかけ、まずは作業道の整備。木を切って小橋づくりも行った。

2段目以降、2001年8月11日撮影。
トキ野生復帰の取り組みで集い始めた方々が集って作業。
NPO法人樹恩ネットワークの理事(当時)がいたこともあり、樹恩ネットワークの方々、里地ネットワーク、その他の団体の方々も参加しています。

NPO法人樹恩ネットワークの佐渡での活動は、これ以降現在に至るまで継続されています。活動地はキセン城。

新潟県トキ野生復帰担当、新潟大学農学部・准教授、後に佐渡生き物語り研究所・理事長になる方など、様々な方々が集っています。

この協働を公益へ結びつけるべく、新潟大学農学部・准教授がキセン城地区において放棄棚田の再生をメインとする新潟大学トキプロジェクトを立ち上げることになります。2002年度から経団連自然保護基金を取得して活動が展開されていきます。

■佐渡トキの話題
2011年12月17日 (土) 日本経団連の生物多様性のモデル事業  キセン城

トキ野生放鳥の直前の准教授のプレゼンテーション資料(2008年5月)にそれまでの経緯と今後が展望されています。

■新潟大学農学部:
トキ野生復帰計画の総点検

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキと里地里山の生態系 展示室

130118c1 130118c2 130118c3 130118c4 130118c5 130118c6 130118c7

トキの森公園の展示室にあるパネル展示。
これまで、と、これからも、の姿勢と取り組みを示しています。佐渡における里地里山の保全・活用の憲章だという認識を保つためにとても有意義だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引きずり出して放り投げる

130118b1 130118b2 130118b3 130118b4 130118b5 130118b6 130118b7 130118b8

畦からカエルを引きずり出して振り回して放り投げた連続写真。
トキが探餌したのか畦にたくさんの穴が開いているのが確認できます。

畦に穴をあけてしまってトキって悪い奴なのか?

ちょっと待って!
ケラ、カエル、ザリガニ、ミミズなど畦に穴を開けてしまう生き物を捕食しているので、畦を守っているという見方もできます。

中国の公務員模試の問題にあったように、トキの存在が生態的に価値があるという認識を持ちたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキには生態的に高い価値があります

中国の公務員試験対策の練習問題。

■国家公务员考试网:
2013年广东三支一扶考试行测言语理解习题(1)

【1解析】B。本题属于主旨概括题。题干主要从两个方面介绍了朱鹮,一是它对维持自然生态平衡的作用,它在生物链中处于顶级位置,能控制猎物种群;二是它非常稀有,具有较高的物种价值。这两个方面归结起来,就是讲述朱鹮的生态价值。所以选择B选项。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

マスコットキャラクター投票求む えちごトキめき鉄道

130117e1

えちごトキめき鉄道株式会社

■新潟日報netpark:2013年1月17日
愛されるキャラ選んで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ4羽入居 トキふれあいプラザ

130117d1

■47NEWS(よんななニュース):2013年1月17日
3月、トキ観察ガラス越し可能に 新潟・佐渡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ着ぐるみファン来島

130117c1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トキまで、2センチ!?

130117b1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「トキふれあいプラザ」と「サドッキー」に決定

■佐渡市:
「トキふれあい施設」と「トキの着ぐるみ」の愛称決定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

甲虫を放り投げて食べるトキ

130116e1 130116e2 130116e3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

膨らんでブルブルするトキ

130116d1 130116d2 130116d3 130116d4 130116d5 130116d6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨にけぶるトキ

121231z3 121231z2 121231z1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の金北山

130116b1 130116b2 130116b3

先日の雪が降った翌日の快晴の日。
雪景色の金北山の眺めを楽しんでいると、何度かトキが通過。黄色の円の中にトキ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭に羊毛タオル、手に兵馬俑、そして背後にトキ 陝西くん

130116a1
130116a2

新潟県にあてはめると、アニメ「トントンあったと にいがたの昔話」のオープニングのようなトキに乗った雪ん子でしょうかね(下段画像)。

佐渡ではどのようなイメージになりますかね?

■佐渡トキの話題
2006年12月 3日 (日) トントンあったと オープニング



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

ロケットネットでのトキ捕獲

130111a1 130111a2

1981年1月の佐渡におけるトキ全鳥捕獲の担当者が当時を振り返っています。

■EICネット:エコチャレンジャーインタビュー
第7回 山階鳥類研究所 尾崎清明 副所長に聞く、トキ・アホウドリ・コウノトリと人間との関係の歴史[1]

鳥類標識調査 -BirdBanding-
標識調査の展開

トキ捕獲に関する記事は下記。

■佐渡トキの話題
2009年3月 6日 (金) トキ捕獲の方法

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛翔からの語呂合わせで必勝 トキで合格祈願 

■中日新聞:2013年1月11日
合格 動物が応援! 「必勝」 落ちない 「余裕に入る」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北の里山にトキが舞う

■北國・富山新聞:2013年1月10日
復興願い「千人筆のれん」 石川の友禅作家、被災地へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100年後のトキの野生復帰

■マイナビニュース:2013年1月9日
NEC、クボタと茨城県牛久市の耕作放棄地の再生プロジェクト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

集落営農相談会 野浦

130110a1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

130110d1 130110d2 130110d3 130110d4 130110d5 130110d6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

130110c1 130110c2 130110c3 130110c4 130110c5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

佐渡でエライとりになってください

130109b1

昨年末、突如FA宣言をして注目を浴びたプロ野球ヤクルトスワローズの「つば九郎」。
少し前ですが春キャンプの折に沖縄タイムスの取材を受け将来の夢を語っています。

「えらいとりになる。くにをうごかす。」とのこと。

佐渡で国際保護鳥トキと一緒に国、いや世界をを動かしましょう!

我らがトッキーと協働していただきたい。
顔の輪郭、体型もよく似ていることですしね。

沖縄タイムスの取材動画は下記。

つば九郎に突撃取材! - YouTube

東京ヤクルトスワローズのサイトなどは下記。

東京ヤクルトスワローズ 公式チャンネル - YouTube

東京ヤクルトスワローズ「つばtube」~つば九郎FA宣言その1~ - YouTube

東京ヤクルトスワローズ「つばtube」〜つば九郎FA宣言その2〜 - YouTube

東京ヤクルトスワローズ「つばtube」~つば九郎FA宣言その3~ - YouTube

つばさんぽ+ FA宣言スペシャル - YouTube

■つば九郎オフィシャルブログ「つば九郎ひと言日記

つば九郎 - Wikipedia

メディアも楽しんで記事にしています。

■スポニチ Sponichi Annex:2012年12月11日
FAつば九郎 忍者と交渉も…つり上げ狙い?の回答保留

■デイリースポーツ online:2012年12月15日
つば九郎、プロレス「ゼロワン」参戦か

■ねとらぼ:2012年12月15日
FA宣言のつば九郎にGoogleがオファー 日本語入力チームのメンバーに?

■中日スポーツ:2012年12月19日
つば九郎「ちがさわいだ」 相撲協会からオファー

■ニコニコニュース:2012年12月21日
つば九郎、まさかのGoogle入りか――!? Google「弊社CEOと同じ待遇を保証します」

■nikkansports.com:2012年12月22日
【ヤクルト】つば九郎 東京のテスト合格

■nikkansports.com:2012年12月23日
ドアラがFAつば九郎を事情聴取へ

■nikkansports.com:2012年12月26日
【ヤクルト】つば九郎が年俸1万円で残留

■スポニチ Sponichi Annex:2012年12月26日
つば九郎 残留決定「めいわくをかけたので」現状維持1万円を要望

■デイリースポーツ online:2012年12月26日
つば九郎 年俸アップ断り現状維持残留

ライバルがコメントを出しています。

■スポーツ報知大阪版:2012年12月31日
ドアラが年賀状「今年はてっぺん取り返します」…中日

中国でも話題にされています。

■新浪网:2012年12月14日
破天荒的事来了 球队吉祥物要转会你见过吗?(图)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

四季報「人もトキも」 第7号

130108c1 130108c2

■JICA:
人とトキが共生できる地域環境づくりプロジェクト
ニューズレター:四季報「人もトキも」
第7号-2012年12月-
【もくじ】
02 エコツーリズム・モニターツアー
04 第2回訪日研修
08 洋県草バ村での有機梨栽培モデル事業の現状について
08 関係者紹介
  董寨探鳥ルートの探索
09 ラムサールCOP11
10 米田専門家帰国
  「秦嶺の自然ギャラリー」
11 スタッフ・インターン紹介
12 Xi'an Cool

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飼育トキに異常行動の割合高まる 佐渡

130108b1

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):2013年1月7日
「偏食」トキ、異常行動…過密飼育でストレス?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トキ赤ちゃん今年も期待 朱鷺祈願祭

130108a1

2013年1月8日付け新潟日報・佐渡版。
朱鷺祈願祭2013の様子が伝えられています。

短縮版のネット記事は下記。

■新潟日報netpark:2013年1月7日
トキと人の共生願い「朱鷺祈願祭」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

蒔絵のトキ万年筆

130107b0 130107b1

■創立90 周年記念万年筆
蒔絵万年筆「朱鷺(とき)」、「螺鈿・朱鷺(らでんとき)」発売

Pilot 90Th Raden-Toki - The Fountain Pen Network

Dani Trio Maki-e Densho Toki (A Japanese Crestedibis) Fountain Pen

■masahiro万年筆製作所の万年筆
パイロット90周年記念万年筆 朱鷺(とき) 螺鈿朱鷺(らでんとき) 詳細

【楽天市場】パイロット 90周年記念万年筆"螺鈿朱鷺":mitadepa

■スミ利:
パイロット創立90周年記念万年筆「螺鈿・朱鷺」

■PILOT:
Namiki

■高級万年筆の文栄堂
【楽天市場】世界の一流筆記具 ナミキ -NAMIKI-:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pilot Namiki Sterling Silver Toki Fountain Pen

130107c1 130107c2 130107c3 130107c4

Namiki Sterling Silver Toki Fountain Pen

Fountain Pen Hospital - Namiki-Pilot - Sterling Collection

Pilot Namiki Sterling Silver Toki Fountain Pen - 63412 | Iguana Sell UK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

執事の羽根ペンはトキ?

130107a1_3

ギャラクシー・ノート2を手に入れました。
そのギャラクシー・ノート2のロック画面には、鳥の羽が登場しています。
トキの羽のように思えてなりません。

羽根ペン - Wikipedia

ドイツのペリカン社には、アイビス(IBIS = トキ)というブランドもあるようですが。

Pelikan pen model IBIS and RAPPEN

■ドイツ 輸入文具 ペリカン 万年筆の専門店 ペリカンネット

ペン先、万年筆の歴史。羽根ペンの羽はガチョウが多いようです。

■TACHIKAWA ペン先の歴史

■フエルショップ:万年筆の豆知識 ペンの歴史

ガチョウ - Wikipedia

1年ちょっと前の夏に、データ通信料の2年縛りの条件でギャラクシー・タブを無料で手に入れた。
縛りの満期まで半年以上を残して、この冬モデルのギャラクシー・ノート2:定価8万円台後半のものを通話料・データ通信料込で、これまでの月額支払額程度・以下で手に入れることができた。
XIへの乗換と10年ありがとうの2つのサービスの適用で2年縛り。次世代高速通信への囲い込みなのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

朱鷺祈願祭2013 開催しました



sadopr777さんの撮影動画。
上記は埋め込み、下記はアドレス・リンク。

朱鷺共生祈願祭 - YouTube

下記でも紹介されています。

朱鷺祈願祭 : 佐渡情報・さどダス

■佐渡トキの話題
2012年12月27日 (木) 朱鷺祈願祭2013 新年1月6日開催

130106b1 130106b2_2 130106b3 130106b4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秦嶺山脈の4宝 新年を祝う 中国・西安

130106a1 130106a3 130106a4

秦嶺山脈の4大スターは、トキ、パンダ、キンシコウ、ターキン。
元旦に中国・西安にある陝西自然博物館に秦嶺山脈の4大スターの新タイプの着ぐるみが登場。軽快に踊れるようで、昨年大評判になった「江南スタイル」も踊った模様。

着ぐるみが軽快に踊れるというのは大きな要素。佐渡のトキ着ぐるみたちの課題でもあります。

■三秦在线:2013年1月4日
“秦岭四宝”亮相陕西自然博物馆 大跳骑马舞

下記は動画ニュース。
秦嶺山脈の4大スターの動物は? のレポーターの問いに大人からはトキの名前がでてこない。

4大スターの着ぐるみですが、トキはかなりデフォルメされています。
でも、
幼女はこれがいい! とトキを指さしますが、名前を聞かれると・・・。
動画ニュース最後は、日本では雪山讃歌で知られる曲にのって踊る4大スター。

■陕西网络广播电视台:2013年1月1日
秦岭4宝卡通形象亮相 超萌超可爱(動画)

着ぐるみパンダが江南スタイルを踊っている動画などの記事は下記。

■佐渡トキの話題
2012年11月24日 (土) パンダ大使プロジェクト

韓国の着ぐるみトキは軽快にダンスをしています。

■佐渡トキの話題
2012年12月 4日 (火) 野ウサギとトキとともに 創作童謡大会 韓国

日本に生息している着ぐるみトキでは、中国から持ち込んだ石川県の2体が軽快にダンスを踊れそうですが、風貌が…。

■佐渡トキの話題
2005年11月15日 (火) ライバル

陝西自然博物館、秦嶺山脈の4大スターに関する記事。

陕西自然博物馆

■西部网(陕西新闻网)WWW.CNWEST:2012年7月27日
这个暑假去陕西自然博物馆感受科技魅力

■环球网:2011年3月28日
“秦岭四宝”西安世园会“安家”(组图)

■中国网・视频中国:2011年3月28日
陕西“秦岭四宝”搬家 (動画)

秦嶺山脈の4宝に関する当ブログの主な記事。

■佐渡トキの話題
2011年3月30日 (水) 秦嶺山脈の4大スター登場 中国

2011年4月28日 (木) 2011西安世界園芸博覧会 正式開園

これまで紹介していた秦嶺山脈の4大スター着ぐるみ記事は下記。

■佐渡トキの話題
2010年4月 9日 (金) 中国・西安の商談会に4大スター登場

130106a5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »