« ウポ沼の魅力を活かした活動 韓国 | トップページ | 対話と協働でトキとの共生を »

2014年11月 9日 (日)

手続きを踏んでよりよい関係で元気になるトキ

141109b1
11月5日付け新潟日報・社会面。
反対?賛成?揺れる佐渡
分散飼育地でのトキ一般公開議論
市「地元の思い無視」
市民「島外で関心高まる」

----
プラスのインセンティブ、マイナスのインセンティブを考慮すると、分散飼育地でのトキ一般公開は佐渡にとっても、分散飼育地にとっても、日本にとっても、有意義なことだとは思う。

しかし、分散飼育事業が展開される折に、一般公開はしない、という約束が行政間であったとか。そうなると、手続きを踏んだ上で物事を進めていただかねばならない。

環境省も佐渡市もそれぞれの立場で対話の場を設けてこなかった。
対話をし、協働・総働でトキをキーワードに佐渡も、分散飼育地も、日本も、中国も、韓国もよりよい関係が構築でき、それぞれが元気になれることを期待したい。

|

« ウポ沼の魅力を活かした活動 韓国 | トップページ | 対話と協働でトキとの共生を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手続きを踏んでよりよい関係で元気になるトキ:

« ウポ沼の魅力を活かした活動 韓国 | トップページ | 対話と協働でトキとの共生を »