« 暴風中行動するトキ | トップページ | 積雪の中探餌 »

2015年3月11日 (水)

自然共生社会のモデルで三陸復興を支援

111210a3_2 111210a1_2 150311d2_2 150311d3_2 150311d4_2 150311d5_2 150311d1_2
国連大学の武内先生の提言。自然共生社会のモデルとして、トキとの共生事業が展開されている佐渡などを示して、三陸復興国立公園の指定、SATOYAMAイニシアティブで世界に展開していこうという目論見。2011年12月の佐渡での講演の他、機会がある度にご講演。三陸復興国立公園指定の折には、環境パートナーシッププラザの展示にしっかりとトキも登場。環境保全活動が展開、かつ、トキ分散飼育地での公開により佐渡が高い評価が得られることが期待できる。

■佐渡市
ジアス(GIAHS:世界農業遺産)推進フォーラム(平成23年12月10日)の記録

■佐渡トキの話題
2011年12月10日 GIAHS(世界農業遺産)推進フォーラム開催

■東京大学:
自然と共生するスマートエコアイランド種子島シンポジウム
自然共生社会の実現を目指して 武内和彦

■地球環境パートナーシッププラザ(GEOC):活動紹介
「未来へつなぐ、里山・里海」展 -三陸復興国立公園、世界農業遺産「能登/佐渡」

■地球環境パートナーシッププラザ(GEOC):イベント開催情報
「未来へつなぐ、里山・里海」展 -三陸復興国立公園、世界農業遺産「能登/佐渡」

|

« 暴風中行動するトキ | トップページ | 積雪の中探餌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自然共生社会のモデルで三陸復興を支援:

« 暴風中行動するトキ | トップページ | 積雪の中探餌 »