« 新潟大学:自然再生学セミナー 10月27日 | トップページ | 1980年頃以降のトキの主な流れ・7版 »

2015年10月 2日 (金)

ビッグ・ママな美美

151002e1 151002e2 151002e3 151002e4

メイメイ(美美)は2014年繁殖期データで、これまでに65羽を巣立ちさせた。
メイメイとユウユウ(優優)の子供たちは年度毎に順番誕生奇数番が中国へ返還される取り決めとなっていて、これまでにメイメイ・ユウユウの子供たち30羽が中国へ返還済み。
日本に残った子供たちは繁殖個体として活躍。
現在繁殖個体となっているのは、雄7羽、牝12羽。
過去繁殖個体となっていたのは、雄3羽、牝1羽。

メイメイ・ユウユウの子供たちが巣立ちさせた子孫が野生放鳥されている。

■環境省:トキ野生復帰検討会資料 第8回(2015年2月19日)
トキ家系図(2015年2月19日版)

|

« 新潟大学:自然再生学セミナー 10月27日 | トップページ | 1980年頃以降のトキの主な流れ・7版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビッグ・ママな美美:

« 新潟大学:自然再生学セミナー 10月27日 | トップページ | 1980年頃以降のトキの主な流れ・7版 »