« 動画:朱鷺と共に 制作・佐渡市など | トップページ | 野生下の営巣状況 4月8日発表 »

2016年4月 7日 (木)

人の営み・取り組みにおいて有害な鳥獣

160407d1 160407d4

コウノトリも卵を盗られ大きなニュースになっていますが、無精卵だったようです。カラス対策は人との関わりで全国的な問題。カラスに限らず、人の営みにおいて迷惑な鳥獣においては各自治体で対策および広報が取り組まれています。

佐渡市では有害鳥獣駆除で1個体分を持っていくと2000円とのこと。1個体の確認は、タヌキ(尻尾)、テン(尻尾)、カラス(脚2本)・・・ あれ!? カラス。検討課題じゃなかったの。

 

不思議だ。

■読売新聞
2016年4月6日 コウノトリ卵?カラスが盗んだ…徳島・鳴門

■ 産経WEST
2016年4月6日 【鳴門・コウノトリ】カラス持ち去りの卵は無精卵、コウノトリ繁殖は失敗…再び産卵も?(1/2ページ)

■日本経済新聞
トキの天敵、カラス駆除に賛否 佐渡の住民や専門家

|

« 動画:朱鷺と共に 制作・佐渡市など | トップページ | 野生下の営巣状況 4月8日発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人の営み・取り組みにおいて有害な鳥獣:

« 動画:朱鷺と共に 制作・佐渡市など | トップページ | 野生下の営巣状況 4月8日発表 »