« | トップページ | 幼鳥を救護 城固県 »

2018年12月 1日 (土)

■読売新聞
「協力農家が栽培する米は、認証米として販売されている。そのブランド価値を高め、売り上げを増やすことが、生産者の意欲向上につながる。農家の高齢化が進む中、トキの増加に伴って水田の作付面積をどう増やすか、は難題だ。」

|

« | トップページ | 幼鳥を救護 城固県 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | 幼鳥を救護 城固県 »