« 環境省・放鳥トキ情報の英語版 English | トップページ | »

2019年1月 8日 (火)

ホアホア(華華) 最初に来日したトキ

130330b1 130404c3 150815d1 151010a1 1981年5月に洋県にてトキが再発見されたのは7羽。内訳は2ペアで、うち1ペアにのみ3羽のヒナ。
このうちのヒナ1羽は巣から落下し、戻されてもまた落下したので北京動物園で育てられることになった。そして1985年10月、佐渡のキンとの繁殖を目指して佐渡へやってきた。
友友・洋洋が佐渡にやって来て、今年で20周年。このペアから増殖成功により、現在の日本のトキ事業の展開があるけど、これ以前にも日中間でのトキの行き来があった。
最初に佐渡へやってきたトキに関する情報をまとめてみました。 ホアホア(華華)2011年1月21日死亡。現在の日本のトキ年齢の数え方だと30歳没。 ■佐渡トキの話題
2015年7月13日 (月) 華華(ホアホア)・日本に最初にやってきたトキ 2013年4月 1日 (月) 華華(ホアホア) 希望と友好の証 2015年8月15日 (土) 1981年再発見のトキ、死亡していた 2013年4月 4日 (木) 教材:朱鹮飞回来了 中国 2015年10月 9日 (金) ホアホアを送る会 1989年11月  再発見された7羽からの増殖ということになっているけど、ホアホア(華華)が救護されているから6羽からなのかな。

|

« 環境省・放鳥トキ情報の英語版 English | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホアホア(華華) 最初に来日したトキ:

« 環境省・放鳥トキ情報の英語版 English | トップページ | »