« 国鳥選考迷走 中国 | トップページ | »

2019年2月 3日 (日)

棚田でGIAHS連携 金沢大学

190203a4 190203a2 190203a1 190203a3 180725h1 180725g1 150726a00 120228c1_2
能登の里山里海、フィリピンのイフガオ棚田と棚田地域をキーワードに連携事業を展開している金沢大学。

リーダーの名誉教授、特任教授の方々には我々の中国トキ視察交流にご参加いただいたことがある。特任教授には佐渡との交流事業企画を提供した。

JST人材創出事業、JICA事業をも活用して事業展開をされている模様。今回のフィリピンでのフォーラムでは、かつて新潟大学朱鷺自然再生学研究センターで技術職員だった方が佐渡の事例を発表されたとのこと。

イフガオ棚田事業では、佐渡市も事業参加していることになっているのかな? 元・佐渡市長の時代にはイフガオ棚田視察も行われている。

Philippine Information Agency
February 1, 2019
IFSU hosts Ifugao Satoyama Meister Training Program forum

■金沢大学:国際交流・留学

|

« 国鳥選考迷走 中国 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 棚田でGIAHS連携 金沢大学:

« 国鳥選考迷走 中国 | トップページ | »