« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月30日 (土)

最後のトキ捕獲地にトキ2羽

191130a01 191130a02191130a03191130a04191130a05191130a06191130a07191130a09191130a10191130a11
昼食を買いに自動車を走らせていると、1981年1月22日の野生下最後のトキ(当時)捕獲地にトキ2羽。

運輸会社の窓から、よく見えるだろうな。

■佐渡トキの話題
2008年1月22日 (火) 最後の糞

2008年1月22日 (火) 時空を越えて トキ空へ

| | コメント (0)

雪で倒れてくる前に押込む トキと暮らす里山+

191130z1 191130z2191130z3191130z4191130z5
100年溜池を利用している別ルートの道普請。水利組合長さん、会長さん、地主さんたちと作業。道に覆いかぶさっている竹類、雑木を僕が重機で押込んだり、ねじ切ったりし、他の方々が草刈り機、チェーンソーで処理。
水路の補修も必要になってしまったけど、これで軽トラ、重機の通行もし易くなるかな。

組合長さん80才、会長さんほぼ80才、地主さん70代。それぞれの技術、里山保全愛、素敵。これからの世代に、どう引き継ぐか、大きな課題。

枝振りの良い木の下で、トキの糞を発見。

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

トキ

191129z02 191129z03191129z06191129z01191129z10191129z05191129z07191129z08191129z04191129z09

| | コメント (0)

私、失敗しちゃいました

松雪泰子さん主演のドラマでの、失敗学、とても興味深い。

トキ事業は失敗からの成功、を目指しているとも言える。
10年前のあるシンポジウムにおいて、生物的野生復帰だけの視点の失敗の反省のもと、これからは社会的野生復帰もめざす宣言がされた。

トキ野生放鳥において、鳥類学者などの声に迎合して、ハードリリースは失敗続き、と吹聴している方々に違和感。

鳥類学者の想定結果に反しているだけで、社会的野生復帰の視点では、佐渡島内に広く啓発活動につながっているなど、好ましい結果になっていると評価もできる。

研究者の人選が失敗だった、とならぬよう、生物的野生復帰、社会的野生復帰の連携した取り組み、評価を望む。

■NHK ドラマ10

■佐渡トキの話題

■佐渡トキの話題

| | コメント (0)

会長さんの重機作業 トキと暮らす里山

191129y1 191129y2191129y3191129y4191129y5191129y6191129y7191129y8
バリバリバリ、と音がするので見に行くと、立っている竹ごとガラを谷に押し込んでいた。
バケットで、ペタペタなでなで。
そして、キャタピラ跡はブレードで平らにしながらの走行。
豪快な作業により、農道沿いの侵入竹の塊に、ポッカリ口が開いた。
大好きな作業に、満足気な会長さん。

今朝は、8時前に我が家にやってきて、今日の作業の打合せをしよう、と。

最初、畔造成作業をやってもらったけど、すぐに交代。興味がなかったみたい。

| | コメント (0)

2019年11月28日 (木)

土寄せ色々 トキと暮らす里山

191128z1 191128z2191128z3191128z4191128z5
伐倒した竹の根を抜きながら整地。2画像目の重機目の前の木にトキが止まっているのを何度か目撃したことがあり、時折周辺に糞が落ちていることもある。救出した木を利用してくれると、ウレシイ。
トキねぐら林の眺めも、さらに良くなった。

会長さんの奥さんの希望で残したヤマザクラ。ヤマザクラ島にするべく、下方の草地管理していた圃場に畔修復のための土寄せ開始。

一昨年、セイタカアワダチソウを土ごと削りとって山積みにしといたら、結構いい感じに腐食、この土も活用。山積みにした年には、ウジャウジャいたカブトムシの幼虫、ほとんど見られない。50メートルほど離れた1年遅れの山積みには、ウジャウジャいたのに、この違いは、なぜ?

| | コメント (0)

第16回トキ野生復帰検討会資料 環境省

2019年10月1日に開催された「第16回トキ野生復帰検討会」の資料が公開されています。

環境省トキ情報

第16回 トキ野生復帰検討会

議事次第

資料1】トキの飼育繁殖の状況等について
1.前回(平成 31 年 2 月 7 日)以降の主な経過
2.飼育・繁殖状況(令和元年 9 月 27 日現在)
3.平成 31(令和元)年度飼育・繁殖状況
4.令和2年度繁殖計画(案)
5.野生復帰順化訓練の概要

資料2】野生下のトキの状況等
1.第 20 回放鳥トキの様子
2.野生下におけるトキの確認状況

資料3】野生下のトキの繁殖期の対応)
1.2019 年繁殖期の結果概要
2.繁殖の成否に関する考察
3.ヒナの足環装着等の作業について
4.分子遺伝学的手法による捕食者特定の試みについて

資料4】2020 年放鳥計画(案)
1.放鳥の時期
2.放鳥の方法
3.放鳥個体数
4.放鳥個体の選定方針

資料5】次期ロードマップについて
トキ野生復帰ロードマップ 2025(骨子案)
1.トキ野生復帰ロードマップ 2025 の位置づけ
2.現状と課題
3.目標
4.対象地
5.ロードマップ
6 取り組みの内容
7 取り組みの評価及び令和7年(2025 年)以降の取組方針

【資料5 別紙】放鳥個体数に関する考え方
■放鳥個体数と野生下の生存個体数の関係
■放鳥個体数と遺伝的多様性の関係

資料6-1】佐渡市トキふれあいプラザの状況
1.トキ保護に関する普及啓発
2.ふれあいプラザの施設管理

資料6-2
1.出雲市トキ一般公開の状況について

【資料6-3】長岡市トキと自然の学習館観覧棟「トキみ~て」の状況について
○来館状況
○公開個体5羽の愛称決定
○記念イベント

資料7-2】ゲノム解析による日本トキ集団からの有害変異検出
1.背景
2.目的
3.方法
4.必要経費等
5.予想される成果
6.参考文献

資料7-3】GRAS-DiⓇを用いた日本トキの遺伝的多様性評価システム
1.背景
2.目的
3.方法
4.結果
5.今後の予定

資料7-4】新潟県洋上風力発電導入促進ゾーニングマップ作成にかかるトキ現地調査(案)
1.背景
2.調査方法(案)

資料7-5】韓国における初のトキ放鳥について
放鳥式概要
(1)放鳥式典について
(2)放鳥について

日中韓トキ国際会議について
(1)会議概要
(2)発表者(各国の発表については別紙参照)
(3)討論内容
(4)次回の開催について

各国の発表

参考資料1】トキ保護増殖事業計画
第1 事業の目標
第2 事業の区域
第3 事業の内容

参考資料2】トキ野生復帰ロードマップ 2020
1.トキ野生復帰ロードマップ 2020 の位置づけ
2.ロードマップの内容
3.達成すべき目標
4.目標達成への取組
5.取組の評価
6.2020 年以降の取組方針

参考資料3】第 21 回放鳥について
1.第 21 回放鳥の概要
2.第 21 回放鳥にかかる経過
3.参考写真

(別紙1)
トキ野生復帰事業におけるハードリリース方式による放鳥実施場所の選び方
1.ハードリリース方式による放鳥実施場所の要件
2.ハードリリース方式による放鳥実施場所の選び方
3.ハードリリース方式による放鳥実施にあたっての留意事項

片野尾地区におけるトキの放鳥(ハードリリース)について

| | コメント (0)

第15回トキ野生復帰検討会資料 環境省

2019年2月7日に開催された「第15回トキ野生復帰検討会」の資料が公開されています。

環境省トキ情報

第15回 トキ野生復帰検討会

議事次第

【資料1】トキの飼育繁殖の状況等について
1. 前回(平成 30 年 10 月 15 日)以降の主な経過
2. 飼育・繁殖状況(平成 31 年 1 月 28 日現在)
3. 野生復帰順化訓練の概要
4. 新たに中国から提供された 2 羽の飼育状況

資料2】野生下のトキの状況等
1.第 19 回放鳥トキの様子
2.野生下におけるトキの確認状況
3.繁殖期の対応方針

資料3】2019 年放鳥計画(案)
1.放鳥の時期
2.放鳥の方法
3.放鳥個体数
4.放鳥個体の選定方針

資料4】次期ロードマップについて
①次期ロードマップ骨子(案)
a 目標
b 飼育・繁殖
c 放鳥
d モニタリング
e 生息環境の整備・維持
f 人とトキとの共生を実現する地域社会の構築
g その他、取組の評価など

資料5-1】トキ野生復帰ロードマップ 2020 の評価(平成 30 年))

資料5-2】出雲市でのトキの一般公開について
(1) 出雲市トキ公開施設について
(2) 試験公開について

資料5-3】佐渡市トキ野生復帰事業の状況について
1.生息環境整備
2.社会環境整備
3.トキを活かした街づくり
4.トキの森公園

資料5-4】いしかわ動物園「トキ里山館」の状況について
〇トキ里山館の利用状況
〇大雪によるトキ里山館の被害について

資料5-5】長岡市トキと自然の学習館観覧棟「トキみ~て」の状況について
○来館状況
○公開個体5羽の愛称募集
○その他

資料5-6】野生トキ観察・展望施設について
1. 野生トキ観察・展望施設の愛称決定について
2. 施設概要
3. スケジュール

参考資料1】トキ野生復帰ロードマップ 2020
1.トキ野生復帰ロードマップ 2020 の位置づけ
2.ロードマップの内容

参考資料2】個体群シミュレーションの試算結果
1.決定論的モデルによる個体群シミュレーション

参考資料3】トキ家系図

| | コメント (0)

2019年11月26日 (火)

トキと共生する佐渡の里山 普及啓発

■佐渡市
『市報さど189号』(2019.11)
GIAHS世界農業遺産 農業を次世代につなぐ(その1

GIAHS世界農業遺産 農業を次世代につなぐ(その2

| | コメント (0)

なぜ野生絶滅したのか なぜ増殖できなかったのか

191126b1 191126b2

中国では先月、小林照幸・著『朱鷺の遺言』中国訳本が出版され、日本のトキ事業についての評価・分析がネット上で賑やかです。

トキ絶滅に関して、最近不思議に思えてならない。採餌能力も結構高いし、環境に関しては、絶滅したと思われた大正時代には化学農薬、化学肥料は普及していなかった。森林のオーバーユース、放棄・放置と現在の状況と真逆であるけど、オーバーユースの時代のほうが樹形的にはトキは利用しやすかったんじゃないか、とも思う。

トキ事業に関わっているすべての日本人に問います、トキ野生絶滅はなぜ?

ヒトの農地・林地(里山)との関り具合と関係するのかな。
日本での『朱鷺の遺言』初版から四半世紀が経過。増補版には放鳥後の記載も行われている。

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱られないように、日本人も『朱鷺の遺言』を見つめるべき時じゃないかな。

■中国-サーチナ

■东方网

■关注森林网

■许旸

■周到上海

| | コメント (0)

切手 佐渡さんぽ

191126a1
■日本郵便
オリジナルフレーム切手「佐渡さんぽ~お宝めぐり夢さがし~」

| | コメント (0)

2019年11月25日 (月)

リアルガチにトキとの遭遇

191125i1 191125i2191125i3191125i4191125i5191125i6
■テレビ東京
出川哲朗の充電させてもらえませんか?

| | コメント (0)

トキと自然の学習館便り No.26 長岡トキ

191125h1
■長岡市:トキと自然の学習館
お知らせ
2019年11月5日 トキと自然の学習館便り(トキみ~てケージ大清掃)

| | コメント (0)

トキ野生復帰にむけて 177 市報さど

191125g1

『市報さど189号』(2019.11)
トキ野生復帰にむけて 177
■トキのハードリリースによる放鳥が行われました

============
■佐渡トキの話題
トキ野生復帰にむけて 年度別記事リンク 市報さど

| | コメント (0)

スコットランド国立博物館のトキ剥製

191125f1 191125f2191125f3191125f4191125f5b

National Museums Scotland

友人が出張したイギリスのエディンバラ市の博物館で発見。
------------------------

確認はできませんでしたが、モーリシャス諸島で絶滅したドードーの
骨格標本などと同じ展示室でしたので、江戸末期または明治あたりに
来日した英国人が採集または購入したものかもしれません。それか、
案外大陸産かもしれませんが。

2006年で全部で500羽程度と案内されてますので、情報のアップデートが
必要ですね。

| | コメント (0)

漢江にトキ集結中

191125e1

■中国網_日本語
20. 11. 2019 冬の漢江 トキを観賞

■中国林业网
2019-11-25 冬季到汉江赏朱鹮_物种保护

| | コメント (0)

佐渡の女性・自然保護官

191125c1
■朝日新聞
2019年11月25日 新潟)トキの野生復帰を担う自然保護官 松本恵里さん

| | コメント (0)

トキは大食漢!?

130312zz1 090515zz2090515zz1191125b1191125b2
中国洋県でタウナギ3匹を一気に捕食した直後に飛び去ったのを目撃したことがある(リンク記事内に動画あり)。重さにたいする飛行能力は高いのかな。

加茂湖の牡蠣小屋で作業している時、カモメがおねだりにきたので、剥き身を与えた。次から次へパクパク食べるので、10個食べ終えたところで、ワッ、と全身で驚かしてみた。飛び上がったけど飛行できずに、そのまま湖面に着水。

トキはずんぐりむっくりで、鳥の中ではデブの類かな?
胃内容物の論文、とても興味深い。

■佐渡トキの話題
2013年3月12日 (火) トキの内蔵のしくみ

2011年6月11日 (土) タウナギを売るおばちゃん

2018年3月 1日 (木) 動画:カエルくんがトキの中に入る瞬間

■山階鳥学誌、44,07-112,2013
塚本洋三・鶴見みや古
「トキの胃内容物(佐渡1933年採取)の写真撮影者の特定および関連する二・三の知見」

■日本野鳥の会
Strix Vol. 31, pp.193–200, 2015
Journal of Field Ornithology ©Wild Bird Society of Japan
大脇淳・高橋雅雄・本間穂積・金子良則・柴田直之・永田尚志
「野外で死亡したトキの胃内容物」

| | コメント (0)

日本とトキ

191125a1

■爱朱鹮
2019年11月24日 日本和朱鹮

| | コメント (0)

2019年11月24日 (日)

大物食いファイター

191124a04 191124a10191124a14191124a15191124a16191124a20191124a24191124a30191124a41191124a44

2017年生まれオス、367番。
ウシガエルをつまみ、振り回し、叩きつけ、ぐったりしたところを、口めがけてほうりこむけど、大きすぎて入りません。
向きを変えたりして、色々とチャレンジするけど、ムリ。

というか、危険! 口に入ったとしても、ノドが大変なことになるだろうに。

首もそうとう強いんだろうな。
邪魔が入り、食べることが出来ずに飛び去った。

| | コメント (0)

心地よい景観を目指して トキと暮らす里山

191124b1 191124b2191124b3191124b4191124b5

准教授、本日も多汗かいて頑張りました。復元予定の圃場の片側の竹の壁はなくなりました!

沢の対岸は一昨年度に伐倒したので、重機のアームで青竹と積み上げておいたガラを寄せ集めてみた。
見通しをさらに良くするために、ヤブツバキを数本伐倒しようと思ったのだけど、長年の道普請での道路脇の伐採竹の積み上げで、その除去に手間取り、ヤブツバキまでたどり着けず。

積み上げられたものを除去していると、昔の道が出現。将来的に散策コースにできると、いいな。

| | コメント (0)

2019年11月23日 (土)

それぞれ竹処理 トキと暮らす里山

191123a1 191123a2191123a3191123a4191123a5

准教授は竹の伐倒と投げ込み。1週間で500球制限、と高校球児並み宣言。

今夏、樹恩ネットワークのみなさんが伐倒してくれたものと、以前にUミノ君たちが伐倒してくれたものを重機で寄せ集め。会長さんが少し着手していたのだけど、スズメバチに襲撃された後、作業が止まっていた。抜根しながら土と混ぜ込む計画。

ここ数日天気は良いのだけど、朝露のせいか、午前中はぬかるんで重機作業は難しい。

昔、ここに住んでいた方があり、庭に植えられていた柿の木。侵入竹のせいでひょろ長い樹形だけど、昨年の5倍以上実を付けている。竹伐倒のお陰かな。

| | コメント (0)

2019年11月22日 (金)

肩の切り残りの処理 トキと暮らす里山

191122e1 191122e2191122e3
肩の竹は重機のアームを振り回してねじ切ったので、竹の残骸が下品な状況となっていた。
スッキリして沢の底が見えてくると、ガラを落とすのがもったいなく思えてきた。

| | コメント (0)

キン死亡記事 2003年10月

191122c1
■日本経済新聞
2019年11月22日 日本産最後のトキ死ぬ(2003年10月10日)

| | コメント (0)

トキと美女が付いてくる!? 中国・長江流域

191122a0 191122a1191122a2

長江流域の湿地・稲作圃場の環境保護への提案。佐渡の取り組みも紹介されています。

佐渡でも、トキと美女、が付いてきた。

■AFPBB News
2019年11月21日 冬の使者、漢江のほとりに現れたトキ 中国・陝西省 写真13枚 国際ニュース

■华龙网
2019年11月21日 聚焦“支洽会”|李鹤:可复制朱鹮米种植模式 实现湿地生态和经济双丰收-赵紫东

■Recruit - リクルートグループ
偶然のチャンスに飛び込む勇気も大切。留学で知った日本で里山・里海の保全活動をする アン・マクドナルド

■nippon.com
環境学者あん・まくどなるど—里山のチカラを考える

■新・田舎人16号
農村ニッポン興味シンシン●アン・マクドナルド

■農林水産省
affインタビュー 第41回 あん・まくどなるど さん

| | コメント (0)

一般公開休止 ペア入れ替えの為 いしかわ動物園

191125d1
いしかわ動物園

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水)

トキ

191120c14 191120c17191120c18191120c20191120c22191120c31191120c32191120c53191120c54191120c55

| | コメント (0)

第46回 となりのミコトッキー

191120d1

■出雲市:広報いずも
となりのミコトッキー 第46回
今年のトキ一般公開もあとわずか!

=======
■佐渡トキの話題
となりのミコトッキー 記事リンク 出雲トキ

| | コメント (0)

2019年11月19日 (火)

トキ

191119b23 191119b28191119b32191119b34191119b41191119b46191119b54191119b63191119b68191119b70

| | コメント (0)

県の誇り 朱鷺を保護しましょう

191120b1 191120b3191120b2

岩首談議所の1階廊下に掲示されている1959年制作のポスター。
経緯については、小林照幸『朱鷺の遺言』に記されている。

新潟県知事・北村一男
【1期目】1955年4月30日 1959年4月26日
【2期目】1959年4月26日 1961年12月10日

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

トキ

191118c08 191118c25191118c01191118c02191118c11191118c13191118c18191118c19191118c20191118c21

「オイ、コラッ、チョット待て」と自動車走行中にトキ2羽に呼び止められた。停車すると、次々に目の前の圃場に着地、全部で6羽。

放鳥する時、個体識別をしやすくするために足環の他、羽根に色が付けられており、羽根の生え変わりで色付きではなくなっていきます。

急に天候が悪化し、暗くなってしまったのが残念。

■環境省:放鳥トキ情報

| | コメント (0)

重機でガラを2圃場まくる トキと暮らす里山

191118b2 191118b3191118b5191118b1

2日間の好天で圃場内のぬかるみが少なくなったので重機でガラ捨て場めざして2圃場横断し、農道脇に積み上げた。あとは、農道を横断すればガラ捨て場。

枯れ竹の細かいものが圃場にちらばってしまっているけど、草刈り、トラクター耕運、には左程影響がないと思う。

重機のバケットで土の表面もこすっていったので、圃場内のゴミ、草なども巻き込んでいって、綺麗になったようにも感じる。
これって、駅などで使われている、おが屑の効果、に似ているかな。

朝、現場に到着するとトキ3羽が飛び立った。
「なぁーんだ、アッキーか」
とすぐに戻って来た。そして、探餌。

作業終了と同時に会長さん登場。
「明日はどこかへ行かないの?」と。
「行きません、ここで重機作業します」と、ビシッと回答。

■エキサイトニュース
駅に置いてある「おが屑」の使い道って? (2008年2月4日) 

| | コメント (0)

野生か飼育か判定されるトキ

191118a1 120209zz1191118a2


学問の神様となっているエジプトのトト神。講談社学術文庫のマスコットにもなってます。トキはトキでも、クロトキ。


DNA判定で新たな学説が登場、興味深いです。


関連記事で個体4番の記事がリンクされてるけど、改めてこの記事の写真を眺めると、至近距離からのストロボ撮影。きれいな写真だけど、う~ん!

■ナショナルジオグラフィック日本版サイト
2010年4月22日 (木) 鳥のミイラはトキ類と判明

2012年2月 9日 (木) クロトキのミイラをCTスキャン

■ナショナルジオグラフィック日本版サイト
2012年8月22日 ひとりぼっちのトキ

| | コメント (0)

2019年11月17日 (日)

倒し込む、切り込む、投げ込む トキと暮らす里山

191117b1 191117b2191117b3191117b4191117b5
PL戦のマツザカ君ばりに投げ込んだ、と充実感たっぷりの准教授。
侵入竹の壁がだいぶ少なくなりました。
そろそろ重機の鍵を隠さないといけないかな。
混ぜ込む、押し込む、のが大好きなのが、ほぼ80才会長さん。セコムしようかな(笑)

作業中、トキがずーっとビオトープで探餌。
右手に白いのは、サギ。左側中段奥にトキが見えます。

| | コメント (0)

洋県の片田舎の農村

191117a1

人口50万人ほどの中国トキの郷・洋県。近年、市街地およびその周辺は高層マンションが林立する発展を見せているけど、僕らが最初に訪れた2004年では、市街地でもこのような雰囲気が多くあった。

■大美洋县

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

トキ

191116d05 191116d12191116d09191116d16191116d21191116d23191116d25191116d26

| | コメント (0)

日中友好の翼 朱鷺よ再び BSテレビ東京OA

191116c1 191116c2191116c3191116c4191116c5191116c6191116c7191116c8 

エンディング、日本ツアー2015の大宮公演の折に僕がプレゼントした「100羽記念トキぬいぐるみ」を抱いているシーンを人形にした映像。バンザーイ!

■佐渡トキの話題
2015年7月 2日 (木) お供に加えていただきました

■一般財団法人 民主音楽協会
日中友好記念作品 舞劇 朱鷺

| | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

コウノトリやトキと共生するまちづくりシンポジウム

191115c1 191115c2
コウノトリやトキと共生するまちづくりシンポジウム
「大型水鳥が教えてくれるふるさとの魅力」

| | コメント (0)

畔補修とガラ処理 トキと暮らす里山

191115d1 191115d2191115d3191115d4191115d5

雨続きで重機作業も泥濘を考えながら作業を選択。
適度に湿ってないと積み上げ作業が出来ないけど、水分があり過ぎると泥水として流れるし、キャタピラが泥にはまったり、圃場を壊してしまう。逆に乾き過ぎだと、土と土が分離してひっつかない、土の状況の塩梅、結構難しい。

トキねぐら林の所有者会員90才、元農業改良普及員•果樹担当。ねぐら真前で、ブドウ、柿、キウイを栽培。今年で栽培を辞めるというので、会長さん我々に、一緒にトキ果樹園として維持しよう、と誘ってくれてます。果樹園の真上をトキが飛び、剪定した枝は巣材として使われています。

会長さん先日、重機でガラ処理をしていてスズメバチの巣を破壊してしまい、手を3ヶ所ほど刺されたとのこと。直ぐに近くの病院へ行ったら、そこから救急車で佐渡病院へ搬送されたとのこと。適切な対応により大きく腫れることもなかったらしい。
重機キャビンのドアを開けたまま作業をしてたとのこと。

もし、抗体を持っている僕だったら今頃、この世とさようなら、だったかもしれない。エピペン注射所持したほうが、いいかな。

| | コメント (0)

2019年11月14日 (木)

市街地周辺にトキ100羽以上出現 中国・漢中市

191114a1 190215zz1

昨冬19羽だったのが、今季は100羽超え。
先日の『美の壺』のエンディングでは、2040年に東京にトキ、を描いていたけど、中国では既に都会にトキが出現。

ドローン撮影も盛り込まれているけど、中国、韓国、日本、古今東西において、空中からトキを撮影したいのがメディアの方々なのかな。

日本ではかつて、NHKがヘリコプターでトキを撮影。番組を観ると明らかに追いかけまわしている。

佐渡での放鳥事業開始からしばらくは、ヘリコプターの音がすると飛び逃げていた。トキ交流会館の前でも、佐渡空港からの飛行機の離陸音が聞こえたら一斉に飛び去った。

最近、電線チェックのヘリコプターがすぐ近くまで飛来しても、平気で探餌をしているのを目撃。

個体差もあるんだろうけど、トキには学習能力はあるようだ。

■陕西网络广播电视台 (動画ニュース)

■陕西省林业局

■佐渡トキの話題

■佐渡トキの話題
2017年1月28日 (土) ドローンで撮影するトキ

2017年1月28日 (土) 朱鷺 NHK・1974年OA

2019年1月16日 (水) 「やませみ」が飛んできた

| | コメント (0)

2019年11月11日 (月)

重機でガラ除去 トキと暮らす里山

191111b1 191111b2191111b3191111b4

樹恩ネットワーク、高校生にも竹伐採の作業をしていただいてきた圃場。蔓が竹や木に絡まっていたので、重機のアームで押したり、引いたり、ねじったり。倒したままにしておいたら、会長さんが沢に押し込もうとして山積みとなってしまっていた。草に隠れてまだあるけど、取り敢えずひと段落。草地管理の圃場経由で会長さんが設けてくれたガラ捨て場へ後日移動。

セイタカアワダチソウを駆除の為に土ごと山盛りにしてた所を崩すとやっぱり、カブトムシの幼虫がザクザク。
セイタカアワダチソウ、いい奴に思えてきた。他の手強い雑草の繁茂を抑えてくれるように感じるし、カブトムシの幼虫ザクザク、だしね。

| | コメント (0)

落ち葉を掃いてマツタケをゲット!?

191111a2 191111a3120527zz4 120527zz3191111a1151009zz1151009zz2151009zz3

『チコちゃんに叱られる!』でマツタケ・ネタを扱っていた。回答者たちが、アカマツ林の落ち葉履きをしてマツタケをゲットする珍案を披露していた。
 
以前、新潟大学朱鷺自然再生学研究センターのJSTの実習でも同じ考えの教員がいて、僕らが当時環境整備していた月布施のビオトープに挟まれたアカマツ林でマツタケ・ゲットを目論んだ取り組みが行われた。サルメンエビネなどの貴重な植物を駆除しただけに終わった。
 
清瀬高校、アカマツ林の中にある。在校時、落ち葉履き当番があった。マツタケ、出ていたんじゃないかな。
地学部、生物部の連中と牛の目ん玉の解剖の際にとれた肉ですき焼きパーティを一緒に楽しんだけど、地学教師、理科助手は、マツタケを密かに食べていたんじゃないか!?
 
先日の野生復帰ステーション公開日に散策した折にも、敷地内でマツタケが採れないかと話題になった。
かつて、新穂村の時代(佐渡市として合併する前)には、秋になると公民館に爺ちゃんたちがマツタケを持ち込んで食文化を楽しんでいたそうだ。
今は、佐渡で著名な飲食店「長三郎」で楽しめる。数年前に、当時公民館で楽しんだ職員と准教授にご馳走していただいた。

落ち葉履きを展開している三富新田、マツタケあるかな? 農業目的で落ち葉を掃いているのはアカマツ林じゃないか。

■佐渡トキの話題
2012年5月27日 (日) 林床実験 上柳平

■東京の自然にタッチ 里山へGO!

■佐渡トキの話題
2017年11月29日 (水) 落ち葉銀行

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

襲撃されるトキ

191110b1b 191110b04b191110b05b191110b07b191110b14b
竹林作業を終え、天王川周辺のビオトープ管理されている圃場を観に行くと、美女とトキ。美女に見とれていると、トキの悲鳴! 1羽が撃墜されたように見えた。2羽が見た目左側の林の中へ飛び込み。1羽が見た目右側方向へ遠く飛び去った。
確認しに沢の最奥部の圃場に到着する直前、トキが悲鳴をあげながら猛禽2羽とカラス1羽に追いかけられて飛び出してきた。愛車との距離5メートルほど。
撃墜されたと思ったのがこのトキならば逃げ切った。
けど、不鮮明な画像では完璧に抑え込まれ、羽根も飛び散っているようにも見える。
大ケガをしていないことを祈る。

| | コメント (0)

伐り倒しておいた竹の処理

191110a5 191110a6191110a4 191110a1 191110a2_20191120155601 191110a3

お手伝いしている竹林。切り倒しておいた竹を玉切り、枝払い、積み上げ。その作業の中で作業道を確保。

周辺の木々をよく観察してみた。枝が横に張り出していてトキが止まりやすそう。

この周辺の環境整備をしている団体の圃場にトキ。

美女が洗濯物を干しているかと思ったら、何か装置の設置をしていた。

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

119番の日

191109b1 191109b2191109b3

消防隊員にトキ・ヘルメットを被らせるか、
トキ・着ぐるみに消防隊員の格好をさせるか、

どちらも、リアルガチ、で取り組むと楽しいと思う。

■佐渡トキの話題
2014年4月 1日 (火) トキ・消防士

2014年4月 2日 (水) 消防隊員となったトッキー

■なるほど統計学園
11月9日 119番の日

| | コメント (0)

お手伝いの竹林整備

191109d1 191109d2191109d3191109d4191109d5

青竹を主に列状伐採を行ってみた。
護岸周りの青竹がなくなっただけで、川が喜んでいるように感じる。

伐った竹は玉切りをして積み上げるので、ナタで枝払い。
樹恩ネットワークの「トキの島森林の楽校」などで行われているナタ研ぎ、今こそ活躍してもらえるのに、と思う。

午前中、トキとの共生を目的に「天王川の自然再生」事業地の草刈りを行っていた。作業を終え、その現場を視察しようと向かうとトキ2羽が飛び立ち、すぐ近くに着地。

視察はまたの機会にすることにしたけど、エライね、トキ。

この秋の洪水などで、護岸際に土砂が堆積しているところがあり、梯子なしで河床に降りられます。今は水位が低いので作業現場までは渡河。

| | コメント (0)

2019年11月 8日 (金)

トキ

191108e03 191108e04191108e07191108e13191108e14191108e15191108e16

| | コメント (0)

立冬の月とトキ

191108g 191108g2191108g3

| | コメント (0)

立冬のトキ 朱鷺伝奇

191108f1 
トキ国際フォーラム事務局のみなさんの作品。

| | コメント (0)

保育園で授業 村本義雄さん

191108c1 191108c2191108c3191108c4191108c5
中日新聞(CHUNICHI Web)
2019年11月8日 トキ 舞う空 願い歌い継ぐ 羽咋の園児 元気な声

■NHK 石川
2019年11月8日 子供たちにトキや環境保護伝える

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

草地管理のガラ除去 トキと暮らす里山

191107d1 191107d2191107d3191107d4
既に草地管理している圃場内のガラについては、重機作業により圃場外に排出完了。

| | コメント (0)

洋県まで行かなくてもトキが観れますよ 中国

191107c1

秦嶺山脈の北側で西安から山越えなしの70kmほどに位置する周至県・楼観台。観光地でもあり、希少動物を保護する施設では、トキ、パンダ、キンシコウ、ターキンなども観ることができる。

野生復帰事業は行われてはいないけど、大雪でケージがつぶれ脱走したトキがいて、しばらく行方不明でしたが一昨年の冬頃から楼観台周辺で数が増えて出現。

秦嶺山脈を300km以上も越えて行かなくても国宝野生トキが観れますよ、との声。

このような呼びかけ、佐渡の観光業などのみなさんが懸念されていることなんでしょうね。

このような懸念に、洋県政府などはどのような取り組みをしているのかな。

■华商网旅游

■佐渡トキの話題

| | コメント (0)

地球上のトキの10% 徳清トキ

191107b1

推計で現在地球上に4000羽ほどのトキが生存しているようですが、浙江省・徳清トキがそのうちの10%との記事もあります。

そういう計算だと、佐渡には15%くらいということになるかな。中国に送られ各地で増殖している佐渡生まれ起源を盛り込むと、結構高い比率と推察。

■AFPBB News

■新华网

■新浪网

■爱奇艺

■浙江省林業局

| | コメント (0)

飼育事業3年で第3世代成長中 四川トキ

191107a1

佐渡生まれ・佐渡生まれ起源でトキ事業が展開している河南トキ10羽、佐渡生まれ起源の比率が非常に高いと思われる徳清トキ20羽、それと楼観台センター・トキ20羽の計50羽で2016年初冬から飼育事業が展開。徳清トキのうちの1羽は佐渡生まれ。

今春にあらたな事業地を含めたものなのか不明確な記事ですが、四川生まれのトキが繁殖に関わっていることは確かなようです。

それと、四川トキは佐渡生まれ起源の比率が高いとも推察できます。

■四川新闻网

■佐渡トキの話題
2016年12月26日 (月) 佐渡生まれトキ 四川省へ

2016年12月20日 (火) トキ50羽そろう 四川トキ

2016年12月 3日 (土) 50羽入居完了 四川トキ

■佐渡トキの話題

2017年4月18日 (火) 初ヒナ誕生 四川トキ

■佐渡トキの話題
2019年4月21日 (日) 新たなトキ事業地 四川省

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

重機でガラ除去 トキと暮らす里山

191106b11 191106b12191106b08191106b10191106b01191106b03191106b05

草地管理している圃場に侵入していた木を伐採して玉切り・伐根して放置していたもの、竹伐採したものを放置されてしまっていたものを重機で集める作業を始めた。

セイタカアワダチソウをバケットで表土とともに削りとって山積みしていたところには、カブトムシの幼虫がザクザク。

作業を終え愛車に乗り込もうとすると、
オイ、コラッ!
振り向くと、トキたちが笑顔で羽を振っていた。

探餌をしていると畔から頭が出たり入ったり。頭が出た瞬間にシャッターを押す。モグラたたきの様相。

そうそう、畔のモグラ被害が甚大。
モグラ捕獲機を購入してはあるのだが、『朱鷺の遺言』にトラバサミでトキが負傷して保護された話があるので、設置を躊躇している。

| | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

護岸斜面に生えた青竹の駆除

191105a1
頭頂部を川面に向けて倒し、玉切りする為にズリズリ引き上げる。足下は、昨年度に森林組合が処理した枯れ竹が積み上げられ不安定。握力、肩、腕、腰、腿、足首の疲労甚大、バテた。位置エネルギーは、スゴイ。

森林組合は、伐った枯れ竹をバンバン川に落とし、ウェーダー(胴長)を履いた人が川の中で処理し、それを重機で護岸へ上げて積み上げ作業を行ったとのこと。ウェーダー購入、重機賃借など結構な出費になったらしい。

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

止まり木用に木を救出

191104a1 191104a2191104a3191104a4

お手伝いをしている竹林作業。ここ数日の作業で侵入竹に幽閉されていた木を救出。早速、トキ2羽が止まろうとしてやってきて、手羽先を振って止まらずに去っていった。
午後の作業を始めてすぐには、
アッキー、お疲れ様! 
と、一声鳴いて木の真横を通過していくトキ1羽。

今年生えた青竹を1メートルほどの高さで伐ってくれ、というのが仕様。こうすることによって、竹は成長を止め枯れていくのだそうだ。

前年度に森林組合作業により、だいぶ整理された竹林になっている。

昨年は川に転落してケガで作業脱落したので、今年度は竹林の上からの排水路を見つけ、川を渡らずに排水路に沿って現場まで通っている。
その降り口に時折、トキが待ち伏せをしている。

| | コメント (0)

トキ里山館の稲刈り いしかわ動物園

191104b1

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

朱鷺が棲む山田会

191102e1 191102e2191102e3191102e4191102e5191102e6
佐渡のトキ博士の息子さん。昨年から放棄田をビオトープにする活動に地域の人々の協働で展開。背丈を超えるヨシに覆われていた圃場を、草刈り、重機作業、手掘りで水路補修、トラクターでの耕運。ちと、ご無沙汰しているうちにかなり進展、敬服!
トキも10羽以上生息、エライ!

| | コメント (0)

『朱鷺の遺言』中国語訳本をお届け

191102d1 191102c1191102c2

元・佐渡市国際交流員から国際郵便で贈られてきたので、佐藤春雄さんのご家族へお届けした。

全鳥捕獲直前の1980年年末に、ご家族で片野尾のねぐらでトキを観察された様子、息子さんが中学2年生の時の谷平でトキ5羽を観察した様子、1981年1月の最後の1羽捕獲翌日の様子など、息子さんご夫妻の記述も日本語版と同じくある。

息子さん、僕が駐在を始めた時、地域の中学校の校長先生で色々とお世話になった。

同じ頃、岩首小学校の校長先生をされていた方は今、片野尾とき舞株式会社で米生産と交流事業で活躍されている。

| | コメント (0)

トキの美の壺

191102b0 191102b9191102b10191102b3 191102b4 191102b6191102b1191102b2191102b5191102b8

キョエちゃん、トックンと一緒に「ブンカー」と叫んでもらうのがよいと思う。

元・佐渡市国際交流員やJICAトキプロジェクトの美女たちがスタッフを務めるトキ国際フォーラム事務局では今年6月、大阪でのG20にあわせて「トキ文化展」を開催。中国では高く評価されています。

| | コメント (0)

津幡高校・朱鷺サポート隊のトキ・リンゴ

191102a1

■中日新聞(CHUNICHI Web)
2019年11月1日 トキ図柄のリンゴ 保護を担う児童へ  津幡高生、佐渡に贈る

■いしかわ動物園:お知らせ
【11月3日(日)】 ◎トキめきリンゴ(絵文字入りリンゴ)の無料配布
津幡高校朱鷺サポート隊より、トキのイラストと「幸」・「福」の絵文字が浮き出ているリンゴ2個セットの無料プレゼントがあります。
先着50組へ配布予定で、なくなり次第終了しますので、お早めにお越しください。
◆時間 9:00~
◆場所 正面ゲート入口

◎津幡高校朱鷺サポート隊のトキめき体験教室
「トキのポストカードづくり」や「松ぼっくりのストラップ・ミニツリーづくり」、「トキの折り紙」など、楽しい体験が盛りだくさん!
どうぞお楽しみください。
◆時間 9:30~13:00
◆場所 動物学習センター

| | コメント (0)

2019年11月 1日 (金)

舞劇・朱鷺 2020日本ツアー 特設サイト

191101g1

2020年3~4月に、30都市50ステージ。
新潟公演は2020年4月8日、新潟テルサにて2ステージ。
チケット販売は11月15日開始。

■一般財団法人 民主音楽協会 
日中友好記念作品 舞劇 朱鷺

| | コメント (0)

大空に舞うトキ 美の壺

191101f1
■NHK
美の壺「大空に舞う トキ」

| | コメント (0)

いしかわ動物園情報誌「アニマルあいズ」

191101e1 191101e2191101e3191101e4191101e5191101e6191101e7191101e8191101e9191101e10

年4回の季刊。トキ事業、トキ飼育、トキ関連会議への参加などの情報もそれぞれのタイミングで紹介されています。

■いしかわ動物園情報誌「アニマルあいズ」
2019年10月 発行/24ページ

「アニマルあいズ」 2019年 春 Vol.20-1(PDF:ファイル/2143KB)

「アニマルあいズ」 2018年 冬 Vol.19-4(PDF:ファイル/2868KB)

「アニマルあいズ」 2017年 冬 Vol.17-4(PDF:ファイル/1605KB)

■いしかわ動物園

| | コメント (0)

トキ里山館開館3周年イベント いしかわ動物園

191101d1 191101d2
■いしかわ動物園:おしらせ
トキ里山館開館3周年記念イベント
~美しい朱鷺色を楽しもう~を開催!

■いしかわ動物園
いしかわのトキまなびセミナー

| | コメント (0)

トキかわら版 2019年11月号 環境省

191101c1 191101c2
■環境省
トキかわら版 - 放鳥トキ情報

日々のトキの様子は下記で報告されています。
■環境省:放鳥トキ情報

■環境省:佐渡自然保護官事務所ツイッター

■環境省:アクティブ・レンジャー日記・佐渡

関東地方環境事務所のプレスリリースは下記にて発表されてます。この他、本庁からも行われています。
■関東地方環境事務所:報道発表資料

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »