« 青潮文化―日本海をめぐる新文化論 | トップページ | トキ »

2020年1月13日 (月)

日本の農山村を識る 市川健夫と現代の地理学

200113c1 200113c2200113c3
地理学師匠・編の書籍に執筆させていただきました。
第10章 鴇色に染まった佐渡

2月上旬発売予定です。

獨協大学犬井ゼミは、佐渡でゼミ合宿を7年開催。地域調査とビオトープ作業を実践し、トキ事業と大学ゼミ合宿との協働の先鞭をつけてくれました。

『日本の農山村を識る 市川健夫と現代の地理学』
【編】犬井正
【版元】古今書院(2020年、278p)
■古今書院 Since1922 地理学とともに歩む
日本の農山村を識る 市川健夫と現代の地理学

|

« 青潮文化―日本海をめぐる新文化論 | トップページ | トキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青潮文化―日本海をめぐる新文化論 | トップページ | トキ »