« 巣作りに勤しむトキ 洋県 | トップページ | 地理学師匠ご退官 »

2020年3月31日 (火)

継続的な取り組み 誠実に具体的な活動

200331x1 200331a1200331a2200331a3200331a4200331a5200331a6  
トキとの共生の里山の実現に向けて、これまでの継続実績を糧に、未来永劫
環境整備を謡って多くの皆様の善意による資金や具体的な活動を得て取り組むトキ。

鳥の名前を置き換えられることなく、誠実に具体的な作業をもって活動を展開していくことが求められています。

ネット社会であり、コンプライアンスが重視されるようになり、情報収集も容易な時代。注目される取り組みは、調査研究などの対象になりやすい。

現に、小林照幸さんの『朱鷺の遺言』では、改訂版においてその後の事象のことも追記されています。

最近の支援、これまでの大きな支援および評価に関するものを示します。
10年以上20年近くに渡り同じようなことの繰り返しにも感じてしまいます。持続可能な仕組み、が最も求められているのかもしれません。

52プロジェクトのうち、目標達成度については、新潟大学だけが、b評価。他の大学はa以上。


■佐渡トキの話題
2008年8月 9日 (土) 佐渡の生態系 底上げが必要

|

« 巣作りに勤しむトキ 洋県 | トップページ | 地理学師匠ご退官 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 巣作りに勤しむトキ 洋県 | トップページ | 地理学師匠ご退官 »